不定期たくてぃかるあならいしす

欧州、Jの試合を分析していきます


テーマ:
プレミアリーグ試合の嵐が過ぎ去ったね。

前半戦が終わり、レスターに目が行きがちだがこっちにも目が離せない。あの無敗優勝以来のプレミア優勝を狙うアーセナルだ。   なんて言ったってエジルが止まらない。  ここまで16アシストは、プレミアリーグのアシスト記録(アンリの20アシスト)を間違いなく越えるペースだ。

そのガナーズの相手は年末まで首位だったレスターを下したリヴァプール。クロップになってからビッグマッチは強いレッズ。この試合でも、自信を持って、首位・アーセナルをアンフィールド迎えたはずだ。

両チームのスタメン&フォーメーション。
まずはホーム・リヴァプール。
{D7B399A9-2AAB-4EBB-9AF4-96AB70A67D5A:01}
Stats Zone、squawka、WhoScoredなどは4-3-3としているが、アイブが2列目の右サイドハーフに入る、4-4-2のようにも見えた。下の画像のように、相手の保持時、アイブは最前線ではなく、2列目に入っている。
{D03091EA-8414-44E8-A9C7-ECB09AF5AFA8:01}



一方アーセナル。
{5D380206-5F83-455E-A662-7389C41A6D5E:01}
こちらも4-5-1となっているが、ラムジーが2列目の4-1-4-1のようにも見えた。


【サイド攻撃はサイドの防御にも繋がる】
ゲーム開始から攻勢だったホームリヴァプール。
ミルナー×モレノ、アイブ×クラインと、サイドを起点にする攻撃が多く見られた。これは攻撃だけでなく守備にも良い影響を及ぼす。サイドから攻撃することにより、アーセナルのサイドプレイヤーの攻撃を抑えることも可能とした。
{68E31C8F-82C3-463F-8B23-2382EED0AA3B:01}

{15904B73-8D99-4633-92B7-C40BEFF21D00:01}

これは前半の15分までの影響力。リヴァプールの左SBモレノの積極的な攻撃参加、アーセナルのサイドのプレイヤーが攻撃できていないことが見てとれる。

{B85701B1-EE8A-4189-A5A9-89B84E6FC415:01}

このシーン、出そうと思えばボールを持っているララーナはヘンダーソンに出せただろう。しかしボールはアイブへ。リヴァプールの狙いの徹底ぶりが見えるシーンだった。
序盤から攻勢だったリヴァプール、早い時間に1点を奪うことに成功した。

その5分後アーセナル同点。得点シーンの前がフィルミーノのゴールのハイライトで見れなかったから、どうしてラムジーがあそこにいたかが分からないのです。

【アーセナルの3列目の不安定】
しかし4分後。ラムジー、不用意に飛び出す。ウォルコット、ジルーの真ん中がラムジーね。(↓画像) パスコースを切るために立ったのだろうがクラインはジルーとラムジーの間から、ヘンダーソンへパスを通す。
{2B8BFD5C-7358-471C-968F-E08B9C34735D:01}


その後2度奪われるも2度拾い返したリヴァプール。しかし何故かラムジーが守備に戻ってこなーい。フラミニ先輩もおそらくフィルミーノがフリーの瞬間、「マジかよ!」と思っただろう。フィルミーノのゴラッソが決まって2-1。ラムジーかフラミニどちらかがいっていれば、防げたであろう失点。
{534D249E-5037-4292-8EC2-767226FD4086:01}


その後も不安な守備を見せるラムジー。だいぶ中央にスペースが開くため、ヘンダーソンやエムレジャンはバイタルエリアまで上がるシーンがよく見られた。大丈夫かフラミニラムジーコンビ。
{82BC8528-5BC7-49F5-B257-93AD8046F2EF:01}



【後半のアーセナルの守備】
そんなアーセナルは後半ディフェンスラインを下げる。今季クロップ・リヴァプールが苦しむのは引かれた時だ。さらにララーナ・フィルミーノはベンチにいるベンテケほど空中戦が得意ではないというのはアーセナルの守備陣は当然把握済み。後ろで構え、フィルミーノ・ララーナを前線から追い出していく。


停滞しレッズの攻めは淡白なものに終わっていく。そんな中55分、キャンベルから旋毛が白い(流血止めの)ジルー2点目。前半苦しみながら2-2で終えられたのが大きかった。これでアーセナル逆転。

レッズは66分、ミルナーに替えベンテケを投入。ララーナに替え前日加入したコーカーも投入。パワープレーが実り、90分こちらも途中出場アレンの同点ゴールで3-3。勝ち点1を分け合った。


【今後の両チームについて】
そんなワケで週半ばのゲームでした。この雨も降ったタフな試合のあと、また週末試合は厳しいね。
特にレッズはナショナルダービー。後半見せた引いた相手への崩しがなぁ・・・って思う。おそらくこれを見たファンハールユナイテッドは引いてくると思うんだよなぁアンフィールドだし。
ただ相手も引いてばかりじゃ勝てない。特に今のユナイテッドじゃ点が取れるか分からんし。ナショナルダービー、期待しましょう。


アーセナルはやっぱラムジーとフラミニの所ね。バーゼルからエルネニーを取ったが、ヴェンゲルがフラミニと並べるっちゅーのは考えにくい。なんだかんだラムジー使いたいだろうしね。まあ守備は4-5-1でフラミニ・エルネニーの方が安定するだろうからなぁ・・・難しいね。


プレミアリーグはまだ前半が折り返ししたところ。後半の両チームの順位に目が離せない。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。