ほうせん4


京都に老舗和菓子は数あれど
下鴨にある ここ「和菓子処ほうせん」はまだ出来て日が浅く、穴場中の穴場。
閑静な住宅街にポツリとあり、意識しないと見当たらない程。
内装も新しく、清潔感に溢れています。


笑顔の可愛い店員さんに連れられ奥の座敷へ。
手の行き届いた素晴らしい中庭が目の前に広がる。
まるで時が止まっているかのように静かな和空間。
ここは、ひとりでのんびりできる、とっておきの秘密の場所。


和菓子の美味しさもさることながら、お抹茶のお手前は完璧。
きめ細かなカプチーノのような口当たりのお抹茶。
相当の腕がないと、このキメは作れません。


そして特筆すべき逸品は、数量限定の岐阜県産「わらびもち」
通常蕨餅といえば、四角くカットした蕨餅の上にきな粉がドバっ!とか、こし餡を蕨粉で包んだトロトロ食感のものを想像しますが、ここのわらびもちは、今迄の蕨餅概念を覆すものです。

小さめの球体。色は黒ずんでます。
これは本蕨粉がもつ、本来の色合い。
別添えで沖縄産彼照間黒糖が付いてきますが、きな粉はなし。
冷蔵庫で冷やしてあるのではなく、直前に氷で冷やされ提供されます。
口に含むと「コキュコキュッ」
歯を押し上げるほどの弾力と上品な甘みが口中に広がります。

蕨餅は原型が崩れる程、柔らかいほうが好みな私も、
ここのわらびもちは別格。
この独特の食感、一度食べればきっとハマリます。

地元京都人にもまだほとんど知られていないこの究極のわらびもち。必食です。

「和菓子処ほうせん」
http://www.housendo.com/pre/housen.html


「美味探求」 珠食家特派員NO1 アユ(京都在住)

最後までお読みいただきましてありがとうございました。
人気BLOGランキングにご協力いただけたらとても嬉しいです。

 asas

AD
GUGU HIHY HIHI

「祗園さん」・・・この響きが好き。
お茶屋が軒を連ねる祇園は、京情緒たっぷりの大人の空間。
背伸びをしても理解し難い独特の「秘密」の空気が流れ、
夜になると、石畳を照らす穏やかな明かりがますますミステリアスな雰囲気を醸します。

こんな風情溢れる立地に「びすとろ ぷらむ」があります。
ガラガラと引き戸を開けるとカウンターの店内。
外観からするとお座敷でも登場しそうなイメージだったんですが・・・。

ここは、希少価値の高い「村沢牛」が頂けるお店。
以前日記でもご紹介させて頂きましたが、「村沢牛」とは。。。
信州長野の村澤 勲さんという方が丹精込めて育てておられる牛さん。
この育て方が半端じゃない!「お牛様」を、畳の上で可愛いがられているという超過保護ぶり♪箱入り娘ならぬ「箱入り牛」なのであります。
このお牛様を、ここ「びすとろぷらむ」で堪能しようと訪れてみました。

メニューを見ると、ハンバーグ(¥1500)、エビフライ(¥1500)などの
洋食メニューから、てっちりなどのふぐ料理 (¥3000)、チヂミなどの韓国料理(¥800)
はたまたお寿司(¥2800)など、ジャンルを問わないお料理が多種多彩。
でもここはステーキ屋さん?でも店名はびすとろ・・・?
とにかくここは美味しいものならなんでもアリのお店。
特に、特選村沢牛最高級ヘレ肉(¥6500)がウリです。

この日よばれたメニューは・・・

※村沢牛ロースお造り 
※村沢牛霜降りロースのにぎり寿し 
※オリジナルドレッシングであえたぷらむサラダ  
※有機栽培の朝採りグリーンアスパラのボイル
※特選村沢牛のヘレステーキ150g 
※特選村沢牛のロースステーキ200g 
※あわびのステーキ 100g
※ぷらむ特製ピラフ 

