福岡の伝統風水 オフィス大渓水

                                                               -


テーマ:

ようこそ、大渓水です。

今年最後の神棚設置吉日だった昨日、

宮崎県のお宅にお邪魔させて頂きました♪



高千穂出身の方だけあって、

高千穂杉の上り框が何とも素敵です^^






そして天気は雨!

絶好の風水鑑定日和でした^^






神仏を祀る位置を決めるには、

幾つかの理論を元に定めますが、

その内の一つに些子水法があります。



水法とはその名の通り、

雨水など実際の水の流れを読み取る技術。




滴水位置と言って、

玄関上の庇から流れ落ちる箇所を元に、

実際に見える景色との関係性が重要になります。






一つは来水側で収入状況を表し、

もう一方が去水で支出状況を表します。









もし滴水・来水・去水の関係が不良ならば、


外構工事などで景観そのものの改善が求められ、

これは外陽造作法という技術になります。



一方、自身の持ち家でない場合は、

屋外に映る視界を改善することが難しいので、

神棚や仏壇位置を調整して風水を改善します。

これを内陽造作法と言います。



これらのことを踏まえ神位を決める訳ですが、

実際には玄空飛星派の理論も取り入れながら、

かつ古来からの東向き南向きの縁起感も考慮します。



以上を元にお客様と相談の上、

こちらの和室の西側壁面に設置、

神棚の正面が東を向く配置に決定!






あと通路向こうのトイレと向き合わないように、

中央でなく少し窓際に動かすことも重要な要素でした。






そしてまだまだ縁起感を詰め込みます。

国産檜の一枚板で作る棚板の寸法は勿論、

取付位置の高さも魯班尺を使って確認します。





(赤字が吉兆、黒字が凶兆)



そんな最高の縁起感をたっぷり詰め込んで、

国産ひのき製神棚と棚板の取り付けが完成!






最後はお供え物をお上げして、

僭越ながら祝詞を奏上させて頂きました。



これでまた神棚のある暮らしのご家族が誕生♪

ちょっとだけそのお役に立てたことが私の自慢です^^



ところで来年早々、

大阪に神棚を取り付けに行くかも!?

お近くで神棚をお考えの方がいましたら、

大渓水までお問い合わせ下さいませ。

ちょっと出張費用がお安くなるかもです(笑)。





国産神棚復活プロジェクトのホームページへ





それじゃまた2013年にお会いしましょう♪

これまでご縁を賜りました皆さま、


本当にどうもありがとうございました。

来年も益々精進して参りますので、

ご指導ご鞭撻の程よろしくお願い致します
m(_ _)m

2012年に感謝感謝感謝です☆







いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

実践風水!どん底から運命を好転させる方法さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります