お昼をたべつつ 先ほど投函されていた
みやざき中央新聞。





 編集長、朝國 くるみ (Kurumi社長、
スタッフの皆様、いつもありがとうございます。


あの「はやぶさ」プロジェクトリーダー 
川口淳一郎先生のメッセージでした。



「見えないものを見えるようにする、
 という点では、科学技術は芸術と同じ。」


「自然の因果応報を読み取る芸術、
 それが科学技術
ではないかと。」


「見えるものは、みんな過去のものである。」


グサグサ突き刺さりました・・・。


数日前に、自分のセミナープレゼンに
「見える世界」=「古典物理学」と入れていたので。





見えない世界を見える化する。


今週の塾は、小学生~高校生まで

『量子力学的生き方』。


無謀にも小学生に量子力学!?

といっても、

「お友達と仲直りすると、いままでのイライラも
すっきりするし、これからも気持ちいいでしょ?

『今』に『過去』も『未来』も全部入っているんだよ。
『畳み込まれている』って言うんだけど。


古典物理の生き方だと、

「前もそうだったから
これからもきっとそうだ。」

「どうせ言っても伝わらないでしょ。」

「性格だからしょうがない。」と、

時間を引きずって、「変えられないもの」と
しているけど。


量子力学的な生き方にしてくんだよ~。

素粒子の世界が動くと 見えてる現象が

動くんだよ~。」


ちなみにまだ分子・原子を知らない小学生。

マトリョーシカ、を使っています(^.^)


「みんなの身体をマトリョーシカみたく

ポコポコ開いてくと、

ど真ん中は『エネルギー』なんだよ。」




という内容ですが。


小学生にも伝わるレベルを現在実験中、
毎日パワポスライドを作り替え
1/18代々木オリセン、
1/19 高崎セミナーへ照準合わせています(^.^)


たのしい~このオタクっぷり(^.^)