まさに村沢牛オンパレード!!
立派なセレブ牛は、舌の上でトロッと滑らかに溶けてくれます。
クセもなく上品で優しい味わい。
ここのお肉は以前、肉屋の「大西さん」でテイクアウトし、家で焼いてみたが、
やはりレストランで提供されるものとは、全く感動が違う。

ただ、気になってしまったのは保管状態。。。
キャパ的に保存スペースがないのは分かるが、希少価値の高いお肉をワインをストックしている専用冷蔵庫に同時にストックしているのはいかがなものか・・・(汗)
カウンターから丸見えの為、ワインの品質、香りが心配になってしまった。。。
周りを見渡すと、私達のメンバー以外は誰も気にされてないご様子だが・・・。

祗園さんのステーキ屋さんにしてはリーズナブル。
東京やったら、平気でこの倍額はするだろうな~。
京都でしか食べれないセレブ牛、一度はお試しあれ。

※写真は、
・村沢牛霜降りロースのにぎり寿し 
・あわびのステーキ
・特選村沢牛のヘレステーキ


「美味探求」 珠食家特派員NO1 アユ(京都在住)

最後までお読みいただきましてありがとうございました。
人気BLOGランキングにご協力いただけたらとても嬉しいです。

 asas



AD

きりg nia nait


遅ばせながら、おついたち(1日)の日記。
おついたちは、松尾大社毎月恒例「おついたち亀楽粥」。
日記でご紹介するのはもう3回目ですが、
今回のお粥さんは
「冬瓜粥」  ・・・シブイ。。。

御神酒・・・「大洋盛/新潟」
お粥 ・・・「冬瓜」
お漬物・・・「しば好み/もり」
      「ちりめん山椒/黒豆茶庵 北尾」
おかき・・・「炭火焼おかき/鳴海屋」

庭園眺めながらの優雅な朝食。
この早起きならではの贅沢を皆さんも体験して頂きたいわ♪
それにしても「冬瓜」って冬の瓜って書くのに
なんで夏野菜なんだろう・・・?
密かな疑問。

「美味探求」 珠食家特派員NO1 アユ(京都在住)

最後までお読みいただきましてありがとうございました。
人気BLOGランキングにご協力いただけたらとても嬉しいです。

 asas

AD

NAIN ASX ASD

新店オープンした「ブランジュリー ブリアン」に行ってきました。
このパン屋さんは京都の平野神社の横にあります。
外観からしてセンスの良さが見受けられ、期待大!
店内も興味をそそるパン達が、見やすく配列されてます。

******************************************************

今回購入したパン

※小倉
 北海道小豆使用

※バナーヌ
 グリーンピスターシュのダノワーズに相性の 良いバナナと チョコレート

※フレーズ
 フレッシュ苺とブルーベリー、カスタード

※カレーパン
 自家製カレー使用

※キンピラ
 ごぼうキンピラ、マヨネーズ、胡麻

※グラタンコーン
 ベシャメル、コーン、チーズ

※ラタトゥーユ
 発酵バターのクロワッサン生地に夏野菜とトマトソース

※我が家のおやつパン
 ルヴァン種の菓子パン、ルネッフル社コンテスト優秀賞受賞

※フィグノア
 ライ麦パン、胡桃、イチジク

※レーズンお茶
 ブレンド茶生地、カルフォル二アレーズン

※ブリオッシュアテート
 カナダ・国産小麦、フレッシュバターブリオッシュ

※胡麻パン
 胡桃、クリームチーズ

※カスタードパン
 クリームチーズダノワーズ

※クロワッサン
 甘さ控えめ、バターの芳醇な香り

※お豆のパン
 5種のカノコ豆

******************************************************

どれもこれも魅力的すぎて気づけば15種類も買っていた。
(苦笑)
写真を撮ったり、パンに記載されているコメントを熟読していたら、お店の方に「パンを製造されている方ですか?」と
完璧同業者と勘違いされてしまった(汗)
ま~あの怪しい行動を見られれば無理もないでしょう・・・(笑)

