(いかんいかん、子供相手に、イライラしては・・・)

善行は、少し、反省を。

「だけどどうして、君のお母さんは、捨てようと、するんだい?」

不思議に思って、聞いた。

すると少年は、少し寂しそうな顔をして、

「だって、これは、ママが作ってくれたものだから・・・」

と、ポソッと言う。

善行には、わからない・・・

「どうして、君のお母さんは、自分の作ったものを、捨てようと、するんだい?」

と聞くと、ようやく少年は、善行の言わんとすることが、わかったらしく・・・

「やはり、生みの親より育ての親、なんですかねぇ~」

と、妙に世間ずれした、大人のような口ぶりで、笑ったのだった。

「あの人は、父の結婚した、相手なんです・・・」

「結婚した相手って、再婚ってこと?」

善行が不思議そうに聞くと、

「そうなりますねえ」と、なぜか他人行儀。

不思議に思って、ほんの少し・・・と、思い、

「ねぇ、なんで、捨ててしまうの?」

と聞くと、チラリとグロテスクなぬいぐるみ・・・を、見てしまう。

(そうだね、これが限界か?)

 

 

 

にほんブログ村 小説ブログ ノンジャンル小説へ
にほんブログ村
AD