元公証役場事務職員が養育費、慰謝料、借用書、示談書、和解、債務弁済など契約書に関するの悩みにお答えします

女性や弱い立場の人を守ります。養育費、借用書、示談書、慰謝料、和解、債務弁済についてお話します。


テーマ:
子どもの親権は、まずは夫婦で話し合って決めます。



離婚届に子どもの親権者を記載する必要がありますので、離婚する前に決めておきます。



夫婦間で合意できなければ、家庭裁判所の力をかりることにもなります。



その際の目安がある以下の通りだと言われているようです。



・胎児
原則母親

・10歳未満
原則母親

・10歳から15歳
現在の子どもの生活環境、監護状況、また子どもの意思も尊重されるようです。

・15歳以上
子どもの意見、意思が尊重されるようです。



離婚話の言い争いなどは、なるべく子どもには見せないようにしないとですね。



子ども見ていて辛いでしょうから。



では、今日もよろしくお願い致します。



AD
 |  リブログ(0)

契約書に関する悩み、不安についてお答えしますさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。