西讃最強の朝うどん×2

テーマ:
朝のうどんは西讃へ・・
岩田屋や上杉食品などの朝しか食べられないお店を
早起きしてはしご、なんてことをたまにやっております。

朝しか食べられない・・てのは、製麺所だからなんですね。
学校とか病院とかに玉売りするのが本業なのです。
だから、朝の仕込みのついでに、出来立てのうどんを
いただく・・ってことなんですね。

それにしても、観音寺の岩田屋はいい。
細麺をあなどるなかれ、まさにアルデンテのような
麺のコシ、それに絶妙にうまいだし。
ネギとてんかすは、たっぷりいれる。
うーん、珠玉のさぬきうどんやぁ。
至福の朝ごはんやね~。。
いつも、朝早くからありがとさんです。

しかも今日は・・もう1軒。
行ってきました道久製麺所。
観音寺から、海沿いの県道を20分くらいなので、
岩田屋からのはしごも遠くない。

道久0

実は、道久に行くのは今回が初めてだったんですね~。
住宅地の中で迷うかと思ったけど・・
意外とあっさりたどりつけました。

やれやれ・・

道久1  玉売り専門だから、なんと65円。安いっ!

 
通久製麺所は、玉売り専門です。
うどんを食すためには、どんぶり、はし、調味料など
必要なものはすべて持参しなければいけません。
今回持参したのは、しょうゆ&みじん切りのねぎ!

道久2

おばちゃんに、冷水でしめたばかりの冷たいうどんを
どんぶりに・・しっかり太くて、うまそうやん。


道久3

これが、感動的にすごい男麺!
こりゃあ・・とんでもないっす。
コシの強さは讃岐随一じゃないかなあ。
まるで、お餅のような食感でした。

うむ。。次回は生卵持参で、釜からあがったばかりの
熱いのもらって、釜玉にしてやろう。
きっと、うまいぞ!

1日1回クリックをよろしく!
人気blogランキングへ


AD
こんなん見つけましたあっ!

ベビースターうどん

ベビースターの讃岐うどん!

(ラーメンじゃないよっ)
四国限定です。
土佐のかつおぶしと阿波のゆずを練りこんだ
ベビースター版讃岐うどんに、
阿波のすだち果汁をかけて食べるんです。
これ・・なかなかうまいっす。

1日1回クリックをよろしく!
人気blogランキングへ
AD

udon


長良川からトレーニングスタッフがやってきました!

(写真はおーたパパ)

みんなで、おいしい手打ちうどんを作ったよーっ!

 

材 料
小麦粉(中力粉、なければ強力粉と薄力粉を混ぜる) 1Kグラム

(今回は、国産のうどん用小麦粉”さぬきのゆめ2000”に

強力粉20%配合したうどん粉です。)

粗塩

夏は70g、冬は50g

水  450cc

打ち粉(片栗粉)


うどん玉の作り方


1.材料を混ぜる

小麦粉をふるいにかけながら、大きめのボールに入れる。

別のボールで水、塩を入れてスプーンで溶かしておく。

粉の中央をくぼませ、塩水をくぼみめがけて一気に入れる。


2.粉を混ぜあわせる

手早く両手で粉全体をを混ぜ合わせる。

塩水を粉に含ませるような感じでなじませる。


3.こねる

水分が全体になじんだら、両手でこねながら生地をまとめる。

生地全体がなめらかにまとまり、弾力がでてきたらOK。

まるくまとめる。

4.足で踏む

厚手の大きめのビニール袋に生地を入れ、平たい場所で、生地のまわりから中心に向かって、体重をのせながら両足のかかとをすこしずつずらして踏んでいく。均一に平たくなったら、生地をビニール袋から出し、4等分に折って、台の上で丸くまとめる。これをさらに2~3回繰り返してまとめる。


5.寝かせる

ビニール袋に入れて、涼しい場所で2時間以上おいて生地をやすませる。

6~8時間くらいおくと、生地に甘みが出てよりおいしくなる。


6.伸ばす

打ち粉(コーンスターチか片栗粉がいいようです。)を打った平たいところで、

麺棒で(麺棒にも打ち粉を打つように)平たく伸ばす。

打つ前に、少しこねて空気を出しておくといいかもしれません。

ときおりひっくり返して厚みが5mm程度になるまで伸ばしたら、屏風のように

重ねてたたむ。

7.切る

屏風だたみにした生地を真ん中から二つに切る。

さらに切り口から5mm間隔くらいに切っていく。

麺状になったら、打ち粉をまぶす。

8.ゆでる

うどんは、麺の厚みや太さによりますが、5分から10分茹でる。


9.洗う

茹で上がったうどんは、冷水でよく洗ってぬめりを落とす。


これでできあがり。。


そのまま冷やしてたべるのがコシが強くてうまいっ!

もちろん、かまあげでもどうぞ。。


↓さぬきうどんの食べ方いろいろはこちらを見てね!


さぬきうどんいろいろ

↓1日1回クリックをよろしく!

