DaIARY OF A MADMAN

毎日、ROCKを聴きながらプロレスと格闘技のことばかり考えています。


テーマ:

 

さて、4・8両国国技館大会での実現が正式に決まった。

 

 

IWGPヘビー級選手権。

 

「オカダ・カズチカ vs 柴田勝頼」

 

 

正直に言って、勝敗よりも大事なことがある。

 

 

ナメた口を利く“若造” に落とし前をつけることの方が大事なのだ。

 

 

ニュー・ジャパン・カップ(NJC)に優勝した柴田は、珍しく試合後にリング上でマイクを持ち、試合後の会見でもいつに無く饒舌だった。

 

 

>約束だねえ! 3年か4年前に、大阪だったかな? 『誰でも目の前に立てば挑戦できるようなベルトじゃない』と。そりゃあ、そうかもしれないよね。ここに来るまでに3,4年かかったってことだよ

>言われたとおり、約束は守った。俺は。時間、かかっちゃったけど。そしてオカダもIWGP、いま保持してる。条件は……整った! 3,4年越しの約束だよ

>(欲しいのは)“オカダの持つ”IWGPヘビーだね!

>新日本プロレスとの勝負、まだ終わっちゃいねーんだ、俺にとっては。

 

 

本来はおしゃべりなのだが、「まだ自分には発言権はない」と考え、必要以上の(質問されていない)ことは口にしなかったのであろう。

 

ようやく。

ようやく、その「発言権」を得たことで、溜まっていたものが全て吐き出た格好だ。

 

「約束」などと、キレイな言葉を使っているが、そんなわけはない。「落とし前」である。

 

 

なので、柴田ファンもそろそろ言わせてもらおうか。

 

“ナンバーワン・シバティスト” たる駒沢さんを差し置いて言うのもなんだが、どうしても1つだけ言わせてもらいたい。

 

オカダよ。

 

「誰でも目の前に立てば挑戦できるような、そんなに甘いベルトじゃない」と言ったな?

 

では聞く。

 

 

IWGPとは、目の前に立つ度胸も、一歩踏み出る勇気もない奴が挑戦できるほど甘っちょろいベルトなのか!!

 

 

新日本プロレスの“最高峰” は実績を出した(ノルマをこなした)からと「順番」に挑戦できるものだと言うのか?

 

 

他団体ならイザ知らず、新日本の場合はそうじゃないだろう。

自らの力で奪い取るもんのはずだ!

 

 

目の前にも立てないような奴の挑戦を退けたところで、何になる? そういうのを「予定調和」と言うんだよ。

 

 

柴田はこうも言った。

 

 

>いまの新日本プロレス、素晴らしいよ。とてつもなく素晴らしいよ?

>だけど! 大切なことを、忘れているよ。

>いつ何時、誰の挑戦でも受ける、一番大事な、一番根本、忘れていやしないかい? と。俺はそこを問いたい。

 

「いつ何時、誰の挑戦でも受ける」ことが全面的に正しいとは言わない。それなりに手順も実績も必要だろう。しかし、「目の前に立てば誰でも」というのは、何人も立った時に初めて口にする言葉ではないのか?


覚悟を持って目の前に立った漢を蔑ろにして、チャンピオンが挑戦者を選んでんじゃねえよ!!

 

 

 

>だから、言われたとおり、トーナメント優勝して、挑戦権を得た。文句ねーだろ。文句ねーだろ! ああ?

 

 

柴田の本音がビンビン伝わってくる。

 

もう文句は言わせない。

 

 

確かに今のオカダは強い。

甘さも無くなり、エースの自覚も出てきた。

 

 

だけど、柴田の4年間の「溜め」もバカにはできないぜ!



ちょっと冷静さを欠いてしまったが、私はオカダ・カズチカを認めている。素晴らしいプロレスラーだと思う。


ただ、あの時の“落とし前” だけは付けてもらわなければ 気が済まない。

 

溜まりに溜まったものは、 柴田勝頼に関わったもの全てにあるはずだ。


いざ、両国!








プロレス ブログランキングへ

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(1)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。