馬酔木

馬が食べると脚が立たなくて歩けなくなることから、

”足痲(あししび)” それが語源で、あしび、あせびなどと呼ばれます

漢字では、馬が酔う木と書くのも同じ理由です。


馬酔木

今日は、シーズン直前のフィールドチェックで、

箸蔵街道を歩いてきました。

その昔、讃岐と阿波をつないだ道のひとつ。

信仰と交易のみち。

自然と歴史を感じることができる古道です。

午後からは春の雨がさらっと降ってました。

雨具も要らない程度です。


まだ新緑がまぶしくなる季節には早く、

冬枯れの森に、可愛い春の花がたくさん咲いていました。


1日1回クリックをよろしく!
人気blogランキングへ


AD