釣具のコレクター

テーマ:
G.Wの真只中にKさんの紹介でコレクターと出会った。

彼は佳橋健太さんで、日本でも屈指の釣具のコレクターです。

つり人社からも依頼されて釣具などの執筆活動もされていました。

コレクションの中身はフレッシュウォーター(内水面)中心の釣りに

関係する道具(ナイフetc)&本などです。釣り針の原形であったり、

軍用の釣り道具、はたまたHOUSE OF HARDYのミュージアムが咽から

手が出るヴィンテージものの所蔵など。心の琴線に触れるものとして、

一つ御披露すると、ある貴族の釣果ノートですが、、、、、。

彼は毎日几帳面にどんな魚がつれて、何cmと書き記していました。

ある日突然空白のページになります。何があったのか!。

そう、第二次世界大戦がぼっ発したのでした。

そのように一つ一つに物語りが詰まっています。

多分、4時間くらいお邪魔しておりましたが、時間を忘れてしまいました。

後ろ髪を引かれながらお暇しました。

美味しいワインとチーズありがとうございました。

彼のコレクションを眺めながら、お酒が飲めるカフェバーを作ってみたくなった。

良いスポンサーないかな~っ。
















AD

てのひらの迷路

テーマ:
少し前に読んだ石田衣良さんのショートショートで、

ーてのひらの迷路ーの中の『片脚』と『左手』の2遍が印象的です。

彼と彼女が離れて暮らしているのですが、宅急便で彼女は

片脚を送り、彼は左手を送る話。

お互いに離れていても感覚はつながっている。

あり得ない話ですが、今の日本はとっても猟奇的な事件が多くて

このようなファンタジーがSEXYでほっとすると思う。

自分はそんな脚フェチではないが、届いたらどうしようか?!

どきどきしてきた。
AD
先月に愛犬が遠くに旅立った。

ふっと気が付くと彼がいないことが毎日を

こんなに空虚にしてしまう事に気が付く。

自宅の部屋は何かが足りない。

近所をブラ付くにも相棒がいない。

男(私+愛犬オスなので)と女(かみさん+娘)の

2対2の均衡も崩れた!

どうしてるのかな?!いまごろ天国で、、、、、。

元気にしてるかな?

そんな、事をかんがえていたら、

『ボンボン』と言う映画が公開中だそうだ。

ストーリーは、

偶然手に入れたドン・アルヘンティーノという聞き慣れない犬種。

闘犬+マスティフ+ブルドック+ブルテリアなどの雑多な掛け合わせ。

その犬との出合いで、リストラされた主人公は人生が変わる。

犬『ボンボン』とドックショウに出たり、血統を持った犬といる事で

今までと違った人々に出会い、自信を取り戻す愉快な話のようだ。

時間を作って見に行こうかと思う。

http://www.bombon-movie.com/noflash.html
AD

I.W.G.Pシリーズ

テーマ:
ゴールデンウィーク中に

石田依良『Gボーイ冬戦争』を読む!

彼の本はハマっているので、多分ほとんど読んでいる。

実は放映中の池袋ウエストゲートパーク(IWGP)は

見ていなかったのだが…。

だって、子供の頃の池袋西口公園が舞台だなんて、

地元(実家は大塚なのだが、カッコつけに池袋と言って

しまう)のローラースケートしたあの場所だろ~っ。

て感じで。

芸術劇場などなくまだ、丸井もしょぼくって、

東口方面としては、かなり勇気を振り絞って

ガードをくぐるて行ったあの場所のドラマは

観る気になれなかたのです。


読んでみれば、その場所はあまりにリアルで

物語の中に立ってしまう自分に気が付く。

ロサ会館はまだあのままなのか?

中1の時、恐喝(カツアゲ)にあったあの場所は?!

読むたびになつかしい思いが浮かんでくる。

そうか?これがトラウマだったのか?!

書いていてやっと気が付いた!

でも、軽い気持ちで読んで下さい。

楽しく、あっという間に読めます。



水源/アイン・ランド

テーマ:
本を紹介された。
今のあなたにとって必要な本だと思うと。。。。。。

ある建築家がモチーフ(フランク・ロイド・ライトらしい)
で建築様式とイズム(主義)の葛藤をある意味スマートに
または、壮絶に書き表された内容だった。
グレコリー・ペック主演の『摩天楼』という映画になって
いるのですが、見た時に詳細は忘れたのですが大変感動した
記憶はあったのでその原作に出会ったことに驚きを覚えた。

ここ1年はいろいろなことがあったが落ち込むことも多々あったが
慰めでもなく、必要以上の頑張れという言葉でなく、そっと貸して
くれた本は読むうちに自分の心の鑑の様で励まされ、反省と共感が
入り交じるとっても素晴らしい本との出会いとなった。

主人公の生きざまはとっても真似できるモノではないが、
理解されないかもしれないが、デザイナーは少なからずとも
彼の辛い境遇を一度は経験していると思うし、多分
涙が出てしまうような気持ちになると思う。
重いテーマも中には入っていて、深く浅く読み方により
異なるが、ぜひ一読ください。

しかし、一つだけ欠点があります。この本は!
とにかく重い!厚さはなんと4.5cmあります。
少し弛んでいた腕に筋肉が付きました!!!
心も少しだけ強くなったかな?!

