ライブ!

テーマ:
今日は、
昨年、空鼎閙『叔父ラジオ』で共演した、
アレアレアさんのライブを観に行ってきました。
お笑いじゃないですよ。
ボーカルのRINOちゃんとピアノのYUKIちゃんの
二人組ユニットの歌い手さん(?)です。
『叔父ラジオ』では二人とも女優デビューで、
カンナ&ヨーコという役名でした。
歌も歌ってました。

今日は恵比寿天窓.switchでワンマンライブ。
題して『ココロヒトツ』。
なんとデビュー(?)10周年らしいです。
おめでとうございます。

ライブ、すごく楽しかったです。
RINOちゃんのボーカルもYUKIちゃんのピアノも、
ちょーうまいし、
二人ともかわいいし、
楽しそうだし、
MCも客を乗せるのもうまいし、
助っ人の馬場さんもギターうまいし、
今日も行ってよかったです。
幸せな気分になりました。

まーくんにも久しぶりに会えたし、
まーくんの彼女も紹介してもらったし、
まみにも久しぶりに会えたし、
おくちゃんとは二人で飲みに行ったし。

アレアレアのホームページに行くと、
歌が試聴できますよ。
是非聞いてみてください。
http://www.arearea.net/index.html
AD

一方的に再会

テーマ:
今日は初めて日暮里に行きました。
『memory』で共演した南口奈々絵ちゃんが出演してる、
レッド・フェイスプロデュース『爾汝の社 再来』というお芝居を、
日暮里のd-倉庫という劇場で観ました。
タイトルは『じじょのやしろ さいらい』と読みます。
面白かったです。
場面の切り替えのテンポがいいし、
衣裳も素敵だし、
舞台が広くて、客席が急勾配の階段状だから観やすいし、
女優13人のお芝居なんだけど、
そのうち7人ぐらいは美人だし。
いや、他の人が不細工なわけではないですよ。
よくこれだけ美人が集まったもんだと感心しました。
お話の最後がちょっとすっきりしない終わり方でしたが、
とても楽しく観れました。
吉原の『くるりろう』という遊郭の遊女達のお話なんですが、
今回は再演で、
もともと男性の役者さんたちが遊女をやるというコンセプトの
お芝居だったらしいです。
今回も男組と女組があります。
男と女入れ混ぜてのシャッフルというのもやるらしいです。
男組も観てみたいです。
でも、昨日に引き続き、またしてもほとんど完売状態らしいです。
二日続けて当たりました。

で、
今日のお芝居の劇団レッド・フェイスの主宰であり、
演出であり、役者でもある、
榊原利彦さん。
実はぼく、遠い昔に会ったことがあるんです。
NHKの朝ドラ『ええにょぼ』で。
榊原さんは、戸田菜穂さん演じるヒロインの旦那さんで、
遠距離婚をテーマにしたドラマでした。
ぼくは最後の1ヶ月しか出てませんでしたが、
戸田菜穂さんの後輩のマザコンの医者で、
戸田さんに教育されて一人前になるという役のはずでした。
実際はいろいろあって、
知らない間に一人前になってましたが。
なので榊原さんとは一緒にお芝居はしてません。
でも、なんとなく一方的に懐かしさを感じてきました。
今調べたら、1993年なんですね。
柴田恭平さんが夏なのにトレンチコートを着てました。
さすが柴田恭平さんと思いました。
ああ、懐かしいなあ。
AD

おっかさんがニコレット

テーマ:
今日は空中カタカナ団というユニットの
『オーカッサンとニコレット』というお芝居を観てきました。
アイピット目白と言うはじめていった劇場でした。

昨年11月の劇団芝居屋『約束』で共演した、
榊孝輔さんが出演してました。
榊さんのメールによると、
お芝居の内容は、

『禁煙に苦労するお母さんの話ではありません、念のため。

原作は古いフランスの歌語り。
ストーリーは何処の国にもある、
「身分の違いなどで結ばれない男女の物語」

旅芸人の一座。
新人の男女にオーカッサンとニコレットという役を与え、
ベテラン役者達が語り部として
(時には重要なサブキャラクターとして)
悲恋物語を展開させていきます。

演出ノートには
「ベテラン役者達のゆとりある戯れこそが、
 この芝居の真骨頂」とあります。』

ということです。
元自由劇場の演出家、平林恒茂氏が、
20年ぶりに舞台へとカムバックらしいです。
自由劇場(劇団の名前です)で、
83年に初演したお芝居らしいです。

歌あり踊りありのファンタジー。
とても楽しかったです。

是非観てほしいですが、
残念ながらチケット完売らしいです。
当日券は出てるのかも。

『約束』で共演したふくまつさんとまきちゃんも
観に来てました。
そして飲みました。
あー、楽しかった。


全然お話は変わりますが、
写真は、12月半ばに買って部屋に飾ってある花です。
水も変えず、1ヶ月ぐらいほったらかしなんですが、
ピンクの花だけまだ生きてます。
ちょっとこわいです。$後藤英樹の三日坊主日記
AD

焼肉に行ったりんこ

テーマ:
昨日、焼肉小倉優子に行ってきました。
店内ゆうこりんの写真だらけ。
「おしぼりんこ、どうぞりんこ」(だったかな)
と店員さんはやたら「りんこ」をつける。
メニューもカルビンコやハラミちゃん、セセリんこ、
トントロりん王子、とゆうこりんワールド全開。
冷やしトマト姫はわかるけど、とんそく姫って。。。
店員さんに「どうしてここで働こうと思ったの?」と聞くと、
「ゆうこりん好きだったんです。」
「ゆうこりん会ったことある?」
「ないですぅ。」
「しょこたんとどっちが好き?」
「しょこたん」