今回特に感動したパンは、「バナーヌ」「ラタトゥーユ」「フィグノア」「グラタンコーン」。
いずれもトースターで焼き色をつけ熱々の状態で食べたほうが美味♪
アユはデザートパンでも惣菜パンでも、とにかく焼かないヴァージョンと焼いてみるヴァージョンを試してみる。
焼かないほうが素材や生地の美味しさを感じれるパンもあれば、焼き色をつけ、香ばしい食感を楽しんだほうが数倍美味しいパンもある。

パンも鮮度が命。次の日に食べると確実に味が落ちるゆえ、
すべてを一日で食べ尽くす。
これだけ連続でパン三昧を続けても・・・

やっぱりパンが大好き♪(^^)


「美味探求」 珠食家特派員NO1 アユ(京都在住)

最後までお読みいただきましてありがとうございました。
人気BLOGランキングにご協力いただけたらとても嬉しいです。

 asas


朝からタケウチ、コム・シノワとブランジュリー巡りを続けたので、お次は、スイーツ!!(^^)
神戸元町の「グレゴリー・コレ」 へ。

入店するとショーケースにズラリと並ぶ美人揃いのガトー達。
きゃ~~~どれを選ぶか迷っちゃう♪

広いイートインスペースも併設されているので、ゆったりデセールタイム。

*******************************************************

iuuyy

※アプソリュー (写真1)
(このお店の人気ガトー。へーゼルナッツの生地にブリュレ、そして、ほろ苦いチョコレートでコーティング)

ytty

※ミルフィーユ ジバラ (写真2)
(ヴァローナ社のチョコレート使用)

※シューア・ラ・クレーム
(パリッとしたシュー生地)

trt

※マスカルポーネ (写真3)
(マスカルポーネ&ショコラ)

※ジュピター
(ライムムース)

*******************************************************

迷いに迷って厳選した5品。

さすが1番人気。
アプソリューは、ねっとりとした口どけ、カリカリ食感、濃厚な味わい・・・すべて完璧なバランス。

一緒に来店したうちのひとりは「さすがに甘いのばかり食べれない」とカレーライスをオーダー
凄い!!ブラックホール胃袋。
ケーキ食べるよりも、ある意味凄いかも・・・(^^;)

その後は元町中華街にて「葱ラーメン」。
胃や口の中で、甘さと辛さが手を繋ぎ仲良くしてくれました♪。
ふう。これで落ち着いた・・・

モダンとレトロが融合した魅惑の神戸。
この街がまた好きになっちゃった。

「美味探求」 珠食家特派員NO1 アユ(京都在住)

最後までお読みいただきましてありがとうございました。
人気BLOGランキングにご協力いただけたらとても嬉しいです。

 asas

gaiah gia ghsio

前回の日記で紹介した、「ブランジェリ・タケウチ」さんで至福のパンランチをした後、
「今度は神戸のナンバーワン ブランジェリーに行こう」
という事になり、お次は神戸三宮までGO!!

こちらのブランジェリーもメディアではすっかりおなじみ。
コム・シノワHP (音楽付き)

http://www.comme-chinois.com/Boulangerie/index.htm

一歩足を踏み入れるとパンの甘い誘い・・・
店内中あふれんばかりにスイーツ系・ハード系・惣菜系のパンが並んでいます。
そして食欲をそそる、さまざまなパン達は「私を食べて♪」と微笑んでくれます。
ホントに来店するだけで幸せになれる空間です。

*******************************************************
テイクアウトもイートインも可。
今回は20分待ってイートインスペースへ。

※鴨テリーヌのカスクートサンド ピクルス添え

※ゴールデンパインのクロワッサンミルフィーユ
 ヴァニラアイス添え

※フルーツトライフル

*******************************************************

感動したのは、クロワッサンミルフィーユ!
極薄のクロワッサンの生地をミルフィーユ状に。
そこに甘みの強いゴールデンパインとヴァニラアイス。

このクロワッサン生地のパリパリ食感には目を見張りました!
パイとは全く別の、ハラハラと、はかなく繊細な食感。
そしてパイでは感じられない極薄ならではの独特の香ばしさ。
ここにあえてパインを持ってこられる発想にセンスを感じます。

