北九州・小倉あたりで呑んでます。

次に向かったのはこんなお店。
昭和28年創業のエエ感じのお店へお邪魔しました。

{3905D345-7AC4-44E6-8639-B9D4D3CA04B8}

店に入るとカウンターが大きくL字に伸びていて、ちょうど
席があいたようで、すんなりと着席します。

店の看板にも飾られている銘柄が用意されていまして
ここでも地酒はなかった記憶が。
その中の千福を指名したような記憶が・・・

{E8E91847-91A2-46E7-B44B-D32287650830}

話変わりますが、こないだ呑み仲間の一人が肉離れを起こしたんですよ。
聞いてみると、呑んでる店で先程の店での忘れ物に気がついた。

店を飛び出し、忘れ物を取りにいこうと第一歩を踏み出したら
ブチンと肉が離れたらしい。

{E3041874-4FC1-4105-85C7-E81EB14B98FE}

それだけで外れるんですね。
いつまでも若いつもりで駅とかへ向かう道を全力疾走した時に
ブチンと肉が離れるかもしれない。そんな運動不足状態であることを
再認識させられましたよ。

で、もしもですよ。
カウンター席の隣にうちわを持った女性3人組がいたとしますよ。
その女性たちに絡むオッサンがいる。

{18C3BEB8-B416-4715-ABEE-F85370203D68}

女性たちは嫌がっている。
でも、オッサンはカラオケに行こうとしつこく誘っている。
ワシは隣に座っていながら、話を聞いてないフリをして
酒を呑む。

うちわを持った女性のひとりがワシに肘で合図してくる。
え? 何?
チラっと女性の方を見ると女性はゆっくりとうちわを裏返す。
『I ドキドキ 大徳寺』・・・・

{7D7E2D37-05FB-462F-9485-A1C8F274C039}

その時、絡んでいたオッサンがうちわを持つ別の女性のバックを
持って店の外に走って逃げていった。
『大徳寺ぃ!お願い!』
『え? なんでワシの名を?』
『いいの、そんなことは。早く追いかけて』

{314B46D4-27EB-4F5C-9335-46AC7F0F4E7A}

そこでワシは呑み仲間の肉離れを思い出すのだ。
準備運動をしてからでないと危ないからね。
ワシは屈伸運動をしはじめる。
『なにやってんのよ!』
うちわを持った女性が怒りだす。
『いや、いきなり走ると肉離れがね・・・』

うちわを持った三人娘はうちわをひっくり返し、背中を向けるのでありました。

そんな妄想をしながら、少しテーブルの下でアキレス腱を伸ばしてみるのでした。
AD
北九州・小倉あたりで呑んでます。

北九州・小倉あたりというとコレですよね。

{77F518A8-DD69-4EA9-A226-BDA6F18673F6}

実はもっとこういうのあると思ってたのですが
1つしか見つけれませんでした。

そんなビルとは全くカンケーない場所へ移動です。
次にお邪魔するのも角打ちのお店。

{CBD7EECD-7836-4272-A258-794EFB6D413F}

お店に入ってみると店全部が呑める仕様になってまして
立ち飲みコーナーみたいなカウンターとテーブル席が用意されている。

{3FA860E1-54DE-44B1-8842-4B5E13AD3E4C}

テーブル席ではグループによる宴会が開催されてたりして
ほぼ満席なんですよ。

簡易テーブルみたいなとこで呑ませていただきます。
日本酒をひやで貰おうと思ったら、コップ売りはしてないと。
ほなってコトで瓶を貰う。

{D81D42ED-135A-4115-A93B-5161CA09227E}

北九州の地酒がありますよってワケではありませんでした。
たまたまでしょうか。
富山のお酒をいただきます。

東京でも普通の店では東京の地酒を揃えてるなんてないですもんね。
旅行者はワシだけですからね。

{D7023A1A-2096-4229-9098-CD27749592E1}

ストレンジャーであるワシのことをチラチラと振り返ってみてる
女性がいてる。
グループで座ってるテーブル席の女性。

ひょっとして、ワシと昔、カンケーがあった女性?
女性が振り返ると、こちらはなんとなく気まずいので目を逸らす。
でも、振り返りながら、ひょっとしてウィンクしてたりする?

