タイユバンの時に比べて、内装もシックになり、雰囲気はやわらかく、居心地が良い。
勿論タイユバンも好きだったけどね。
ディナーの内容は以下の通り。

1.スモークサーモン 淡雪のように仕上げ、天城産ワサビ風味のエアーと共に
2.オシェトラキャビア 甲殻類のジュレになめらかなカリフラワーのクリーム
3.活オマール海老 甘酸っぱい蕪のラヴィオル仕立てにナツメグとローズマリーの香り
4.雲丹 やわらかなフランとフヌイユのクレーム
5.長崎直送活アワビ アーティチョークのタジン仕立て 酸味のあるジュを添えて
6.活車海老 小さな旬野菜とのマリニエール仕立て
7.ちりめんキャベツ トリュフ風味のヴィネグレットを加えた野菜のミトネ
8.グルヌイユ 股肉を衣揚げにし、ガーリックのムースリーヌとパセリのクーリ
9.ブルターニュ産平目 ムニエルにし、根セロリと黒トリュフのクーリーを添えて
10.甘鯛 うろこ付で香ばしく焼き、百合根のナージュを添えて
11.鴨のフォアグラ 溶けて消えるオスティにトリュフの香りとブイヨン
12.イベリコ豚 香り良くキャラメリゼにし、ポテトのエクラゼと共に
13.仔羊 パストラル風にローストし、ハーブのサラダを添えて
14.スペルト小麦 リゾットに黒トリュフと金箔をあしらって
15.バラの香りをまとった赤くなめらかなジュレ
16.シュクル ヴィオレットのクリームにエグランティーヌのコンポートとミュールのソースを添えて
17.カフェ

なんと、全17種類!(カフェまで入れて)
最初、食べられないかな~と思ったけど、テンポよく出てくる趣向を凝らした一皿一皿を、夢中になって平らげていくうちに、あっという間に終わってしまっていました。(*^^*)
個人的には、キャビアと、ちりめんキャベツと、甘鯛と、リゾットが特に印象深かったなぁ~。


「一期一味」 珠食家特派員NO2 なな!(東京都在住)

最後までお読みいただきましてありがとうございました。
人気BLOGランキングにご協力いただけたらとても嬉しいです。

 asas
AD

SASD CDS

チャジャンミョン って、知ってます?
韓国ドラマを観ている方なら、一度は目にしたことがあるのでは。
ドラマの中で、ランチとしてオフィスなどで食べているシーンがよく出てきます。
他にも、ビリヤード場で出前を取っていたり。見る度食べてみたくなるのに、
韓国料理店のメニューにはありません。

ずっと恋焦がれていて、先日赤坂の韓国食材屋さんでインスタントのものを発見。(生麺タイプ)
今日初めて食してみました!
これが、思っていたより美味で驚きました!もっと甘い味を想像していたのですが、中華料理のジャージャー麺とは随分違うみたい。私は韓国風の方が好きです!
生まれて初めて食べる味だけど、はまりそうです。
韓国の若い人や、韓国にしばらく住んだことのある人に人気があるというのも、
うなずけます。
特に、麺がコシがあって、のど越しつるっ。稲庭うどんとパスタの中間のような食感がやみつきになります。
見た目がかなりグロいので、勇気のある方は挑戦してみて下さいね☆

「一期一味」 珠食家特派員NO2 なな!(東京都在住)

最後までお読みいただきましてありがとうございました。
人気BLOGランキングにご協力いただけたらとても嬉しいです。

 asas
AD

もしかして、味覚音痴かも?(^^;)

今日、ちょっと調子が良かったので、
新橋のとんかつ屋「燕楽」 に行って来た。
というのも、「美食の王様」で、とんかつ部門No.1だったから。
(昨日届いたの~!)
だがしか~し!
私には合わなかった。。。

ロースカツとヒレカツ両方食べてみたところ、
来栖さんのおっしゃるとおり、こちらのお店はロースの方が美味しかった。
ヒレは味がさっぱりし過ぎているように感じる。
衣がカリッとしている方が好きな私には、よく言えば
しっとり、悪く言えばべチャッと感じた。
火の通り加減は、ピンクどころか、白くなってしまっていた。
(火が通り過ぎ?)
ぼそぼそして、お肉はガツンと味がある系が好きな私には、
鶏肉にちかい感じがして、うまみとか、ジューシーさが感じられなかった。
ああ、ごめんなさい。私の舌は鈍いのかも・・・。
ショックだぁ。
でもくじけないで、また行きますよ~、次の店!
来栖さんお勧めのお店、片っ端から攻めますよ~!
他の部門で、私が大好きなお料理も、かなりランクインしているしねっ☆


ちなみに、私のとんかつランキングは
1位 井泉
2位 三金 
3位 かつ玄

また変わったら、報告しよう~っと。
でもこの店たち、グルメ本には殆ど出てこないのよね。
やっぱり、私の味覚はちょっと人と違うんだろうな~(^^;)


「一期一味」 珠食家特派員NO2 なな!(東京都在住)

プロフィール

ワイン好きが高じ、資格を取得するべく勉学に勤しむ日々。
傍ら、毎週海に出かけるアウトドア派のサーファーでもある。
「小麦色のセレブ」の異名の通り、見た目と中身と、その生活ぶりには極端なギャップを持つ。
好きな言葉は、「一期一味」。感動の「一味」との出会いを求め、今日も旅を続けている。

好きなジャンルは、フレンチ、イタリアン、B級グルメ。
激辛系が大好物だが、甘いものにも目がない。


最後までお読みいただきましてありがとうございました。
人気BLOGランキングにご協力いただけたらとても嬉しいです。

 asas

AD