ブログランキングに参加しています!
下の地球をクリックしていただくとランキングページに移動して、投票が完了となります☆
応援、よろしくお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
  • 24 Feb
    • 社員旅行inコタキナバル

      僕の働いてる病院は月3000円が給料から引かれるのですが、福利厚生の一環で国内外問わず格安で旅行ができるのです。家族同伴OKしかも有給休暇で。こんな病院なかなかない気がします。 行き先一覧のカタログが配られ、ホテルと航空券だけ病院が手配。 ハワイやヨーロッパとかいろいろあったけど、今年は直感でボルネオ島の一部、マレーシアのコタキナバルに決めました。 週末、いつも通り仕事を終えて気分ルンルンで山手線に乗る。総武線が2本連続で中野止まりでもイライラしない。(高円寺は三鷹行きじゃないと帰れないのである。) 南国に行くのでちゃちゃっと荷造り。   朝9:30のマレーシア航空のフライトで、成田からコタキナバルまで直通7時間。 長男暗殺事件で今話題のクアラルンプールは経由しません。 真冬の東京から気温30℃の南国で着陸と同時にテンション最高潮。  まずは街を知るためにランニング。   調子に乗ったこのジャンプ直後、左殿筋をやや負傷する。    ちなみに海岸線はランニングロードがちゃんとあって、安全に走れるのです。 しっかり毎朝走りましたが、真冬→真夏のランニングは体が慣れず熱中症リスクが急増してしまうので注意した方が良さそう。  コタキナバル夕は夕日が綺麗でした。         そして、アジアに来たらやっぱりマッサージ。 僕のお願いしたフットマッサージは30分550円ぐらい。 全身1時間やっても2000円しないぐらいだったと思います。 時々激痛ですが、フライトで浮腫んだ足とランニングの疲れを癒してくれました。    ご飯。マレー料理は辛党の僕にとって至福のとき。 チャーハンに鷹の爪入ってるしソースも爽やかスパイシー。   夜は海沿いのバーで飲む。   シーシャを挟んで頭がフワフワして来たら、   ホテルで飲む。     二日酔いで朝を迎え、港からサピ島へ行く。 出発時間は人がそこそこ集まったらという何ともアジアンチックなシステム。 美脚韓国人の姉ちゃんグループとおしゃれヨーロピアンなバックパッカーが乗り合わせて、いざ出発。    治まりつつあった二日酔いに船酔いが襲いかかるが、吹っ飛びそうなぐらいのスピードで20分ほどでサピ島に到着。      世界中からバックパッカーが集りそうな島ですが、もちろんイスラム圏なのでノーヌーディスト。   コインロッカーに荷物を預けてシュノーケリング開始!    プカプカ浮いてると海水面の波で二日酔いがぶり返し吐きそうになったので肌を焼く。    帰国後、急激な日焼けによる患部のかゆみで気が狂いそうになった・・。  ジャングルトレッキングをやりに町からタクシーでロッカウィ動物公園も行きました。    40分ぐらいかかりますが、2500円ぐらいで行けます。 オラウータン  マレーグマ  トラ   クジャク   他にも南国っぽい鳥やカワウソとかもたくさんいて、動物のエサやりツアーやアニマルショーもやってました。普通に大満足。  帰り、山の中で流しのタクシーがなくちょっと困りましたが、屋台のおっちゃんがタクシー呼んでくれました。タクシー待ってる間は椅子も出してくれて。喉乾いたんでコーラを注文。屋台の娘さんは聞いたことないめっちゃかっこいい日本のロックをかけてくれて、初めてそれが”ワンオク”と知りました。 ONE OK ROCK - The Beginning  ONE OK ROCK 横浜スタジアム Wherever you are 何これめっちゃかっこいい。 楽しかったコタキナバル。 親日家で優しいマレーシアの人。  現地通貨を使い切ってしまってチェックアウトの時にチップを置けなくなったので、ベッドの所にあったメモ帳を正方形に切って鶴折って置いてきました。   英語で ”ホテルへの感謝とお金使いすぎてチップ置けない代わりに日本の文化を置いて行きます” と一筆添えて。  最後に空港で起きたプチハプニング。 基本的にはイミグレーション通過後に買ったペットボトル飲料は持ち込みできるのですが、マレーシアはNGらしく。 小さな売店でカニの絵みたいなのが書かれた白い箱の煎餅の上に、なぜか日本語で 「水ガには飛行機へ持ち込めません」 と一言。 〜以下、我々の会話。〜 みんな;「リンギット使い切るために水買おうかな〜」 店員のおばちゃん;飛行機を指差し「No.」 僕;「いや、チェック終わったんでもう水持ち込めると思いますよ。」 英語がわからないのかジェスチャーでペットボトルはダメだみたいな事を伝えようとするおばちゃん。 僕;「ん?水ガに??」 誰か;「このカニの煎餅ですかね?」 満場一致で;「あ〜確かにカニは持ち込めないっすよね。」  今思えばカニの煎餅がなぜ持ち込めないと結論着いたのかよくわからない。 改めてみんなで機内持ち込み用の水を買おうとすると飛行機を指差してから水を指差し、「No.」と言うおばちゃん。 どうやら本当らしい。  一瞬で登場人物全員がアホみたいな空気が漂った。  なぜ日本語だけの表記だったのか。なぜ国際空港で英語表記がなかったのか。なぜ「水は」ではなく「水ガに」 と言うミスを犯したのか。なぜカニっぽい絵の描かれた箱の上に注意書きを乗せたのか。  そんな素敵な社員旅行でした。 

      3
      テーマ:
  • 08 Jan
    • そうだ、台湾へ行こう。その②

      この日は台北市内をぶらぶらと観光。のりちゃんのリクエストもあり台湾名物のマンゴーかき氷屋を探す。 最初に見つけたのはアイスモンスター。 そう、何を隠そうアイスモンスターは僕の職場である原宿にあるのだ。神宮前交差点でよくアイスモンスター行列を見かける。「のりちゃんここはいつでも食べれるよー」と、他を探す。 次に見つけたのはマンゴーチャチャというお店。 入ってみた。 冷凍したミルクとマンゴーを秘伝の機械でふわっふわに削って出てきたこれ。  めちゃうま。 僕らが日本人だとわかるとお店の人が気を利かせてくれてDVDを再生してくれた。どうやら店の紹介VTRらしい。テレ朝のスマステで取り上げられた内容で、原宿に上陸したということだった。これが俗に言うデジャブという表現で正解か。  次に向かったのはエビ釣り。  釣ったエビは自分で焼いて食べられるという場所で、運悪く釣れなければ飼育されてるエビにエサだけやって終わるというスリリングなスポットだ。 いざ、Let's fishing!!  釣り針にエサ用の小エビを付ける。針を落とすこと数分、きた!!   1時間で僕は3匹、のりちゃんはデカいの1匹釣り上げた。 いざ、Let's cooking!! 1、釣ったエビはまず水洗い。  2、腕をへし折る。  3、串で眼球の間をためらわずに刺す。   尻尾から刺すかどうかはお好みだ。 4、トレーに並べたら塩を振る。  5、焼く。   6、これがまた丁度よく売ってるビールを買ったら乾杯だ。  釣りたてのエビは味噌が濃厚で身はプリプリ、ビールに合う合う。  次は台湾シャンプーをやりに美容室か床屋を探す。 高層ビル群を背に道を渡り、路地へと入る。    そこにはローカルな美容室。  「シャンプーしてくれますか?」 返答はなく誘導される。 座ったまま洗われる。  マッサージまで丁寧にやってくれて、とにかく気持ちいい。    のりちゃんもLet's try.    楽しそうだった。  桃園空港からのフライトは20時半。 18時過ぎに空港に着き、さよなら小籠包とビール。  羽田空港に着いたのは時差もあり深夜0時半を回っていた。 まさかの始発までまた空港泊。 展望デッキで東京の夜景と誘導灯の光を見ながら旅行の思い出に浸って乾杯しようと思ったけど、バカみたいに寒かったのでロビーの片隅でよなよなビール飲んで死んだように眠りました。 毎回思うけど、やっぱり海外の人はどことなく逞しく生命力が強い気がします。 ありがとう台湾。 そうして幕を下ろしたフリーダム台湾旅行。 来月は病院の社員旅行でボルネオ島のコタキナバル行くので、野生のオラウータン探してきます。 

      2
      2
      テーマ:
    • そうだ、台湾へ行こう。その①

      連勤最終日、漏れのないように仕事を終えて帰宅。冷凍庫にあるテキーラをショットグラスで喉に入れ、熱めのシャワーを浴びて歯を磨く。通勤リュックから荷物を全て取り出し社員証と仕事手帳を置き、国際キャッシュカードとパスポートに持ち替えて完了だ。  早朝のフライトに備え日付けが変わる前に羽田に着いて空港泊。   3時間ちょっとで台湾桃園国際空港に着き、バスで目的地へ向かう。 台北市内で乗り継いで向かった先は、もちろん千と千尋の神隠し的な場所、九份。   事前にローカルバスでの行き方を調べていたが、言葉巧みに高額タクシーに乗せようとする詐欺師が現れる。 "このおじさんは怪しいですがいい人ですby明治大学生" と書かれた紙を見せ主調してくるいい人そうな人。  ステッカーにして貼られた本物の印。だけどそう主張している方が偽物に見える。by ミスチル櫻井さん  久しぶりにインドを思い出した。インドのニューデリーでは日本語で話しかけてくるインド人を全無視してた思い出がある。 もちろんバスで九份到着。     バスだと一人400円、タクシー乗ってたら一人3600円。なんと9倍だ。小籠包26個分に匹敵する。 九份は山の中腹にある古い街並みが綺麗で、コーヒーや杏仁の香り、本場の烏龍茶の香りまでも一瞬で臭豆腐にもってかれるような、そんな素敵な場所でした。         台北に戻る。バックパッカーの頃は知らない町を歩き回って安宿を探してたのに、今ではしっかりホテルを予約。 しかもジム付き。  興奮してマシントレーニングをしたら一瞬でバッキバキになった。 やらなきゃよかった。  こちらのホテル。最高でした。http://taipei.landishotelsresorts.com/japan/accommodation-list-col2.php  チェックインして荷物を置いたらiPhoneと財布をポケットに突っ込んで夜市へ繰り出す。 おおよその方角だけ頭に入れ、あとはフィーリングで探し出す。 冒険してる感がワクワクする。     何だかんだ20分ぐらい夜の町をさまよっただろうか。人に聞かず辿り着いた。       台湾では英語がほとんど通じず、ほぼ北京語のみ。もちろん僕は謝謝"ありがとう"しかわからない。 いや、感謝の言葉さえ知っていれば十分なのかもしれない。 言葉は便利で、もっとも愚かなコミュニケーションであると偉い誰かが言ってた気がする。 いい感じの屋台で食べて飲んで、帰りはコンビニで台湾の缶ビール買ってホテルで乾杯。      ホテルでは海外版のHNKが観れるらしく、テレビをつけたら暴走した初号機が血だらけになって使徒の中から出てくるシーンだった。 その夜は変な夢を見た気がする。  つづく。 

