【LOVE】の語源・・・

テーマ:

最近 自分自身のこともあり
とても響くことばでした・・・。
みやざき中央新聞。

以下抜粋です。(新聞社様許可済み)

~ * ☆ * ~ * ☆ * ~ * ☆ * ~ 

【愛】は英語に訳すと【LOVE】です。
これはもともと英語圏にはなかった言葉です。

聖書が英語圏に伝わっていくとき


ということを訳していく中で
【LOVE】という言葉が生まれた
のだそうです。

そのとき、

「こういうことが

  【愛する】ということなんだよ。」

という説明があって、
その行為の頭文字4つを重ね合わせて
つくられたのが【LOVE】
と言う言葉だったそうです。

その4つの行為とは

①Listen(聴く)

Hear(聞く)のでなく
【耳を傾けて聴く】というのが愛の始まり

 相手の目を見て 

 心を向けて エネルギーで 細胞振動で「聴く」。

②【Over Look】(全体を見つめる)。
「細かいことは見ない」。
「その恰好はなに!?」「何時だと思ってるの!」
そういう細かい部分ではなく【全体を見つめること】。

③【Voice】(声を掛ける)。
「元気?」「何してるの?」という声掛けも
愛する行為なのです。

④【Excuse】(赦す:ゆるす)

つまり、【Love】とは

『相手の話に耳を傾け 
 全体を見つめながらその存在を認め
 声をかけて
 すべてを赦す。』

それが【愛する】ということなんだと、
この【LOVE】という言葉は
教えてくれているわけです。

~ * ☆ * ~ * ☆ * ~ * ☆ * ~ 

「神様が無条件に私たちを愛してくれた」

リブログ(1)

リブログ一覧を見る

コメント(1)