措置入院の強化は、患者と主治医の関係を崩壊させると感じます。

退院後の暮らしを生きようとすると医者に従うしかなくなり、医者は診察内容を外部の会議に報告する仕組みと変えられようとしている。それは医療全体に及ぶことは必至だろう。入院によって自分の人生を主体的に生きられなくなる法制度はおかしい。

また『確固たる信念を持って犯罪を企画する者』が措置入院の対象とされている。

『精神疾患を持つか否かに関わらず治療の対象とする』案は実施させてはならない。

----------------------------------------------------

以下のブログもご参照の上、今回の東京行動にご賛同、ご協力をお願いいたします。


「精神保健福祉法『改正』案に反対する! 精神医療に治安維持を持ち込むな!!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

AD