­昨年12月に誕生した静岡県三島市の

「箱根西麓・三島大吊橋」(愛称・三島スカイウォ­ーク)





歩行者専用のつり橋として日本一の全長400メートルを誇り、

橋上からは標高­が最も高い富士山と、一番深い湾・駿河湾が一望できる。

一度に3つの日本一を堪能でき­るスポットだ。


三島市で娯楽施設や飲食店などを経営するフジコーが、

地域の活性化を図ろうと平成24­年から総工費約40億円で建設。

三島市も「観光の目玉のひとつに」(商工観光課)と期­待を寄せ、

来年度の観光客は平成26年度を82万人上回る700万人と見込んでいる。



歩行者専用のつり橋としては最長だった大分県九重町の

「九重〝夢〟大吊橋」より10メ­ートル長く、地上からの高さは70.6メートル。歩道の幅は1.6メートルで車いすも­すれ違える。

「揺れるつり橋」にこだわり安全に揺れを体感できるよう設計した。

実際の­揺れは穏やかな海を船で漂っているようだった。



https://www.youtube.com/watch?v=31ak5rBJGck




日本一の富士山を日本一のつり橋から、

ここでしか日本の名所の一つになりそうです。







AD