      2
      テーマ:
  • 07 Sep
    • 夏の思い出、本気の富士山。

      日本一の山、世界遺産の富士山に登ってきた話を書きますが、その前に僕のばあちゃんのことから書きます。今年のお盆は職場から連休をもらって帰省してたんですが、ばあちゃんが夕飯後にたまごアイスを食べてました。最後にものすごい勢いで流れ出てくるたまごアイスを一滴もこぼさず吸い込むバキュームばあちゃん。今年で83歳ぐらいになるばあちゃん。ピッコロ大魔王みたい。冷凍庫の中にはまだあと4個のたまごアイスが入ってました。では、富士山の話に戻ります。富士山って、普通は5合目まで車とかバスで行って、そこから登るのが一般的。でも、僕が今回参加した「俺たちの富士山2015」は希望者だけ1合目から5合目までトレランで行くやつ。トレランは自己責任で参加しましたが、登ったときに絶対に達成感違うし、旅から帰って少々生ぬるい生活をしてる自分を追い込んでやろうかと思ったんです。登山当日までの間、仕事終わりに近所をランニング。休みの日は昼間からランニング。お盆に帰省したときは田舎の田んぼ道をひたすらランニング。炎天下の中で気持ち悪くなって、あぁこれが熱中症かと知り、これを乗り越えれば俺は強くなれるんだとかいうサイヤ人みたいな発想で、とにかく走った。そして迎えた当日、8月24日、AM7:00。代々木上原の井の頭通りに集合。バスも貸切。貸切ネーミングがかっこよすぎて、今からこのバスが僕らを決戦の場に運んでくれるのかと思いながら、最後にもう一回トイレ行っとけばよかったとチキンな自分も顔を覗かせた。そして、1合目の水ヶ塚公園に到着。これから樹海を通り抜けて行くわけなので、誰もはぐれないように自己紹介してから出発。樹海で置いてかれたら怖すぎる。さぁ走り始める!・・はずが、入り口がわからずちょっと迷う。見つかって、出発前の興奮を一枚。そして。今度こそ走る!!でも、足場悪いところは歩く。時に分かれ道に遭遇する。でも、トレランめっちゃ楽しい!!もののけ姫的な樹海を抜け、やがて雨、いや、嵐になった。この辺で心がちょっと折れかける。もう、崖にしか見えなくなった。心に宿る気持ちはただ一つ、後悔。戻ることはできず、ただ前に進むしかない。一人で戻ってもそこは富士の樹海なんだ。今だから言える。富士山の3合目はマジで辛い。標高が上がって草木の背丈が低くなる。せめてここが富士山の山頂アタックであってくれと思い込んだ。でも、やっぱり3合目付近だった。そのあとも走れるとこは走って、捻挫しそうなとこは早歩きで進み。1合目から約2時間半、5合目の富士宮口に到着!!もう雨でビッショビショ!!でも、登山道から5合目駐車場にたどり着いた瞬間のハイタッチは最高の達成感でした。ノンアルコールビールと大盛りの生姜焼き丼で乾杯し、着替えたらここから登山開始。7合目ぐらいからめっちゃ晴れてきたけど、実はこのときすでに高山病。そびえ立つ頂きは遥か彼方だった。頭痛と吐き気が襲い、写真を撮る元気がなくなる。気力で9合目に到着した時は、もう夕暮れだった。9合目の山小屋、万年雪荘に着いた時はビール一口しか飲めず。頭痛薬をもらったおかげでかなり回復し、ミネラルウォーターで歯をみがく。高山病が辛くても、歯はキレイでありたかった。奥歯が虫歯だからだ。歯をみがいたら雑魚寝で死んだように眠り、深夜の3時にみんなで起こし合う。高山病で寝れない人もいれば、暗闇のどこかで嘔吐してる人のうめき声も聞こえる。あぁ・・今すぐ飽きるほどの酸素を吸いたい。黒毛和牛、築地の海鮮丼、銀座のイタリアン、そんなものより酸素が欲しかった。ここから1時間半ぐらいかけてご来光を拝みに山頂へ。追い打ちをかけるように再来するお前なんか寄せ付けてたまるかっていう富士頂からの高山病。死ぬほど辛いのに、酸欠がなんか気持ち良くなってきて頭フワッとし、気づけば着いた。登った。お天道様見えた。頭痛MAXだったけど、間違いなく日本最高峰からのお天道様だった。ご来光を見たら9合目まで下山し、おにぎりとカップラーメンの朝食。山頂価格600円のカップラーメンも、自分へのご褒美。それにしても、景色最高。さらに下山する中で、ウユニ塩湖みたいな雲海も見えた。酸素濃度濃くなるにつれどんどん元気になって、5合目に戻ってお疲れビール。駐車場でなぜか本物のタモリに遭遇し、温泉へ。ここからはもう、最高に楽しいだけ。日本一の山の後に、御殿場の地ビール。しかもここの温泉に無料マッサージチェアもあって、もう極楽浄土世界。帰りはコンビニで大量にお酒を買い込んで、バスで二次会。いやー楽しかった。来年も絶対に行こ。もっと体力作りして、それから高山病予防薬買お。只今、絶賛ノーストレス。 一応まだランキングに参加してるので、クリックよろしくお願いします☆ にほんブログ村

      11
      3
      テーマ:
  • 24 Jun
    • 旅人が社会人に戻る時。

      もう書かないと思ってた世界一周ブログですが、閉鎖を惜しむ声が聞こえてきそうだったので更新します。まぁ実際そんな声は微塵もありません。世界一周から帰国して、最近ようやく社会人に戻りました。今は東京都内の病院で作業療法士として働かせてもらってます。そして、旅の前後で感じた大きな価値観の違いが一つ。旅では世界中で節約せずにビールを飲んでたんですが、そんな中で気づいたんです。南国のビーチで飲むビール。タイの屋台で飲むビール。アフリカの大地の草原で飲むビール。世界遺産を眺めながら飲むビール。そんな贅沢なビールを飲んできて、世界中で一番うまいビールが何なのかってことに。それは・・”一生懸命働いた後に飲むビール”でした。いや、結局ビールは裏切らないのでいつ飲んでもうまいです。帰国してからの僕は仕事を始めるまで、全力でニート生活を満喫してました。新潟の実家で平日の昼間からビール飲んでゴン太と散歩したり。奥多摩の川で遊んだり。縁側ではしゃいだり。宅飲みしまくったり。一人じゃ寂しいから誰かと一緒に都内サイクリングするためにわざわざ自転車買わせたり。朝までビリヤードしたり。めざましテレビできゃりーぱみゅぱみゅのイメージについての街頭インタビューされたり。ベビースター展行ったり。ミス・ワンラブに会ったり。まー遊びに遊んで、1年3ヶ月ぶりの社会人復帰までメンタルの充電してました。ちゃんと就活もしながら。社会人に戻るために上だけスーツ着て、下は短パンとサンダルのまま証明写真撮ったりもしました。ちなみに新潟で撮影したんですが、家から近所のカメラ屋さんまでの横断歩道が赤で、ドライバーたちに斬新なファッション姿を晒しましたが、世界一周から帰国した僕にもはや羞恥心はありませんでした。海外では鼻くそほじってる入国管理官がいたり、YouTube見ながら仕事するバス会社があったり、平気で遅刻する空港のチェックインカウンターがありましたが、みんな仕事しながらも共通してるのはストレス溜まってなさそうな素敵な笑顔でした。家庭第一、仕事はそのためにしてるって感じがして、定時退社は当たり前の環境で。日本もいつか、もっと自由で、もっとゆるくフワッとした国になればななんてやっぱりビール飲みながらこんなブログを書いています。世界一周どうだった?ってよく聞かれるんですが、”楽しかった”以外に答えようがありません。世界は広くて、いろんな人がいて、いろんな食べ物があって、いろんな文化があって、最高に綺麗な景色がたくさんあって。そして、世界中に友達や帰る場所ができて。行ってよかった。世界一周。最近リハビリ中に患者さんに教えてもらった言葉があります。『お金はどんどん使って自分に投資するもの』その形がどう返ってくるかは使い道ですが、僕にとっては旅でお金を使ってピーターパンのようなハートが返ってきました。うん、よくわからん。次はどこへ行こうかな~。国内の温泉旅館は60歳になったら行くとして、それまではもっともっといろんな国に行ってみたいです。あ、でも福島のハワイアンズは大好きなんで年2回は行きたいです。これからも時々、趣味程度に、かつ存在感のあるブログをフワッと更新していきます。 にほんブログ村

