1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2011-04-11 12:19:22

骨盤ウォーカーベルトで体質改善ダイエット

テーマ:骨盤ウォーカーベルト
下半身やウエストダイエットに最適と5万5千人以上の方が購入している
大人気骨盤ダイエットグッズの骨盤ウォーカーベルト

リバウンドしない体質改善ダイエット-骨盤ウォーカーベルト1

・その人気の理由は
歪んでいる骨盤を元の位置に戻す

それだけでダイエット効果が生まれる
体質改善するような仕組みの骨盤矯正ベルトに秘密がありそうですよね

⇒骨盤ウォーカーベルトの仕組みはこちらに掲載




私も骨盤ウォーカーベルトは愛用しているんです^^

リバウンドしない体質改善ダイエット-骨盤ウォーカーベルト2


骨盤ベルトって実は結構、種類があるんですが
この骨盤ウォーカーベルトは普通と違う仕組みがあるんです

それは「仙骨」の矯正。

この骨盤ウォーカーベルトには
仙骨への矯正が従来とは違い実にしっかりしています。
従来の骨盤ベルトではない
骨盤の矯正から生まれる新陳代謝が良くなる体質が作られるので
「痩せにくい身体を作る体質改善ダイエット」が可能なんですよね。

⇒従来とは違う仙骨パットの仕組み


超人気テレビバラエティ「ぷっすま」でも紹介され
ファッション誌や女性誌にも数々掲載されて
芸能人モデルの方にも口コミで広がっているんですよね
実際にテレビショッピングのモニターの方は
30分体験してなんと生放送中にウエストが-8cmもダウン!?

その効果が口コミで話題になっています
今ならウェブ限定のお得なキャンペーン実施中です

⇒骨盤ウォーカーベルト公式サイト














AD
いいね!(42)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011-04-08 16:28:32

おやすみ骨盤サポートパンツのダイエット効果

テーマ:おやすみ骨盤サポートパンツ
数年前から流行している骨盤ダイエットの中で
新しいタイプの骨盤矯正ダイエットグッズ。
販売開始から数か月で2万個売り上げを突破した人気グッズ

「おやすみ骨盤サポートパンツ」

リバウンドしない体質改善ダイエット-骨盤サポートパンツ1

一見、普通のパンツで
外にも履いて出ていけるようなスタイルなんですが

その内側にパワーネットの仕組みがあり
履いてそのまま生活すれば
自然と骨盤をグッと引きしめ

骨盤矯正効果が出てくるんです


⇒骨盤矯正効果とおやすみ骨盤サポートパンツの関係はこちら




リバウンドしない体質改善ダイエット-骨盤サポートパンツ2

そして骨盤が正しい位置に戻ることにより
歪みが解消され、体内の新陳代謝が向上して
痩せやすい体質に変わり、太りにくい体質に変わっていきます

パワーネットという骨盤矯正の効果のある締め付けも
きつすぎずに日常生活しながら過ごす事が出来ます

家事や育児などをこなしながらその上で簡単ダイエットが可能ですし
普通の生活で、無理をする事がないため
継続性も高くリバウンドしにくいダイエットがやり易いと人気は高まっています
今なら期間限定キャンペーン中。公式サイトで確認出来ます。

⇒骨盤サポートパンツ公式サイト






AD
いいね!(0)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011-03-15 12:00:04

どうして脂肪は、お腹周りにつくのでしょう。

テーマ:体質改善の基礎知識
ダイエットを始めようとする人の理由は、
体重が増えた、見た目に太ったなど色々あると思いますが、

その中でも一番多いのは、いつもはいているスカートやパンツが
きつくなってしまった。という理由なのではないでしょうか?

どうして、脂肪はお腹周りにつきやすいのでしょうか?
どんな理由があるのかを今日は調べてみました。
実は、お腹周りに脂肪がつきやすいのには、理由があるそうです。


お腹は触ってみるとわかると思いますが、
他の場所と違って、骨とかが一切ないですよね。
骨がない分、内臓が沢山集中してある場所です。

内臓は、人間の体にとってもっとも重要なものです。
人間の体には、もっとも重要なものを守る働きをもっています。

内臓を守るために必要となるのが脂肪なのです。
脂肪は、外部からの刺激から内臓を守る働きをする
他にも、保温効果を持つのです。

内臓は、冷たく冷えたところでは、充分な機能を
果たす事ができなくなります。
そうならないためにも脂肪がつきやすいのです。


脂肪がつくことで、内臓は、保温効果抜群となるのです。

内臓機能の面から見ると脂肪はとても重要な
働きをしているのがわかりますね。
内臓のために脂肪が重要なのはわかりますが、
脂肪はつきすぎるとスタイルの面だけでなく
色々と問題が出てきます。


