小田切大(作曲家、歌手)の日記

超個人的日記です。
毎日更新していますよ。

【ライブ情報】

◎小田切大ライブ◎

1月31日(火曜日)サラヴァ東京

「ソワレと歌手仲間のほろ酔い新年会」
19:00open 20:00start
adv¥3600 door¥4100(1ドリンク付です)

【ホスト】ソワレ
【ゲスト】越路よう子(越路姉妹)、松之木天辺、しんいちおじさん、小田切大、ヨンコ(おおくぼけい)



2017年もよいことがたくさんあります様に!ということで縁起のよい個性的な唄い手さんにお声掛けして賑やかな新年会ライブを企画致しました。越路姉妹の歌姫、シャンソンからブルースまで情熱的に唄い上げる越路よう子、美輪明宏さんの舞台など活躍益々著しい松之木天辺、乃木坂46への楽曲提供など作曲家としても大注目の小田切大、サラヴァではおなじみ、誰もが共感するあたたかさの中にシニカルな一言が癖になるソングライター。しんいちおじさん。この男性(?)歌手4人に笑顔に騙されてはいけない、ピリリと辛いヨンコがピアノで華を添え。ついでにサラヴァ東京オーナーのソワレも唄います。

サラヴァ東京
渋谷区松濤1.29.1 クロスロードビルB1
TEL 03(6427)8886
http://l-amusee.com/saravah/

ご予約は
daiodagiridai@live.com
まで





【更新情報!】

サイドバーに楽曲を貼付けました。
                          →
                          →
                          →

過去の仕事からインスト曲を中心に貼付けていく予定です。
どうぞ、聴いてくださいまし。



バンドの楽曲はこちら

僕の話を聴いてほしい楽曲再生リスト
http://urx.nu/8seq

テーマ:

かくしてたまにやってくる一人暮らしが終了した。

 

マンション管理組合理事会終了後、車を借りて品川まで。

それから下北沢まで直行し、かつを食べてから帰った。

 

娘は妻の実家でめちゃめちゃいい子にしてたらしいけど、これ家でも続くんだろうか。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
独りぼっちの夜、2日目。
昨日夜中にクラブで飲んだらどうも体調が悪く、こんな日なのに飲みたくはない。
かと言って家にいるのもなあ、とグダグダ家で思い悩んでおりました。
 
そうだ!映画に行こう。こんな時は映画だ。
スコセッシ監督の「沈黙」やってたなあ、これ遠藤周作の原作が好きなので是非観ておきたい。という気持ちな反面、好きなだけに特に思想面で勝手なアレンジがされてたらイヤだなあ、しかも監督外国人でしょ?
小説に描かれているようなかつての日本の微妙な様子を誤解せずに描けるのか、心配な気持ちもあり、しばらく逡巡しておりました。
 
行ってよかった。本当に。
とてつもない傑作でした。
 
「信仰とはいかなることか」「そもそも宗教は何を目指していたのか」
ということを、クリスチャンのにならず、あらゆる宗教やあらゆる立場の人々に痛烈に問う作品だったと思います。
 
象徴的なシーンがありました。
主人公の神父の目前で日本人信徒が拷問され、主人公が棄教すれば全員助けてやる、という展開になります。
逡巡している主人公に対し、かつての主人公の師匠であり既に棄教した人物がこう言います。「キリストがこの場にいたらな、彼は棄教するだろう」
 
宗教にとって重要なことは「その思想によって何を為すべきか」だと思います。
「どういうスタイルで何をするか」ではないのです。
 
原初のキリスト教は偶像崇拝を否定していました。
偶像により祈りが様式化することによって、スタイルをこなすことが重視されるようになり、宗教が本来目指していた思想の一番大切なコアな部分を顧みられなくなるからです。
 
「私はクリスチャンである」というスタイルに固執することによって目の前で人命が失われるのだとしたら本当の意味での「クリスチャン」とは言えない、しかし果たして現在の宗教の有り様は彼らを批判することが出来るでしょうか?というメッセージが込められていたと私は感じました。
 
ちなみにこれは、キリスト教のみに当てはまることではなく、仏教もそうですし、恐らくは歴史ある大きな宗教全てが、加えて無宗教というスタイルをとる人々にとっても直面している問題ではなかろうか、と感じました。
 
