ライブと演劇

テーマ:
昨日はぴーちゃんが出てる映画を上映するというので、
新宿HOLIDAYというライブハウスに行ってきました。
題して、
「光&佐々木“TOM”&石井’S BIRTHDAY
 SHINJUKU CRAZY NONDAKURE SPECIAL NIGHT!!! VOL.5
 ザ・ファイナル」
3000円で生ビール・焼酎飲み放題というので、
うほほーい! と行こうと思いました。
17:00開演。
しかし、ぴーちゃんの映画は夜の9時ぐらいからだという。
どんだけ飲ませる気だ!
チラシを見ると、

出演者
【BAND】あずみけいこ、BANX、カヨ&ポケッツ、新橋Go5ガールズ、
     新宿金蠅、The PERMANENTS
【活弁映画上映】山田広野
【DANCE】ポール舞、Desert★Moon、Yuri
【総合司会】浜ユウスケ

対バンのライブみたいな感じで、
間にダンスやら映画が入る感じかな。
と思って、9時に間に合えばいいや、
とのんびりラーメンなど食して、
6時半頃HOLIDAYに入りました。

新橋Go5ガールズは終わり、カヨ&ポケッツが始まったところでした。
いやー、バンドはロケンローでかっこいいし、
セクシーなおねいさんのポールダンスもあるし、
長丁場でしんどいなあと思ってたけど、
すごく楽しかったです。

あずみけいこさん、実は、
そとばこまちの【バットマン】っていうお芝居で、
お世話になったんですよ。久しぶり。
その時は出演も歌もなかったんですが。
今回歌を聴いてめちゃ感動しました。

ぴーちゃんが出てる映画は、
山田広野さんが監督で、
活弁もして、
最高にわいてました。
広野さんは、石原正一ショーの、ぴーちゃんも出てた、
『天使だらけの傷』というお芝居の時に、
日替わりゲストで出ていただきました。
あとで思い出したんですが。

映画の始まる前に、急遽手伝うことになりました。
ぴーちゃんが「だいちゃんスクリーンつって!」と。
で、他にもお客さん3人ぐらいと手伝いました。
黒い布の上下に長ーい木材をつけて白い模造紙を貼ったものを、
楽屋から出すのにまず一苦労、
で、つろうと思ったら前後ろ逆だ、ということで、
お客さんの頭の上をよいしょーっと、木材を回転させ、
天井に掛かってるワイヤーにS字フックでかけていくのだが、
ぼくには届きませんでした。
映画を楽しんだ後は、片付け。

というわけで約5時間半ぐらい、立ちっぱなしで、
ものすごく堪能いたしました。
その後もライブハウス内での打ち上げにも参加させてもらい、
変な人に一部からまれながら、楽しんできました。
いやー、ライブって楽しいですねぇ。

で、今日は評判がいいというお芝居を観に行ってきましたが、
お友達にも会わずに帰ってきました。
お芝居って大変。
役者ががんばってもどうしようもないお芝居もあるし。
あたりはずれが大きい、
っていうかはずれの芝居の方が多い。
でも、評判いいっていうんだから、
ぼくの感覚がおかしいのかなあ。
でもでも、こんな芝居を見させられたら、
映画を見てる方がいいや、ってお客さんも思うよなあ。
高いし。
あ、ぼくだけなのか、そう思ったのは。
感覚がずれてるのかもなあ。
はあ、お芝居ってほんと大変。
AD

歓喜の歌

テーマ:
今日、お芝居観に行ったんですが、
中野ザ・ポケットという客席が段々になっているところで、
普段なら観やすいはずなんですが、
前に座ってた女の人の頭がでかくて、
結構しんどかったです。

この前、紀伊国屋ホールに観に行った時も、
そこはそんなに勾配はなかったんですが、
前に座っていた女の子が異様に座高が高くて、
姿勢も良くて、
その人の隣に座ってる男の人よりも座高が高くて、
舞台の端しか観れず、
右や左に常に首を傾けていなくてはいけなくて、
かなりしんどかったです。

まあ、座高はその人のせいではないので、
言ってもしょうがないんですが。
頂点にお団子を作ってる女の人とか、
アフロの男の人とか、
帽子をかぶってる人とかなら、
ちょっと文句言いたくなりますが。

昨日の日記に書いたキンケロシアターでは、
最後のクライマックスのいいシーンで、
「ポーランドに残ったユダヤ人は皆死んでしまいました」
とか言ってるシーンで、
悲しい音楽がなっているシーンで、
ベートーベンの第九、いわゆる歓喜の歌が、
うっすらと流れました。
「え? 演出? なぜ歓喜?」
とも思いましたが、
いったん切れて、
もう一度鳴ったので携帯だとわかりました。

