百八の階段 これまた修行

テーマ:
{73196B9C-BE5A-4B33-938E-DFB15BE82303}

{86628081-4C83-4DC1-B39C-F9126A91D52A}
梅雨のような天気が続き、ウォーキングもままならない。そこで1階から6階までの上り下りをくり返す運動を開始。偶然だがなんと108段あり、これも修行かなと自分にいい聞かせている。

負荷をかけるために、登山靴をはいてザックを背負う。ザックの中身も徐々に量を増やし、実戦さながらの階段登山としていく。

このエクササイズは効率がいいと勝手に決め付けているが、はたしてどうだろうか。屋外と違って景色が変わっていくわけでもなく、ただ歩けなくなるまでひたすら上り下る。でも根性は鍛えられて汗をかくのは気分爽快だ!

ふくらはぎに筋肉がつくので、山歩きには適していると思う。ただし階段ウォーキングの注意点は、やり過ぎると故障することだ。

今回の目標は「石鎚山に登るぞ!」
AD

理想は刑務所の食事

テーマ:
{AF7F5C4F-4C51-4158-A870-A396B9CB85A5}

お参りの移動中に【海鮮天丼】の旗が気になった。さっそく店にとびこみ注文し、せまい車内だが至福の境地を味わった。(でもタレが甘いですね)

 

私はちゃんとした食事は一日に一回と決めており、夕方法事で会食するときは、朝からの空腹感を楽しむ。でも朝は青汁を豆乳で溶かして飲んでいるのでご安心ください。


健康を維持するためには腹八分目というが、聖人は腹六分目がいいといわれる。となると間食はNGとなる・・・のだが、甘党の私にはちょっと無理がありますね。食べただけ歩きましょう!

 

「理想は刑務所の食事」という記事があった。

 

「我々が通常1日で食べる分量は2300〜2500キロカロリーと言われます。しかし、実際に1日で必要とするカロリー数は約1500キロカロリー。つまり腹六分目でいいということになる。それが証拠に、刑務所の食事は、1日1500キロカロリーを目安に作っています。

刑務所は囚人がちゃんと刑期を務められるよう細心の注意を払いますから、健康な体作りにはそれだけで十分だということです。」粗食がいいのでしょう。

 

「腹八分目で健康になり、腹六分目で病気が治り、断食で生まれかわる」

AD

黄色の彼岸花

テーマ:
{90CDEFED-0083-469B-9D9C-51E412432AEA}
彼岸花を仏壇に生けている家があるが、この花は別名「死人花」(しにびとばな)とか「幽霊花」といわれ、あまり生けるものではないと言われているが私は好きだ。

これは昔中国で、葉と花を同時に付けないものを嫌う習慣があるところからきたという。球根には毒があり、リコリンなどのアルカロイドを含んでいるそうだ。

当寺の境内地には彼岸花が赤色から黄色(鍾馗水仙)、それが終わると白色が咲く。

全国一斉にお彼岸の時期に咲くわけではなく、彼岸花前線では北海道は8月20日頃とあり、関東から西が彼岸頃に咲くという。不思議な魅力がある花ですね。
AD