「不動産こぼれ話」

岐阜県岐阜市「大日不動産」新・社長の不定期日記です。不動産にまつわる裏話や、日常思っていることを、気ままに書き綴ります。


テーマ:

こんにちは。可児です。

もうすぐ参院選ということもあり、今日は、また政治ネタをあげておきます。アップ


僕はたまたま、岐阜県宅建協会の(新米ですが)理事を担当していることもあり

(協会が推薦する)自民党、「渡辺猛之氏の決起集会に行ってきました。


いわゆる「ガンバロー三唱」をやったわけですが、(正直、照れ恥ずかしいのですが…)

参院議員の大野さんとか、自民党県連の猫田孝氏とか、県議会議長とか

そうそうたる面々が揃っていました。


僕としては、地元政治家の皆様の(自民党という立場からの)貴重な話を聞けて、

意外と有意義な時間でした。


***


そういえば、そのライバルである民進党の「小見山よしはる」議員は、

6年前、民主党で初当選をしましたね。


その決起集会の時、個人的ではありますが

早田の国際会議場に応援に行ったことがあります。


当時国会議員の「柴橋正直」さんもいらっしゃって、財務大臣の「野田佳彦」さんが応援に来て、

とても熱~い演説をして下さいました。


野田さんの演説の巧さと声の図太さ、あと、人柄の良さは、素人目にも群を抜いていて、

だからこそ総理大臣になれたのかなと思いましたね。(個人的にはファンだったのですが…)


しかし、すっかり時代が変わってしまいました。

さらに、民進党自体の旗色があまり良くないです。それはなぜか??


もちろん、民進党の主張も、庶民目線でよくわかるのですが


ただ票をとるために、ひたすら自民党の足を引っ張り、

国民ににんじんをぶらさげて、美辞麗句を並べているだけなのではないか?

実際に野党連合が与党になったら、内部の主張はどこまで統一できるのか?

海千山千の諸外国と、どこまで対等に渡り合っていけるのか?


という、大いなる不安感を覚えます。


一方、自民党は、日本国民の為に何ができるか、国際社会と現実的にどう向き合うか

という、リアルな観点から、理想論を超越した立場で、地に足が付いた議論しているし、

自民党内部の統制も(意見の違いはあれど)上手くできていて、民主党政権に見られたような

あからさまな内部分裂をしていないところが、国民の支持を得ているのかな、と思います。


民進党は、ただ自民党の言い分にひたすら反対して、共産党とも組んでしまい

ただ、与党になることが第一目標で、政策としては一本筋が通っていない、

というのが実際のところではないでしょうか。(←個人的意見)


以前の盛り上がりと比較すると、さみしいというか、残念という気がしてなりませんが

それならそれで、今後は、国民ににんじんをぶら下げて媚を売るのではなく、


共産党みたいな「確実な野党」として、徹底した自民党のご意見番になっても

よいのではないでしょうか?


それにより、自民党の監視ができて、自民党の暴走が防げるのであれば

それ自体が国益となり、野党としての存在意義があるように思います。


(もっとも、与党になるチャンスを無くすかもしれませんが…)


***


また、今日も言いたい放題言いましたが、

野党にはもっと、自民党の批判なんかではなく、、

肝心な政策論議にエネルギーを注いでほしいなぁと思いますね。

そうすれば、じわじわと支持も増えてくるのではないでしょうかね?


例えば、


「AではなくB」 じゃなくて、

「Aもよいが、Bのほうがベター」 という形で・・・


***


はい、今日はおしまい。いいかげん仕事に戻ります(笑)

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは。

不動産の話はそっちのけで、今日も政治の話題です。


舛添さん、辞めてしまいましたね。正直残念・・・。


しかし、次の都知事の候補で誰がいい?っていう一般市民からのアンケートは

めちゃくちゃいいかげんですよね。


池上さん、橋下さん、東国原さん、嵐の桜井の父、石原慎太郎

蓮舫、等々 


単なる人気投票じゃん、って、勘ぐってしまいます。

ただ面白ければよい、痛快であればよいなど、

表面的なインパクトや話題性だけで、政治家を選んでしまっていいのか?


実は、舛添さんも、以前は「首相候補」と言われていた時期もあったそうですからね。

厚労省の大臣の時は、安定感をもって頑張っていたし

「親韓国」というところを批判した人もいるけど

彼なりの、国際感覚による友好親善だったようにも思うし・・


それが、ここまで叩き下ろされてしまって・・・


世論の言い分は、本当に無責任なもんです。


今回の舛添さん降ろしは、正直言って


大人のいじめ じゃないか?


