父親記念日・・・・♪

テーマ:

「現実を動かす数秘活用術」の桑原です。

今日は、長男(第一子)の誕生日です。

現在は地元の福祉科の高校で勉強しています。

来年の国家試験に向けて頑張ってもらいたいものですが

これがなかなかエンジンがかからないようで

昨夜は期末テストの点数で少し激怒してしまい反省中です↓


反省中にふっと思ったのが・・・

長男の誕生日=私の父親記念日


私が初めて、「父親」になった日です。

このことは、今まであまり意識したことがなかたので新鮮でした(笑)


私の父親としてのBNは

「9・1・11」になります。

繰り返しになりますが、

長男のBNであり、私の父親としてのBN

面白いというか、なんだかとても深~いですよね。

子育てのヒントでもあり、

父親像としてのヒントでもあるような気がします。


私には3人の子どもがいますが、

長男 「9・1・11」 全部足すと「12」→「3」

長女 「3・8・7」  全部足すと「18」→「9」

次男 「4・4・9」  全部足すと「17」→「8」


となります。

これは少し強引過ぎるかもしれませんが、

私の3人の父親としてのBN?流れは・・・

「3・9・8」

このように考えても面白いのかなと思いました。


これからは、

子ども達の誕生日(BN)を

子どもだけのものとはとは捉えずに、

自分の

1回目、2回目、3回目の父親記念日として捉えていこう

そんな事を思いました。


ちょっと、今朝も昨夜のこと引きずっていて

ぎこちない感じの2人でした。

折角の誕生日なのに・・・


今日は長男リクエストの「豚汁」を作って

誕生日を祝い、

仲直りしたいと思います♪











AD

立志式

テーマ:

「現実を動かす数秘活用術」の桑原です。

先日、長女の中学校で行われた立志式に参加してきました。

ちなみに立志式(りっししき)とは・・・


りっししき【立志式】
元服にちなんで(数え年の)一五歳を祝う行事。
参加者は,将来の決意や目標などを明らかにすることで,
おとなになる自覚を深める。
〔近年,中学校の行事として広まる。具体的な内容は学校ごとに異なる〕


長女の中学校では、自分の決意や目標などを

漢字一字
に例え発表していました。


1人1人の発表のあとには、住職さんによる講和があり、

保護者も一緒にききました。


内容的には「人の責任にしない」「あるがままの自分を認める」

そのようなお話で、

まさに誕生数秘学的にも

「7・休息」の年にピッタリなお話でした。


お話の冒頭は・・・

「自分は自ら進んで生まれてきたわけではない」

「好きでこの親から生まれてきたわけではない」

「親にしてみれば、誰でもよかった」

「親の性行為の営みで、結果的に生まれただけ」

など、少し挑発的な話しでしたけど、

最後は、

「親の責任にするな」

「周りの責任にするな」

「逞しく生きていってください」

みたいな叱咤激励でした。


まぁ、スピリチュアル的な事を学んだ者としては、

魂レベルでは、

「自分の両親も自分で決めて来る」

といったりしますが・・・


実際はどちらが正しいかはわかりませんし、

そのことを論じるつもりもありませんけど、

どの考えを採用したら、

自分が自分らしく

幸せを感じられる
ようになるのか?

そう思います。


そう考えると、親の責任にしてしまいがちな人は、

「自分が親を選んで生れてきた!」と考えることで

責任転換も少なくなるだろうし、


反対に、何でもこの世の全てのものに

責任をとろうとする人は、

時には・・・

「自分は自ら進んで生まれてきたわけではない」

と思う事で、少しは気持ちが軽くなると思います。


どんな考えを採用してもいいから


1人1人が

「自分の幸せに責任をもつ」

それでいいと思います。




AD
2014年 2月1日

「9・完結の月」になりました

「現実を動かす数秘活用術」の桑原です。

昨日は熊本イオンモール内のカルチャーセンターで

誕生数秘学の体験会でした!

参加者は1名でしたが・・・

熱く、面白く、楽しく 誕生数秘学をレクチャーしてきました(笑)

「生まれる日」と書いて「星」

私は、こんな星のもとに生まれてきた!

なんて言葉もよく使いますけど。 本当にそうなんですよね。

昨日は「帝王切開」の話題にもなりました。

誕生数秘学では、必ずと言っていいほど

「帝王切開」に対する質問は出てきます。

そこで、「帝王切開」の言葉の語源や意味を説明したら、

三人の子供さんを「帝王切開」で出産されたこともあり、

とても感激されていました!

この意味を知っただけでも元手はとったという感じです。

誕生数秘学 面白い!楽しい♪の連発でした。

カウンセラー認定講座にも興味をもっていただいたので、

面白い展開になりそうです。

昨日のご参加頂いた方は 年サイクルが「7・休息」の内観、一旦立ちどまる、自己投資にはピッタリな年、

月のサイクルが「3・創造」で遊び心、ワクワク感、楽しみを大切にしたらいい月 そんなサイクルにピッタリな体験会になりました。


私は・・・ 年サイクル 「1・発展」の年にして「1・発展」の月

新しい何かが色んなものが動きだした感じです。

この智慧を活用しないのはもったいないです。

ぜひ私と一緒に活用してみませんか♪



AD




「現実を動かす数秘活用術」の桑原です。


前々回の

活用しないともったいない!の記事の続きです。



小冊子を奥さんにプレゼントして、

それを読んだ夫(地元の消防団の後輩)

