おじゅっさんの日々

高松市・真宗興正派大乗寺住職のブログ。
香川徳島をまたにかけて、何屋さんかわからないような
日々を奔走中!


テーマ:

落語家で僧侶の露の団姫さんと

ご主人の豊来家大治朗さんの


ステージと講演に行ってまいりました。!

 

 

私も仏法をいろんな方法で伝える

ということをしているため、

落語で仏法を伝える露の団姫さん

には前々から興味津々だったのです。照れ

それに落語ってお坊さんの説法が

その起源と言われてますからね。

 

 

その露の団姫さんの

 

仏教落語

 

三途の川あたりを舞台に

仏様や菩薩様が登場するお話しで

大いに笑わせていただきながら

勉強させてもらいました。爆  笑

 

 

普通のお説教も、やっぱり

クスリと笑うような場面をところ

どころに散りばめないと聞いてる

人も飽きてしまうし、笑いの

勉強も必要なのです。メモ

 

 

ご主人の豊来家大治朗さんの

太神楽も素晴らしかった。キラキラ

あのお染ブラザーズで有名なやつ。

これも和装で和風だし、お寺にも

マッチしそうな感じ。ウインク

 

 

音楽でも演芸でも芸術でも、

なんでも勉強になりますね。

そしてそれがヒントになって

また新しいものが生れてくる。ひらめき電球

おじゅっさんは日常の全てが

勉強です。ニコニコ

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

うちは私のお祖父さんの代から

お坊さんになって、大乗寺の前身

である庵に入ったわけですが、

 

もしも

お寺じゃなかったら

 

という話をNHKの人気番組

「ファミリーヒストリー」を見ながら

娘と話しておりました。ニコニコ

 

 

 

私のお祖父さんは農家の生まれで、

貧しかったからお寺に弟子入りした

と聞いております。

ということはお坊さんになって

なかったら小作人の農家というだいこん*

家柄でしょう。

 

 

父は、若い頃は大阪で脚本家を目指して

喜劇の世界で仕事をしておりました。演劇

お寺じゃなかったら、その世界で

ずっといたかもしれません。まいど

ということは、私は大阪で生まれて

育っていたことでしょう。

 

 

そうなると、もしかしたら私も役者では

なくとも舞台や映画の世界に身を置いて

いたかもしれません。カチンコ

いえいえ、よく考えてみると私は

 

末っ子の長男

 

つまり、お寺を継ぐために

生まれてきた子なのです。赤ちゃん 2

 

 

 

お祖父さんがお寺に入ってなかったら

そもそも私は生まれてきていないでしょうね。

それに父も、「あのまま芸能界にいたら

体を壊して早死にしていた」と生前

よく言っていました。

 

 

 

世の中に「もしも」はないという通り、

ご先祖さまからの事実がつながってきた

からこそ今の私あるんですよね。ウインク

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

お友だちが久々に遊びに来て、

お正月休みに言っていた旅行の

お土産とともに

土産話もたくさん聞かせて

くれました。音譜

 

 

海外旅行に行くと

 

日本のスゴさビックリマーク

 

がよくわかるそうです。

こんなに安全で親切で便利な

国はなかなかないと。

 

 

 

しかし、それが本当に良いことか

どうなのかはてなマーク

というのもイタリアでは深夜まで

開いてるのは一部のバーとかだけ。ロゼワイン

コンビニもないし、ある程度の

時間でみんな閉店しちゃう。

 

 

 

じゃぁ困るのかというと、それが

当たり前のことだから世の中が

それで成り立ってる。ニコ

また、有名高級ブランドのお店でも

開店時間に開店準備し始めてたり、ホウキ

閉店時間にはお店の人もお仕事終了。

 

 

日本ならお客様へのホスピタリティー

が重視されてるけど、イタリアでは

働いてる人の権利というか休養も

重視されているようですね。

それはそれでいいんじゃないでしょうか?ぶー

 

 

ここ最近日本でも、24時間営業を

止める店舗が出てきたり、

長時間労働が問題視されたりしてます。

便利すぎる世の中を知ってるからこそ

 

不便になったえー?