      20
      8
      テーマ:
  • 23 Apr
    • 帰国、日本の土をお踏ませていただきます。

      昨年2014年の4月28日に関西国際空港から夫婦で世界一周の旅に出て、1年が過ぎました。ちょっと気になることがあるんですけど、ラッスンて何ですか?日本のメディアやニュースに関しては浦島太郎状態ですけど、あまりにネットでラッスンってワードが出てくるんでyoutubeで検索してみました。そしたらね。恐ろしくつまらない気がするんですよ。つまらなすぎて呆然としましたが、僕の笑いのセンスがきっと今の日本の流行りについていけてないのでしょうか。ちょと待てちょと待てお兄さーん。これ世界一周ブログとちゃいますの?東南アジアのインドネシアから始まり、地球を西回りで中東、アフリカ、南米、オーストラリアとやや南半球中心に一周。20カ国。当初の予定より訪れた国が少ないのは旅先での出会いに左右されたり、”何かこの場所いいね!”って所ではついつい長居してしまったり。まぁ自由気ままな僕らっぽくていいかなって思ってます。べつに僕がゆとり世代だからって優柔不断なわけではありませんよ。タイでのウニ漁もカンボジアでの幼稚園建設最後までの参加もイランでの革命軍による身柄拘束もダハブ沈没もオーストラリアのワーホリも、ぜーんっぶ想定外。笑でも本当に、本っ当に一生で1番思い出に残る1年を過ごしました。胃腸炎で入院したり銃撃戦が間近で繰り広げられたりと危ないことも時にありましたが、無事、日本へ帰れそうです。帰国はメルボルン国際空港から成田空港まで、去年墜落されたエアアジアさんに搭乗する予定です。もし最後の最後で最期になっても、まだ海外旅行保険は効いてます。何かうまいこと言ったわ。死んだら5000万だったかな・・。そんなこんなで世界中で出会った友達と繋がって、子どもの頃からテレビや本でしか見たことなかった世界遺産や壮大な景色に心踊って。”大樹と規子の世界一周”このブログ、今回の投稿で最期・・じゃなくて最後にしようかなと思います。長い間心の片隅で気にかけてくれたみなさま、どうもご愛読ありがとうございました。本当はもう少し長くメルボルンで仕事して、今年の年末ぐらいに帰国しようと思ってたんですけどね。でも、オーストラリアで働いてて気づいたんです。稼ぎに来たけど全然お金貯まらない。っていうかそもそも東京で働いたほうが全然いいじゃないの!って。ファームでは韓国人チームの下で野菜収穫。シティでは言葉が通じずマッサージでクレームを受け、ジャパレスの面接では飲食仕事未経験でことごとく不採用。笑のりちゃんは仕事うまいこといってたけど、どうやら僕にはきっと日本が向いてるのでしょう。しまいにはパソコンの充電器故障するし。そしてついに悟りました。これはきっと”母国が呼んでいるのだと。”作業療法士として東京に返り咲いて、日本のシャバに戻るんだと。”帰る場所があるから旅ができる”これ、誰かの言葉。家がなければ”放浪”僕のばぁちゃんは”徘徊”ばぁちゃん!いや、僕のばぁちゃんは頭しっかりしてる方です。僕が小さい頃ばぁちゃんに仕掛けたイタズラ気になりますか?いくつか教えちゃいますよ。①長靴の中に理科の授業で作ったスライムを入れた。→ばぁちゃん発狂。②小さい頃助手席で抱っこしてもらいながら車に乗ってた時、突如おもいっきりリクライニングレバーを引いて抱かれた僕もろともばぁちゃんは後方にひっくり返った。→ばぁちゃん発狂し、息止まりかける。そんなばぁちゃんも孫の顔見たがってくれてるはずなので、東京の前に新潟の田舎もちょっと帰ります。じぃちゃんは三途の川の水温確かめつつあるし。川を越えてしまう前に僕が国境越えて会いに行かねば!!うん。それから東京に行きます。おそらく5月末には完全にシティーボーイに戻ってるはずなので。最初はSuicaのタッチし忘れで改札に腹パン食らったり、エスカレーター右側に並んでラッシュアワーのサラリーマンに舌打ちされたり、テイクアウトのことをテイクアウェイって言ったりするかもしれません。でも、徐々にシティーボーイ目指します。そういうことですので、まぁ一応最後のブログらしく、思い出&好きな国をゆるくまとめます~全部は無理ですけどね。旅の話はお酒でも飲みながらいつでもしましょ。高円寺にいますので!!はい。まずは、”世界一親切で賞”☆インドネシア☆※バリ島での英会話授業の時に毎日通ってた食堂のおばちゃんと、☆イラン☆※テヘランの路上で呼び止められて一緒にチャイを飲んだおじさんたちインドネシアはローカルバスに乗ると目的地まで乗客がバトンリレーのように僕らを案内してくれました。他人から他人に僕らの行き先が伝わって、席が空けばすぐに隣に呼んでくれる親切っぷり。もぉたまりませんね~。イランでは地下鉄で3歳児の落書きのようなペルシャ語表記がわからなくて立ちすくんでると、すぐに声かけてくれて教えてくれたらサッといなくなる。まさにジェントルマン。そして美女大国。その他にも、すごい些細なことを含めてこの2カ国の親切は忘れません。親切にされすぎて泣きそうになったぐらいです。”世界一肉がうまかったで賞”☆アルゼンチン☆※ブエノスアイレスのチョリパン屋さん。スーパーで売ってる肉が安くてうまくて毎日ステーキ三昧でした。名物チョリパンも激ウマで、一度に2本食べてました。ちなみにアルゼンチンはパタゴニアも有名でまた行きたいランキングを作るならベスト3に入れちゃいますね。”世界一のら犬のら猫がかわいいで賞”☆エジプト☆※ゴメスと名付けたぬいぐるみみたいに愛くるしいやつ。その辺歩いてる犬も猫もおとなしくて超絶級に可愛かったです。のら犬やのら猫に会うためだけにもう一回エジプト行きたいぐらいです。宿に出入りしてる猫(よし江と名付けた)のためだけにツナ缶を買ってしまったほど。なかなか旅人がのら猫にエサ買いませんよ普通。はい次。”世界一過酷な道の先に待っている絶景で賞”☆マダガスカル☆※夕暮れのバオバブ街道二度の高熱と感染性胃腸炎に見舞われ下痢と嘔吐の日々、そんな状態で凸凹オフロード道を一日がかりで進む先に待つバオバブ街道。忘れません。凸凹道で車が上下に揺れるたび、肛門を引き締めてました。”もはや異世界で賞”☆インド☆※僕らを乗せた船を座礁させたガンガーの船頭さん。お店でラッシー(ヨーグルトみたいなデザート)を食べている最中に担がれながら目の前を通り過ぎた複数の遺体。秋の落ち葉のごとく道に敷き詰められた牛糞。早朝、夜行列車の車窓から見えた等間隔に並んで野グソをする人々。もちろん僕らの食事はもっぱらカレー。でも、なぜか不思議とまた行きたいって思わせ魅了する国インド。カレー味のうんこ、うんこ味のカレーというアホみたいな選択を思い出した。”自分の小ささを感じたで賞”☆イスラエルとパレスチナ自治区☆※スッピンのお姉さ・・いや、お世話になったイブラヒムじいさんと孫のアミン世界の国々が関わる歴史により今の中東情勢があるわけですが、行ってみるとイスラエルでは宗教と戦争を肌で感じました。”歴史は強者”が作るって先進国の昔のお偉いさんは考えていたそうですが、いつの時代かの侵略が今なお根深く残っている場所でした。イスラエル、パレスチナ自治区、それからヨルダン。今の日本政府がアメリカナイズによる偏った中東支援を始めてしまったようで、もう旅行者として行くにはちょっと複雑になってしまったかもしれません。いや、でも、それでもきっとそんなのを上回る愛で日本人旅行者を暖かく迎えてくれる場所が中東の国々だと思います。っという僕なりの⚪︎⚪︎で賞を作ってみたわけですが、この他にも受けた衝撃や感動は計り知れません。もう紹介しきれませんが、簡単にシンプルにちょっとスライドショーにしてみました。1万枚近い写真を選びに選んで6分半ぐらいにまとめました。お時間あるようでしたらご覧ください。とりあえず、めっちゃ楽しかったよ!!っていう写真中心に集めてみました。 そして、本当に無事に帰れることが何よりです。長い間心配おかけしました。1年1ヶ月、僕らの自由をありがとうございました。いや、これからもずっと僕らは自由です。これからはまた日本でしっかり働いて、もう長期では行かないけど気軽に海外旅行して楽しく仲良くファンキーにやってきまーす!! この度でのすべての出会いに感謝。

      20
      2
      テーマ:
  • 08 Apr
    • ついに仕事決まる。

      座ってる椅子から数メートル離れたゴミ箱に向かってゴミを投げるシチュエーションがあったとして。外してしまったら拾って普通にゴミ箱に捨てるのが僕です。自分から挑んだのにゴミごときに敗北感を与えられる。でも欧米人は違います。投げたゴミが外れたらそれを拾って、また投げた位置に戻って、いや、むしろ最初に投げた位置よりちょっと離れた場所からもう一回ゴミを投げ入れようとします。で、それが入るとゴミごとき相手にもろくそ喜びます。これも文化の違いでしょうか。トイレの便器の注意書きも。日本なら、”吸い殻、ガムなど、備え付けの紙以外流さないでください。”そんなとこですよね。でもこっちは、”ガム、その他の紙、あなたの夢や希望も一緒に流さないように。”って書いてあります。これも文化の違いでしょうか。そんなメルボルンでついに僕も仕事が決まりました。月~金で頑張ってレストランで働くのりちゃんを横目に僕は漫画読んだりただただ町を徘徊してたわけではございません。履歴書片手にアポなしでいろんな店に入って働かせてくれって言って回ってました。オーストラリアの最低賃金は16ドル(約1600円)ぐらいらしいですが、英語が話せないと結局は違法の12ドル前後で日本人オーナーのレストラン、いわゆるジャパレスって場所で働くことが多くなります。ちなみに中国人や台湾人オーナーのレストランは8~9ドルらしいです。物価の高いオーストラリアでは死活問題。で、偶然出会ったマッサージ屋さん。いいかも!って思って自分を売り込みました。日本でリハビリの仕事してたから普通の人よりは筋肉知ってます。たぶん。後日スキルチェックをすることになりました。指圧とかもやってるお店なので、スキルチェックの前日にyoutubeで指圧のやり方を確認。そして無事に合格!働けるようになりました。今ではフットマッサージとかもやらせてもらってます。時給換算すると28ドル(約2800円)。めっちゃラッキー。笑これから少しずつ、コツコツお金貯めていこう。 ブログランキングに参加しているので、スマホ、タブレットの方はこちらをクリック、 ↓↓↓ にほんブログ村 パソコンの方は下の地球のクリックをよろしくお願いします!! クリックするとランキングページに移動するので、それで投票完了です♪

