『田園に死す』初日です!2日はもう売り切れです。当日券あります。ご予約はこちら↓
http://www.quartet-online.net/ticket/denen2014?m=0acjjjf
前日まで予約できます。
公演の詳細はこちら↓
http://ameblo.jp/dai2rou/entry-11764466757.html


AD

プロジェクションマッピング

テーマ:
『田園に死す』今度の金曜日が初日です。
本当に面白いので是非観に来てください。

ご予約はこちら↓
http://www.quartet-online.net/ticket/denen2014?m=0acjjjf
前日まで予約できます。

公演の詳細はこちら↓
http://ameblo.jp/dai2rou/entry-11764466757.html


最近、プロジェクションマッピングが流行っていて、
舞台でも使われていますが、
天野さんは、流行る前からやってました。

まあそれはどうでもいいんですが。

寺山さんのお芝居で今も繰り返し上演されているお芝居の中に、
『身毒丸』があります。
しんとくまる、と読みます。
昔のお話の俊徳丸を元にしたお芝居で、
武田真二さん、藤原竜也さんと白石加代子さん主演で蜷川さん演出のお芝居が有名です。

今回の『田園に死す』にも、『身毒丸』のモチーフが使われています。

『身毒丸』は、こんな話です。

『少年しんとくは、幼いころに母を亡くし、今もその面影を忘れられない。
しかし世間体を気にする父親によって、ある日異形の旅芸人たちが開く「母を売る店」で新しい母親・撫子を買い求める。

しかし新しい家庭になじめない一方で、父・撫子・せんさくが家族を作りつつある狭間に悩み続ける。
二年経っても撫子のことを認められないしんとくに対して、撫子は鬼となり彼を呪う。
その結果、しんとくは盲目となり、姿を消す。

時が経ち、しんとくは撫子の仮面をつけてさまよい歩く。
しかし、しんとくはすでに狂気にとりつかれており、成長した義弟を見つけるや否や、犯して殺してしまう。
父親もいつしか撫子に捨てられ、精神が崩壊しているようだった。

しんとくと撫子は、再び再会する。
二人にはもう「家」というしがらみはない。
しんとくが生みの母に向けていた愛情は、そのまま撫子への愛情に投影される。
ようやく二人はお互いを愛し愛されるようになる。
どこへ行くともしれぬ二人の姿が、異形の者たちの中へと消えてゆく。』

もっと詳しいあらすじは、
http://rengetourou.easter.ne.jp/sintokuarasuji.htm
こちらは絵もついてるし、お話ももっと詳しいです。

このお話を知ってから舞台を観るとわかりやすいところもあると思います。
できれば、映画の『田園に死す』も観てから観ると面白いです。
AD

『田園に死す』今年のチラシより

テーマ:
『田園に死す』今度の金曜日が初日です。
本当に面白いので是非観に来てください。

ご予約はこちら↓
http://www.quartet-online.net/ticket/denen2014?m=0acjjjf
前日まで予約できます。

公演の詳細はこちら↓
http://ameblo.jp/dai2rou/entry-11764466757.html

昨日は2年前の公演のチラシに書いてあった文章をご紹介しましたが、
今日は今年のチラシの文章を載せますね。


『田園に死す◉最終上演』
映画『田園に死す』(1974年公開)は寺山修司の自伝的映画とよばれ、「世界のテラヤマ」の名を決定付けた作品。「母殺し」、「家出」、「蛍火」、「恐山」など寺山劇世界(ワールド)の集大成が、ここにあり、終生こだわり続けた《記憶とは何か?》《私とは何か?》というテーマとも深く関わっている。
寺山作品を世界各地で上演し国際的評価を得ている流山児★事務所が、映画作品である『田園に死す』を舞台化し、2009年の初演時は連日超満員札止め、第44回紀伊國屋演劇賞団体賞受賞という高い評価を得て、2012年に再演。
今回、「再再演希望」の声に応えての最終上演!!


◉劇評抜粋2009-2012

舞台初日は寺山の生誕日。芸術家への供養は、作品の先鋭性を理解しそれを乗り越えようとする姿勢で成り立つ。愛で敬っているだけでは駄目なのだ。寺山修司の映画『田園に死す』を戯曲に書き換え、今の地点から寺山修司の演劇的手法と生き様をクリティカルに描く。
   ーーー「公明新聞」(今野裕一:演劇評論家)

執拗に「反復」を炸裂させる天野天街のくわだてに、流山児祥をはじめ流山児★事務所の不逞の輩がひとりひとりの炎をかかげ騒然と合流、寺山修司版「自同律の不快」を今に赤々と燃えあがらせる。
   ーーー演劇雑誌「悲劇喜劇」(高橋敏夫:早稲田大学教授)

映画は、母親と故郷からの逃避とその失敗を描いた自伝的性格の強いもので、現代の自分が過去の自分に遡り、それを自伝として映画に撮る過程を映画にするという二重三重のイメージのコラージュが独特の映像美で表現されていた。
   ーーー演劇雑誌「テアトロ」(丸田真悟:演劇評論家)