 

と感じるだろうけど、世の中が

成り立たないということはないはず。

 

 

 

今の日本は便利だけどその陰で

幸せを感じられない人も多いことでしょう。

もし、もっと不便な世の中になったら

逆に幸せを感じられる人も出てくるかも

しれません。

ここ数日テレビや新聞でも同じような

話題を耳にしてたので、

実に考えさせられるお話でした。真顔

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

お正月2日恒例となりました

家内のお寺延寿寺での

 

報恩講

 

元々1月2日の午前は年始の

挨拶にくる檀家さんでごったがえしてアセアセ

いたので、何年か前からそこで

報恩講を勤めるようになりました。

 

 

 

今日の報恩講も本堂がいっぱいに

なるほどお参りいただきまして、

先日の高松大乗寺同様

仏教エンターテイメントショーカラオケ

 

をさせていただきました。

 

 

同じといっても、我々も学習します。

回を重ねるごとに反省と推敲を

くりかえして、少しずつレベルアップ

していっているつもり。ニコ
これからもコンテンツを増やさないと

いけませんね。

 

 

終了後に、ある檀家さんから

「これからはお寺もこうしてわかり

やすく伝えていかないとダメ。

自分たちのやってることに誇りを持って、

どんどん進出していきなさい。」OK

というお言葉もいただきました。おねがい

 

 

写真だけではなかなかどんな

ものか伝わりませんが、

歌あり、法話あり、仏教豆知識、

仏具体験あり、笑いと感動の

仏教エンターテイメントショー!

お呼びがあれば参上いたしますよ。

どうぞ本年もよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

明けましておめでとうございます。

新年最初の言葉はこちら。

充実した

   時間は

充実した

  瞬間の

   積み重ね。

 

 

文学なんかで

 

刹那

 

という言葉が使われますよね。

刹那は仏教での時間の最小単位。

ほんの一瞬よりもさらに一瞬。

 

 

常に変わり続ける無常の世の中は

その刹那の積み重ねで成り立っています。

一年は一日一日の積み重ね。

その一日は一秒一秒の積み重ね。

一秒は一刹那一刹那の積み重ね。

 

 

充実した一年にするためには

一瞬一瞬を充実したものにしないと

いけませんね。

今年も「この一瞬」を大切に充実した

一年にしたいと思います。

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

まもなく、2016年も終わろうと

しております。

毎年のことだけど、今年もなんか

走り続けた一年だったなぁ。

別にそうしたいわけではないのにね。

 

 

とにもかくにも今年は

 

椎間板ヘルニア

 

が一番の出来事。

厄年の今年、春先から足に

坐骨神経痛がでてきて、

夏には入院・手術となったのでした。

 

 

7月8月はこの入院と自宅療養

でしたので、暑かったというこの夏、

私はその暑さをあまり知らないのです。

冷房直撃のベッドの上で、日々

寒さに耐えていたのです。

 

 

もう一つはこれまでの音楽法話、

声明ライブをまとめたような

 

仏教エンターテイメントショー

 

を家内とはじめたこと。

これも思いがけない依頼から

できあがったものです。

 

 

 

同じく今年始めた

 

ゆる~く話す会

 

もお坊さんやお寺というものに

気軽に身近に接してもらおうと

いうもの。

両方とも実に喜ばれました。

 

 

 

さてさて、来年はどんなことが

起こるやら。

思いがけない出遇いや、そこから

広がる活動は大歓迎ですが、

とにもかくにも健康に過ごせる

年ではあって欲しいですね。

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

最近、私は

 

イスラームモスク

 

に興味があります。

というと「危険人物?!」と思う方も

いるかもしれません。ガーン

 

 

そういう偏見や誤った見方を正し、

イスラームやムスリムを知ってもらおう

というイベントが開催されている

徳島のモスクに行ってきました!

 

 

私たち見学者はそのまま入らして

もらえたけどムスリムの皆さんは

まず手足を洗い、口をすすぎ、

裸足で中に入るみたいです。

そのための場所が入口にある。

神社仏閣の手水と一緒ですね。手洗い

 

 

中に入った人はそれぞれ、

作法をしてから座るみたい。

そして、今日の代表者らしき人が

 

アラブ風声明?