へ~。

まあ一回行けば十分ですね。

あ、そうそう、全然関係ない話ですが、
昨日見た夢は、
また大ホールで大観衆の前で、
今度は歌ってる夢でした。
なんだろう・・・。

さよおなら

テーマ:
西麻布の『赤から』がついに閉店です。
赤からとは名古屋のチェーンの居酒屋さん。
赤から鍋という、唐辛子と赤味噌の鍋がメインの居酒屋さん。
初めて行ったのは4年前。
真琴つばささん主演の『わが歌ブギウギ』というお芝居に
出させていただいていた時に、
名古屋公演で1ヶ月名古屋にいた時に、
共演者のみんなで3、4回行ってべろんべろんになるまで飲みました。
その時は白から鍋というのもあったんだけど、
とにかく、赤白鍋と、名物せせり焼きをメインに、
おいしいおいしいとむさぼり食ってました。
そのお芝居では草刈正雄さん、沢田亜矢子さん、中尾ミエさん、
中澤裕子さん、杉浦太陽くん、と豪華な方達と共演させていただきました。
それから東京に引っ越して来て、
1番はじめに出させていただいたお芝居、
Nine Starsの「Run For Your Wife」の稽古場が西麻布で、
近くに赤からがあったので、
当時Nine Starsの劇団員であり、
『わが歌ブギウギ』で共演していた杉ちゃんと、
「赤からがあるねぇ」と言ってましたが結局行きませんでした。
その次に出させていただいたお芝居、
SPPTテエイパーズハウスの『プリンセスと拙者』で共演した、
ねこちゃんがその赤からで働いていると知ったのは、
公演が終わった後でした。
と、何かと縁のある『赤から西麻布店』ですが、
不況の波に飲み込まれたのか、
西麻布まで来る人が少なくなったのか、
1月28日で閉店です。
東京にある赤からの中でも、
なぜかここの料理は他の店よりもおいしいと評判だったのですが。
非常に残念です。
皆様、是非行ってみてください。
ただ、今が冬で鍋の時期なので、それでなくても混んでいるので、
事前に電話してみた方がいいです。
あ、六本木にも赤からありますので、
間違えないように。

初夢?

テーマ:
今年はじめて覚えていた夢。
1月5日だったかな?

なんだか舞台裏みたいなところにいた。
いろんな小道具やら大道具やら置いてある。
そこでぼくは渡された紙に書いてある、
台詞を一所懸命覚えている。
出番になり出て行くと、
そこはすごく大きなドーム。
アリーナ席はなくて、スタンド席は超満員。
そのがらんとしたアリーナ部分に立って、
ぼくはさっき覚えた台詞をしゃべり始める。
どうやらこれから始まる、なにかはわからないけど、
なんらかのイベントの説明をしているらしい。
しかし、ちゃんと覚えられていなくて、
適当にしゃべってる。
観客は大歓声でこたえてくれる。
もう始まるのにものすごい大歓声でうるさい。
ぼくは振り返って、後ろの観客に叫ぶ。
天井になぜかキン肉マンの絵が書いてあって、
観客もなぜかキン肉マンの模様になっている。
「はじめるぞー!」
あれ? 声が出ない。
声が出ないと言うか力が入らない感じ。
「はじめるぞー!」
うまく力を入れられず声が出ない。
3、4回叫んでだんだん声が出て来た。
「はじめるぞー!」
その声でびっくりして目が覚めた。

こんな夢でした。
これ、初夢?
正夢になる?

初夢

テーマ:
今年の初夢は見たかどうかもさっぱりわかりません。
熟睡し過ぎ?

去年の正一ショーの稽古中に見た夢は。

アムロ・レイにフラウ・ボウが、
「アムロー!」と呼びかけたら、
アムロは自分がアムロと呼ばれたことに対して
なぜか憤りを感じたらしく、
「アムロ!? ぼくが小判に似てるからって!」
と怒鳴り返してる夢でした。

小判?

あけましておめでとうございます。

テーマ:
もう3日になってしまいましたが、
皆様、あけましておめでとうございます。

昨年は、
2月に『噺劇と落語の会』
3月に空鼎閙『叔父ラジオ』
7月に劇団B→tops『See You Again!』
9月にand so on #01『memory』
10月に劇団芝居屋『約束』
12月に石原正一ショー『恋味しんぼ~あるいは、クッキング馬場~』
と、芝居づくしの年でありました。
観に来ていただいた皆様、本当にありがとうございました。
関係者の皆様、本当にお世話になりました。
一昨年とその前の年はほとんどSPPTテエイパーズハウスさんのお芝居に
連続して出させていただいていましたが、
ちょっと世界が広がったような気がします。
大阪から東京に引っ越して来て約3年。
いろんなお芝居に呼んでいただいてありがたい限りでございます。
大殺界も厄年もなんのそのであります。
その大殺界も昨年で終わり、まだ後厄は残っておりますが、
新しい気持ちで精進していきたいと思います。

今年は予定がまったくの白紙でございます。
といっても、2月本番のお芝居に呼んでいただいたのを、
えらそうに断ってしまったからなんですが。
とりあえずは修業期間ということで。
お芝居のお誘いお待ちしております。
偉そうに断るかもしれませんが(^_^;)

皆様、今年もよろしくお願いいたします。