パインの甘さの中に潜む程よい酸味が、
甘いヴァニラと合い重なりクロワッサン生地に挟まれて、絶品スイーツと化していました。
これは、アユの中で、是非もう一度足を運んで食したいハッピースイーツパンに輝きました。

「美味探求」 珠食家特派員NO1 アユ(京都在住)

最後までお読みいただきましてありがとうございました。
人気BLOGランキングにご協力いただけたらとても嬉しいです。

 asas

DASGGHD GSHD DSHI

アユの知る限り、大阪・・・というか関西で最も行列が出来るパン屋さん。
それがブランジュリ タケウチ

関西のブランジュリ特集の雑誌等では必ずといっていいほど掲載されるこのお店。
日曜日が定休日なんだけど、実は日曜日、併設されているカフェは営業してるのだ。
でも意外とこの情報は知れ渡ってないの♪
だから行くなら日曜日のカフェがお薦め♪


この日来店したのも日曜日。
もちろん待ち時間なし。空席あり。
いつもならパンを購入するだけに30~40分くらい並ばないといけないのに、日曜日はスルー。


この日オーダーしたパンランチ。

※クロックムッシュ・スモークチーズ
 (ベシャメル・グリュイエールチーズ・ロースハム)
※フランス産トム・ド・サヴォアチーズのタルティーヌ
 (ジャガイモ・オニオングリル)
※ジャンボンフロマージュ
 (イタリア産ゴルゴンゾーラチーズとロースハムのバケット  サンド)
※ブリオッシュサンド
 (ペッパーシンケンとスモークサーモン)
※スモークサーモンとクリ-ムチーズ・ケッパーのバトン


そして飲みものは
岩手県葛巻産低温殺菌牛乳

はい。今回も店員さんがおののく豪快オーダー。
(一応今回は3人で来店したので。。。)
滅多にこれないと思うと、ついついあれこれオーダーしちゃう♪

さすがタケウチさん。
食材の組み合わせといい、チーズの厳選といい、パンのチョイスといい完璧なバランス。(思えばチーズばっかり食べてる(^^))
そりゃ行列も出来ますわ。
でも日曜日は、テイクアウトパンが買えないのよね~
テイクアウトパンを購入するには予約がベストね。
来月は行列覚悟でテイクアウトパンに挑戦しま~す♪


「美味探求」 珠食家特派員NO1 アユ(京都在住)

最後までお読みいただきましてありがとうございました。
人気BLOGランキングにご協力いただけたらとても嬉しいです。

 asas


asas sasd fgdfd

来栖けい 著「美食の王様」総合ランキング6位評価の高い 割烹「千ひろ」にてお食事。

ここは、祗園の名割烹『千花』の次男・永田裕道さんのお店。
先代が築いた個性を引き継ぎつつ、『千花』とは又違う鋭い感性も兼ね備えた注目店です。

こちらも「千花」同様、祗園の立地。
見落としてしまいそうな細路地の奥にひっそりとお店を構えてらっしゃいます。
祗園さんは、こういった雰囲気のある細路地に、実は美味しいお店が沢山潜んでるんです。

カウンター8席。(個室有)
シンプルで清潔感のある店内。
京都の和食は敷居が高いと言われますが、案外 名割烹でもそこまで肩肘張らずに食事が楽しめるんです。
特にこのお店は、ご主人の気さくなお人柄が、和やかな雰囲気を醸しているのかもしれません。

夜のお食事(¥18,000)

・帆立とゴールデンキウイのカクテル、空豆添え
・新じゅんさいのうに添え
・お造り(大トロ、鯛、鯛の皮)細切りの塩昆布添え
・あぶらめのお椀
・鯛の酒蒸し
・小さなグラスに入った湯葉の冷たいスープ
・琵琶湖稚鮎の生姜煮、鯛の白子、イバラガ二の外子
・焼き茄子の胡麻だれがけ
・富山産白海老のかき揚げ
・鮎御飯、冷製赤だし、香の物
・りんごとオレンジのフレッシュジュース

