現代の社会人、主に会社や組織に属する会社員の”出世”に対する考え方が変わってきています。

 

 

ひと昔前は”出世する”となると大半の人が喜ばしいことと感じ自身の人生のバロメーター的な意味合いもあったかと思います。

 

しかしながら現代では誰もが出世したいと思っているわけではないようです。

 

 

出世したくない人の現状

 

株式会社クロス・マーケティング20歳~39歳の男女を対象とした「若手社員の出世・昇進意識に関する調査」によると、出世したくない20~30代の割合はなんと約6割もいる事がわかりました。


詳しい内訳としては、


出世したくないと思っている(15.8%) 
出世にはあまりこだわっていない(43.4%) 
できれば出世したいと思っている(28.8%) 
絶対に出世したいと思っている(12.0%)

 
 
年代別に見ると、年齢を重ねて、より社会経験が長い人の方がより出世に対する願望が徐々に薄くなっていく傾向にあるようです。
 
 
また、この結果から”出世したい人”は約4割と出ていますが、その中でも「部長になりたい」「社長を目指す」「役員まではいきたい」など、具体的な目標を掲げる人よりも、出世の具体的目標が曖昧で、「分からない、決めてない」という人が最も多い意見であることがわかっています。
 

この「分からない、決めてない」という意見の心理としてはそれだけ「出世したい、昇進したい」という意志が希薄だということがわかります。
つまるところ、出世したいと思っていても、それほど真剣には考えていないとういうのが現状のようですね。
 
 
 
このような方々の先々のプランはおおよそが
「現在のポジションを維持して出世を拒み続け、責任を負わずそれなりの給料をもらい続ける。」
といった感じになると思います。
 
または、よりコスパの良い仕事を求めて独立する人も少なからず存在するかと思います。
 
 
 

出世したくない理由とは?

 
様々な労働環境の問題がメディアで取り上げられ、その待遇や責任の重さ等が目立つようになり、出世した先の”管理職”という肩書自体にマイナス面を感じるようになってきた結果なのかなと考えます。
 
 
今のマーケット全体から見ても消費者、とくに若者の消費者の間では何をするにもコストパフォーマンスを重んじる風潮にあるのでこの様な実情も腑に落ちる点はあります。
 
 
 
こういった考え方については個人的には、
半分賛成、半分疑問といった印象です。
 
 
残業時間の多さを誇示するような「現代の価値観とは到底そぐわない錆び付いた労働体系」や、「不透明なブラック企業体質」等の現状にそのまま飛び込んでいくよりは、自身で常に疑問意識をもって自身の身の置き方を決断できることはいいことだと思います。
 
なのでもちろん批判自体はしませんが、そういった決断を自身で下したあとに、どういった結果が待っていようがしっかりと自分の中で責任をもって受け止めて次に繋げてほしいと思っています。
 
 
確かに出世しても、望むような高額な収入アップが待っているかというとそうとも言い切れません。
 
きっとトータル的には自身のワークバランスがより大変になることの方が多いかと思います。
 
 
しかしながら、出世することのメリットも少なからずあると思っています。
それは何にも代えられない”経験”という自分の財産、または資産が構築できる点です。
出世した先にある”責任ある立場”での仕事は誰しもが経験できることではないです。
 
その経験から得られるモノは計り知れないですし、長い目で見たら十分メリットの見込みはあります。
 
 
ただ、なかなかこういった価値観を伝えようとしても、最初のうちはツライと感じるだけでなかなか実感が湧きづらいのが現状でしょう。
 
やりがいを実感する前に離脱したり、そもそもその土俵にも立たずに周りをウロウロとする方が増えているのもわかる気がします。
 
 
より一層企業側はこの辺に重きを置いて早々に対策を練っていかないと理想の人材教育は図れないと思います。
 
人を育てるのは何事においても難しいですね。。。
AD