ハリウッド映画の人種差別

テーマ:

アカデミー賞主演男優賞・女優賞、助演男優賞・女優賞にノミネートされた

20人は、2年連続で白人ばかりだったことが波紋を巻き起こしている。




「#OscarsSoWhite(オスカーはこんなに真っ白)」のハッシュタグが

多くのフォロワーを引きつけ、黒人映画監督のスパイク・リーや黒人俳優のウィル・スミスはアカデミー賞授賞式をボイコットすると宣言した。
これは本当に、彼らが言うとおりの白人優遇・人種差別の表れだろうか。



カメラの前に立つマイノリティーも決して多くない。

人種や民族的マイノリティーでセリフがある出演者は

調査対象の全作品中28.3%だけだった。
こうした結果から、ハリウッドは未だにストレートの白人男性専用の

会員制クラブだ、とこの報告書は結論付ける。

ハリウッドはこの現状をうまくリメイクできるだろうか。

http://news.infoseek.co.jp/article/newsweek_E165502/




昨年のアカデミー賞授賞式で、ジョージ・クルーニー氏など、

多くの俳優が、「会場が真っ白」と言い、

米映画界が未だ白人至上主義であることを批判しました。


しかし、今年もその傾向は変わらず、

主演、助演男優、女優賞にノミネートされたのが、

全て白人だったことが、批判されています。。


ハリウッド映画が再び世界から支持されるには、

人種差別撤廃が必要です。







AD

コメント(8)