まず最初に、次の質問に答えてください。

 

 「あなたは投資で、どのくらい増やしたいですか?」

 

 ちょっと、考えてみてください。

 

 この質問を多くの方にしてきましたが、ほとんどの方は

「増えれば増えるほど良い」といった答えをなさりました。

 

 実はここに、投資・資産運用の失敗の根本的な問題があ

るのです。

 

 というのは、増えれば増えるだけ増やしたいということ

は、リスクを無限に取るということを意味し、その方のリ

スク許容度を超えてしまうだけでなく、全ての財産を失う

ことになりかねないからです。特にバブル発生時には、こ

のような投機行動に走る人が沢山おり、バブル崩壊と共に

破産者が続出するのです。

 

 例えば、最初は少額投資してうまいこと上昇して、相場

が過熱してどんどん上がるという妄想して、次は大金を投

じてしまう。しかし、そこが相場の頂点で、しかもバブル

が発生している場合、暴落し、元金の8割を失うというよ

うな憂き目を見ることが多々あります。

 

まずは、ライフデザインから

 

 では、投資において最初に考えなければならないこと

は、何でしょうか?

 

それは、自分が「どれだけの資産をどれだけの期間で

造りたいか」、というゴールを明確にすることなので

す。そのゴールは何となく欲しい金額といった漠然と

した金額ではなく、あなたの夢、ライフデザインを実

現するために必要な金額であって欲しいと思います。

 

 必要以上のゴールを設定すると、前述したように、リ

スクを過大にとることになってしまうからです。

 

 ですから、まず、「あなたがどう生きたいのか」とい

うことを考えることが、投資の第一歩と言っても過言で

はないのです。

 

投資は、いうなれば人生哲学なのです。

 

こうした考え方をしっかり持つことによって、経済や

相場にどんな異変があっても動じない‘こころ’が出

来上がるのです。じっくり時間をかけて、あなたの人

生を考えてみてください。

 

 私のモットーは、

 

「楽しく、自由に生きて、豊かになる。そして、その和を拡げていく」

 

というもので、そうした自由人ライフを目指し、こうし

て海外で実践しております。

 

 さて次に、その夢やライフデザインを実現するために

必要な資金の金額を考えてみましょう。もちろん大雑把

な金額で構いませんが、大台くらいはしっかりとした金

額を計算してみましょう。

 

 FPや生保のライフプランナーの方などが良く使うキ

ャッシュフロー表を作成してみるのも良いですね(^_^)

 

 この金額を達成するために、今ある資産、及び将来入

ってくるキャッシュフローを何パーセントで運用したら

良いかを計算します。

 

 ここで重要なことは、その利回りがあなたにとって、

妥当な利回りであるかどうかが重要です。もし、年率

30%で30年間運用できなければ達成できないとい

うことであれば、目標設定を変える必要があります。

 

なぜならば、あの世界一の投資家と言われているウ

ォーレン・バフェットですら、年率20%で運用す

るのがやっとなのですから、年率20%以上で長期

に渡って運用できるという仮定は現実的ではないからです。

 

AD