 

みたいなのをあげてました。

これが何とも心地いいのだ。照れ

 

 

そして住職にあたる人の法話。

今日は私たち見学者もいるので

イスラームの概要を話してくれてる

ようだけど、オール英語。あせる

 

 

とにかく強調されていたのは

イスラームは平和のメッセージで、ドキドキ

一人の人を殺すことは、人類を

殺すことだとクルアーンにも

書かれてあるということ。本

イスラーム=テロという風潮が

世の中にありますもんね。

 

 

この住職らしき人のアラブ風声明も

これまた心地よいのです。

それにこたえるようにみんなが

ポーズをとって何やらブツブツ唱えてる。

まるで、合掌して念仏唱えてるみたい。お参り

 

 

 

最後におなじみのイスラームの

礼拝があって、終了。

日本に働きに来てる若者も

こうしてちゃんと礼拝に来てるって

感心なことですよね。ニコニコ

 

 

外ではトルコ、エジプト、バングラデシュ、

インドネシアなどのお料理や

日本のハラール認定食品も

出店していて賑わっていました。

ほんとイスラーム圏の人や文化と

接する場ってほとんどないですもんね。えー

だからこそ偏見も生まれてきます。

実にいいイベントだと思います。OK

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

香川県東部での報恩講のお斎(食事)

といえば大根や人参、揚げの入った

しっぽくそばが定番。

 

 

香川県西部のお寺の報恩講では


ご飯に和え物、煮物、汁物といった

本膳料理が主流のようです。ニコニコ

 

 

いずれも

 

精進料理

 

となっているわけですが、

精進料理=質素な食事という

わけではなく、これらは昔の人に

とって特別な御馳走です。キラキラ

 

 

うどんやそばもオール手作りの

時代においては、ものすごく

手間のかかるお料理です。アセアセ

そして、砂糖たっぷりの煮物や

どんぶりいっぱいの白米は

あこがれの食べ物だったことでしょう。ラブ

 

 

肉や魚は使わず、野菜と大豆製品

だけで作れらているけど、

お汁だってものすごく味が深い。

野菜の下ゆで汁も棄てずに出汁

として使っているんでしょう。だいこんニンジン*

食材を無駄にしないのも精進料理です。

 

 

うどん、ばら寿司、砂糖を使った煮物

などお寺や仏事で食べる食事も

今の時代では当たり前にあるもの。

そして、太るからと敬遠されそうなもの

ですが、そりゃ御馳走を日常的に

食べてたら太りますわね。ほっこり

行事の多いシーズン、精進料理と

言えどもお坊さんは要注意なのです。注意

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

吉本新喜劇の島木譲二さんが

亡くなられたとのこと。

ん~、最近舞台やTVに出てなかった

とは言えども淋しいなぁ。ぐすん

私にとって思い出の人なんです。

 

 

 

もう10年も前になりますが、

吉本新喜劇の地方公演で


なんと共演させていただきました。

 

 

 

私もあの

 

パチパチパンチ

 

を舞台上で体験して

プロのすごさを思い知らされたのです。


 

舞台袖では舞台上以上に怖い雰囲気。

でもとてつもなく優しい人で、

禁止されていたにも関わらず、

舞台袖でツーショット写真を

 

早よ撮れ。早よ撮れ!

 

とスタッフの制止を振り切りながら

撮ってくれたのです。

 

 

そしてこれまたニコリともせずに

名前を聞かれたかと思うと

後でサイン入りの灰皿をくれました。

 

 

他の新喜劇メンバーもTVなどで

よく言っているけど、本当に

ファンサービスのいい方でした。

私の人生の中での大きな思い出、

さらに過去の思い出になってしまった

という気がします。

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

今日は大乗寺の一年で一番大きな

行事、親鸞聖人の命日法要の

報恩講

 

でした。

 

 

朝の座は住職と坊守による

 

仏教エンターテイメントショールンルン

 

歌に法話、仏具に触れる体験や

お坊さんが教える腹式呼吸など

楽しく仏教に触れる時間を過ごして

いただきました。ニコニコ

 

 

午後は午後で雅楽や鳴り物の

入り混じったにぎにぎしい法要と

なりました。音譜
法要で詠む声明も一つの音楽です。

そう考えるとお坊さんはみな

 

ミュージシャンカラオケ

 

とも言えますね。

 

 

 

今日一日の報恩講はまさに

音楽あふれる空間となりました。

おじゅっさんも参拝者も大勢の方が

お忙しい中足を運んでくださって、

またお昼のしっぽくそばを作ってくれた

みなさんなど、大勢の方に支えられて

今年も勤修することができました。

ありがとうございました。

本当にありがたい限りです。お参り

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。