だから、この作品は全世界のあらゆる人々に観て頂きたい。
 
 
プラスして「日本人」についても大変リアルに描かれていました。
善い部分も悪い部分も、高潔さ、汚さ、事なかれ主義、仲良くやろうよ、みたいな感じとか。それから一神教についてサッパリ理解してない感じとか。現在も変わらぬ日本人の姿。あと、浅野忠信さんのセリフに多くの日本人の欧米人に対する気持ちが余すところなく集約されていたと思います。
よくぞここまで絶妙に日本人を描けたなあと。アメリカの監督さんがやってくれた。
 
とにかくスバラシイとしか言いようのない作品なので、是非是非ご覧になってください。
 
最後に、
主人公はキリスト教を棄てたことによって本物のキリスト教者になったんだと私は確信しています。
宗教家が本当にスポットライトを当てなきゃいけないのは殉教者ではなく、こうして悩み抜いて歴史の渦中に消えていった人々ではないでしょうか。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
妻子が実家に帰ったりすると、久々の一人だ〜、なにしようかなあ、
と思っているうちにやることがさっぱり思いつかず、結局、ダラダラと楽曲制作をやる、みたいなところに落ち着きがちなんですが、今回はもっと生産的なことをやろうかと。
 
そういえば、近所にクラブが沢山あるのに全然行ってないなあ、なんて思って夜分街に繰り出してみる。
オンエアの通りなんか私にとって、普段保育園に行くのに利用する道でしかないんだけれども、よく見ると色んな小屋がありますね。
 
一つ適当にチョイスしてふらっと入ってみる事にしました。
最近、ベースミュージックに興味があるので、そんなのを回してそうなところに。
入って見ると、結局流行のEDMが中心だったりしたわけですが、みんなででっかい音で音楽を共有するって楽しいもんですね。
 
たまにこういう時間を作りたい。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
久々に鶏ガラの出汁をとった。
やっぱり美味いですね。
 
最初の30分だけしつこく灰汁を取っちゃえばあとはほぼ放置なので、たいした手間ではありません。
 
最近、醤油を鍋底にあえて焦げ付かせて、そこにスープを投入するという技を覚えたので、そんな具合の、焦し醤油のスープにしました。
 
ネギの風味がイマイチ出ませんでした。
近所の中華屋のように、ぷわ〜んと行きたいんですが、あれどうやってやってるんですかね?
 
コツが知りたい!
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
「たほいや」って番組やってたの覚えてますか?
↑コレね。
 
私が高校の頃でしょうか、フジテレビの深夜枠は攻めていました。
「カノッサの屈辱」「カルトQ」など実験的な知的バラエティーみたいな番組を沢山やってたのですが、その一つが「たほいや」です。
 
あれから20年以上たちまして、そんな時代があったことも忘れかけていました。
そんなある日、友人のマガタさんから連絡を頂きまして、今度イベントやるかオープニング曲を作って欲しいとのこと。
へえ、どんなイベントなんだろ、と思って見てみるとなんと「たほいや」とあるではありませんか。
 
まじか〜!これテレビじゃあ復活しないけど、イベントでやっちゃうってナイスアイデア。さすがだなあ。
 
しかし、こう言ってはなんですが、番組は面白かったんですが、地味か派手かというと超地味!どんなイベントになるんだろう…と思ってたんですが、めちゃめちゃ盛り上がりましたね。
 
当時番組に出演されていました、松尾貴史さん大高洋夫さんを中心に、新世代としては能町みねこさん、エニックスの藤澤仁さん、それから主催のマガタさんが参加。
 
すごい、面白かったですね〜。ニコ生で中継してたそうですが、ご覧になった方いらっしゃるでしょうか。
 
次回は3月27日、渋谷の東京カルチャーカルチャーだそうです。
今回「たほいや」は生で観た方が10倍面白いと発見しましたよ。
今後の展開が楽しみです。
 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
シチューといえば、家庭料理の定番中の定番ですが、思えば定番すぎたためか作ったことがなく、もうすぐ春だし、作るなら今と拵えてみましたが…
 