脂肪がつきすぎてしまうと、成人病などを発症してしまう
危険があるので安心してはいけません。

脂肪のほかにも内臓を守る働きをするものがあります。
それは、筋肉です。

お腹周りの脂肪と共に、腹筋も内臓を守る働きを
するのです。

脂肪と筋肉では、見た目も体の健康の面からも全く違いますよね。
そして、腹筋を鍛える事によって、お腹周りの脂肪をなくすことができるのです。

脂肪を筋肉に変えると言う方が正しいかもしれません。

では、腹筋はどのような方法を行うと効率的につくようになるのでしょうか?

腹筋を鍛える方法として、身体をねじるという動作はどうでしょう。

体をねじる方法は、従来の腹筋と違い
もともとお腹の筋肉がなかったり
少ない人にとっても手軽に行えるものだと思います。

体をねじる方法は
比較的簡単で、仕事や家事の合間に行う事ができそうです。

効果的にねじる方法をご紹介します。

まず、壁を背にして立ってみましょう。


脚は肩幅くらいに開いておきます。
そして下半身はそのままの状態で、
上半身をひねります。ひねった状態で、壁を手でタッチすることが
できたら元の姿勢に戻ります。


これを左右バランスよく繰り返します。

この動作だけで良いのです。 運動には自信がないと言う人にも
気軽にそして簡単にできると思います。

このねじり体操をするときのコツは、
腰は固定した状態のまま、上半身だけをねじって壁にタッチする
ようにする事です。そうすることによって、腹筋を効率的に
刺激する事が出来るようになるそうです。

どの位ねじれば良いのかは、数回行うとわかると思うので、
わかってくると壁がなくても出来るようになると思います。

そうなると気がついた時にちょっとずつ行うようにするだけで
全然、お腹周りは違ってくると思います。

このねじりの動作が、クセになるといいかもしれませんね。



AD
いいね!(0)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011-02-15 20:24:30

ウエストダイエットに有酸素運動は有効?

テーマ:ウエスト
ダイエット中の人は、どんなダイエットを行っていますか?

ウエストを細くしたいとダイエットに励んでいる人は、
有酸素運動を取り入れたダイエットをしていますか?


今日は、ウエストを細くするのに、
有酸素運動は有効かどうかをご紹介したいと思います。


有酸素運動とは、どういうものなのでしょう。

ウォーキングやジョギング、スクワット、エアロバイクなど
有酸素運動とは、酸素を消費して充分な呼吸を確保できる
運動の事をいいます。


有酸素運動がなぜダイエットに有効かと言うと、

人間の血液の中には、脂肪が流れています。
その血液中の脂肪が、体脂肪となる前に酸素と結合して
燃焼させる事ができれば、肥満になる事はないと言われています。

そして、もうすでについてしまった脂肪は、血液の中の脂肪の
次に燃焼されると言われています。

これらの脂肪を燃焼するのに有効なのが、有酸素運動なのだそうです。

血液の中を流れる脂肪や、もうすでに体についてしまった脂肪を
減らすには、ゆっくりと深くそして沢山の酸素を取り込むことで
脂肪をたくさん燃やす事ができるようになるのです。

そのために行う運動が有酸素運動だと言われていて、とても効果的と
言われています。



有酸素運動の運動の目安となる時間は、脂肪を分解し、燃焼するために
充分な量の酸素が必要になるのです。脂肪が燃え始めるのに必要な
時間はおおよそ運動開始から約20分くらいたってからだと言われています。

なので、もともと運動経験の少ない人や、運動不足の人は、
15分程度の有酸素運動から始めてみると良いでしょう。

慣れてきたら少しずつ時間を増やし30分程度継続して運動できるように
なるのが理想的です。

30分の有酸素運動に慣れたら、少しずつ強度をあげて運動していくと
より無理なく効果的に運動が行えるようになると言われています。

有酸素運動を行うコツは、ストレスにならない程度に無理なく継続的に
続ける事です。


ウエストダイエットに有酸素運動は有効かという問題ですが、

どの部位のダイエットも、痩せたい部分だけに働きかけるダイエットよりも
まずは、体を脂肪の燃焼しやすい状態にしてから部分的なダイエットを
行う方が効率はアップすると思います。

