勝ち組大家への道

国内12棟189戸+フィリピン不動産3戸投資中!!
安定的な家賃収入を得てから自分のやりたい仕事で起業するプロセスを綴っていきます。


テーマ:

複数の「ストック収入」を持つと
安定的な収入になる

 前回は「フロー収入」と「ストック収入」の違いをご紹介しました。サラリーマンの給与も安定しない「フロー収入」であり、毎月、安定的に収入がある「ストック収入」を持つことが大事だという話です。

 

 私はこのストック収入の大切さを、ロバート・キヨサキ氏が書いた著書の『金持ち父さん 貧乏父さん』から学びました。お金に働いてもらう仕組みを構築し、いろいろなビジネスで安定的な収入を得るという方法です。そして、それからはさまざまなストック収入作りに取り組みました。

 

 ストック収入は構築するまでが少々大変なこともありますが、一度作れば、あとは手間があまりかかりません。放っておいてもお金を稼いできてくれます。

 

 フロー収入の資金を使ってストック収入の仕組みを作り、それらから得た収入を使って、さらにストック収入の仕組みを作る。この習慣を続けるだけで、あとは雪だるま式に収入をふやすことができます。

 

 ストック収入の素晴らしさを実感したのは、アパートを一棟買って家賃が入ってきた時です。通帳に記帳された数字を見て、「本当に何もしなくても家賃がもらえるんだ」と感動したのを覚えています。

ストック収入は
複数持つことが大事

 私が実際に持っている収入は以下の図の通りです。


拡大画像表示

 ストック収入の中でも最も規模が大きいのは賃貸住宅からの家賃収入です。アパート・マンションを関東や北陸地方で運営しています。


 ただし、賃貸市場は年々厳しくなっていると感じています。人口や世帯数は減少しているのに、節税対策や資産運用として新築アパートが日本中にどんどん建てられているからです。大都市・横浜でさえ木造アパートの空室率が40%を超えているエリアがあるそうです。


 私はエリアの需要と供給をきちんと見極めて、なるべく安定した運営ができる物件を購入してはいますが、それでも徐々に状況が厳しくなっていくでしょう。不動産投資の経営手腕が問われる時代になっています。


 海外不動産、トランクルームや太陽光発電については、こちらの連載でも説明します。

 しかし、いくらストック収入が安定的といっても、多少の金額の変動はあります。また、一度仕組みを作ったからといって未来永劫続くものではなく、市場環境や法制度の変化によって、収入が減ってしまったり途絶えてしまう可能性もあります。

 

 だからこそストック収入は、リスクを分散するためにも複数作っておくべきだと思います。


 フロー収入は自分の労働が原資になっているので、なかなか複数作ることはできませんが、ストック収入ならば、仕組みの作り方次第でたくさん増やしていくことができます。

 

続きはこちら>> 空室対策で始めたあるモノが最高のストック収入に!

 

ダイヤモンドオンラインでお話しきれなかった内容は書籍にも書かせて頂いております。

書籍の購入特典として

高機能不動産投資シミュレーター

不動産投資に積極的な金融機関の特徴一覧

年収1億円ロードマップ

の豪華特典が今なら無料ダウンロードできます。

詳しい特典内容と書籍の内容は以下の書籍をクリックすると確認できます。

 

 

おかげさまで新刊も売れ行き好調です。

今ならお得な特典が付きます。

 

 

不動産投資 ブログランキングへ

不動産投資の有益なブログがいっぱいありますよビックリマーク 

応援のクリックありがとうございます。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。