カレーの要領で具を刻んだら、これでは小さかったらしい。
シチューはどちらかというと具を頂くもの。
スープはソースに近い立ち位置だそうだ。
 
そうか。
 
もう一回作ってみようかな。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
娘と図書館に行って本を読んでたら、ちいちゃんが来た。
ちいちゃんは娘のクラスメイトで、バレエは今は教室が違うけれど、先日うちの教室に見学に来た。バレエ仲間だ。
 
2人に紙芝居をやった。
いちいちグラグラ体を動かしながらちゃちゃを入れる娘に対し、静かに座って紙芝居を見るちいちゃん。
この子はクラスで最も行儀が良い子だ。うーん、この差はなんだ、いつの間についた?
 
そういえばバレエでもとってもいい子だったなあ。
 
 
 
夜はまっしーが家にやって来た。
一足早いバレンタインでクッキーを作って届けに来たのだ。
まっしーは元クラスメイトでバレエ仲間だ。
今日は似たような友達2人に会ったなあ。
似ているっていっても近い関係ってだけでみんな正確は全然違う。
ちなみにまっしーは常に「笑い」を取ることを意識し、行動するタイプ。
それから独創的で自由人。
目を離すととんでもないところを歩いているような、娘の友人の中で最もフリーダムな人物だ。
 
ちいちゃんはそんなまっしーが友達の中で一番好きなんだって。
 
面白い3人だね。バレエでまた3人で会うのが楽しみだ。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
一旦暖かくなったと思ったら、また突如として寒くなった。
雪も散らついていた。
 
ネットで誰かが見つけてくれたADHDの方によるTO DOリスト作成法が非常によい。
時間が無駄なく使えている。
 
 
タスクをTO DOに分解して行き、潰して行くというもの。
私はこの方が仰るのと同様に、タスクに対しては漠然とした不安から先送りにしてしまう癖があり、この方法だとストレスなくタスク処理が出来るばかりか、毎日のTO DOにも、タスクが進んでない不安からくるプレッシャーがなくなり、すんなりと事とが進められる。
 
そう、不安につぐ不安のスパイラルなのだ、私の人生。
「そんなら、やることやればいいじゃん」って普通の人は簡単に言えるし出来るんでしょうけど、私にはどうしても出来ないのです。不安で。
 
私自身がADHDかどうかというと正確には不明。
色々調べたり聞いたりした話を総合すると、どうやらADHDではないと考えるのが妥当なようですが、非常にそれに近い習性がある事は確かなようです。
 
いずれにせよ、大切なのは自分の中の負の要素を否定し拒絶するのではなくて、認めた上でいかに克服していくか、ということ。
私は聞きかじった事を多少アレンジを加えつつ実行しているだけですが、こうして方法を編み出したこの方はエライ!尊敬します。
 
ありがとうありがとう。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
マンション管理組合の役目で弁護士の従兄弟を訪ねるべく新宿御苑前へ。
初めて来たけど、法律事務所ってとこは静かだね。
事務の人に「小田切先生いらっしゃいますか」と言ってみた。変な気分だ。
 
親戚に弁護士と医者がいるというのは本当に心強い。
ありがたやありがたや。
いつか恩返しを、と心底思うんですがミュージシャンって本当に何にも出来ないんだよ〜、ゴメンな!
 
事務所を出たら雪。
たまに外を歩いた時に限って雪か。
しかし、いつも通り出なかったら貴重な雪に気付かなかったかもしれないなあ、と思ったらラッキーだったのかもしれない、寒かったけど。
 
新宿御苑前といえば、子供が生まれる直前まで暮らしていた想い出深い街。
相変わらず、街のサイズ感がとても心地いい。
御苑前名物の「ワンダフル」というディスカウント八百屋を覗いてみる。
レタス60円!
あ、ありえん価格設定。一体、どうしたらこの値段がつくのか。
とりあえず購入。
 
しかし、以前この店で買ったサボイキャベツがゴムのようで一切食べられなかったことがあり、このレタス、食べられないところをむいているうちに消滅してしまうんじゃないか、との懸念もあり…
 
よく通っていた緑の豆というコーヒー屋で豆を買い渋谷に帰還。
うるさい街だなあ渋谷は。
 
 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。