人気ブログランキングへ

2011年08月22日

SUPERGT Rd.5 SUZUKA ポッカGT サマースペシャル 予選

テーマ:SuperGT
今年も真夏の鈴鹿決戦が開催されました

とは言っても年々短くなってきた夏の鈴鹿。伝統のSUZUKA1000キロも今年は500キロ。

今年は震災の影響で節電のため、スプリントレースが中心で行われてきたSUPERGT。

この鈴鹿以降の3戦はすべて250キロのスプリントレース。ということでこの鈴鹿が今シーズン最長

のレースとなります。



それでまずは公式練習から予選までを振りかえってみましょう

   ・スーパーGT第5戦鈴鹿 公式練習結果表

   ・スーパーGT第5戦鈴鹿:予選Q1はウイダーがトップに

   ・スーパーGT第5戦鈴鹿 予選Q1結果表

土曜日の路面コンディションはQ1までがドライ、Q2以降は雨のセッションとなりました。

公式予選では今季絶好調のミシュラン勢を抑えてBSタイヤのZENTセルモSCがトップタイム。

5番手タイムには、DステーションキーパーSC。ここにきてようやく実力を発揮できたかという感

じ。決勝での活躍を予感させました。

この練習の段階で気になったのは、前回3位表彰台を手に入れたEPSONとKONDOレエーシン

グ。他の車と相対的に見てちょっとタイムが出せてなかったのが残念でした。

GT300は、なんとサンダーアジアがトップタイム。このサンダーアジアには今回サードドライバー

に前回メルビン・チューの代役で出場した横溝直樹が登場。好調ながらも前回でリタイヤを喫してしま

ったR&Dレガシーが2番手タイム。3番手にははZ4がつけた。

そして予選Q1へ… 

運命のノックダウン1発目は公式練習から大きな変動はなく、ARTAとウェッズスポーツ、そして公

式練習のときから振るわなかったエプソンとKONDOがQ1敗退となった。

300クラスはエヴァンゲリオン弐号機DIRECTIONとサンダーアジアが基準タイムをクリアで

きずにQ1落ち。サンダーアジアはトラブルで止まってしまい、せっかくポールを取れそうな仕上がり

を見せていただけにQ1敗退が悔やまれました。

   ・サンダーアジアとエヴァ弐号機がDNQに

そのおかげで繰り上がった2台、ガライヤとtriple a VantageがQ2進出となった。

トップ通過は今度こそ勝ちたい紫電。2番手には、予選で出来るだけ前を取っておきたいZ4.

