Kindle出版代行サービス

Kindleの電子書籍出版を代行するサービスです。制作だけでなく電子書籍を使ったブランディング方法もご提案しています。

世界最大のインターネット書店
Kindleストアに出版しませんか
!?

Kindleに出版するとこんなにいい事がありますよニコニコ

ダウンダウンダウン


1 「先生」「著者」という肩書きが手に入りますチョキ
Amazonに書籍が並んだ瞬間からあなたの肩書きは「著者」です。
今までではそう簡単に手に入れる事のできなかった肩書きも、Kindle出版ならあなたも例外なく手に入れる事が可能になります。

2 一瞬で信用を得る事ができますニコニコ
名刺・ブログ・HPに書籍を紹介すれば瞬時に「スゴい人」だと思われ信用を得る事ができます。信用度が上がればあなたのビジネスは飛躍的に加速し、売り上げアップに繋がります。そして、あなたは知らないけど「あなたの事を知っている」という人はどんどん増え、ビジネスが向こうからやってきます。

3 メディアから取材オファーがくる可能性がありますチョキ
出版するとあなたはその分野の第一人者になり、メディアからのオファーがくる可能性大です。メディアは常にネタを探しており、あなたの分野が注目された際には、その分野で活躍している人をブログや出版実績などから専門家を探します。すると、書籍を出版しているあなたが注目されるでしょう。たった1度のメディア出演から一気に有名になる人はたくさんいます。

4 定期的に不労所得が得られますニコニコ
Kindle出版はあなたに不労所得をもたらします。印税率は最大70%ですので500円の書籍が1,000冊売れれば350,000円の印税収入を受け取る事が可能です。一度配信した後は特にやる事はありませんし、維持費も掛かりません。

(例)500円×1,000冊×0.7=350,000円
(※配信コストは計算に入れておりません。)

5 あなたに忠実に仕える営業マンをお金をかけずに雇えますチョキ
書籍はあなたのメッセージが詰まったものなので、言わば分身です。そんなあなたの分身は、一度Kindleストアに配信してしまえば24時間365日無休であなたに変わりずっと営業してくれます。あなたが寝てる時も、食事中も一切の弱音を吐かずに忠実に、そして毎日新しい人にアピールしてくれるのです。


Kindle出版すれば、
あなたの電子書籍は名刺代りとなり、
ネット上でもリアルの場でも大活躍し、
あなたの伝えたいメッセージや
あなたの魅力を多くの人に届ける事が
できる最強のツールになります。



Kindle出版代行





Kindle出版へのお問い合わせはこちら
メールinfo@e-books-publishing.jp
お電話:03-5928-0410(平日10:00~20:00)

テーマ:



ボタンKindle



 今回の書籍は小説です。本を読むのは好きだけど小説は苦手だ!という方もご安心下さい。その理由の一つは「読みやすい」と言えるからです。よくあるミステリー、ホラー、恋愛小説のように登場人物が大人数出てきて途中でわけがわからなくなることはありません(笑)。また、テンポよくストーリーが展開し、「このあとどうなるのか?」といういたってシンプルな興味で気持よく読むことができます。それでは内容についてご紹介しますね!


大温暖化!高山君の大冒険



スクリーンショット 0028-03-11 午前11.12.04



★このKindle本ののおすすめポイント!
・ストーリーにぐいぐい引き込まれる!
・主人公、高山の展開が気になる!


書籍説明文より抜粋



 守屋との珍妙かつ深遠な対話を皮切りに、高山の周囲で次々と異変が起こり始める。抱腹絶倒の営業活動、電車内での古美術品のオークション、ビルの屋上に住む賢者・愛すべきホームレスたちとのやりとり、急速な温暖化のために突如堰を切ったように都心に押し寄せる海、気候の激変にともなう時空の歪み──。

 日常の裂け目から刻々と非日常が流れ込み、高山めがけて矢継早に難題が襲いかかるが、彼は持ち前の没個性という強烈な個性によって飄々と窮地を乗り越えていく。
加速するストーリー展開は終盤に至ってさらに急転回。果たして高山は、縄文海進以来の海面上昇~首都沈没の危機を脱することができるのか。
はたまた相談料の百万円を支払うことはできるのか。

愉快、痛快、奇想天外にして、深い思想に裏打ちされた極上のエンターテインメント小説。
一気に読了間違いなし!