人気blogランキングへ

AD

すっごい久しぶりの更新です。

更新ストップしてたので、あまりお会いしないお友達数名から

メールいただいてしまいました。

ブログ見ててくれてるんですね。

感謝ですっ。。

瑠美ちゃん


中讃のうどん、名店はずいぶん行きました。

中讃はベースにしている池田から近いのです。

でも、高松は 宮武系の”あたりや”くらいしか行ったことが

なかったのですねえ。

今回、岐阜からの帰り、高松経由のルートをとりました。

目的は、ウワサの瑠美ちゃんうどん=池上です。


この店も・・例によって、わかりにくい。。

例によって安い。

例によって、めちゃうまい。

うどん一玉70円。

3玉食べても210円。

写真は2玉&ゲソ天100円・・あわせて240円です。


↓1日1回クリックをよろしく!
人気blogランキングへ

さぬきや(阿波・池田)

テーマ:

さぬきや

さぬきにも負けません。。


ここは”さぬきや”ですが、さぬきのうどんではありません。

阿波と讃岐の境から山を下ってきたところ、箸蔵寺のロープウエイの

向かい側にあります。

リバーベース吉野川 からは・・・なんと車で3分の至近距離。

ここのうどん、コシが強くて、まったくさぬきのうどんに引けをとりません。

個人的には、釜玉がいい。

アツイうどんで半熟になったたまごがいい感じです。

夏の暑い日には、冷やしのぶっかけがおいしい。

近くて美味いお店です。

↓1日1回クリックをよろしく!

人気blogランキングへ

橋村生麺所(財田)

テーマ:

ちなみに・・・誤字ではありません。。

はしむらうどん

はしむら麺所

かんばんにそう書いてあります。

ご丁寧に、”生”の字は色を変えてある。


ここでの特筆は、揚げたてのてんぷら。

うどんは、まあまあ・・・さぬきでは普通のレベルですが、

まだ、バチバチいいそうなカラっと揚がったてんぷらがうまい。

写真は、あついうどん大とてんぷらふたつ。

てんぷらはたまごとちくわ。(定番)

さくさくの衣がついたちくわ天もうまいけど、このたまごはすごい!

ゆで卵がてんぷらになっていて、黄身は見事にとろりと半熟。

うまいです。

それに・・安いっ!

うどん大240円&てんぷら60円がふたつ・・・

合計360円で、おなかも満足でした。。


財田町、阿波と讃岐の境に近く、リバーベース吉野川 から約15分。

いちばん近い讃岐のうどんです。


↓1日1回クリックをよろしく!

人気blogランキングへ

やまうち (仲南)

テーマ:

仲南の山の中のうどんやさん

やまうち外観


こんなところにうどん屋が・・

そんな山の中の、あまりに有名なお店。


ここのうどんは、典型的なさぬきうどん。

しっかりしたコシの強さ、これが基本です。

あつあつ、ひやあつ、ひやひや、それに

しょうゆうどんと湯だめ。


水の良さも、特筆ものです。

高松の”あたりや”は、ここの弟子ですが、

このあたりの山に水を汲みにきているようです。


まだ、このシーズン、四国に移動して1週間もたたないのに、

もう2度も足を運んでしまいました。

 
↓1日1回クリックをよろしく!
人気blogランキングへ

 

さぬきうどんいろいろ・・

テーマ:

あ・・・あたしゃ、メンクイですっ!

 

昨年から四国をフィールドにするようになって何が楽しみだったか・・

そりゃもう・・本場の讃岐うどんですねえ。

 

やまうちのうどん

写真は、仲南の山の中の名店、”やまうち”のひやあつ

 

ぶっかけ、釜揚げ、生醤油、かけ、釜玉、・・・

まずは、このうどんの食べ方をあらわす言葉に戸惑いました。

そのうえ、あつあつ、ひやあつ、ひやひやなんて、

店独自の名前のある店もあります。

 

まずは・・食べ方の呼び名。。

 

・かけ

だし(スープ)にはいったうどん。

宮武系のうどん屋(宮武、やまうち、あたりやなど)では、

さらに、あつあつ、ひやあつ、ひやひやがある。

あつあつは、麺・だしともに熱い。

ひやあつは、麺は冷やしてコシをつくり、熱いだし。

ひやひやは、麺・だしともに冷たい。

 

・釜揚げ

茹で上がった麺が、そのままお湯の中に入っている。

麺に絡む茹った小麦粉のとろみがある。

だししょうゆをつけだれにします。

長田うどんなど、釜揚げの名店はだし醤油が自慢のようです。

 

・ひやし

冷水で冷やした麺をだし醤油で食べる。

うどんは冷やすとしまって、コシが強くなります。

 

・ぶっかけ

冷水で冷やし、コシのある麺につけだれをぶっかけて食べます。

冷たいものと、熱いのがある。

 

・生醤油 

冷やした麺を、生醤油をかけて食べます。

通常は、大根おろしとすだち(またはレモン)をのせます。

 

・釜玉

釜からあがった、とろみのあるうどんを生卵にいれ混ぜ合わせて

醤油で食べます。

茹で上がったばかりの麺の熱さで、卵はとろっと半熟になります。

釜玉発祥の店といわれる山越うどんには、これに山芋がとろっと

かかった、釜玉山というのがある。

とろとろっ・・がお好きな方にはたまりません。

 

・湯抜き

茹で上がった麺を、お湯なしで、だしまたは醤油をかけて食べます。

これに卵が入ると、釜玉ですね。

 

・湯だめ

釜揚げのようですが、一度冷水でしめてコシをだしたうどんをお湯に入れて

だし醤油で食べます。

 

とりあえず・・・

このくらいを把握しておくとなんとかなりますなあ。

 

 
↓1日1回クリックをよろしく!
人気blogランキングへ