そしてJLOCのマシン3台ともがトップ10に入った。

タイヤの特性が現れた雨のQ2

雨が次第に強くなっていく予選Q2。先におこなわれたGT300では、ドライでひどいオーバーステ

アに悩まされていたARTAガライヤが唯一の2分20秒台トップ通過。本来ならQ1落ちだったはず

のガライヤはまさに水を得た魚。300クラスで唯一のブリヂストンのレインタイヤの特性が良く現れ

たアタックだった。

GT500のQ2は、なんとQ2にに進んだ5台のSCのうち4台がここで脱落。公式練習でトップタ

イムを出したZENTも雨には対応しきれなかった様子。唯一Q3に残ったのはやはりミシュランタイ

ヤを履くデンソーSC。Sちなみにデンソーはトップ通過。Q2はセッション終了間際に雨が弱まって

きたため走行車両のタイムどんどん上がっていきました。ロードは6位タイムでしたが、セッション

タイム一杯使わず途中でアタックを止めたため実力のタイムではなさそうでした。

思わぬミスが続出のデグナー、手に汗握るアタック合戦のQ3

Q3は最終予選にふさわしい、面白い展開になりました。GT300のマシンがアッタクを開始すると

きには雨がさらに強くなっていた模様。セッション中盤で86号車のJLOCランボールギーニがデグ

ナー1つ目の入り口でオーバーラン。左リアのカウルが破損するも途中で落ちたためオレンジボールは

出ず続行。その後にはレガシーがシケインでオーバーラン。こちらも止まりきれずオーバーラン2輪用

のシケインからコースに戻り事なきを得る。強い雨の路面がいかに難しいかが分かるシーンでした。

結局Q3もガライヤが抜群の安定感見せて2戦連続ポールポジション。松浦はQ2の高木のタイムを約

0.3秒上回る仕事をした。Q2位のレガシーはハンコックにタイムを上回られ3番グリッドが確定した。


そして始まったGT500のQ3。途中、ミシュランタイヤ同士のデンソーとSロードが接近。Sロー

ドが前を走っていたデンソーに追いつく形になり、ホームストレートでデンソーを抜いていった。抜か

れた井口はどちらかというと前に出させた感じでした。走りやすいようにSロードと車間距離をとって

前をクリアにしないといけなかったので1周分損した感じになりましたね。井口に言わせれば迷惑な1

シーンでした。雨の予選なので特に他車と距離は気をつけないといけません。

500クラスのマシンもリアがよく滑っているようで、こっちのほうもウィダーHSVがランボールギ

ニがオーバーランしたデグナー入り口でスピンしながらコースオフ。そしてセッション終了タイムぎり

ぎりコントロールラインを通過して快心のラストラップを走っていたレイブリッグの伊沢も、このデグ

ナー入り口で大胆にスピン。ウォールに激突してフロントカウルが全部剥げ落ちてしまった。レイブリ

ッグはこのラップで全車中のベストのセクタータイムを出していたために、このクラッシュは惜しいも

んでした。ちなみに先にスピンしたウィダーはコースに戻ったあと自己ベストを更新。最終ラップに3

番手タイムを出して3番グリッドを獲得した。確かにスピンするマシンは多く見られましたが、雨はセ

ッション終盤には止んだため、ラスト2~1ラップでは壮絶なタイム争いが見れました。

         ・スーパーGT第5戦鈴鹿 公式予選結果表

         ・S Road&Garaiya、雨を味方に2戦連続のPP獲得!



オートスポーツ 2011年 8/25号 [雑誌]/著者不明

¥520
Amazon.co.jp

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011年08月16日

スーパーGTニュース 

テーマ:SuperGT

 鈴鹿前ということで最近のSGTニュースについて書いていこうと思います
 

       「8月末のもてぎタイヤテストに15台が参加へ」

GT500ではヨコハマタイヤ勢とミシュランタイヤ勢が両陣営とも2台体制でテストに臨むようで

す。なかなか気合が入っているようですし、やはり今後の活躍が期待できますね。

300クラスはすべてヨコハマ勢。今後増える可能性もありますが、今のところエントリーしているマ

シンは前回と同じ面子のようです。JLOCは2台体制は複数エントリーの強みを活かせるか。

   
      「スーパーGT第5戦鈴鹿は2ピット義務づけ」 

伝統の鈴鹿1000キロもいろいろあって今年は半分の500キロ。夏の500キロというデータが無

いだけに予想がし辛い展開になりそうです。去年はというと、ここ鈴鹿で登場したルーキーの小林崇が

衝撃のポールポジション獲得で、そのままARTAのポールトゥウィン。今年はレギュラードライバー

としてのレースだけに期待がさらに高まります。


     「GT第5戦鈴鹿のエントリー発表 GT300に動き」

鈴鹿ではART TASTE GT3Rが今季初登場。ハルヒ号はカラーリングが変わるのだとか。


     「スーパーGT、2012年のカレンダーを発表」 

自分としては来年もオートポリスで開催があるのは嬉しいのですが、来年は受験やらで忙しくなるので

行けるか分かりません。でもひとまず安心しました。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011年08月16日