実際に読んでみて



実際に読んでみると、まさしく奇想天外!という言葉がしっくりきます^^特に第一章の「百万円の人生相談」から筆者はぐいぐい引き込まれてしまい、気がつけば読了しておりました。高山と守屋との掛け合いというかやり取りも見どころです。終盤にいくにつれて急展開もあり壮大なスケールへと変わっていくあたりも他の小説にはない面白さかと思います。


本書より一部抜粋


第一章・一「百万円の人生相談」より

「ああ、すまん。でも、それほど価値のないあんたが、人生や社会についてなぜ思い悩むのかね。不思議だねえ。あんたの価値は無限にゼロに近いんだよ」
「だから、相談してるんじゃないですか」
「あのね、あんた!」
「客に向かって、あんた、はないでしょ」
「それでは、はっきり言おう。人生について考える、などという大それたことはやめよう。どうせ、あんたは・・・いや君は、死ぬまでだらだら生きるだけ」
「そこまでは分かってるって言っているでしょう。問題は次のステップです。それが聞きたくて、五千円払ったんです」
「五千円にこだわるねえ」
「そんな訳じゃありませんが、五千円じゃ、やはりこの程度ですか」
「当たり! 五千円は入会金と同じ、相談料は別のシステム」

 主人公の高山守は27歳のごく平凡な営業マン。ある日、ふとしたきっかけでとある人生相談所を訪れた彼は、所長の守屋から「自分と世界にリアリティを取り戻すための偉大な冒険」としてホームレスの生活を勧められる。が、その相談料はなんと出来高払いの百万円・・・! 

「冗談でしょ。それじゃ、ぼく、帰ります」
「まあ、待ちなさい。あんたが・・・いや、君が納得しなければ払わなくていい。でも、もし後日納得したら払えばいい」
「つまり、払いたくなかったら、払わなくていい、そういうことですか?」
「そう、払いたくなったら払えばいい」
「裏があるんじゃないですか? 結局ぼくを巧妙に誘導してサラ金あたりを紹介するとか・・・」
「裏はない。ここの非常階段は壊れているから、無理に裏から出ようとすると転落死する」
「裏口のことですか?」
「そう、裏も、裏口もない。大安心!」
「ちっとも安心じゃありませんけど、まあ、払わなくてもいいんだったら、相談続けさせてもらいますけど、いいですか。なんだか、はめられちゃったのかなあ」
「大丈夫、大船に乗ったつもりでいなさい。──それでは百万円の話を続けよう。君の大冒険の話だ」
「冒険? ぼくが冒険ですか! よく分からないけど・・・どうせ、帰ってもテレビ見て寝るだけです。付き合いますよ」



続きはこちらからご覧下さいね。

目 次



第一章

一 百万円の人生相談
二 お客の顔でそば・うどんの注文が分かる立ち食いそば屋のオヤジ
三 使えない多摩ナンバーのタクシー
四 営業活動その1 スピリチュアル・マインド社
五 営業活動その2 ポーランド警備
六 万引き事件
七 薬物中毒のコンビニ店長
八 遅刻とクビの危機
九 レゲエの精神
十 井の頭線の車内オークション


第二章

一 冒険の予兆
二 屋上の怪人
三 キャッチセールス
四 会社の倒産
五 縄文海進
六 恐竜たちの運命
七 ノアの箱舟作戦
八 いざ大海原へ



いかがですか?普段小説を読まない方も、これを機会にぜひ読んでみてくださいね^^

↓↓この電子書籍をダウンロードするならコチラ!



ボタンKindle






スクリーンショット 0028-03-11 午前11.12.04

タイトル:大温暖化!高山君の大冒険
著者:江部遊観
ASIN:B01CL02YI2
価格500円
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。