「あの本、読んだけどけど、あまり当っていなかった!」


その場で、誕生日をきいて計算しました。

私的にみたら、それなりに当っているような感じがしましたが・・・


誕生数秘学は、占い・統計学の一種ではありますが、

当っている♪

当っていない♪


で済ませるには、あまりにも、もったいないです。

まぁ、人間には色々な才能がありますし、

努力すれば、色々な能力も身につけることができるでしょうけど


その、あまり努力しないで、意識するだけで

能力や才能を引き出せる、発揮できる便利なツールが誕生数秘学です。

人間の思いこみの力は凄いですからね

この力を使わないと、

思いこむ根拠が誕生日からのメッセージです。


占いは活用して、なんぼ!の世界ですから


こんな言葉があります。

成金は占いを馬鹿にするが

大富豪は占いを活用する



「活用する」というのがキーワードです。

占いに頼る

占いを盲信する


のではなく、

あくまでも占いを活用するです。

良いとこ取りでいいと思います。

自分に約に立つ所だけを採用したらいいと思います。


誕生数秘学は、当っていない方が、

むしろ、その人にとっては

大当たり
かもしれません。


今まで、眠っていた能力、才能を知るチャンス!きっかけですから。


大化けるする可能性も大きいです。


たかが誕生数秘学

されど誕生数秘学


あなたも活用してみませんか♪








★  誕生数秘学体験会 ★


1月31日(金) 1時~(約1時間、人数によっては長くなります)

ジュウジヤ カルチャーセンター(イオンモール熊本)

参加費 1000円(税別)

申し込みは直接、カルチャーセンター にお願いします。








「現実を動かす数秘活用術」の桑原です。

今月の31日の午後1時~

約1時間ほど(場合によっては、少し長くなります)

イオンモール熊本で体験会を開催します。


申し込みは、

直接、カルチャーセンター の方にお願いします。


自分でいうのもですが、

私の講座はけっこう評判がいいです(笑)

時々、数秘学からも脱線したりしますが・・・


今回は、体験会という事で、

あまり、突っ込んだ内容とまではいきませんが、

数秘学の楽しさは伝えられたらいいと思っています。


誕生数秘学に興味のある方は、この機会にどうぞ!

私と一緒に楽しく数秘学を学んでみませんか♪

皆さんの、ご参加をお待ちしています。


申し込みはこちら から







活用しないともったいない♪

テーマ:





「現実を動かす数秘活用術」の桑原和彦です。

昨日は地元の消防団つながりで、その奥さんが、

首、肩の凝りを訴えられて来院されました。

治療を一通りすませて、

最後に「誕生数秘学」で盛り上がりました(笑)


9月22日 生まれの、その方が・・・

「私、水泳の北島康介と生年月日が同じなんですよね!」

う~ん、まてよ・・・

北島康介さんは「33番さん」だったなと思いながら

計算すると、

やっぱり ビンゴ 「22・33・4」

誕生数秘学のセッションではなかったので、

詳しい説明はしませんでしたが、

お近づきの印に

小冊子をプレゼントしました。

「6番」「33番」のページを読んで、

どちらが自分にピン!とくるのか?

もし「6番」の方が当っているようでも、

今日からは「33番」で生きてください

とメッセージを加えて・・・


最後に、

「方向音痴とかではありませんか?」

と尋ねると

「はい、そうなんです(笑)」

スケール大きい「33番さん」の要素ありでした。

まだまだ誕生数秘学を知らない人は多いです。

この智慧を活用しないのは、

実にもったいないと思います。

これでまた地元に

誕生数秘学の和が広がったかな♪










初めて数字を意識した時!

テーマ:






「現実を動かす数秘活用術」の桑原和彦です。

私が初めて「数字」を意識したのが・・・

小学校に入学した時の出席番号「8番」です。

仲良し3人組がいましたが、

その3人で体操服の背中に油性のマジックで大きく

自分たちの出席番号を書きました

当時は、田舎ではプロ野球といえば、

読売巨人軍・ジャイアンツでした。

みんながジャイアンツのファンでした。

1人は「7番」 で柴田勲さん


私は「8番」で高田繁さん


もう一人は「10番」 今!「喝」で有名?張本勲さん

それぞれ、自分の番号と重ねながら、

自慢げに楽しく、体操服に書きました


今となっては、小学校1・2年の良き思い出ですが、

そのあと、母親に怒られたかのか?

その体操服はどうなったか?覚えていません!


でも今、私の子供が、そんな事をしたら間違いなく怒るでしょうね(笑)

まぁ、その前に今の子供は、そんな幼稚?な遊びはしないかもですけど・・・


数秘学講座の時などは、今までの「ラッキーナンバー」や「ご縁のある数字」として、

自分の3つの数字(バースデーナンバー)との関連をみていきます。

案外と、その3つの数字の中に含まれている場合も多いです。


私の場合は「1・11・4」なので、どこにも「8」はないので、

数秘学を学んでから「8」との関係や繋がり、ご縁をあまり感じられずにいました。

ところが、最近!

あることをきっかけに「8」

私の中で急接近、「とても意味のある数字」として、

輝きを放つようになりました!



面白いですよね♪


全ての数字を自分の味方につける!

これが数秘活用術の基本だと思います。


さて、あなたのラッキーナンバーは何番ですか?











はじめに

テーマ:
「子育て数秘学」を改め

「現実を動かす数秘活用術」の桑原和彦です。


以前のブログは、こちらからみれます。


「1・11・4」の私は

年のサイクルが「1・発展」スタートの年です。


また、月のサイクルも「1・発展」です。

ということで気持ちも新たにブログも引越してきました。


内容も今までは、

どちらかというと子育てを中心に書いてきましたが、

今回からは、子育ても含めて・・・

「数字の暗号」を読み解く!をキーワードに


現実を動かす・・・


現実が変わる・・・


数秘活用術♪



数字の不思議!面白さ!を伝える・・・

そんなブログにしたいと思います。

よろしくお願いします。