F1 Rd.11 ハンガリーGP

テーマ:F1
こちらもだいぶ前の話になりなしたが書いておくことにします。

もう今回の主役はジェンソン・バトン。彼に尽きるでしょう。なんでここまで雨にめっぽう強いのか。

それともなにか不思議な力でもかかっているというのか。という風に疑いたくなるほどに強い。

それもまた彼の良い所としておくべきでしょうね。

本人曰く、「たまにはドライで勝たせてくれよ」というようなことを言ってましたが、実際にこのハン

ガリーではレースペースは良く、ヴェッテルを抜いてトップに立ったハミルトンを射程県内に納めてい

ました。結局このハミルトンは「自滅」する形で4位フィニッシュ。単独スピンとタイヤ交換ミスによ

って歯車が大きく狂ってしまった。

そして、あまり話題にならないのですがトロロッソがダブル入賞。ということでシーズン後半、フォー

スインディアと並んでザウバーの手強い相手となりそうです。来期のトロロッソのシートの1つはダニ

エル・リチャルドが有力視されおり、ドライバーシートがかかっているという意味でこの二人は全力で

襲い掛かってくるでしょう。


F1 (エフワン) 速報 2011年 9/1号 [雑誌]/著者不明

¥550
Amazon.co.jp

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011年08月13日

SUPERGT Rd.4 SUGO   予選&決勝

テーマ:SuperGT
スーパーGTも前半4戦がすべて終了し折り返し地点にやってきました。

前回の更新からだいぶ間が空いて、第4戦が終わって2週間が経ちましたが細かいことは気にせず書い

ていこうと思います。

まずは予選から振り返ってみましょう。

    ・スーパーGT第4戦SUGO:予選総合結果

    ・ミシュラン強し! S Road GT-RがGT500で初PP獲得   

第4戦の舞台SUGOは宮城県にあります。そして今年は東北の被災者のために500人をGTアソシ

エイションが特別にSUGOに招待。震災からの復興という意味でも重要な役割を果たしました。

今回の予選方式はスーパーラップ方式でした。予選1回目は、フリー走行のときに降っていた雨が止ん

でドライコンディションとなりました。しかし天気はいつ変わるか分からない微妙な状態。案の定、雨

が降りだし、ランボールギーニとサンダーアジアが亀の子に。2回の赤旗が出ました。この赤旗に翻弄

された500勢は、ウィダー、モチュールの2台のワークスマシンがSL進出ならず。予選1回目で、

今シーズンの富士とセパンの勝者が脱落しました。


そして、迎えたSLは時間通りに実施。しかし相変わらずの雨というこれまた難しいコンディション。

300クラスのスーパーラップで3番目に登場したZENTポルシェが痛恨のスピン。これによりZE

NTポルシェはレギュレーションによって10番グリッドになってしまう。

ポールは今シーズン初獲得で300唯一のBSタイヤを履くガライヤが獲得。2番手にはこれまた驚異

的タイムとウエイトを持った458がつき、3番手にはここまで結果が残せていないSGチャンギIS

350がつけた。


続いて500クラスのスーパーラップ。最初に登場したのはクラフトSC430。今シーズン、なかな

かうまくいっていないだけに上位グリッドを獲得してほしかったのですが結果は8番手となりました。

このときにはかなりの雨量があったので、あとからアタックするドライバーほどきつそうな印象を受け

ました。ZENTセルモSC430はハイドロに乗ってスピン。しかしコースオフは免れたので、後に

4輪脱輪の判定が下ったカルソニックが10番手(レギュレーションによりSL進出車両の最後尾につ

かないといけないので)となり、ZENTは9番手となった。そして、驚くべきことにミシュランタイ

ヤユーザーがワンツー。PPがSロードモーラGT-R、2番手にデンソーSC430がつけた。その

後ろの3,4番手はヨコハマ、ダンロップという構図になり、上位にBS勢がいないという状況に。


DAICEなモータースポーツ日記-Sロード菅生

決勝は前日の予選とは違い、曇っていながらも雨は降らない空模様でした。しかし依然として気温は低

くタイヤにどうやって熱を入れるかがポイントになりそうでしたね。

セーフティーカーがピットに入り決勝レースがスタート、GT500はSロードを操るロニーがいきな

り2位以下を大きく引き離す。300クラスは2番手スタートだった458が4周目までに6位にダウ

ン。やはりウエイトの影響が出てきたのでしょう。こんなに積んで上位を悠々と走られたら何のための

ウエイトなのかという感じになりますからね。6周目には今回メルビン・チューに変わって横溝直樹が

ドライブしていたモスラー・サンダーアジアがトラブルによってリタイヤしました。

そのころGT500では中団グループのトップ走っていたペトロナスがコースオフ。コースに戻ったと

きには後続にズルズルと抜かれていきました。ロッテラー得意のロケットスタートの勢いでレイブリッ 

クをかわして5位にあがったペトロナスだったがこれでカルソニックの後ろまで順位を下げてしまう。

8周目の300クラスのトップ争いはSGチャンギに軍配。スタートからの攻防を制した。この周のラ

ストコーナーでハンコックポルシェがコースオフ。スピンしながらコースに戻ってきたときには、あわ

や500クラスのマシンとクラッシュという危険な状態でした。そして、ちょうどこのときのホームス

トレートでレガシーがガライヤをオーバーテイクし、同じこの周にはガライヤはZ4にもかわされてし

