週末に「育児休暇」休暇(笑)をもらって、一人で実家に帰ってきました。中学時代の友人が集まるのでその会に参加するためです。中学時代の部活動の友人が5人とその配偶者が2人、さらに子供が1人の合計8名の集まりでした。


一緒に丸坊主で(野球部でした)馬鹿なことばかりやってた仲間が、奥さんや子供までいるなんて不思議な感じです。一人なんかは家まで建てちゃって、おっさんになったなあと感じたひと時でした。



男で育休なんて取ってしまうと、テレビや新聞なんかが取材に来ます。奥さんの会社に宣伝にもなるので(必ず用もないのに職場を訪ねたりします(笑))、なるべく受けるようにしています。そういうとき必ず聞かれるのが、「他の男性で育児休暇をとろうとしている人に何かアドバイスは?」という質問です。


僕には他人を啓蒙しようとなんて大それた考えは全くないので、こういう質問は本当に困ってしまいます。正直なところ他人がどうしようとあまり興味がありません(笑)。それぞれに考えや状況の違いがあるからです。


でも仕方がないのでいつもこう答えます。「夫婦で話し合って双方が納得する方法をとることが大事」と。それぐらいしか言いようがありません。人それぞれでベストの選択をすればそれでいいのではないでしょうか。他人がどうであろうと。


ただ、テレビが取材に来るくらい特殊な経験(笑)を1年間積んでみて、一つだけ言えるとすれば、「人の行く裏に道あり花の山」ということです。もし、誰かさんが育児休暇がとれない理由が「人と違うことをしたくない」というものだけだとすれば、それは非常にもったいなく、人生の花を見逃していることなのではないかと思います。



何はともあれ育休生活もとうとうあと1週間です。やはりとっても寂しくなってきました。来週は、いよいよ職場に引継ぎに行ったりしなければなりません。これはこれで試練です。寂しい。

AD

本当にいろいろあった1週間でした。


まず、月曜日にはtaikoのMRの予防接種です。taikoは針が刺さったときに一瞬泣きましたが、あとはケロリとしていました。さすがです。僕だったら5分は泣いていたことでしょう。


で、金曜日にはtaikoが4月から入所する保育園の入所説明会でした。張り切って出かけるつもりでした。しかし・・・なんと木曜日にインフルエンザにかかってしまいました・・・(泣)


月曜日くらいからなんかのどがおかしいなとは思っていたのですが、木曜日の早朝突然発症!39度も熱が出ました。こりゃまずい、とのことでtaikoを奥さんに任せて這うように病院へ。インフルエンザA型の診断を受けました。


お医者さんに曰く、当然奥さんや子供にも移るかもしれないので、接触を絶つようにとのこと。そして話題のタミフルを処方されました。「まあ、問題になっているのは子供の場合だから大丈夫だと思うけど、まあなるべく一人にならないようにね」とのことでした。じゃあどうすればいいんだよ、と思いましたが熱が出てしんどいので素直に聞いておきました。


家に帰ってからは、奥さんにtaikoをファミリサポートに急遽預けてもらって一日中寝ていました。タミフルは恐ろしいほど良く効き2日ですっかり体調は戻りましたが、さすがに保育園には行けませんでした。せっかくの機会だったのに悔しいです。


でもまあ、今現在奥さんにもtaikoにも移っていないようですからおとなしく眠っていて良かったです。特に子供がインフルエンザにかかると大変みたいですから。保育園が始まればいろいろもらってくるんでしょうけど、まさか自分が先に倒れるとは思っていませんでした。気をつけなければ。



AD

本日、3月11日はtaikoの1歳の誕生日です!もう1年たったかーという気持ちです。毎日見ていると分かりませんが、さっき久しぶりに生まれたときの写真を見ると、ぜんぜん違っていてびっくりです。大きくなりました。taiko。


1歳の記念に何か、と思い考えた結果、郵便局でtaikoの口座を作ってあげることにしました。正月にもらったお年玉7千円と、僕からプレゼントとして3470円。3470とはtaikoが生まれたときの体重です。taikoは1歳にして1万円あまりの財産家です。これからも体重も身長も知性も財産もしっかり成長させていってほしいと思います。


実家に帰ってきました。taikoは27回めの飛行機です。さらに車を借りて奥さんと僕の母と一緒に四国へ。いい親孝行できました。今年は全国的に暖冬だそうですが、関西はもう梅が咲き乱れ早いところではもう散り始めているそうです。が、暖かい関西から行く前は暖かかった北海道に帰ってきた日に久しぶりのドカ雪が降ってきました。今年はこのまま春が来るかと思いきや、そうは問屋がおろしません。ははは。

AD

今週は、うれしいことが立て続けに2つありました。まず一つ目は、保育園が第1希望で決定したということです。何でも最後の枠の最後の一人だったらしいです・・・決め手は、奥さんの深夜労働の有無だったとか。


はい、そうです。僕たちが選んだ保育園は、最高22時までの延長保育が可能な方でした。ちなみにキリスト系の上品なカンジのところです。園長先生のお人柄がすばらしく、見学したり、その他いろいろリサーチした結果、評判もよかったので決めました。


そして、もう一つは・・・taikoが立った!


伝え歩きをしてから早5ヶ月。なかなか次の段階にはいかないものだなあと思っていたら、おもむろに手を離し、そのまま10秒ほど立っていました。


僕のほうを見て自分でもびっくりしたような顔をして、怖くなったのか飛びついてきました。その様子がとても可愛くて、感動するやら、おかしいやらでした。子育ての感動は不意に訪れますね。


それはそうと、とうとう3月になってしまいました。昨年の4月から始まった僕の育児休業生活もあと1ヶ月で終わります。そしてtaikoは1歳に。月日のたつのは早いものです。


もちろん、“育児オトコ”生活は、僕が働いていようが休んでいようが続いていくのですが、きっと今の日々が懐かしく思い出される日が来るんだろうなあ、と思います。もちろん子供が成長していくのはうれしいことなのですが、きっと将来「あのころのtaikoに会いたい」なんて思うんだろうなあ。