その人が席についてから、
「携帯の電源はお切りください」とアナウンスがあったのに、
なぜ切らないんでしょう。
なぜ、鳴ってる間にかばんに手を突っ込んで、
切らないんでしょう。

また、最近では、
ペットボトルで飲み物を持ち歩けるようになったために、
芝居中にペットボトルのお茶を飲む人が多くなりましたね。
中にはコーラをプシッってあける人も。
ガムやアメも普通ですね。
静かにしてくれればいいんですけど。
飲食禁止っていうアナウンスもあるけど、
その飲食にそれらは入ってないんでしょうね。
飲食がなぜ禁止なのかもよくわからないですが。

映画館のポップコーンも、
においだけで喉が渇くのであんまり周りで食べてほしくありません。

以上、劇場でのマナーについてのわがままでした。

あ、それと、
ラーメン屋でたばこを吸うのもやめてほしいです。
なぜなら、
ラーメンをすすった時にタバコの煙が一緒に入って来て、
ラーメンが非常にまずくなるからです。
香水のきつい人も同様です。

あ、これは全然関係ありませんね。
すみません。
AD

キンケロ

テーマ:
キンケロシアターに行ってきました。
キンキンとケロンパが作った劇場で中目黒にあります。
キンキンとケロンパの似顔絵が、
でかでかと表看板に描いてあるんではないかと危惧しておりましたが、
おしゃれな劇場でほっとしました。

水澤心吾(みさわしんご)さんの、
『決断 命のビザ
  ~SENPO杉原千畝(すぎはらちうね)物語~』
という一人芝居を観てきました。
キンケロシアターで。
『森は生きている』で共演した宗田さんが、
舞台総監督をやっていたので観てきました。
『SENPO』といえば去年ミュージカルやってましたね。
吉川晃司さん主演で、何曲かを中島みゆきさんが作詞作曲。
『森は生きている』のライズ・プロデュースさん製作。
『森は生きている』で共演した人もいっぱい出てました。
実は水澤さんも出ていたみたいです。
ぼくは残念ながら観れませんでした。

日本のシンドラーと呼ばれた杉原千畝さん。
第二次世界大戦中に6000人ものユダヤ人を救った日本人。
観てよかったです。
1時間ちょっとのうちに何度か泣きました。
水澤さんはこのお芝居で、
国連やいろんなところで賞をもらっているらしいです。
まだまだいろんなところで上演するらしいので、
観る機会があれば是非観てください。

原作を読んでみたくなりました。

『約束』の本番が終わって、
やっと戦争から解放される、と思ったんですが、
本番直前から読み出した本の続きをまだ読んでいるし、
その中に出てくる本をまた読んでみたいと思うし、
千畝さんの本まで読みたくなって、
当分戦争から離れられなさそうです。

まずは年末に向けて『一年戦争』の復習から。
ちなみに『一年戦争』はガンダムです。
ちゃんちゃん。
AD

今ふたたびのマイケル

テーマ:
今日は1日休みだったので、
だらだら寝ていようかと思ったら、
朝っぱらから、
ウイーンウイーンガツッガツッガリガリガリ
とすごい音が。
隣の部屋が工事か?
なんか工事のお知らせの紙が何日か前にあったなー。
うるさいー。
寝てられんー。
ということで、突然ですが、
川崎の109シネマズまで行くことにしました。
IMAXシアターで『THIS IS IT』をもう一回観よう。
ネットでチケット買って、
自転車と電車で川崎まで。
IMAXシアターって何年も前に大阪の天保山で
一回入ったことがあるだけで、
そのときはなんか縦長のイメージだったんだけど、
横長なんですね~。
スクリーンでっけー!
音でかー!
めっちゃきれー!
『クリスマスキャロル』の予告編、きれい過ぎで感動しました。

二度目のマイケル、やっぱよかったー!
マイケルは永遠のシャイな少年なのだな。
50歳とは思えない体のキレ。
たまにひろみGOを思い出しましたが。
この何年かのブランクをまったく感じさせない。
そして、一生懸命に踊ってるダンサーさんたちもいいですね~。
演出のオルテガさんもマイケルの提案を全部受け入れて、
柔軟に変えていく。大人ですね~。
音楽監督はなんだかわからずやでしたが。
でも、リハーサル中に撮った映像だけじゃなくて、
マイケルが亡くなってから、
この映画のために新たに撮った部分とかもあるんだろうなあ。
音楽とかダンスとかの人って、
リハ中とかでも、その場のノリで、
アドリブで遊んだりして、
しかもそれがかっこよかったりして、
すごいなー、っておもいますね~。