      6
      6
      テーマ:
  • 27 Mar
    • みそ汁。

      今日からのりちゃんがカフェに初出勤です。しっかり朝ごはんを食べて意気揚々とシティに姿を消していきました。さて、僕はまだ無職のぶんざいですが、宿のスタッフには、”僕も今から仕事なんだ♪”っていう素振りでのりちゃんが出勤した1時間後にケータイとかいじりながらいかにも働いてる感出して宿を出ました。すぐに宿戻ったらお前絶対仕事じゃないだろって思われそうだったので、とりあえずシティをくまなく散歩。でもただ散歩するぐらいなら犬と一緒なので、今日を生きてる証に町歩きブログでも書こうかなと。それでは簡単にメルボルンの町をご紹介。町にはこんな電話BOXみたいなフリーのWiFiスポットがそこら中にあります。これさえあればネットには困りませんし、速度もビュンビュンです。そして、フリーのトラムもあります。路面電車みたいなもんですかね。シティの外周と内側の碁盤の目の道が全部タダです。すごくないですか?山手線とその内側の地下鉄が全部タダになったら痺れますよね。それから路上アーティストも月額いくらとかの許可証買ってパフォーマンスしてます。これがみんな驚愕的に歌上手くて町全体に心地よいBGMを響かせます。あとは中華街もあります。横浜みたいな大きい規模ではないですが、この門をくぐるとそこは秦・・あっキングダム読みすぎた、中華人民共和国です。セブンも居酒屋も。それから偶然見つけたここ。日本の食品がたくさん売られていました。どん兵衛(約450円)マルコメみそ(約680円)ふなぐち菊水(約1300円)成城石井レベルです。ここでこの値段出して買うなら帰国してから成城石井行きます、とか言っといて結局は成城石井に入っても、「うわ~セレブの人はこんなの食ってるんだ~」って言いながら西友に行くであろう自分が想像つきます。すると、みそ汁のコーナーで時々天井を見たり周囲をキョロキョロ見渡したり、かと思えばじっと瞑想するように立ちすくむ女の子が一人。すぐに格好から日本人の女の子だとわかりました。そして、あぁ、この子みそ汁買おうかどうか悩んでるんだろうなと。とりあえずブログ上では彼女をマル・コメ子と名付けます。しじみ、わかめ、豆腐、ネギ、しじみ、しじみわかめネギ豆腐のミックス、しじみ、豚汁。と、手に取って見比べるマル・コメ子。約280円で8食セットになってるみそ汁。ちなみにミックスは各2食ずつ。しかし豚汁だけは豪華なので同じ280円でも4食しか入ってない。みそ汁を買うかどうか、それともその段階の判断は終わっていて、どの味を買おうかどうかを悩んでいるのかわからない。相変わらず、しじみ、わかめ、豆腐、ネギ、しじみ、しじみわかめネギ豆腐のミックス、ちょっとiPhoneとか見たりしてやっぱりしじみ、豚汁。種類はランダムだが、おそらく全種類を3回ずつは手に取っていたと思う。何を確かめているのか。栄養素か?はたまた具の重みか?具の重みなら確実に豚汁だろう。しかし栄養素ではわかめや豆腐が熱い。でも豚汁は4食しか入っていないというリッチ感は得られるが、そのリッチ感の対価に他の具なら堪能できるはずのもう4食を手放せるのか。それからも15分ぐらいはみそ汁を前に自分自身と闘っていたマル・コメ子。そしてマル・コメ子が選んだものは・・。・・・・・ミックスだった。無難といえば無難だが、他人の物も一口食べたがる女の子心理が働いたことの結果なのだろう。複数の物をちょっとずつ。ミックスを手に取ってレジに進むマル・コメ子を見ておめでとうと心で言ったのと同時に、何がおめでたいのかわからんが、自分の暇さに腹が立った。でも、一応マル・コメ子の残像を確認したい衝動に刈られた僕は同じみそ汁のコーナーに立っていた。しかし、今振り返ればこの行為が僕の心を惑わした。そう。僕もみそ汁を欲しくなってしまったのだ。今、僕の隣にはのりちゃんはいない。ということは完全に僕の独断でみそ汁を買うことになる。・・・。はっっっ!!!大切に飲みます。 ブログランキングに参加しているので、スマホ、タブレットの方はこちらをクリック、 ↓↓↓ にほんブログ村 パソコンの方は下の地球のクリックをよろしくお願いします!! クリックするとランキングページに移動するので、それで投票完了です♪

      4
      2
      テーマ:
  • 24 Mar
    • メルボルンでヒモになるん

      久しぶりの更新はこのブログで生存確認をしてる親のためも考慮して。オーストラリアに来てもうすぐ1ヶ月が過ぎようとしています。日本を離れて11ヶ月。Facebookでみんなの投稿を見ると卒業や退職、新たな旅立ちとか桜の季節のこととか。そんなのを見ると日本に春がやって来てるんだなって。僕のいる南半球のオーストラリアは秋に差し掛かり、秋特有の寂しさを与えられてます。そんな時に偶然見つけたここ。日本が世界に誇る100円ショップ”DAISO”オーストラリアでは100円均一じゃなくて2.8ドル均一(約280円)で売られています。探してたわけじゃないけど棚の引き出しから偶然見つかったミニ四駆のパーツを発見してちょっと改造してみようかなと思った時のような喜びを感じ、なんかわかりづらいな、偶然入ったBarがハッピーアワー中だったときぐらいの嬉しさを感じて入ってみました。そこに溢れるのは日本語での商品、日本クオリティの品々、日本の調味料たち。あのほら、トングってあるじゃないですか?揚げ物料理で使ったり犬のフン取ったりするやつ。その商品を手に取ってつまんでみると、寸分のズレもなくピッタリ先端が合わさるんですよ。海外で長距離バスとか乗ってても窓のロック掛かってるはずなのに隙間空いてて砂ボコリ入ってきたりすることもあったのに。そいいえばマダガスカルのときは飛行機の壁も老朽化してて隙間空いてたな。これ↓↓しかもそれ離陸してから気づいたんだった。この時はリアルに空中分解したら死亡保障いくら出るか考えたな。何が言いたいかって、”たかが100均のトング””されど100均のトング”そんなもので日本が一気に恋しくなった瞬間でした。ちょっと日本シックになってしまったのはオーストラリアが秋に差し掛かったからでもなく、DAISOを見つけたからでもありません。実際ちょっとそれもありますが。来月から入居予定のマンションタイプのシェアハウスですが、ミニマムステイが3ヶ月なんですよね。3ヶ月以内に解約したらデポジットの640ドル(約6万4千円)没収。でもまぁ出稼ぎに来てるわけだからそんなにすぐは帰れないんだけど・・。当分はフランス人女性、コロンビア人女性、それから生後5ヶ月の朝青龍のような顔をした赤ちゃんと。あ、赤ちゃんは別棟でした。そんなこんなでオーストラリア、メルボルンで暮らします。もう田舎のファームには戻りません。もはや世界一周の旅どころか、住人です。各々個室があって、キッチンやリビング、バスルームはシェア。ありがたいことに光熱費やネット代は家賃込み。あとは職探しを残すのみということで、今日パソコンで履歴書を作りました。ファームのみんなにもらったフォーマットをベースに、高卒から今に至るまでを全文英語で作成。リハビリ病院勤務のこととか。あ、あと一応アルバイトで学生時代にやってた訪問介護のことも。そして何より一番経験の長い仕事がリハビリではなくセブンイレブンだということ。(※ちなみに高1から約6年間セブン勤務)って僕の経歴はどうでもいいですね。そんなんをまぁ頑張って英訳アプリとか使いながらパソコンで作ったのです。そこで気づきました。シティで一番募集の多い仕事が飲食店なのに対して、僕の経歴がズレにズレ過ぎていたことに。いや、逆にウエイターとして注文聞きながらマッサージしてチップ貰うとか、皿洗いしながら今どこの筋肉使ってるとか説明できますが、おそろしく不必要。でも、何かの投稿でこんな記事を読みました。”経験に頼るな”って。異国の地、異文化の環境下、そこで新しい経験を通してお金を稼ぐのも悪くないかな。こうなったらもうどんな仕事でもやってやります。トマトの収穫を外して。ちなみにのりちゃんは管理栄養士やら学生時代の居酒屋経験もあるのでいい感じです。実はこのブログを僕が書いてる、たった今、のりちゃんはカフェの面接に呼ばれて行ってます。我、絶賛先を越され中。このままじゃ僕はメルボルンでヒモ野郎になってしまいますね。あは。やっぱり一回ぐらいは飲食店のバイト経験しとけばよかった・・。保育園の夕涼み会で八百屋さんごっこやったぐらいだし。でもそれも20年以上前か。さすがに履歴書には書けない。画用紙丸めて作った大根を売ってましたとか恥ずかしくて口が裂けても言えない。まぁこれからどうするって、とりあえず僕は履歴書をそこらじゅうの店にバラ撒まいて採用の返事を待ちます。「I want to working here!!」「Please give me the job!!」ってね。そういうわけですので、みなさんの記憶から忘れられたころに日本へ帰国します。祖国の土を踏みしめるのはもうちょっと先になりそうです。あ、オーストラリアに来ることがございましたら案内しますからね。メルボルンだけね。実はメルボルン、めちゃくちゃオシャレでして、世界の住みやすい街ランキング第3位なんです。1位と2位も気になりますか??一応お伝えします。1位:デンマークのコペンハーゲン2位:東京北欧のデンマークは納得ですが、なんちゃって東京が2位なんです。東京か・・。またちょっと日本シックになりかけた・・。とりあえずリゾートで有名なケアンズも、オリンピックの影響でか首都と勘違いされつつあるシドニーも僕には聞かないでください。あ、首都はキャンベラ。どこやねんって話ですよね。メルボルン以外の観光地はるるぶに聞いてください。地下のBarでパイントビール飲んで、明日もいい日になりまうように。 ブログランキングに参加しているので、スマホ、タブレットの方はこちらをクリック、 ↓↓↓ にほんブログ村 パソコンの方は下の地球のクリックをよろしくお願いします!! クリックするとランキングページに移動するので、それで投票完了です♪

