鎧・兜・刀を得意とする骨董品屋「大名」花本のブログです。

広島県尾道市にある骨董品屋「大名」の花本のブログです。鎧・兜・刀を得意とする骨董品屋です。


テーマ:
こんにちわ~ニコニコ



蒸し熱いですね~あせる



今日は広島の市場に仕入れに行ってきました~アップ




今日はあまり、向く商品がありませんでした・・・



残念っ汗



なので・・・本日は昨日の朱漆塗の具足について



書かせていただきますっアップ



井伊直政公(いい なおまさ)を初代藩主とする



彦根藩



朱漆で塗られた具足で統一されていたんです!!



その軍団は



赤備え(あかぞなえ)



呼ばれていました。



当時、赤は高級品だったんですっ!!



それに赤を身につけて、戦場にいたら・・・



目立ってしょうがありませんビックリマーク



だから武勇に自信のない武将は



身に付けられなかったのでは



ないでしょうか・・・



当時の武将達にとっては赤を身につけることは



武勇に秀でた武将である証だったので



とても誇らしいことだったんですアップ



赤備えの歴史は



戦国時代



甲斐の虎(現在の山梨県の辺り)と恐れられた



武田信玄公(たけだ しんげん)から始まったんです。




武田信玄の家臣に



山県昌景(やまがた まさかげ)という武将がいました。




赤備えを最初に率いていたとされるのは



山県昌景の兄の



飯富虎昌(おぶ とらまさ)だったそうです。




飯富虎昌武田信玄の家臣で



更に



武田信玄の息子の武田義信の側近だった武将です。



父である武田信玄と息子である武田義信



親子関係があまり良くなかったといわれています。



対立が深まると飯富虎昌



武田義信を担いで謀反を企んだそうです。



その謀反を事前に主である武田信玄



密告したのは山県昌景



いわれています。



その後、武田義信と共に



兄である、飯富虎昌



成敗されると。



兄の謀反でさえ



密告してくれた山県昌景へ信頼が厚くなった



武田信玄アップ



飯富虎昌が率いていた、



赤備え(あかぞなえ)山県昌景



引き継がせたのです!!



その時に、



名前も飯富から山県へと改名したそうです。



山県昌景武田信玄のもとで、



数々の功績をあげていて、



武田四天王の一人にあげられていますっアップ



と、ここまでが武田家での



赤備えの歴史ですっ!!



その後、武田家は



織田信長軍団徳川家康軍団



滅ぼされてしまいます・・・



その武田家の遺臣たちを配属されたのが



井伊直政だったんですっ!!



井伊の赤備え



数多くの合戦で奮戦し



井伊の赤鬼



と呼ばれて恐れられたそうです!!



その井伊の赤備えの中の



一領が昨日の具足なんですっアップ



テンション上がりませんか!?
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

たかしさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。