プーチン大統領は イタリアのベルスコーニ首相をロシアに招待し、

一緒に クリミヤ半島 の視察に訪れましたと。




クリミヤのthe peninsula’s prized Massandra winery.という

白人様の社会では有名なワイン工場に行きましたと。




ここに貯蔵されているワインは200年以上も前に造られた希少なものばかりで、イギリスでは1本32,000ポンドもするそうでし。

1ポンド=186.4円でしから日本円に直すと 5,964,800円と言うお値段ざます。


そこで 男気のあるプーチンさんは 豪胆にも、

一番良いワインの封を切ってしまった そうです。

そ…そのワイン お値段は 11,184,000円のお品だったのだそうでし!


やっちゃったことは仕方がありません。

上機嫌で大笑いするベルスコーニさんと一緒に飲み干す以外ないのです。



ここまで参考は↓こちら。
http://news.nationalpost.com/news/world/crimea-winery-director-faces-investigation-for-opening-240-year-old-bottle-of-wine-for-putin-berlusconi

________________________


さて、ここまでの一番の観点は
「プーチンさんとベルスコーニはナニをお話したのかな?」となるべきであります。


それはどうやら、プーチンさんの側からの
ロシア軍のシリアへの進駐を支持してくれよ。」と言うものだったようです。



具体的な内容を、グーグルアースで観てみましょう。


シリア西部の 地中海に面した ラーディキ-ア(Latakia)県です。

ここはシリア王室の避暑地として知られており、混乱の中シリアのアサド家は今、ここに避難しています。


ラーディキ-ア県には

2000m級の滑走路が2本ある大きな飛行場・Latakia air baseが存在します。



拡大 ↓

上の白い建物は 王室専用の待合室。



既にロシアは ここに150名の工兵隊を送りこんでおり、1500~1800名の兵隊を迎える準備をしているそうです。



シリアに進駐する その目的は、


ウクライナの騒乱を画策して ロシアに甚大な被害を与えた イスラエルを成敗する 事だと言うのでし!


シナリオは既に決定しており、その第一波はここ↓



パルマチム空軍基地 (Palmachim air base) です。

ここにはイスラエルが誇る 地対空ミサイルが多く配備されています。

ほぼ同時に第2波が↓ エルサレムの南西70kmにある

ベェルシェバ 陸軍補給廠 (Beer Sheva Army Depot)


ここは、戦術核兵器が貯蔵されていると視られている基地です。


これを無傷で制圧し、イスラエルが画策してきた数々の悪巧みを裁定する証拠にするそうです。

そして ロシア陸軍の本隊が首都エルサレムを制圧します。


______________________________________________________________________________________


アメリカの要人たちは、プーチンさんが握っている 様々な悪事に関する動かぬ証拠により この事態に抗う事が出来ず、黙認するようです。

_____________________________


ロシア軍のシリアに駐屯する部隊には、

シリア国内の内戦を収束させる効力も課せられており、

エルサレム制圧後も永く駐留する可能性があります。

またその結果、シリア人難民を減少させる事になるので、

EU加盟各国はロシアの行動を大歓迎しているのです。


一石3鳥ですねー。



事前の計画で、

ロシア兵の休養はイタリア本土で取らせる事にする様です。これについて 特別の配慮をいただけるよう、


プーチンさんはイタリアの旧友・ベルスコーニを歓待したのでありますたー。 …なるほど、納得。
_________________________


と、ここまで書いたところで、

「イスラエルのネタニアフが ロシアのプーチン大統領を急遽訪問し会談。当事国間の誤解を解消しに来ましたと話す。」 というニュースがありました。


( ネタニヤフ )

うやら土壇場に追い詰められている事を察知したネタニアフは20日、

イギリス訪問という形でロンドンに向かいましたが、ヒースロー空港で機外には出ず 機内で「アメリカへの亡命を希望」したようです。



おっ取り刀で駆けつけたアメリカ大使からの返答は NO!で、


「あなたは このままロシアに急行し、プーチンさんに土下座 して命乞いをするべきです。」 とのアドバイスをしています。


ネタニアフを乗せた航空機は燃料を補給後 ロシアに向かい、

昨日プーチンさんと面談。


…どうやら情け深いプーチンさんにすがって 命だけは助けて頂けた模様です。


__________________________



実際はどうなるか分かりませんが、けっこう、大事件ですね。


かつて「世界の警察」を自認していたアメリカは、無しのつぶて。

正義のプーチンさんに脅されちゃって手も足も出しません。


こんな時に 日本の岸田外相は「北方領土を返せ~」と言いに行っています。

門前払いを喰らっても仕方が無い タイミングの悪さ…というか、情報不足なんだろうな。


だめだめ、日本人には政治はできません。


世界は 正義感あふれる 強力なリーダーを必要としています。


がんばれ、プーチンさん。









AD