      7
      4
      テーマ:
  • 04 Mar
    • トマトの虜

      僕は今、大都市メルボルンからバスで約2時間ほどの町merrigumという田舎でトマト収穫の仕事をしています。カンボジアの幼稚園建設以来の見事な腕の日焼けっぷり。それと、給料を振り込んでもらうためにオーストラリアで銀行も開設しました。預金口座やオンライン口座の開設をしましたが、普段旅行で聞いたことのない英単語ばかりでほぼ聞き取れず、ノリと勢いだけで開設しました。つい数日前までは世界一周最後の大陸、南米のアルゼンチンにいたんですけどね。最高の娯楽だった旅から、今では全身筋肉痛に襲われて夢にもトマトが出てくるようなった生活を送ってます。サンダルの裏は踏み潰してしまったトマトがこびりつき、夕日に照らされた部屋のドアノブまでもトマトに見える始末。3月3日が自分たちの結婚式記念日ってことすらも忘れて効率的にトマトを収穫することを考えてました。ツイストしながらもぎ取ると一緒にヘタも取れるとか、回収するバケツの真ん中に青いトマトをこっそり入れるとかさ増しできるとか。で、のど乾いたら栄養補給も兼ねてもぎたて新鮮なトマトを食べてリフレッシュ。仕事中も1日5個はトマト食べていて、トマト中心の生活になりました。そんなトマトな僕らは、キャビンって言うところに今は住んでます。こっちではキャビンなんてオシャレな呼び方されてますが、実際はコンテナというかプレハブというか、ん~なんというか要するに物置みたいな場所です。中はこんな感じ。たたみ3畳ほどのスペースに簡易キッチンと冷蔵庫、小さめのベッドとテーブルが一応あります。ちなみにここはキャラバンパークって名前がついていて、何件もこんな物置みたいなキャビンが立ち並んでます。共同のシャワートイレは離れてるところにあって、一回外に出なければなりません。あと、部屋の簡易キッチンとは別に大きい共同キッチンもあります。朝6時半から午後3時までひたすらトマトを収穫し、疲れ果てて夜9時に寝るという健康的だけど囚人のような生活を送ってます。そんな囚人のような生活でも、卓球台という娯楽アイテムは与えられてますが。そんなトマト生活ですが、僕とのりちゃんともう一人の日本人ともちゃんの他は全員韓国人です。韓国人16人:日本人3人。仕事のボスは韓国人。圧倒的な勢力差ですが、このボスが軍人気質で仕事も軍隊のようなんです。「チョアチョア、チョアヘヨー!!」「チョアチョアー!!」きっと号令か何かでしょう。その号令に従う韓国人と、見よう見まねの僕ら。ボスの命令は絶対感があり、ほんのちょっとめんどくさくなってきました。笑少し日本語が話せる同年齢の韓国人男性は、大学で日本語を専攻していたと言いながらも日本人はちょっと嫌いらしく・・。何で?って聞くと、「ホラ歴史トカ イロイロ・・」あ~触れちゃった歴史問題・・。でもすごく優してみんないい人たちなのは間違いないです。スーパーまでも車ないと行けないんですが、僕らが困ってるといつも車を出してくれます。で、僕らの買い物が終わるのを待ってジュースおごってくれたりもするし。そんな生活を送ってます。気になるお財布事情ですが。キャビンの使用量、2人で1週間160ドル(約1万6千円)。1日の給料、2人で平均108ドル(約1万800円)。単純計算ですが、1週間6日勤務して650ドル(約6万5千円)ぐらいですかね。でも、これはかなり給料少ないほうだと思います。トマト収穫はバケツの個数で歩合制なので、軍人経験のある韓国人たちはドン引きするぐらい稼いでますし。僕らの次なる野望はメルボルンの町に出て仕事を見つけてやろうかと思ってます。そのためにシムフリーの電話も買いました。以上、ワーホリ直近情報でしたー!!夕食はトマトパスタかな。 ブログランキングに参加しているので、スマホ、タブレットの方はこちらをクリック、 ↓↓↓ にほんブログ村 パソコンの方は下の地球のクリックをよろしくお願いします!! クリックするとランキングページに移動するので、それで投票完了です♪

      16
      1
      テーマ:
  • 01 Mar
    • 予期せぬオーストラリア、ついに入国

      50時間のバスに乗ったかと思えば今度は33時間の飛行機移動でした。 アルゼンチンのブエノスアイレスから、カタールのドーハを経由して33時間、オーストラリアのメルボルンまでの空の旅。 エコノミークラスですが、世界トップクラスのカタール航空さんを利用しました。 オーストラリア入国は僕らのエンゲル計数が高すぎたせいで旅資金が底をつき、気づけば出稼ぎの必要に迫られたための苦渋の決断です。 座席はまさかのエコノミークラスの一番前で、CAさんと向かい合うちょっと気まずい席。 でも墜落した時は一番最初に海に逃げられる席でもあります。 夜の11時にブエノスから飛行機に乗って、シートベルトサインが消えた深夜1時ぐらいに機内食。 それからちょっとうたた寝して、気づけば起こされてまた機内食。 そしてまたうたた寝して今度はおやつ。 ドーハで乗り継ぎ夜11時半。 またうたた寝して起こされて機内食、うたた寝して朝食・・ こんな感じで寝ては起きて機内食、寝ては起きて機内食という家畜のような移動で気がつけばオーストラリアに到着してました。 日本の真裏から南米から、ほぼ日本の真下オセアニアに到着。 時差はメルボルンで日本から+2時間です。 メルボルンも深夜着だったので、空港でスペイン人のおばさん、ニュージーランドのお兄さんと一緒にタクシーをシェアして市内へ移動し、2日分の汗を流して時差ぼけもあり就寝。 4人シェアでも20分そこそこの移動で約7000円・・ 翌朝起床し、ホテルについてたジムで筋トレ。 目の前のテレビでオーストラリアの天気予報を見て、あぁオーストラリアだと実感。 そして朝食を済ませて。 軽く朝の清々しい気候の中お散歩。 温暖ですが空気は乾燥していてすごくいい感じ。 そしてメルボルンはセブンがいっぱい。 英語圏にホッとしたのはいいのですが、おそろしく物価が高いです。 コーラも500円近い・・ まぁとりあえずメルボルンからバスで2時間ほどの田舎町の農園に移動!! なんちゃらアベニューという町ですが、地名が読めません。 そしてネット環境があまりないみたいなのでブログ更新やFacebook更新が減りますが、あぁ、大樹たち今頃トマト収穫してるんだなって思っててください。 待ってろよトマトども。 ブログランキングに参加しているので、スマホ、タブレットの方はこちらをクリック、 ↓↓↓ にほんブログ村 パソコンの方は下の地球のクリックをよろしくお願いします!! クリックするとランキングページに移動するので、それで投票完了です♪