「帆立とゴールデンキウイのカクテル、空豆添え」
ホタテとフルーツを合わせるのはこのお店の特徴。
前回お伺いした時は苺でした。

「お造り(大トロ、鯛、鯛の皮) 細切りの塩昆布添え」
かなり質の良いマグロの塊から大トロにあたる部分だけを吟味。
口に入れると舌の上でジワジワとろけてゆきます。。。
もちろん鯛も美味ですが、添えられている鯛皮の湯引きも脇役を演じつつもかなり良い存在感。
細切りにした塩昆布を添えて一緒に頂きます。
この塩昆布は「千花」に来店した時も提供して頂きました。
先代からの伝統的な食べ方のようです。

「あぶらめのお椀」
来栖さんが「人生最高のお椀」と称せられるほどの滋味深い味わい。。。
(彼は鱧のお椀だったようですが、出汁の繊細さは通ずるものだと思います。)
じっと目をつぶってその味わいをしばしゆっくりと楽しみました。

「小さなグラスに入った湯葉の冷たいスープ」
まろやかな口当たりの湯葉の中に出汁の旨みを感じます。
これが箸休めとなり、お腹が更に次の食事を要求します。
このスープ、本当に大好き♪毎日飲めばお肌ちゅるちゅるになるだろうな~。。。

「琵琶湖稚鮎の生姜煮、鯛の白子、イバラガ二の外子」
この時期旬のイバラガ二。外子はスプーンの上にこんもりと盛られて登場。
このプチプチ食感がなんともいえない!

「富山産の白海老のかき揚げ」
これにはかなり唸りました。
カリッッッ!サクッッッ!ジュワ~~~~!
どんな天ぷら屋さんよりも完璧な揚げ具合。
白海老の甘み!あああああ・・・

「鮎ご飯、冷製赤だし、香の物」
最後は共食い(!?)ご飯。
当然おかわりしちゃいました♪
初夏に訪れたので冷たい赤だしが登場!
なかなかありそうでない発想。

「りんごとオレンジのフレッシュジュース」
デザートがフルーツジュースというのも「千花」「千ひろ」共通の名物。
水物の定番、メロン等のカットフルーツよりも充分満足出来ます。
ご飯を食べ終わった頃から奥でゴオオオオっと絞ってる音がしてきます。
よりフレッシュなものを という配慮ですね。

今回2回目の来店でしたが、やはりアユが京都で一番お薦めしたい和食だと再認識しました。
そこまで突発的な創作性はないですが、非常に安定した味わい。
仏・伊のコース料理には味の強弱リズム(メインに繋ぐ盛り上がり)がありますが、ここ千ひろは、すべてが高水準で一定。
テンションがずっと持続します。

退店後、大将が私達が見えなくなるまでずっと見送って下さいます。この配慮こそ日本のおもてなしの心だといつも感動します。

季節ごとに訪れたいそんな名店。
京都にお越しの際は是非。

「美味探求」 珠食家特派員NO1 アユ(京都在住)

最後までお読みいただきましてありがとうございました。
人気BLOGランキングにご協力いただけたらとても嬉しいです。

 asas



sdaer jhyy hgfr

一階の室町和久傳で食事を堪能した後は、別棟の紫野和久傳にて和菓子とお茶を楽しむ。
京都の老舗和菓子屋は数あれど、和菓子を楽しむ空間が併設されている料理屋はそうはないだろう。

果たして「料理屋でしか食べられない旬の和菓子」とは・・・

席につくとまず、白湯がもてなされる。
この白湯、大徳寺の井戸水を使用し、季節ごとにささやかなアクセントを加える。
この日は炒った玄米。
(他には炒り松の実、蕗の表面を軽く炙ったもの、菊の花びら 等)
まずこれで口を湿らせて、後に和菓子を楽しむ。

<お菓子>
※胡球・・・・・・白餡、きゅうり
※わたぼうし・・・南京餡
※ぜんざい・・・・白小豆、焼きヨモギ餅

<お茶>
※新茶(初青)、かぶせ茶(邸園)、玉露(楽最)

