ひとり

テーマ:
後藤英樹の三日坊主日記後藤英樹の三日坊主日記後藤英樹の三日坊主日記


昨日は家族でお食事会でした。
両親と、姉一家と、品川プリンスの中華料理。
実は姉一家が今日、
おにいさんの転勤でロンドンに行ってしまいました。
それでしばらく会えないからということで。

で、そんなお食事会をしている間に、
この1ヶ月、うちに泊まっていた某役者は、
次の宿泊所へお引っ越ししてました。
といっても、荷物のほとんどはうちに置きっぱなしで、
必要になったらちょこちょこ取りにくるようなのですが。
しばらくはまたひとりです。
彼用の布団もひきっぱなしですが。

今日は、花園神社のお祭りだったらしく、
おみこしがいっぱいいました。
ちょうど出くわしてよかったです。
AD

観てみて〜

テーマ:
お友達が企画したお芝居があるので、是非観に行ってください。

元・ランニングシアターダッシュの劇団員であり、
現・吉本新喜劇の劇団員である、
佐藤太一郎くんです。
彼が、なんと、吉本新喜劇の中で、
佐藤太一郎企画と言う企画を立ち上げ、
公演をします。
出演は、太一郎くんはもちろん、
新喜劇の座長、小薮千豊さん、
ランディーズ高井さん、
元・ランニングシアターダッシュ、現・空晴(からっぱれ)の、
上瀧昇一郎くん、
ゲスト出演者として、
ザ・プラン9の浅越ゴエさん、
という豪華メンバーでお送りします。
作・演出は、
元・ランニングシアターダッシュ、現・空晴の、
岡部尚子さん。
場所は、京橋花月。
日時は、
6月11日(金)開場18:30 開演19:00
6月12日(土)開場19:00 開演19:30
料金は、
前売り2,500円 当日2,800円

12日は残念ながら、完売なのですが、
立ち見席(1800円)なら取れます。
11日はまだまだお席があるそうです。
是非観に行ってください。
ぼくは残念ながら行けません。
でも、ぼくに連絡をくれれば、
太一郎くんにチケットとってもらいます。
よろしくお願いします。

あ、タイトルを書くのを忘れてました。

佐藤太一郎企画その1
京橋花月6月よる芝居
「一番の誕生日!」
~京花(?)産婦人科バージョン~

です。
あらすじは、

「分娩室の前で、旧友の出産の瞬間を待つ三人の男たち。
 父親になりたくない男と、
 父親になりたい男と、
 母親な男…?
 さらには、それを見守る謎の男も加わって、
 産婦人科なのに、男だけで繰り広げる、
 男の男による、出産の話。」

です。
これが成功すれば、
佐藤太一郎企画その2ができるかもしれません。
皆様、是非観に行ってください。
ぼくは行けませんが。
よろしくお願いします。
AD

善意の空気

テーマ:
後藤英樹の三日坊主日記-空気入れ
うちから自転車で五分ぐらい行ったところに、
電動の空気入れを見つけました。
無料です。
そこの町内会みたいな団体が、
善意で置いてくれているみたいです。
非常にありがたいです。
募金箱でも置いておいてくれればいいのに。
AD

ケララカレーを作りました。

テーマ:
昨日は一日休みだったので、
ケララカレーを作りました。
サフランライスも炊きました。
S&Bのケララカレーは、
プラスチックの箱の中にいっぱい袋が入ってます。
後藤英樹の三日坊主日記-ケララカレー
タマネギとニンニクを炒めるとき用の「炒め用スパイス」。
クミンが入ってます。
そして、「煮込み用スパイス」。
これには赤唐辛子とローレルとブラックペッパーとシナモンスティック。
それから「ブイヨン」。
次に、「カレールウ」。
最後に、「辛みスパイス」と「香りスパイス」。
「辛みスパイス」にはブラックペッパー、赤唐辛子、デキストリン、
コーンフラワー、香辛料。
「香りスパイス」には、クミン、シナモン、コリアンダー、
カルダモン、香辛料。
材料は、骨付き鶏肉、
タマネギ、ニンニク、セロリ、リンゴはみじん切り、
にんじん、ショウガはすりおろし。
だから、できあがりは、
どろどろ、ぶつぶつした中に、鶏肉が入ってます。
後藤英樹の三日坊主日記-できあがり
おいしかったです。
鶏肉が骨付きだから、手が汚れます。
でも、おいしかったです。
これは、S&Bのスパイスフェスタというシリーズで、
あと、キーマカレーと、グリーンカレーがあるから、
また作ってみようかな。

お客さんが来ました

テーマ:
昨日の朝6時過ぎに、
大阪からうちに某役者さんがきました。

某芝居に出るために、
8月の頭まで東京にいなくてはいけないそうです。
とりあえず、5月いっぱい、
うちに泊めてあげることにしました。

なんとなくうちの中を説明した後、
ぼくはまた寝ました。
9時半頃、家を出るために起きると、
彼は寝てました。
すると、洗面所とお風呂場に、
彼のグッズがきれいに並べられてありました。
台所も片付けてありました。
あらまあびっくり。

夜は、ごはんをごちそうになりました。
四谷の『忍(しのぶ)』という牛タン屋さん。
満員で、他の人と座敷のテーブルで相席。
後藤英樹の三日坊主日記-しのぶ
写真の左にあるのが、ゆでタン。
そして、真ん中がどて煮、
右が山芋のポン酢漬け、
奥が肉じゃが。
あと写ってないけど焼きタンも食べました。
ゆでタンは、とてもやわらかくておいしかったです。