      8
      2
      テーマ:
  • 25 Feb
    • エルカラファテ→ブエノスアイレス 〜50時間のバス移動〜

      ニヤけながら昨日のワイン攻防戦ブログを書いてる時のこと。日本人の女性の方とブログのお話をちょっとだけしました。その方のブログのタイトルを聞いて衝撃を受けたんです。世界一周☆ヒトリポートええっっっ!?!?世界一周ブログ村ランキングの第1位のヒトーー!!!!!1位になるとその辺の旅情報雑誌や地球の歩き方なんかよりもよっぽど影響力あります。実際僕も上位ブロガーの情報をもとに旅してきたりもしてました。上位のブロガーが宿をオススメすればその宿には人も集まるし。でも、やっぱり1位ってすごい。今は本を持って旅するよりも愛フォン・・なぜ僕のmacは一発でiPhoneって変換できないんだ!今は本を持って旅しなくても愛フォン・・クソっ、iPhone片手になんでも情報手に入るし、地球の歩き方もデータで取り込んでおけばいつでも見れるから便利ですよね~もはやiPhoneと財布とパスポートだけあれば海外旅行できますね。では、今日は50時間のバス移動について記します。ちなみに、ウシュアイアからエルカラファテまで30時間。エルカラファテからブエノスアイレスまで50時間。ここ数日で日本で過ごしてる時に乗るであろうバスの数年分は乗った気がします。今日は50時間の移動について。お値段は2165ペソ(正規レートで約3万円)バスで3万・・。そして飛行機でも実は同じく3万。バスだと50時間、飛行機だと3時間。ブエノスアイレスの宿泊、一泊220ペソ(約3千円)おわかりでしょうけど、そうです。バスだと2日分の宿代、約6千円が節約できるのです!!笑そして食事と飲み物付き♪なんだかんだ1万ぐらいお得な感じです。でも、それと引き換えに体と頭皮は油ギッシュになり、腰は焼肉さん太郎のようにバキバキになります。では、まずはエルカラファテ→トレローまで約25時間。セミカマと呼ばれるややランク下のバス。出発!!運良く一番前の席だったんで景色いいです。乗ってしばらくしてお菓子の配給。水やジュース、コーヒーは飲み放題でした。途中でパスポートチェック入ります。日本人の僕らはパスポートの表紙を0.02秒見せただけでOK!そして再び広野を進みます。周りを見渡すとヒツジやリャマなどの群れがよくいます。そして、柵は何もないので道に飛び出してきてはよく轢き殺されてます。僕らの乗ってるバスはウサギ1匹とダチョウ1匹を轢き殺しました。ドライバーも減速しなければ避けようともしません。ただただ、轢き殺します。お昼ご飯はサンドイッチが出ましたが、僕らは宿でおにぎりを作って持ってきていました。チョリソーおにぎり。Fuji旅館のおじさんが海苔とラップをくれたんです。そして日が暮れます。広野には街灯がないので夜は満点の星空。バスの車内からだから写真は撮れなかったけど、本当に満点の星空。でもどうしてか、僕らが一番前の席で鮮明に見てしまったからなのか、轢き殺す瞬間のウサギとダチョウのシーンが蘇ってくるんですよね・・。そのまま就寝し、翌日トレローに到着。まず半分の25時間終了。ここで約3時間の乗り継ぎ待ちなので、超シンプルなホットドックを食べます。では次、トレロー→ブエノスアイレスまで25時間スタート。今度はスーパーカマというめちゃめちゃきれいなバスに乗車。足置きもこんなの。乗ってすぐに水とお菓子の配給あり。ここからまだまだ広野をひたすら進みます。時々腰をバキバキ鳴らしながら漫画を読む。そして2日目もあっという間に日が暮れる。ここからスーパーカマの真骨頂。夜ご飯もバスの中かと思いきや、なんとレストランに停車して夕食。しかも夜12時というほぼ寝かけてたときの遅すぎる夕食。もちろんタダです。揺れずに食べる夕食はありがたかったです。外では野良犬と戯れてるお兄さんがいました。ご飯を食べたら少し漫画を読み就寝。もはや2日間シャワーしてないので肌ベッタベタ。でも仕方なく寝る。翌日、ついにトータル50時間の移動を終えてブエノスアイレスに着いたのですが、腰の痛みと全身からにじみ出る汗と油で不快感MAXです。上野山荘にチェックインしてすぐにシャワー浴びて、寝ると見せかけてキングダム読み始めたと言うわけです。たまには長距離バスもいいですが、50時間まで来るとややきついですね。でも、もう日本でのバス移動なんて屁みたいに思える気がします。東京から新潟、5時間。余裕。東京から愛媛、12時間。まぁまぁ余裕。帰国したら国内移動もバス中心にしよっかなー。とか言いつつ、結局は新しくできる北陸新幹線のお世話になるのでしょう。 ブログランキングに参加しているので、スマホ、タブレットの方はこちらをクリック、 ↓↓↓ にほんブログ村 パソコンの方は下の地球のクリックをよろしくお願いします!! クリックするとランキングページに移動するので、それで投票完了です♪

      9
      テーマ:
  • 24 Feb
    • 雄大なパタゴニア氷河と小さなワインの物語

      久しぶりに首都ブエノスアイレスにバスで50時間かけて戻ってまいりました。2日間バスで過ごすということは2日間シャワーを浴びないということなので油ギッシュになります。そんなオイリーブログはまた近々更新するとして、今日は泣けなしの金をはたいて参加した氷河トレッキングのことを。あ、でもその前に一つ小話をさせてください。お金のない僕らはブエノスアイレスの上野山荘に戻ってきてキングダムを読んだりマリオカートをして過ごしてるわけですが。いつもマリオカートの相手をしてくれるかっつんさん。最後は”僕の勝ち越し”で日本へと今日帰国されました。そんな一瞬の隙が命取りとなるマリオカートをしている時の出来事です。男子ドミに宿泊してる60代ぐらいのおじいさんがおもむろに冷蔵庫を開けてワインをグラスに注いだんですよね。べつに昼間からお酒を飲むことが悪いなんて思いませんし、一瞬気が散ったことで僕がおばけ沼のステージで落ちたことにより4位になったのも僕自身の責任です。何が悪いかって、そのおじいさんがグラスに注いだワイン、僕のなんですよね。油性マジックでしっかり名前も書いてます。1ℓ入ってる一番安い紙パックのワイン。日本円にして150円ぐらい。たった一杯飲まれたぐらい気にする僕もみみっちぃですが、されど勝手に名前書いてある他人のワイン飲みますかね普通。「ちょっと一杯ちょうだい。」とか一言言ってくれれば「どうぞー」って内心こっちは金無いのになぁとか思いつつまぁさしあげますよ。このたった一瞬の動揺がマリオカートで最後のステージまで引きずってしまい負けてしまったんですがね。そしてもっとイラっとしたことがあって、僕の紙パックワイン勝手に飲んでおきながら翌日のこと。ちびちびと貴重な紙パックワインを飲みながらキッチンで料理をしていたら、そのおじいさん、「そのワインおいしくないから僕は料理酒にしてるんだよ~」って。関西風に言うとしばき回しハゲ散らかしたろうかーって言ってやろうかと思いました。キングダム読んでるから殺意を覚えるのは簡単でしたね。王騎将軍に一刀両断してもらいたくなりました。ココココココ※次の日から冷蔵庫にワインしまうときは目薬1滴入れて・・じゃなくてビニール袋に入れて奥にしまってます。じゃあ小話はこれぐらいにして、爽やかに氷河トレッキングの記事に移ります。エルカラファテの町からロス・グラシアレス国立公園にあるペリト・モレノ氷河。1981年に世界自然遺産に登録されてて、その氷河は毎日2m進んでは崩れ、崩れてはまたアンデス山脈の麓で新しい氷河ができるそうです。まぁ素敵。じゃあ、写真見てみてください。(ウシュアイアに続く曇り空だったことが悔やまれる・・)氷河は全体で250k㎡(サンリオピューロランド約21個分)、厚さは一番高いところで50mぐらいあるんですって。そんな氷河を目の前にすると圧倒されます。青キジとエルサ。ここに来る日本人の何人かはこの2人のキャラクターを思い出さずにはいられないはず。そんな氷河のトレッキング。まずはお値段です。(正規レート)一人1100ペソ(約15000円)国立公園入場料一人215ペソ(約3000円)こうしてお金はなくなるのです。船に乗って移動。上陸したら最初に英語チームとスペイン語チームに分かれて氷河の歩き方や地形の説明を受けます。悪意があったわけじゃありませんが、たまたま英語チームのガイドのお姉さんがこんな顔の時にシャッターを押したみたいです。ザクザク氷を突き刺して歩くための滑り止め”アイゼン”を装着。歩いてる時は危ないから写真撮るなって言われましたが、ところどころ止まって撮影。流水により溶けた穴、クレパス。上の方の透明なクレパスの流水はめちゃくちゃ綺麗らしくて飲めちゃいます。この飲んでる水、なんと400年前の水。ってガイドさんは言ってました。ちなみに歩いてるこの氷河自体は数千年前の氷らしい。いや~自然ってすごい。400年前の水は冷たくてとてもおいしかったんですが、もっとおいしいもの。氷河の氷を削って作った、ウイスキーロック。表面の氷はちょっと汚いから、綺麗な深いところまでガイドさんがガリガリザクザク削ってくれました。じゃあ、乾杯・・とは言わずにチアーズ!!!一緒に参加したわたると謙太。すごいおいしかったウイスキー。ただ一つ残念なのは、後ろにスペイン語チームが迫ってきてるから「早く飲め」と一気飲みさせられたことぐらいかな。さ、料理酒に使う人もいる紙パックワイン飲みながら今日はチョリソーカルボナーラを作ります。ブログランキングに参加しているので、スマホ、タブレットの方はこちらをクリック、 ↓↓↓ にほんブログ村 パソコンの方は下の地球のクリックをよろしくお願いします!! クリックするとランキングページに移動するので、それで投票完了です♪

