独楽助さんのブログ

ブログの説明を入力します。


テーマ:

8月5日、僕はシンガーソングライターになりたい、という生涯で最後の夢を実現した。

 

 僕が、意識的になりたかった職業は、(1)教師(これは20年間英語塾の塾頭をやったので気が済んだ)、(2)新聞記者(今でも現役で30年近くやっている)、(3)小説家(一昨年、小説「さては南京玉すだれ」を文芸社から発刊した)。

 

 残っているのは、18、19歳のころからの夢であるシンガーソングライターだけになった。19歳の学生のころ、田舎からの仕送りが毎月4万円なのに、神田神保町の楽器屋でフォークギター「S yairi」を買った。

 当時は安価なチューナーが無く、ギターのチューニングは友人に頼んだ。恐れを知らなかった僕は、東京の情報誌「ぴあ」に乗っていたライブハウス「横浜放送局」に、買ったばかりのギターを、重いハードケースに入れて目指した。

 最初、NHKの横浜放送局に行ったが、ここではない、と言われ、ほぼ初めてだった横浜の繁華街を歩き回り、やっとのことでライブハウス「横浜放送局」にたどり着いた。ライブハウスに入ると、一方が小さなステージ、もう一方の端がマスターのいるカウンターで、その間に客席があった、ように記憶している。

 順番が来たので、中島みゆきの「時代」とそのほか1曲を力いっぱい熱唱した。演奏が終わって、マスターのところに行き「僕の演奏はどうでしたか」と臆面もなく聞くと「度胸だけはほめてあげる」と言われた。

 買いたてのギターの弦はすぐに伸びる。自分で調弦もできないど素人が、ギターの弦が伸びて音程があっていないギターを片手に歌ったのだから、それはそうだろう。

 

 月日がたち、山口県へUターンし、地元の商工会に入り、「大畠町ふるさとソングコンテスト」なるものを企画したことから、自分も「Come on together Oobatake」を作って応募したら、準グランプリに輝いた。

 

 そして、今年の春、沖縄三線のグループと周東町の丸田村という場所で、バーベキューをやったのが、きっかけで、またも長年眠っていたシンガーソングライター熱が復活したのだ。しかも、今回の楽器はフォークギターではなく、ウクレレであった。

 

 8月5日までにオリジナル曲を3曲新たに作り、これまで作っていた曲を合わせて、デビューすることにした。最初に、金魚ちょうちんをモチーフにした「風にゆらゆら」。そして「黄色い魔法のサングラス」、「百千万億那由侘の恋」、「Come on together Oh!

yanai」、「決してよそ見をしない奴」の5曲を歌うことができた。

 最初の「風にゆらゆら」を歌っていると、急に雨が降るアクシデントもあったが、なんとか最後まで歌い切った。これらの曲は、コンピューター音楽で伴奏を作ってもらい、僕が歌ったCDを出す予定にしている。

 

 ちなみに「大道芸人」、「市議会議員」、「陶芸家」などは、まったく夢にも見たことのない才能でありました。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 シンガーソングライターとしての名前をようやく決めることができた。

最初は、陶芸窯の名前の「楽助」にしていたが、いまひとつピンと来なかった。

「風にゆらゆら」という歌を作った時、ひらめいた。

 

 ずばり「G.・Fランターン」だ。

「Golden  Fish」。そう金魚です。それにちょうちんを「ランターン」と

ちょっと聞いただけでは分からないようにしました。

って、分かるよね。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 今年の夏、念願だったシンガーソングライターとしてデビューする。

8月5日(土)午後5時40分から、オリジナル曲4曲と、もう1曲、歌います。

 シンガーソングラーターになる夢は、19歳の大学生のころから夢見た。田舎からの仕送りが4万円の時、神田神保町の楽器屋で7万円のSyairiを購入した。友人が「高音がきれいだ」が根拠だった。

 それから、その買ったばかりのフォークギターを片手に、横浜の「横浜放送局」というライブハウスで、中島みゆきの歌を歌った

 終わった後、店長に感想を聴くと「度胸だけは褒めてあげる」という回答だった。買ったばかりのギターの弦は、すぐに伸びる。調弦の仕方も分からない素人が、ちょっと調子の狂ったギターで、大真面目に歌ったのだから仕方あるまい。

 

 それから長い年月が流れ、柳井市にUターンしてからは、旧大畠町のイメージソングコンテストで準グランプリを取った。曲名は「Come on together  Oobatake」だった。今年の春、島小の三線仲間とバーベキューをする機会があった。沖縄の三線がメインだが、中にはウクレレを持ってきた若者もいた。

 楽しいバーベキューが終わり、ふと思い出した。そういえば、女房とハワイ旅行に行ったとき、カマカのウクレレを買っていた。さっそく探し出して、かき鳴らすと、良い音だった。

 

 ギターも久しく弾いてなかったし、ウクレレだったらコードも簡単だし、と思い、いつものことながら突然「ウクレレを伴奏楽器にしてシンガーソングライターとしてデビューしよう」と思った。

 

 それから曲も何曲かオリジナルを作り、金魚ちょうちん祭りのプレイベントで、披露することになった。ウクレレもエレキウクレレを購入した。

 

 これで、僕が意識の上で目指していた仕事の夢がすべて叶うことになる。若いころから、学校の先生になりたい(英語塾を20年やって気が済んだ)、新聞記者になりたい(いまやっている)、小説家になりたい(一昨年出版した)、そして最後がシンガーソングラーターになりたい、である。

 でも、まったく思ってもいなかったのは、大道芸、市議会議員、画家、陶芸家などである。これらの才能は、まったく考えてもいなかったことばかりだ。

  19歳で創価学会に入会して41年。朝晩の勤行は1回も欠かしたことがなく、40歳からは毎日2時間半の唱題を今も続けている。それが信仰の力であることは、役者である自分が一番よくわかっている。

 

 これから、どんな才能が出てくるのか楽しみである。また、それが僕の今世での使命だと確信している昨今である。

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。