豪奢な響宴が収斂していくのは12時05分、寺山の心音が止まる時刻。アグレッシブなJ・A・シーザーの音楽と緩い夕沈(ゆうちん)ダンスの幸福かつ絶妙なコラボレーション。スズナリの階段を上っていく晩年のしんじが少年時代のしんじに変わるラストシーンにじんわりと涙。寺山の世界を独自に解体し、見事に脱構築した天野ワールド。
   ーーー日刊ゲンダイ(山田勝仁)


今年はあらすじは載っていませんでしたので、昨日の日記を見てください。

『田園に死す』2年前のチラシより

テーマ:
『田園に死す』今度の金曜日が初日です。
本当に面白いので是非観に来てください。

ご予約はこちら↓
http://www.quartet-online.net/ticket/denen2014?m=0acjjjf
前日まで予約できます。

公演の詳細はこちら↓
http://ameblo.jp/dai2rou/entry-11764466757.html

2年前の公演のチラシにのっていた解説とあらすじを載せますね。

2012「世界」に向けて仕掛ける

映画『田園に死す』(1974年公開)は寺山修司の自伝的映画とよばれ、「世界のテラヤマ」の名を決定付けた作品。「母殺し」、「家出」、「蛍火」、「恐山」など寺山劇世界(ワールド)の集大成が、ここにあり、終生こだわり続けた《記憶とは何か?》《私とは何か?》というテーマとも深く関わっている。過ぎ去ったものは全て《虚構》。寺山没後29年、『狂人教育』『花札伝綺』を世界各地で上演し、国際的評価を得ている流山児祥が2009年に企画制作、天野天街:脚色・構成・演出で上演した『田園に死す』は連日超満員札止めの反響を呼び2009年の代表作となった。



リューザンジ×アマノ×シーザー
 =TERAYAMAスペクタクル第1弾!

アマノ演出は「映画を再現」するのではなく、テラヤマテイストを残しながら、多重構造の劇として再創造、何人もの寺山修司、何人もの寺山ハツ(母)を登場させるという多面的な劇世界を創り上げた。初めて、寺山演劇を手がける天野天街は図書館にあった200冊の寺山書籍を読破、世界の何処にもない『田園に死す』を戯曲化した。2009年ザ・スズナリ初演の初日は寺山修司の誕生日であった。また、公演中に第44回紀伊國屋演劇賞団体賞受賞の報が舞い込んだ。



あの傑作『田園に死す』が《2年ぶり》
下北沢ザ・スズナリに還ってくる。見逃すな!!

流山児★事務所は2012年2月『田園に死す』@ザ・スズナリ、8~9月『花札伝綺』@エジンバラ、ニューヨーク、ビクトリア、バンクーバー、11月『地球空洞説』@豊島公会堂と寺山修司3作品を連続上演する。『田園に死す』、『地球空洞説』ともに、ポストドラマ演劇の魔術師:天野天街×呪術音楽師:J・A・シーザー、亜細亜の演劇大師:流山児祥の黄金トリオのコラボレーション、多彩な劇的才能が繰り広げる前代未聞のテラヤマ・スペクタクル『田園に死す2012版』にご期待ください。



◎ストーリー

父親のいない「私」は、恐山の麓の村で母と暮らしている十代の少年。楽しみはイタコに父親の霊を呼び出させて会話をすること。「私」の家の隣には他所から嫁入りした若い人妻が住んでおり、意中の人。ある日、村にやって来たサーカス団員から「私」は、外の世界の事を聞かされ、憧れを抱く。「私」は家出を決心し、同じように生活が嫌になった隣の人妻と共に村を離れる。駅で待ち合わせ、線路を歩く二人……ここまでが映画監督になった現在の「私」が製作した自伝映画の一部……「私」は、少年時代の自分自身に出会う。映画で描かれた少年時代は脚色されており、真実ではないと言い放つ。「私の少年時代は現在の私の嘘だった」「作られた記憶の暗闇に少年が見たものは何か?」



◎「田園に死す」演出ノート 寺山修司

個の記憶の一切は比喩である、他国の出来事である。にもかかわらず、われわれは、個の記憶を思考の極に据えるという習慣から、なかなか抜け出せずにいるという現実がある。それに留意して作ったメモを台本の代わりに配る。「(『田園に死す』は)一人の青年の自叙伝の形式を借りた虚構である。われわれは歴史の呪縛から解放されるためには、なによりも先ず、個の記憶から自由にならなければならない。この映画では、一人の青年の”記憶の修正の試み”を通して、彼自身の(同時にわれわれ全体の)アイデンティティの在所を追求しようとするものである。」

流山児★事務所『田園に死す』最終上演!

