それは、小さな紙切れだった。ふちに、ピンクの布が見て取れたので、

何かが、破れたか、あるいはちぎれたものに、見て取れた。

裕太の手の中から、のぞく謎の物体を見ていると・・・・

それは、よくおばあちゃんからもらう、アレににている・・・

と、颯太は気付いた。

「ホラ・・・神社とかでもらう・・・あれだよ」

と、颯太が言うと、裕太が顔を上げる。

「それって・・・」

2人は目を合わせると、一斉に「お守り!」と、声を揃えた。

それから、少し照れたように、目をあわせる。

「でもさぁ・・・なんで、こんなところに?」

 

普通、お守りと言えば、カバンにつけたり、忍ばせたりして、

大切に扱うものだ。

赤やピンクや、きれいな布にくるまれて、それなりの厚みがあるのに、

これは、破れて捨てられたのか、わからないが・・・

完全な形ですらない。

あくまでも、パーツであり、1部分だ。

本体は、一体どうなったのか、

それは、うかがい知ることはできない。

第一、神社の名前が読み取れないしで、手がかりが、プツン・・・と途絶えた。

なんでこんなものが、ここに?

と思っても、おかしくはなかった。

ここは、神社を壊してできたわけでも、近くに神社があるわけでもないはず・・・

何者かが、ここに捨てた、しかも、バラバラにして・・・

と、考えるのが1番妥当だった。

 

ならば、どうしてここに?

颯太が頭を悩ませていると・・・

そこに、自転車に乗った男の人が、近付いて来るのが見えた。

にほんブログ村 小説ブログ ノンジャンル小説へ
にほんブログ村
人気ブログランキング 宝の島を探しに行こう

 

AD