お菓子の故球、
なんときゅうりのみじん切りが白餡を包んでいるのだ!
きゅうりが持つ、爽やかな青々さが口の中で白餡と絡み合う・・・
野菜を利用した上品な甘さの逸品。


ぜんざいを色で表すと普通は誰もが「黒」をイメージするだろう。
しかしここのぜんざいは「白」!
そう。白小豆が使用されている。
よって見た目も白。ありそうでない発想。
ぜんざいには、しっかりと味付けした椎茸と昆布のなごみ煮が添えられる。
対比効果。「甘辛の法則」ですね。
(甘い物を食べると、次は辛いものが欲しくなる・・・その繰り返しの現象。)

このあとは、しばし京都探索。。。
オリジナルのお数珠手作り体験を楽しんだり、
茶席で作法を学びながらお抹茶と「末富」の和菓子をよばれたり、
甘味処「小森」の座敷にてお抹茶パフェをよばれたりと
京都のスイーツを堪能する。

そして夜。。。
京都で一番好きな和食「千ひろ」にお邪魔する。

つづく・・・。

「美味探求」 珠食家特派員NO1 アユ(京都在住)

最後までお読みいただきましてありがとうございました。
人気BLOGランキングにご協力いただけたらとても嬉しいです。

 asas

BAKIA ANSK GAUXJ

全国的にも有名な京和食「室町和久傳」「紫野和久傳」 が、装いも新たに移転しました。
二店舗を一つの土地に据え、食事スペースと茶菓席スペース、お土産もん屋さんスペースを設けられました。
設計はアシハラヒロコさん、施工は中村義明さん。
呉服屋だった古い町家を蘇らせ洗練された食空間に仕上げられていました。
本店「高台寺和久傳」 よりもカジュアルに肩の力を抜いて来店できます。

料理長は今何かとメディアで注目されている若き料理人、緒方俊郎さん。

今回頂いた野菜中心のお昼。(6000円)

※食前酒
※旬のじゅんさい
※初鰹とラッキョ
※長茄子の胡麻和え ほじぞ散し
※鰻と破竹の湯葉包み 山椒散し
※おぼろ豆腐の蓮根餡かけ 柚子の香り
※えんどう豆ご飯
※なめこの赤だし
※香の物
※鷹峰のトマト
※京番茶

初鰹とラッキョは、なかなか意外な組合わせ。
鰹の上に細かく刻んだラッキョと、海苔。
食材的にはなんの変哲もないものだけど、いままでラッキョってカレーの横に添えてあるものしかイメージがなかった。
一見玉葱のみじん切りにも思えるこのラッキョが、独特の美味しさを生んでいた。
家でも実際チャレンジしてみたが、なかなか好評だった。

鰻と破竹の湯葉包みは山椒がピリリと効いてこれからの季節、この刺激がいい。

おぼろ豆腐の蓮根餡かけは、食感もぷるんとしていて喉越しよしの優しい味わい。風邪の時にこんなの食べたいな・・・。

シメはえんどう豆ご飯。おこげもしっかり頂きましょう♪

芋きんのような黄色く正方形のたくあんも登場。
たくあん一本って、本来丸いもの。。。
そぎ落とされたこのたくあんの四方は、どういう使い道があるのかしら???賄い?

デザートは京都鷹峰のフルーツトマトと最後まで野菜にこだわった内容。
でも、なんだかこれほどまでに野菜野菜してたら、どれがメイン料理なんだかわからないまま京番茶をすする事になった・・・。

量もたいそうお上品。ヘルシーで身体に良いが打ち出しだから仕方ないっちゃ~仕方ないが、アユにはまだ、フルコースの前菜を食べたくらいのお腹具合・・・。

あらら。。。

つづく

「美味探求」  珠食家特派員NO1 アユ(京都在住)

最後までお読みいただきましてありがとうございました。
人気BLOGランキングにご協力いただけたらとても嬉しいです。
 
 asas