まいました。この時点でガライヤは4番手。16周目ぐらいから500クラスは各ポジション争いが画

激化2位争い、5位争いが激しくなった。そして20周目、コースオフして戻ってきたウィダーHSV

とカルソニックが接触。ウィダーはこの後ピット作業を終えてアウトしたときにピットロードでスポン

ジバリアに当たって身動きが取れなくなり、マーシャルに助けられピットアウト。このとき受けたダメ

ージでやむなくリタイヤ。とばっちりを受けたカルソニックの方は300のZ4とも接触してしまう始

末となった。松田選手いわく、「仕切りなおしが必要」とやはり厳しいコメント。


25周目にレースは大きく動く。早めのピット作業を終えたガライヤとカローラがピットロードで交し

かけるほど接近。ガライヤはピットロードからの立ち上がりが悪く、カローラに抜かれた。カローラの

国本はそのチャンスを見逃さなかった。そしてこの間に2位を走っていたレガシーがコースオフしてス

ピンこのとき激しくフロアを打ちつけてリタイヤ。翌周にはRQ'sヴィーマックもリタイヤ。


レースはこのまま終盤に入り、GT500クラスは2番手、5番手争いが激化。2位争いは道上のプッ

シュから逃げ切り堂々の2位表彰台。5位争いはタイヤの寿命的にも厳しかったレイブリックがエネオ

スに負け、エネオスに軍配。レイブリック6いフィニッシュだったがエネオスとのバトルで接触したた

めレース後に30秒のペナルティが加算され、最終的に7位という結果になった。



500クラスの表彰台は1位Sロード、2位デンソー、3位エプソン。予選に続きミシュランのワンツ

ーという驚くべき結果に。Sロードの柳田選手いわく「勝つ時ってこんなもんなんですね」と面白い発

言しているように、SUGOでのSロードの速さはまさに「異次元」でした。エプソンは本当に久しぶ

りの表彰台。道上選手の表彰台に登った姿もまた久しくも見ることが出来ました。なかなか表彰台に登

らないチームのポディウムが見れて良かったと思いましたね。

300クラスはSGチャンギが最後まで逃げ切り、初優勝。2位にはカローラアクシオ。3位はガライ

ヤとなりました。ガライヤはレガシーのリタイヤと、初音ミクZ4のカルソニックとの接触による後退

によって、なんとか3位でチェッカー受けることが出来た。


     ・S Road GT-R完勝! 独走でGT500初勝利を飾る

     ・スーパーGT第4戦SUGO:決勝結果

今後もSロードの快進撃が予想されますが、今回5位フィニッシュしているエネオスも侮れないと思い

ます。現在レクサス最上位。GT-R優位で進んでいる今シーズン、もしSCが反撃が来るとすればエ

ネオスが筆頭となるでしょう。去年の苦い経験もあるので後半戦には是非とも期待したいです。

     ・伊藤「今回のレースは後半戦に向け良い材料」



オートスポーツ 2011年 8/11号 [雑誌]/著者不明

¥480
Amazon.co.jp


オートスポーツ 2011年 8/25号 [雑誌]/著者不明

¥520
Amazon.co.jp

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011年08月04日

2008 SuperGT 開幕戦 鈴鹿 GT300

テーマ:プレイバックレース
前回に引き続きGT300のほうもプレイバック。



ポールポジションを取ったのはプリヴェKENZOアセット・紫電。二番手にORC雨宮RX-7。3番手

にはユンケルポルシェがつけた。レースは序盤、5番手スタートのモーラレオパレスZがガライヤをオ

ーバーテイク。このままの勢いで3番手のユンケルポルシェを抜きにかかるがストーレートでは離され

しまう。




レースは7周目、ホームストレートでライトニングマックイーンMR-Sがウェッズスポーツセリカを

オーバーテイク。MR-Sのドライバーは平手晃平。平手はトヨタ三銃士の一人。三銃士とは特に国外

での評価が高い三人組のことで、平手晃平、中嶋一貴、そして現在F1ドライバーで活躍している小林

可夢偉である。

11番手スタートだった平手はセリカを抜いた後、9位のガヤルドにシケインでオーバーテイクを仕掛

けるが勢い余ってオーバーラン。そのままスピン。一気に順位下げてしまう。しかし徐々に順位を上

げ、再びガヤルドに仕掛けたところで、今度はガヤルドの右リアに接触。このままガヤルドはリタイ

ア。MRーSはこれが原因でピットスルーペナルティ。接触したときの無線で平手は「ちょっとぶつか

りました」とか言ってましたが、なかなか強烈にヒットしてますよね。やはり若手ドライバーというの

はあまり悪いところを気づかれたくないというのもあるんでしょうね。このシーズン後半を見れば分か

ると思いますが、ARTAの伊沢もなかなかのものでした。




そしてトップ争いは残り10周のところで決着。RX-7の折目がシケインで紫電をオーバーテイク。

終盤は3番手争いが注目されたが、結局覆らず。途中まで4位を走っていたモーラZはラジエーターの

トラブルでリタイア。

最終的な順位は、1位紫電、2位RX-7、3位ポルシェとなった。



この年の前年シーズンのRX-7はメインスポンサーのマツモトキヨシが撤退し、資金難に陥りアップ

デートのない戦闘力の低いマシンで苦戦を強いられました。ポイントランキングは14位。

しかし、2008年は小倉クラッチ(車名のORCとは小倉クラッチという意味)がつき、速さの復活

が期待されていただけに開幕戦の勝利はとても印象的なものでした。マシンも前年までのイエローか

ら、シルバーに変更されました。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。