「 いま南禅寺がいいですよ」

テーマ:
{D597471A-F343-4A3E-A8BF-29A9D99273F2}

{6F741146-F9BF-4A34-898F-0F95D70F4E2E}

{A20BF762-C382-445C-A599-16360950F83D}
本願寺で 70代のアマチュア写真家と話がはずんだ。「 いま南禅寺がいいですよ」その言葉につられてタクシーを飛ばした。

観光客でごった返していたが、以前からお参りがしたい寺院でもあり、興奮気味に山門をくぐった。

ここもアマチュア写真家が多く、気安く『このアングルで撮って』と注文。相手の機材を見て、どの程度のレベルかが判断できる。

ほとんどの写真家は紅葉がメインだが、私は自分がモデルの自撮りであり「カメラの割には変わった人」と思われているだろう。これはブログのための写真です。

フイルムの時代からすると、機材がかなり重くなっている。その重い機材を担いで歩き、カメラをダンベルのように扱う、実に健康的です。機材で以前よりも軽くなったのは、三脚くらいなものですね。
AD

本願寺のイチョウは最高!

テーマ:
{880AF15A-C64E-40D0-9FE5-BCB8F5F92AAE}

{4912AB33-E4F8-41CA-9491-91AA06430955}
京都の本願寺ではイチョウの葉が最高に色づき、多くの観光客や参拝客が訪れて、このイチョウをカメラに収めている。

今回は西本願寺から東本願寺と移動したが、いつもこの移動で思う事がある。

ここ本願寺には、浅草の浅草寺前にあるような仲見世がない。西本願寺から東本願寺までを、仲見世通りで繋げないだろうか。

駅から近いだけに、浅草のように観光客が集まる。必然的に西にお参りの方は東に、東にお参りの方は西もお参りとなるだろう。

最大の行事である親鸞上人のご命日「報恩講」は、西東が共同で法要をおこなう。いや、こんな大事な行事こそ、共に手を取りあって盛大な法要をするべきだ。なぜなら、親鸞上人というお方はお一人なのだから。
AD
{4C6FF288-E053-4416-9888-639D0537D052}

{D5A9460C-C206-418A-AEE1-C39A2A22A673}
今日は京都で研修。フェリーを利用したおかげで、早朝に大阪到着。通勤で混雑する前に京都に入った。研修までに時間があるため、駅近くの東寺に参拝。

いつも楽しみなのは、お堂のギャラリーでの催し物。今回は「LUMIX15周年記念写真展  東寺の四季」プロ写真家の作品は感動そのもの。

もうすでに紅葉は過ぎているが、境内地にはカメラを持ったアマチュア写真家が多く見うけられた。私も仲間入りして、しばし写真の世界に浸った。ファインダーをのぞいている間は無の境地。

そこに僧侶がおられたので、いくつかの質問をした中で『南無大師遍照金剛なら高野山と同じですね』と言うと「あそこはうちよりも下です」『ああ、そうですか』

各宗派が共通しているのは「うちが一番!」ということ。それは自由ですが・・・。
AD