でも直視できない。
そのウィンクはモールス信号になってたりする?
モールス信号は学んでない。
ゴメン、あなたのメッセージ拾えなくて・・・

目の行き場がなく酒と奴を見つめる。
こんな時こそ、なぁ、酒よと唄が染みいる。
妄想がワシを惑わせる。

もういちど、さりげなく振り返る女性を確認する。
どう見ても、ワシより10歳以上上だ。
縁はないはず・・・
そして・・・ この後の縁も必要ない・・・

そう決めると何も気にならなくなる。
ワシは酒と奴をやっつけながら、次の店を思案するのでした。
AD
こないだある酒場で知っている女性を見かけたんですよ。
その女性は別の男性とふたりで来てはるんで、声をかけることは
遠慮したんですが、結局、向こうはまったくこちらに
気がつかなかったのか、特に挨拶なくお店を出ていったんですよ。

こんな風にこちらは気がついてないけど、向こうは気がついているってこと
あったりするんでしょうね。
でも、それがあまりにも懐かしい人だと名前さえ出てこないことってありますよね。

こないだ電車の中で昔懐かしい人を見かけたんですよ。
しかし、その人の名前が思い出せない。
でも、物凄く世話になったような気がする。
でも、わからない・・・

思い切って声かけて、話をしながら思い出すという手も考えたのですが
なんか結構近しい関係だったような気もするが名前が思い出せないし、
ひょっとして、昔、男と女の関係になってたのをワシがすっかり
忘れてしまって声を掛けるのもなぁ・・・と
結局、声を掛けずにそのままで終わったのです。

そうして、数か月してから思いだしたんですよ。
その人を。
あ! っと電光石火のように思い出しましたよ。

その人は昔、よくお世話になったAV女優だったんです・・・
もちろん、一方的にね・・・
わからんまま声かけなくってよかったですよ。
あたかも知り合いのように錯覚してしまっていました。

ワシの場合、昔の面影が一切残っていないオッサンの姿に
きっと誰も気が付かないんでしょうね。


北九州・小倉あたりで呑んでます。

寄ってみたいBARがありましてね、そこへちょっと行きました。
世間の時間帯ではBARに行くには早すぎるような時間帯。

{73C83671-F392-4365-804C-A959A402EA6A}

しかし、朝から呑んでるワシにとってはもうそろそろBARタイム。
開店間もないお店の扉をあけました。

{E4380C0D-E6AF-44FC-A8B4-84C3AC601E6B}

お店にはこの道何十年という感じのママがおひとり。
そして、ステキなお花が飾られている。

{4AA391B4-E8BE-4C2A-93A4-3FDEA8F99585}

導入部だけでこの店はホンモノだというのがわかります。
話をしてみると、この店はフルーツで作るカクテルを呑ませる店だという。

実はワシはフルーツがあまり好きくない。
嫌いじゃないけど、好んで喰わない。
でも、ここに来たらフルーツのカクテルを。

お通しで出してくれた枝豆が滅法美味い。
これは自宅でつくっているヤツだとおっしゃる。

{F37DE0A3-B3DB-43F9-B0A9-A7C519AA40BF}

サラダもサービスで出してくれるが、これも全部ご自宅で採れた野菜。
これもまた美味い。

{04CC7924-82D8-4295-81BE-88DA3D84EC43}

ほんまに申し訳ないくらいのウッカリ大徳寺なのです。
頼んだのはたぶん、トマトで作ってもらったカクテルだったような気がするんですが・・・

{C6CFA29A-F616-40F5-915E-3DF391A4A735}

まぁ、ステキですよ。
そのあとは何をベースにしてもらったのか・・・イチゴだったけかなぁ・・・・
ほんと、頼りないブログです。

{4A7E360E-0A26-4F46-AD5B-AE3FB11DAF0C}

出してくれたフルーツ。
これもご自宅で栽培してたのかどうか・・・それも聞いたんだけどウッカリしてました・・・

ステキなお話も聞かせてもらったのに・・・
サッパリな大徳寺、ガッカリな結果になってしまいました。

気になった人は是非、小倉へ・・・
AD