それから家に帰って、
今度は部屋のテーブルの上を掃除。
ぼくは洗濯物をたたむ。

なんだかどんどん彼の住みやすいように、
部屋が変えられていってる気がします。
といっても、片付けてるだけなんですが。

最後にはぼくの方が居候みたいになっちゃったりしてあせる

こどもの日だったんですね。

テーマ:
今日は休みの日だったから、
いろいろしようと思って、
だけど、
結局なんだかだらだらしちゃって、
がんばって家を出たのが、
4時ぐらいだった。
まず、
区役所に行った。
自転車で行った。
さすがにすごい人だった。
区役所についた。
休みだった。
なんだか自分だけが休みのような気がしていたが、
国民全員の休みの日なんですね。
休んでない人もいっぱいいるんでしょうが。
しょうがないので、
区役所の近くの神座でラーメンを食べた。
歌舞伎町です。
神座はかむくらとよみます。
大阪は難波に本店があるお店です。
ぼくが芝居を始めた頃は、
裏通りにある小さなお店でしたが、
どんどん大きくなって、
歌舞伎町に、天下一品と並んであります。
天下一品はベッキーがコマーシャルしてる、
京都発祥のラーメン屋です。
神座は白菜を煮込んだちょっとあまいスープです。
ぼくの友達は一番おいしいラーメンだと言っています。
でも、ぼくは、
気のせいかもしれませんが、
店が増えだしてから、
味が変わったと思っています。
昔一緒にイベントに出ていた女の子が、
セーラームーンのミュージカルに、
マーキュリーかなんかで出るようになって、
すごいなーと思ってた時に、
難波の神座で偶然出会ったことを思い出します。

安全運転

テーマ:
原チャリに乗っていると、
あ、「はらちゃり」じゃなくて「げんちゃり」、
原付バイクです、
って説明しなくてもわかりますか・・・、
原チャリに乗っていると、
よくバイク便のおにいさんたちに抜かされます。
バイク便のバイクの後ろには、
箱が積んであります。
あるバイク便の箱には、
「○○(運転手の名前)は安全運転をしております」
と書いたテプラが貼ってあります。
ああ、安全運転してくれてるんだなあ、と、
ほっとするのでありますが、
大分前のことですが、
その会社のバイクが、
横道から飛び出て来て、
ぼくの前を走り、
ずいぶん危ない運転をしてらっしゃいました。
で、
安全運転してるはずなのにぃ、
と、その箱を見ると、
なんと、
「○○は安全運転をしております」
の「安全」の部分が切り取ってあって、
「○○は  運転をしております」
となっておりました。
ぼくは、
うーん、確かに!
と、うならされたものでありました。

抜けました

テーマ:
去年の七月に買った自転車が、
何ヶ月か前から、
調子が悪くなりました。
左のペダルが、
なんだか途中でがっくんってなるんです。
しかも、キーキーうるさいんです。
自転車屋さんにいかなきゃなあと思いながら、
なかなか行かずに過ごしてました。
先週、久しぶりに乗ったら、
以前よりも、激しくがっくんってなってました。
あれ?
と思って、
止まって、
ペダルを引っ張ってみたら、
抜けちゃいました!
するりと。
後藤英樹の三日坊主日記-ぬけちった
その日はそのまま差し込んで、
ドキドキしながらも、
なんとかやりすごしました。
次の日に買った自転車屋さんに持って行って、
去年の七月に買ったんですけどペダルがー、
というとすぐさま、
交換します!
と。
10分ぐらいで新しいのと交換してくれました。
そういえば、
買った時からちょっとおかしい感じはしてたんだよなー。
きっと、同じような故障がいっぱいあったんだろうなあ。
と、勝手なことを思いながら、
ただで直してもらってよかった良かったと、
家を出る時には降ってた雨もちょうどあがって、
気分よく家に帰りました。

ほろほろと、海賊

テーマ:
今日は、楽塾の『ほろほろと、海賊』というお芝居を観に行ってきました。
場所は、流山児★事務所MISHIMA WORKSHOP PROJECT『葵上・卒塔婆小町』の稽古と本番で、
一ヶ月通いつめた、Space早稲田。
懐かしい。
楽塾とは、創立13年のプロの中高年劇団。
平均年齢57歳。
『卒塔婆小町』で共演した阪口美由紀さんも楽塾のメンバーです。
今回の『ほろほろと、海賊』は、
名古屋の劇団B級遊撃隊の佃典彦さんの書き下ろし新作。
演出は流山児さん。
ゲスト出演でパラダイス一座より、戌井市郎さんと肝付兼太さん。
戌井さんは文学座の代表でなんと大正五年生まれだそうです。
舞台演出家であり舞台俳優であります。
肝付兼太さんは、『ドラえもん』のスネ夫、『怪物くん』のドラキュラ、
『銀河鉄道999』の車掌さんなどで有名な声優さんであり、
劇団二十一世紀FOXの主宰でもあります。
お話は、
アゼルバイジャンの岩塩を求めて旅立った料理長を待ち、
海賊となって、池に浮かぶ船上レストランを守り続ける七人と、
それを取り壊そうとするおばさん軍団の戦い。
池には怪獣が住むという。
歌あり踊りありの大スペクタクルです。
全員がぼくよりも年上とは思えない、
迫力のあるスピーディーな舞台でした。
とても面白かったです。
終わってから照明のROMIさんにお話を聞くと、
役者さんそれぞれにいろんなドラマを抱えていらっしゃって。
私生活で。
ちゃんと社会人として人生を歩んで来られた、
重みを感じました。
4日まで公演やってます。
観に行って絶対損はしません。
是非観に行ってみてください。
でも、結構売れてるみたいなので、
電話してみた方がいいです。

公演の詳細は流山児★事務所のHPを観てください。
http://www.ryuzanji.com/