ウエストダイエットの場合は、有酸素運動により、酸素を体に沢山取り込み
脂肪を燃焼しやすい状態にしてから、腹筋などのウエストを細くするための
運動を取り入れる事が良いようです。



有酸素運動プラス部分運動というバランスが、ダイエットの効率をあげて
くれるなら、有酸素運動はウエストダイエットにはとても有効な方法だと
言えますね。

継続的に有酸素運動を行う事で、基礎代謝や新陳代謝もあがってくるので
とにかく続ける事です。

毎日は無理でも、週に数回と決めたらそれを守るようにしてみましょう。

大切な事は、無理なメニューにしない事かもしれません。
ストレスにならない無理をしない運動メニューを長く続ける事が
ダイエット成功の一番の近道なのかもしれません。

いいね!(0)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011-02-06 20:19:17

骨盤ダイエットは柔軟に考えましょう

テーマ:骨盤ダイエット
骨盤ダイエットがテレビなどで紹介されて
有名になってから、ダイエットに関心がある人は、
一度は何らかの形で骨盤ダイエットを行って
みたのではないでしょうか?


骨盤ダイエットを今も継続的に続けて行っている人。
ちょっと試してみたけど挫折してしまった人。
いまいち効果が得られずにやめってしまった人など
様々だと思いますが、

骨盤ダイエットを試みる人に、陥りやすい問題点が
あるといわれています。



どんな問題点だと思いますか?


骨盤ダイエットのポーズや
形にこだわり過ぎてしまう事
なんだそうです。



どういう事かというと、

骨盤ダイエットの流行によって、
数多くの骨盤ダイエットについてのガイド本が
出版されていますよね。

手軽に購入できる事と、ガイド本の中には骨盤を
締めるためのベルトが付録でついていたりと
初めて骨盤ダイエットを行う人にとっては、魅力的なもの
だと思います。

しかし、ガイド本は、写真と文章で表現されているために
詳しく、そしてわかりやすく丁寧に書かれていても、どうしても
二次元的になってしまうために完全に理解する事が難しかったり
します。

これが、骨盤ダイエットを試みる人が陥りやすい問題点の
ようなのです。



試してみた事のある人は、わかると思いますが、
ガイド本で説明してある写真や図解で示しているようなポーズに
ならなければならないと考えて、とてもきついのに無理して同じ
ポーズをとろうと努力した経験はありませんか?

骨盤近くにある股関節をはじめとして、人間の体の柔らかさは
その人によってそれぞれ違います。

もし、普通の人よりも体の硬い人が、そのポーズにこだわって
しまうとどういう事が起きてしまうと思いますか?


そのポーズが出来ない事で
骨盤ダイエット自体を諦めてしまう人。

体がこれ以上いかないというところまで来ているのだけども
ガイド本のようなポーズになっていないという事から
さらに無理をして体を曲げていく人もいるかもしれません。

限界を超えて、無理をして体を曲げる事により、
当然、体に負担がかかってしまいます。
そのような状態になってしまうと言う事は、どうしても力が
余計に入ってしまう事になり、当然、筋肉は緊張して
縮んで硬くなってしまうのです。

骨盤ダイエットは、骨盤の歪みを解消し、整える事で
痩せる効果を得られるものなのに、歪み気味の骨盤を
無理したポーズで筋肉を緊張させる事によって、筋肉は固まり
骨盤の歪みを解消するどころか、歪みを固定化してしまうのです。


これは、骨盤の歪みを解消するどころか、
まったくの逆効果だと言えます。



もし、自分の体が硬く、ガイド本のようなポーズが出来なかった
としても、無理をせず少しずつ継続的に行っていくことで、
理想のポーズが出来るようになっていきます。

もうこれ以上は、辛いと感じるところでやめる事が
よりよい骨盤ダイエットのポーズをとる上で最も重要な事なのです。


骨盤ダイエットのガイド本のポーズだけに固執してしまうと
正しい呼吸法への関心が薄れてしまいます。

呼吸法も骨盤ダイエットには、重要です。
これらの事を注意して行う余裕が必要なのです。


骨盤ダイエットは、無理する事なく、継続的に行う事と
骨盤に良いポーズは、徐々に理想の形になるようにもっていく事
が重要のようです。



ブログランキング参加しています^^
役に立った内容だと思われたらクリックお願いします^^
↓↓↓
にほんブログ村 ダイエットブログへ
にほんブログ村


いいね!(0)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。