      6
      テーマ:
  • 17 Feb
    • 世界の果てで、金果てる。

      こんな形を誰が想像したでしょう。南極に近い世界の果てまで来て。アラスカから続く道の最終地点も、なんだか寂しく感じます。残す旅も2ヶ月ほどで。旅資金が底をつきそうなんです。思い返せば現地のビールは全部飲んでました。入国記念で乾杯、その国のラストでお別れ乾杯、中東脱出の禁酒解禁で乾杯、便秘解消で乾杯・・。などなど、まぁ飲んでました。そんなのが積もり積もって・・。というか僕らは家計簿もろくにつけずに旅をしてました。美味しい食べものや名物は惜しみなくお金使ってました。だって旅は楽しまなきゃって思ってたからっ♪この前久しぶりにワイン飲みながらのりちゃんと口座確認やらクレジットの確認をしたんですが、現実を直面したときに手が震えてパソコンにワインこぼしそうになったんです。まぁ節約しまくってお酒も飲まずパンとかでご飯済ませたりしてればまだまだ余裕だったと思うのですが。でも僕らの理念には”節約”とか”我慢”っていう言葉は底辺にあるような気がするんです。そんなことより”楽しむ”ことと”お酒”。サラッと発表します。10ヶ月で約300万円使いました。だからもう南米編の旅はアルゼンチンだけで一時中断します。有名なウユニ塩湖もマチュピチュも今回は行きません。さぁいいですよどうぞ笑ってください。個人的には行きたかったランキング上位のチチカカ湖に行けないのが心残りですが、いつかまた行きます。この大きすぎる置き土産、僕らの手で次回回収に伺わせていただきます。でも、ウユニもマチュピチュもチチカカ湖も無くなるもんじゃないし。無くなるのはお金だけ・・。しばらくの間、お金を稼ぎに一時帰国、はしないでオーストラリアへ出稼ぎに行きます。ワーキングホリデービザ、僕ものりちゃんもネットで昨日取りました。使ってしまった300万、オーストラリアでまた貯金します。2月末にオーストラリアに飛びますので、コアラを抱っこしながらコアラのマーチを食べるという目標ぐらいは持って入国します。では、そんな転機を迎えた僕らが向かったウシュアイアの国立公園をご紹介。冬は極寒の地なので閉鎖されてしまう公園です。なんていう名前だったかな。フィンデルムンドかフィラデルフィアか、そんな名前の公園。あれ、もしかしたら両方違うかな。とりあえずウシュアイアの国立公園ってことは正しい。すごく空気が澄んでいていい景色の中をトレッキングするのですが、頭の中は貯金が尽きた喪失感がまだ漂ってます。そして、”世界の果ての郵便局”雲っててなんか世界の果て感満載です。小さな橋の上にひっそりとありました。でも、中は観光客でいっぱい。のりちゃんは世界の果てから日本の果て、、いや違う違う日本の中心の四国は愛媛県まで手紙を出しました。僕はパスポートに世界の果てのスタンプを押してもらったのですが、郵便局のおじさんのシールも一緒に貼られました。シールずれてるしインクもぐちゃぐちゃ。でも小さいことは気にしません。こっちは前夜に300万使ってしまったことに気づいた衝撃がまだ残ってるから。あ、そうそう、世界の果てを走る列車も偶然通りがかりました。その名も”世界の果て号”って言うんですって。そのまんま。線路は続くーよぉど~こまでも~♪っていう童謡ありますね。将来子供ができたら教えたいです。「そんなことないよ。」「お父さんはこの目で見たんだ。世界の果てウシュアイアで線路は途切れてるんだよってね。」線路が途切れることも現実、300万使ったことも現実。さぁ行くぜオーストラリアァァーー!!!!!!!!! ブログランキングに参加しているので、スマホ、タブレットの方はこちらをクリック、 ↓↓↓ にほんブログ村 パソコンの方は下の地球のクリックをよろしくお願いします!! クリックするとランキングページに移動するので、それで投票完了です♪

      12
      10
      テーマ:
  • 16 Feb
    • 衝撃のヤマナ族

      今から約200年前、ここ南極に近い大陸の果て、パタゴニア地方にとある先住民が住んでいました。先住民というとアメリカのインディアンやオーストラリアのアボリジニ、カナダのエスキモー、日本のアイヌなど。なんかこうやって見ると寒い地域に多いんですかね。ここパタゴニアも冬は極寒、夏でも肌寒い場所です。ここにいた先住民の名は”ヤマナ族”。そう。裸族なんです。こんなにクソ寒い地域で。寒いなら服を着るというのが思いつくはずですが、彼らはそのような発想ではなく体じゅうにアザラシやペンギンの油を塗って火に当たるのが一番暖かいと考えたそうです。でも、やっぱり真冬になると寒すぎたのか毛皮を着たそうです。ウシュアイアにあったヤマナ族の博物館で知りました。ここは昔の南米大陸の成り立ちとかも標本があります。20000年前。16000年前。12000年前。今。なんかどんどん崩れていってますね。この崩れた海峡は今氷河になってます。こんなところに住んでたヤマナ族。何がすごいって、正装がハンパなくオシャレなんです。結婚とか葬式とかのときに着る正装。では、ご覧ください。なかなか斬新。そんなヤマナ族、この地を発見したマゼランやダーウィンなどの有名な冒険家に衝撃を与えたそうです。マゼランやダーウィンは思いました。寒いなら服着れやと。で、彼らに服をプレゼントしたんですよね。でも、”服を洗濯する”ということは伝え忘れました。その結果、彼らは服を洗濯するということを思いつかず、何度も何度も着回すことで汚れて不衛生になっていき、疫病が広がったと。プラスで欧米からの移民族により迫害を受け。滅びてしまいました・・。やっぱり先住民はどこにいても移民の手によってその地を奪われてしまったわけですね。アメリカのインディアンもオーストラリアのアボリジニも、調べてみると悲しい歴史が多いです。以上、ヤマナ族の博物館よりお伝えしました。 ブログランキングに参加しているので、スマホ、タブレットの方はこちらをクリック、 ↓↓↓ にほんブログ村 パソコンの方は下の地球のクリックをよろしくお願いします!! クリックするとランキングページに移動するので、それで投票完了です♪

      2
      テーマ:
  • 15 Feb
    • イルダおばさんとウシュアイアの町

      いつも笑顔でご飯作ってくれて親切なイルダおばさん。もう宿というか本当に”おばさんち”って感じで居心地いいです。Doloque395これ住所で、これだけメモしておけばまず辿りつけます♪でも、おばさんは99%スペイン語しか話せないので僕らはコミュニケーションをまともに取れないんです。それでもいつも話しかけてくれる優しいおばさん。たまに「玉ねぎ2個とひき肉買ってきてくれ」って買い物に使われることもありますが、まぁ親切だから僕らも買い物に行ってしまします。そんなおばさんにウシュアイアの町を教えてもらい、とりあえずは町歩き。南極に使いここウシュアイアは夏の今でも寒くてユニクロのジャケットを着てます。冬は想像を絶する極寒の地です。なんたって風が強い。南極の風って思うと空気も綺麗な気がしますが。そして町のインフォメーションセンターで世界の果ての町到達記念状をもらえました。拡大するとこんなやつです。パスポートにも大陸最南端の記念スタンプを押してもらいました。一応記念撮影も。ついにここまで来たかって感じがしましたが、明日はさらに世界の果ての国立公園まで向かいます。ここ最近ブログの更新が滞ってまでが、実は明日公園に行くなんて書いておきながら、本当は今日行ってきたんです。そう、リアルタイムじゃないでのご了承ください♪このブログを書いてるのは夜11:30で、朝の4時に起きてそれから18時間もバスに乗らなければいけないという境地に立って書いてるのです。いい夢見れるかな・・いや、頻尿で起きるな。ブログランキングに参加しているので、スマホ、タブレットの方はこちらをクリック、↓↓↓にほんブログ村パソコンの方は下の地球のクリックをよろしくお願いします!!クリックするとランキングページに移動するので、それで投票完了です♪

      5
      2
      テーマ:
  • 13 Feb
    • 南米大陸最南端の都市、ウシュアイアに到着

      毎日が楽しくて肉三昧だったブエノスアイレス、2週間の滞在を終えて移動の日がやってきました。上野山荘のいつこさん、Mi Choripanのみなさんをはじめ感謝感謝です。さて、僕らの向かう先はウシュアイアと言って南米大陸の下の端っこです。ギリギリまだアルゼンチンなので、ブエノスアイレスから国内線での移動。10:45のフライトで、2時間前着の空港シャトルバスを使いました。市内からは1時間ほどで到着。ですがここで小さな問題発生。僕らの乗るターミナルはCなのですが、外に表記がなくバスをどこで降りたらいいかわかりません。ドライバーもスペイン語しか話せず教えてもらえない。ターミナルは全部でABCの3つなのですが、きっと最後に着くのがCだろうと予測して降車。しかし、降りた場所はターミナルAでした・・C→B→Aの順に停車しやがってた。おかげで広大な空港の敷地内をバックパック背負って歩くはめに。でもまぁ定刻でウシュアイアに向けて離陸。着陸時は強風に煽られましたが、無事に着陸すると機内の乗客全員が拍手喝さい。南米の人は陽気です。笑恐怖はないのでしょうかね。”ウシュアイア空港”木造でオシャレです。空港を出ると山脈が広がってました。アンデス山脈かな??降りてすぐに感じたのは、空気がとても澄んでること。南半球は日本と季節が逆になるので、今は真夏なんです。昨日まで滞在してたブエノスアイレスも暑くて暑くて。日本の夏みたいに湿気はないのでカラッとした陽気ですが、それでも暑いのは暑い。でも。ウシュアイアは地図だとここ。ん?この下は・・そう。南極です。空港を出た瞬間、凍てつく寒さが昨日まで真夏だった僕らの肌を突き刺します。凍える寒さだったのですぐさまユニクロのジャケットを引っ張り出して最大防寒。空港からはメータータクシーで市内まで移動。そして予約もせずに向かった先の宿はイスラエルのイブラヒムじいさんちに継ぐ、またまた人の家。笑”イルダおばさんの家”南極の風で冷え切った僕らをスープとお菓子でおもてなししてくれました♪イルダおばさん、めちゃめちゃ優しいです。次回はイルダおばさん特集かな。あ、もう一つ。今日の東京の日の入りは17:18。ウシュアイアの日の入りは21:13。日の出は6:22。おそろしく昼間が長いです。 ブログランキングに参加しているので、スマホ、タブレットの方はこちらをクリック、 ↓↓↓ にほんブログ村 パソコンの方は下の地球のクリックをよろしくお願いします!! クリックするとランキングページに移動するので、それで投票完了です♪

