「あとは、母さん待ちです・・・でも、4~5日中には、必ず・・・」

と言うので、

「転校せずにすむなら、いいんだけどね」

と言うので、おやっという顔をする、先生。

「う~ん」裕太は、少し考え込み、

「やはり母さん次第です。

 一応、転校届も用意してるんですけどね」

と、最悪な事態を想定して、万全な態勢であることを、ほのめかせた。

割り切って話している様子ではあるが、裕太の心は揺れていた。

「どうしても、かあさんの話が、聞きたいのですか?」

裕太は、岸本先生に、向き直った。

先生は「う~ん」と、またしてもうなり、

「そおっとしておいてあげたいのは、山々なんだけど・・・

なにがあったのかだけは、把握いておきたい」と言う・・・

「一応、警察にも、届けておいた方がいいし、このままってわけにはね~」

さすがに、渋い顔になる。

「そうかぁ~そうですよね」

「すまん・・・」

颯太は、裕太の顔をじぃと見て、

「やっぱり、まだ、辛そうなの?」と聞くと、

裕太は、「そうだな」と言う。

「実はさ・・・」と、裕太は、真面目な顔をする。

「ちょこちょこ夢を見るんだ・・・

いつもおんなじ夢で、火事が起きるんだ・・・

みんな我先にって、詰めかけるんだ。

エレベーターは、大混乱になる・・・という夢、、、

引っ越しが決まって落ち着いてるけど、またいつ、どこで爆発するか

わからないんだけどな・・・」

と、ポソっと言うと

颯太も「そうなんだ…」と言って、考え始めた。

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 小説ブログ ノンジャンル小説へ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

AD