プロ仕様/使用?

テーマ:
シルエット

事務所に棚が搬入された。

照明を付けたら綺麗な影が出来た!

もともとは、このシェルフは厨房機器周辺のプロ仕様で、

暑いフライパンや、重い鍋などのヘビーな使いこなしに

耐える優れもの。

これから重い本をドカドカ乗せて

使うつもり。

一時代前に『ハイテック』と称され代名詞

としてもてはやされた代物ですが、まだまだいけますよ!

(自分に言い聞かせてるのではありませんよ!)

回遊

テーマ:
横断歩道

246青山通りに横断歩道が新設されて半年くらいになる。
渋谷方面から上がってくると左手にはちらほらと小さな店が
あり、界隈が形成されている。もっとカフェ等道に開いて
くれたらもっといい雰囲気になるのですが。
右手側には青山学院があり歩道橋でわたる以外手段がなく、
寸断されていた感覚が強いかった。
歩道橋が一部切断され、横断歩道が新設されたので回遊出来
るようになってとても便利になったと思う。
しかし、
歩道橋下で商いをいていた屋台のお店はこれを機に撤去された。
なかなかお酒等珍しいものがおいてあり、人気もあった屋台。
どこにいったのだろうかと気にしていたら、とある雑誌に
ビルの2階に店を借り、中に屋台そのままを入れ込んだそうです。
SHOP IN SHOP?スタイル?
探して行ってあげて欲しい。ヒントはこどもの城の反対に渡り、
1本裏です。

青山/渋谷に復帰

テーマ:
渋谷の夜景

渋谷/青山に5ヶ月振りに復帰しました。

やはり水が会うといいますか!?

フリーランスから渋谷の集合住宅で出発しまして、

何回かこの地での引っ越し。

もう一度、気持ちを引き締めて頑張ろうと思う今日この頃。

渋谷/青山のレポートも含めブログも書こうと思います。

よろしくお願いします。

1年

テーマ:
Ameba ブログから書き始めて1年たったと、メールが来た。
もうそんなにたったのかとびっくりした。
書くことで自分を見直せるのかと思い書いてみたブログだが、
あまり書くことが出来ず、なんとなく過ぎてしまった様な気がする。

2年目としては、少し違った思考で書いてみたいと思う。
ただ課題が決まっていないのでダラダラ書くかも知れませんが
これからも、よろしくお願いします。

FULLERとの出会い

テーマ:
FULLER DYMAXION

またまた、御無沙汰です。

ちょっと、ブログを書くのがなかなかできず、

久々の登場ですが、

色々なおつき合いの中で出合いって凄いなと思う事があり、

今回の感激はFULLERのドームハウスに若干ですが

携わる機会に出くわしたのです。

バックミンスター・フラー博士は『現代のミケランジェロ』

称される偉大なお方。 とってもユニークな発想と独自の切り

口を持った遅咲きの博士。なぜか、とっても素敵な人です。

建築的にもドームハウスの構造は三角形を組み合わせること

で球体をつくるとっても合理的なもの。

富士山の観測所といえば日本ではわかりやすいかも。

最小限で最大の効果!を立証しています。

また、世界地図(ダイマクション・エアローシャン)は

地球の大地は一つにつながっていたんだ!って感動してしまう

程とっても理解し易く表現されています。

これも三角形の組み合わせで、できています。

この、概念を昔来日して、ある日本料理店の割り箸に書いて

いったらしい。その店は合掌造りの民家『ふるさと』というところ。

現在の日本のフラードームの権利を持つエレクター株式会社の初代

社長のお店であったからという訳です。

今度その、貴重なスケッチを見せていただきたいと思っています。

ちょっと、今FULLERに恋してます!

(別にそんな趣味はないけど!憧れてます!!)

*参考に
<地図に付いて>
先学期に少し触れた現代芸術家のジャスパー・ジョーンズの作品 の中に,
「バックミンスター・フラーの世界ダイマクション・エアローシャン」
というのがある。これはとても巨大な作品だが、要は世界地図を描いた
もの である。普通メルカトル投影法などを用いると、どうしても歪みが
出てきてしまう。けれども、ジャスパー・ジョーンズの考案した
ダイマクション投影法だと、その歪みが なくなるのである。
このダイマクション投影法が生まれる源が、
バックミンスター・ フラーのそれから来ているのは作品の名前からして
も自明である。

<宇宙船地球号/シナジー>
もう少し彼の持っていた考えを追ってみることにする。彼は『宇宙船「地 球号」操縦マニュアル』(西北社)という本を書いているのだが,実は、今はもう 使い古された表現になりつつある「宇宙船地球号」という概念を始めて用いたのが、 彼なのである。彼は、シナジーという概念を提唱した人物でもある。 シナジーとは、 もともと“共に”という意味のsynと、“働く”という意味のergyが合わさって “共に働く”、または“共同作用”という意味を持ち、個々の要素を足した効果より、 それらを組み合わせて一つにした方が、はるかに大きな効果を出す事をsynergy effect、もしくは相乗作用(効果)という。