ようこそ、大渓水です。

「神棚の向きは、東~南向きが理想ですか?」

という相談をよく頂きますが、

残念ながら迷信と言わざるを得ません。


初めて神棚を設置する場合、

どんな場所が良いか分からないでしょうし、

多くの方はネットで検索されるのだと思います。


「神棚 方角 向き」  「神棚 鬼門 方位」


など様々なフレーズで検索すると、

いろんなサイトで「南向き、東向きが吉。」と書かれています。


けれど、

「なぜ南~東向きが良いのか?」については、

ほとんどがその理由について言及されていません。


そして、ここに最大の疑問が生じます。


日本には数えきれないほどの神社があって、

本殿が南向きに建立されている事例は多々あります。


ですが他にも西向きの神社もあれば、

鬼門方位(北東)に向く神社もある訳で、

「これらの神社は不吉なのか?」ということ。


神棚とは小さな神社のようなものです。


では、その神社が、

「どのような縁起感をもって、

どんな場所に建立され、どんな意味をもつのか?」

についてはあまり知られていません。


確かに方角も大事な要素ですが、

それだけで吉凶を判断することは絶対に不可能。


神棚は東・南を向けるのは本当か


 「木を見て森を見ず、森を見て山を見ず。」


以下のリンク先で説明しましたから、

ご興味のある方は詳しくご確認下さいませ。


国産神棚復活プロジェクト/神棚向きの迷信について



それじゃまた、いつもありがとうございます。




「自然の摂理をもっと多くの人に知ってほしいと思います。」
クリックよろしくお願いします!