テーマ:
舞台の出演情報です。

『卒都婆小町/葵上』『愛と嘘っぱち』『ユーリン・タウン』『田園に死す』『無頼漢』と、
出演させていただいてる流山児★事務所です。
『田園に死す』三回目の上演です。
僕は二回目からの参加です。一回目には出ていません。
三回目で最終上演です。
もう上演しません。

『田園に死す』は寺山修司さんが作った映画で、
青森県の下北半島で生まれ育った寺山さんの自叙伝的映画と言われています。
この映画を舞台化するにあたり、
脚色・構成・演出の天野天街さんは、
図書館にあった約200冊もの寺山さんの関係の本を読んだらしいです。
そして映画と同じ構造を取りながら、
寺山さんの他の戯曲、詩、などから、様々な言葉を散りばめ、
寺山さんの人生の断片をも取り込んで、
全く新しいお芝居を創り上げました。
短いシーンの連続、台詞やシーンの執拗なまでの反復、
あっけに取られて観ているうちに、
ラストシーンのカタストロフィまで一気に連れて行かれてしまう、
ジェットコースター演劇です。
映画やテレビでは絶対に観られないものです。
お芝居を観たことがない人に是非観てほしいです。
音楽は、J・A・シーザーさんです。
寺山さんとともにお芝居を作り続け、
寺山さんの死後も、寺山さんの世界を発信し続けています。
また、アニメ『少女革命ウテナ』の音楽で、
アニメファンにも絶大な支持を得ています。
ぼくは、主人公の寺山シンジくんのお父さんの役です。
お父さんはもう死んでいるのですが、
シンジくんはことあるごとに下北半島恐山のイタコに頼んで、
お父さんを呼び出してお話をするのです。

今回最終上演ということでこれを見逃すともう観られません。
観ないと損とは言いませんが、観たら得をします。
初演再演と連日超満員だったお芝居を是非観に来てください。

後藤英樹専用の予約フォームはこちらです。
https://www.quartet-online.net/ticket/denen2014?m=0acjjjf
他のところから予約する方、当日券を買われる方も、
備考欄や口頭で後藤英樹の名前を出してください。
やらしい話ですが、役者は何人お客さんを呼んだのかということも大事なんです(TーT)

ということで長くなりましたが、以下、公演情報です。



寺山修司没30年記念認定事業
流山児★事務所『田園に死す』最終上演

原作:寺山修司
脚色・構成・演出:天野天街
音楽:J・A・シーザー
芸術監督:流山児祥


会場:下北沢 ザ・スズナリ
    東京都世田谷区北沢1-45-15 ☎03-3469-0511
    ◎小田急線・井の頭線「下北沢」駅南口下車徒歩5分
    地図はこちらhttp://www.honda-geki.com/suzunari/gekijo/map.html

日時:2014年2月28日(金)    19時
        3月 1日(土)    19時
           2日(日)14時
           3日(月)    19時
           4日(火)    19時
           5日(水)14時 19時
           6日(木)    19時
           7日(金)    19時
           8日(土)14時 19時
           9日(日)14時 19時
          10日(月)14時
   ご注意 ●演出の都合上、お客様は開場時間までにお越しいただきますようお願いいたします。
       ●開場は開演の15分前より、整理番号順のご入場となります。

チケット:整理番号つき 日時指定自由席
     前売・予約4,200円 当日4,500円 学生割引3,500円(要学生証提示)
     当日券は開演の1時間前より劇場入口にて販売

出演:大内厚雄(演劇集団キャラメルボックス)、伊藤弘子、小川輝晃、木暮拓矢、
   深山洋貴(Studio Life)、小林七緒、冨澤力、柏倉太郎、平野直美、沖田乱、中田春介、
   蒲公仁(個人企画集団*ガマ発動期)、眞藤ヒロシ、坂井香奈美、阿萬由美
   山下直哉、荒木理恵、山丸莉菜
   小寺悠介、竹田邦彦、辻京太
   飯塚克之(少年玉子館)、日下部そう、後藤英樹、桜井玲奈、藤村直樹
   酒井和哉、藤村一成、小林夢二(少年王者館)、鶴田理紗
   宮川安利、佐原由美、艶嬢さとみ
   さとうこうじ
   流山児祥

美術:水谷雄司
照明:小木曽千倉
音響:岩野直人
振付:夕沈
映像:浜嶋将裕
舞台監督:伊東龍彦/小林岳郎
演出助手:小林七緒/石坂雷雨
制作:米山恭子
宣伝美術/絵:花輪和一
宣伝美術/文字:山田勇男

協力:少年王者館、演劇実験室◉万有引力、スーパーエキセントリックシアター、
   ワンダー・プロ、フレンドスリー、㈲ストレイドッグプロモーション、
   キャスティングボイス、K&Mプロモーション、アンフィニー、プリッシマ、
   フォセット・コンシェルジュ、王様美術、ステージオフィス、白昼夢

Special Thanks:九條今日子

主催:有限会社 流山児オフィス(流山児★事務所)

田園に死す

初演のダイジェスト映像がここで見られます。
http://www.youtube.com/watch?v=7cpAx1Cf9PM
流山児★事務所ホームページは
http://www.ryuzanji.com

では、ご連絡、ご予約、お待ちしております。