大人たちがこれでは、いつまでたっても子供の自殺は

この世からなくならないような気がします。


特に舛添さんが大好きという訳ではないのですが

今回の一件は、どうにも腑に落ちなかったので、語ってみました。


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは。


最近、舛添都知事の政治資金の流用問題がありますね。


しかし、「舛添氏は辞職すべし」といった安直な世論には、非常に懸念を覚えます。


もちろん、公私混同は、誰がどう見てもいけないのですが、

合計で数百万程度のこと。それだけのことで知事を辞職させて、本当にいいのか?


結局、選挙費用で、僕たちが汗水流して支払った血税を

無駄使いする結果になるだけです。


本当に必要とされるところにお金が回らず、

国民(特に社会的弱者)が、より痛い目に合う。


ただ単に舛添批判ばかり繰り返している輩は

税金の正しい使い道を、どれだけ大局的に見ているのか?


僕としては、舛添叩きのニュースをみていて、本当に悲しくなってしまいます。


知事が辞職した場合、新たに都知事選の場合、選挙費用だけで「約50億」かかるとのこと。


◎ポスターの印刷代(印刷業者はもうかるが、環境に優しくない)、

◎都職員(選管)の人件費(大変だろうが、お金が民(たみ)に回らない)

◎広告費(広告代理店はもうかるが、彼らにとっては、思わぬあぶく銭)


また、舛添え叩きで短期的においしい思いをするのは

何より、マスコミではないかと思います。


マスコミは、権力者や有名人を叩き落とすことに力を注ぎ

庶民は、それを清涼剤にして、日常の欲求不満のはけ口とし

そのあたりでマスコミの狙うところが一致しているので、よけいにタチが悪い。


視聴率が伸びたり、雑誌の販売数が増えれば、マスコミの売り上げも伸びますよね。

また、舛添さんを叩いている都議会議員も、自分の活躍(批判)の場が増えることから、

ある意味、自らの存在をアピールする絶好の場でもあります。


「悪を懲らしめる」という理屈は分かります。


しかし、本当にそれだけでいいのか?


舛添さんが今回しっかり反省して、流用部分や、給与やボーナスなどを全額返上した場合、

例えば、1000万円が都の税金に戻るとします。


しかし、選挙をやった場合は50億円が流出するので


5,000,000,000円-10,000,000円=4,990,000,000円


つまり、49億9000万円の血税の垂れ流し


となるわけです。


49億の垂れ流しになるかもしれないのに

それを黙って、放っておいて、本当によいのか??


舛添さんの政治資金のことは、今回しっかり御灸をすえれば

今後は同じことを繰り返さないはずです。


万一、舛添さんの普段の都政運営がダメダメだったら、

今回をチャンスに、辞職してもらった方がよいかもしれません。

(49億を垂れ流したとしても、国民がそれ以上の見返りが得られるのなら…ですが。)


しかし、舛添さんは、都政をバランスよく円満にこなしていたそうなので

今回のことだけで、いちいち目くじらを立てるのはどうか?


国民は、結局(舛添問題で、結局は一番の利得を得る)マスコミや評論家におどらされ

最終的に、国民が自分自身の首を絞めてしまうのではないか。


***


まあ、僕なんて、マスコミとは全く無関係なので、逆に言いたい放題言えるのですが

あまりにエスカレートする舛添叩きにうんざりしている人は、正直、他に沢山いるのではないかと

思います。


「説明責任を果たしていない」と、都議会の人や舛添叩きの評論家は繰り返していますが

事実は概ね公表したわけだし、モラルとしてはクロであることを本人はしっかり認めたわけだから

そろそろ許してやればいいのに、と思うのだけど・・・


前回の猪瀬知事叩きの時もそうだったけど、

どうも、マスコミや評論家や、次の都知事を狙っている一部の権力者だけが、

今の騒動を影でほくそえんでいる(=選挙による税金の垂れ流しを、痛くもなんとも思っていない。)

のではないかという気がして、本当に残念になります。


まあ、これも完全に個人的な意見ですので、異論もあるかと思いますが

くれぐれも、国民自身がマスコミ等の思うつぼにならぬよう、

舛添さんには毅然と頑張ってもらいたいと思います。


可児 猛


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。