      2
      1
      テーマ:
  • 10 Feb
    • アルゼンチンで美容室に行ってきました

      個室からドミトリーに移ってきたのですが、上野山荘のママさんに「今日おじいさんが来るの。あなた若いから2段ベッドの上ね」って言われました。チェックインしてこられた方は確かにご高齢でしたが、厚い胸板に鍛え抜かれた上腕。僕よりもはるかに健康そうなおじいさんでした。でもまぁそこは年功序列です。話は変わり生きてる限り髪の毛は伸びるものですが、うまい具合に今まで髪を切りたいタイミングで旅する美容師に出会ってたんです。6月はタイのカオサンロードで出会った同い年の1000人カットブロガージュンくん。9月は一緒にカンボジアで幼稚園建設をしていたナオさんに青空カットしてもらって。11月はイスラエルでパレスチナとの銃撃戦が聞こえるイブラヒムじいさんちでアグリさんに。それからまた約3ヶ月。だいぶ髪も伸びてきて寝グセがモサモサするようになってきました。でも南米ではまだ美容師さんに出会わないんで、もう美容室に直接行ってきました。広々とした2階建ての美容室ですがお客は僕一人。そしてやっぱり英語は通じないだろうと思い、事前に単語レベルのスペイン語を覚えておきました。「あなたにお任せ。」と、「メッシのように。」この2つ。どうやら無事に伝わったようでカットが始まりました。若いお姉さんかイケメンの美容師を想像してましたが、プリプリのおばちゃん。確かにお任せって言いましたが、躊躇なく切っていきました。日本の美容師さんにはやられたことないような斬新なハサミ使いでした。カットが終わるとシャンプーとトリートメントです。ここもこのプリプリのおばちゃんがやってくれます。でも。首がへし折れるかと思いました。どうやらシャンプー台は日本の方が快適です。そしてジェルでセットしてくれて完成。首の痛みは残りましたが髪は短くなってサッパリしました。サッパリしたまま、この日は日曜日でブエノスアイレスでは骨董市というものが開催されていたので向かいます。レトロな教会を越えて。路地の左右に約1Kmに渡って露天がひしめき合います。お土産とかいっぱい。雑貨もかわいいのが多くてそれでいて安い。僕は花柄プリントの皮財布、のりちゃんは化粧ポーチを購入。でも炎天下で汗かいてきましたので、休憩がてら生ビール買いました。楽しかったブエノスアイレスもあと2日、肉とワインを食べ納めます。あー首痛っ。 ブログランキングに参加しているので、スマホ、タブレットの方はこちらをクリック、 ↓↓↓ にほんブログ村 パソコンの方は下の地球のクリックをよろしくお願いします!! クリックするとランキングページに移動するので、それで投票完了です♪

      4
      テーマ:
  • 07 Feb
    • チョリパンに魅せられて

      学生の頃よくオリジン弁当にお世話になってました。お金なかったんでアパートでご飯1合だけ炊いておいて、オリジンではからあげ2個とコールスローだけを買う。250円ぐらい。バイトの給料日後はミートボールを1個付ける。100円ぐらい高くなりますが、量り売りなので限りなくミートボールのソースをトングで挟んで振り落として軽くしてました。腹減ってるので1回で食べきるご飯1合を、ささやかなからあげの味を感じながら楽しんでました。そんなホロリと切ない日々を思い出しつつ、ここアルゼンチンのブエノスアイレスでも量り売りのお弁当屋さんに行ってきたんですよ。上野山荘を出て左に20歩ぐらい。たった2件隣なのですぐ着きます。オリジン弁当より種類多いです。何種類もの主菜や副菜の数々。からあげはありませんでしたが。僕も学生の頃の思いを払拭するかのように盛りに盛りました。約500円ぐらい。盛りすぎて全部の味がミックスになりましたが、でも。やっぱりまだ無職の身なのでミートボールは名残で一つだけにしました。笑これでもかと言わんばかりにソースまんべんなく塗りたくってやりましたがね。帰国して再就職したらミートボール2個にします。そんな僕の量り売り弁当エピソードは胸が痛むだけなので、チョリパン屋さんに行った話です。東京の代々木上原でチョリパン専門店を開いてるご夫婦のしんさん・ともさんと、働いてるかっつんさんに教えてもらって。代々木上原のお店の情報はこちらです。http://michoripan.com連れて行ってもらった場所はしんさんが修行してた屋台で、上野山荘からは歩いて40分ぐらい。”地球の歩き方”とかにも載ってないから観光客はほぼいないと思います。オーナーさんが来る時間に合わせて夜9時頃に行きました。”アンパリート”ってお店。チョリパンって、フランスパンに粗挽きでぷりっぷりのチョリソーを乗せてそれに野菜やソースなどのトッピングをセルフで盛り付けていきます。僕も初チョリパンなので、かっつんさんの見よう見まねで盛り盛り。レタスとトマト、炒めタマネギやナスとにんにくのおいしいやつ、ネギマヨネーズとかチョリソースとかモロヘイヤみたいなネバネバしてるやつとか。欲張ったらこんなになりました。でも、これがめっっっちゃうまい!!!2本食べました。こんなガツンとうまいのが帰国しても東京で食べに行けるなんて素敵すぎ。代々木上原ですよ。代々木じゃないし代々木八幡でもないです。小田急線と千代田線で行ける代々木上原です。各駅でも急行でも何でも停車する駅なので心配しないでください。仕事で小田急線使ってた僕が言ってるので信じてください。しんさんは3年前、自主的にお店のお手伝いから初めてオーナーに頼み込んだんですって。”有言実行”かっこいい。そんな3年ぶりの感動の再会後も、チョリパンのことをいろいろ聞いておられました。僕とのりちゃんは大太鼓を叩くおじさん3人とその前でステップを踏む女性の大道芸に見とれてましたが・・。東京のみなさん、関東近辺のみなさん、東日本のみなさん、旅で出会った全国のみなさん。是非、代々木上原”Mi Choripan”へ。今はアルゼンチンにいらっしゃってお店は閉まってますが、2月28日(土)にオープンですってー!!その後は屋台で1ℓのビール飲んで夜のブエノスアイレスを歩いて帰りました。昼間と雰囲気変わってすごいオシャレ。ヨーロッパと横浜と一部新宿西口が融合した感じ。わかりにくくてすいません。でも一人歩きは気を付けましょ。そうそう、アフリカでは胃炎でお酒飲めてなかったのですが、南米にきて胃も腸も肝臓も完全復活してます。ピンピンです。むしろお酒より濃いめのアイスコーヒーにやられることの方が多いですが、そんなときはマテ茶飲むようにしてるんです。そしてスーパーで売ってる肉の塊が安くてうまい!!日本じゃ高くて食べられないような激ウマな肉の塊を食べられるので、胃炎で衰弱していた僕の肉体をリノベーションします。日本からアルゼンチンはちょっと遠いですが、いや、正直だいぶ遠いですが、是非おいでや♪ブログランキングに参加しているので、スマホ、タブレットの方はこちらをクリック、↓↓↓にほんブログ村パソコンの方は下の地球のクリックをよろしくお願いします!!クリックするとランキングページに移動するので、それで投票完了です♪

      3
      2
      テーマ:
  • 06 Feb
    • ブエノスアイレスで日本食を求めて

      昨日、上野山荘というブエノスアイレス在住の方が経営する宿に引っ越してきました。今までは欧米人しかいない宿にいたのですが、久しぶりの日本語表記の注意書きや日本の小説、日本の漫画などにホッとしています。欧米人宿といっても8割強はスペイン語しか話さないお客さんばかりなので、僕らは立ちすくむしかありません。言葉が通じなくても簡単な挨拶やジェスチャーで乗り越えてきましたが、いざ日本人宿に来てみると安心感が絶大です。南米といえば日系移民の方々が多いのですが、このポスターを歴史の授業で見た覚えがあります。戦後不況の日本はブラジルやパラグアイ、そしてここアルゼンチンにも一家で渡ってきて農地改革や産業を興したりしたんですよね。あ、厳密に言うと第一次世界大戦前から移民の歴史は始まってるみたいですが。そしてその子孫の方々が日系アルゼンチン人となり、今でも暮らしているわけです。話しは上野山荘に戻りますが、NHKが映るんです!!日本の天気予報をアルゼンチンで見ても仕方ないのですが、あぁ、寒そ・・って思いました。日本にいた頃はNHKってあまり見る機会なかったのですが、今は凝視してます。でも欲を言えばテレビ朝日のニュースステーションが見たいです。唯一、情報操作なく報道を嘘偽りなく見れる気がします。エグい角度からの古舘さんの解説、見ていて気持ち良いです。っていう長い長い前置きはここまでにして、もう日本食が食べたくて我慢できなくなった話をします。日本食料理「入船」Paraguay 436,C1057AAD Buenos Aires,Capital,Argentinaここに行っちゃいました。オーナーは日本人でスタッフはみんなアルゼンチン人ですが、店に入った瞬間、「いらっしゃいませ!!」って威勢のいい掛け声で迎え入れてくれます。寿司のカウンターもありました。店内は2階建てで、客層はみんなスーツを着たサラリーマンでリッチな感じ。けっこう多くの人がランチで寿司盛りを注文し、白ワインのボトル空けてました。昼休みに白ワインとか日本でやったら翌日クビ宣告されますね。僕らが注文したのはこれ。カツ丼とヒレカツ定食。お新香と味噌汁付きにまず感動し、味が本当に日本の味で口腔内いっぱいに唾液が広がりました。ホント引くぐらいうまかった・・割高だけどビールも注文。やっぱり美味しい日本食はお腹も心も満たされます。でも、値段が破格に高い。合計で5000円ぐらいしました。笑もう行けないけど、たった1回で一か月分ぐらいの日本食満足感は得られました。また当分は肉とサラダだけの生活を送ります。ブログランキングに参加しているので、スマホ、タブレットの方はこちらをクリック、 ↓↓↓ にほんブログ村 パソコンの方は下の地球のクリックをよろしくお願いします!! クリックするとランキングページに移動するので、それで投票完了です♪

      5
      2
      テーマ:

プロフィール

だいき

性別:
男性
誕生日:
1988年7月20日
血液型:
A型
お住まいの地域:
東京都
自己紹介:
はじめまして。宮崎大樹です。 18歳で新潟から上京して作業療法士となり、東京の病院で働いてまし...

続きを見る >

読者になる

AD
AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。