映画が終わって自然と拍手がわき起こった。
という話を最近の映画でよくありますが、
『THIS IS IT』でも、
終わったら拍手をしてる人がいたのですが、
ぼくはなんか『THIS IS IT』の場合は違うような気がします。
なんだか、世間ではそれがかっこいいみたいだからしようよ。
みたいな。
なんか拍手をしたくなるタイミングではないんですよね。
映画が終わったときには。
映画の途中にはいっぱい拍手したくなるところがあるんです。
歌が終わったところとか、
すごいものがあったあととか。
そこは拍手しないのに、終わったから拍手? みたいな。
まあ日本では映画の最中は静かに観るのがマナーですからね。
騒いでいいデー、とか作って、
ほんとのコンサートの時みたいにスタンディングしたり、
手拍子や、拍手も、かけ声も自由にできる日というのがあれば、
おおいに盛り上がることでしょう。

夕方からはお芝居でも観ようかと思っていたのですが、
ご飯食べたら眠くなっちゃって、
疲れちゃって、
結局家帰って寝たりいろいろして、
こんな時間に日記書いてる訳です。

黒にんにく

テーマ:
昨日、黒にんにくというものをひとかけもらいました。
外側は普通のにんにくがちょっと茶色くなった感じなんですが、
あの白い皮を剥いてみると、
中から真っ黒なにんにくが出てくるんです。
食べてみると、
なんとプルーンのような味。
にんにくのにおいもほとんどありません。
にんにくをめちゃくちゃ熟成発酵させるとこうなるらしいです。
でも、高いらしいです。
おいしかった。
ごちそうさま。

それから西麻布のGAROさんにまた行ってきました。
チャンジャとタン刺しレバ刺しネギ焼き漬物盛り合わせなどなど、
とおいしい焼酎、黒丸と伊佐美をいただきました。
もうペロンペロンに酔っぱらっちまいました。
全部すごくおいしかったです。

今日は劇団の先輩、相棒でおなじみ山西惇さんが出てる、
『逝った男の残したものは』というお芝居を見てきました。
面白かったー。
水谷龍二さんの脚本はいつもながらに面白いし、
竹下景子さん、綿引勝彦さん、ベンガルさん、
大人のお芝居はおもしろいですね。
力が抜けてるっていうか。
あんな大人になりたいなあ。

そういえば山本耕史くん、
近所に住んでたんですが引っ越したかも知れませんが、
『ヘドウィグ・アンド・ザ・アングリーインチ』
またやってますね。
実は『ヘドウィグ』のコンサートの稽古を、
ちょろっと見学させてもらったことがあるんです。
この前のイシハラバヤシでも、
『ヘドウィグ』の中の歌を石原正一さんが歌ってました。
『ヘドウィグ』はミュージカルというよりも、
ロックコンサートっていう感じです。
耕史くんかっこよかったです。
舞台だけでも楽しいですが、
映画を見てから舞台を観た方が面白いと思います。
是非観てみてください。

コブクザクラ

テーマ:
昨日見た桜はコブクザクラという名前で、
「子福桜」と書き、花びらが多くて、
10月下旬と3月に咲くそうです。
もともと冬に咲く桜なんですね。
十月桜(ジュウガツザクラ)と支那実桜(シナミザクラ)の雑種。
十月桜は十月に咲くから十月桜。
支那実桜は支那から渡って来た実桜。
実桜というのは、
桜桃、つまりさくらんぼがなる桜。
果物屋さんで売ってるさくらんぼはセイヨウミザクラ。
支那実桜のさくらんぼは野生な感じらしい。
ということは子福桜もさくらんぼがなるのかな。
もうちょっとしたらまた見に行ってみよう。

桜が咲きました

テーマ:
今日、小石川の播磨坂桜並木を通っていたら、
桜が咲いてました。
$後藤英樹の三日坊主日記-桜寒いのが急に暖かくなるならわかるのですが、
急に寒くなったのに、
桜もトチ狂っちゃったんでしょうね。
なんだかかわいそうになりました。

それから、江戸川橋の、
「Buono Tubu Tubu」というお店に行きました。
ここ、なんか、オーガニックとかなんとかのお店で、
全く動物系を使ってないお店なんです。
で、高キビトマトソースのパスタのランチをいただきました。
ひじきのサラダとみそスープとパスタ。
おいしゅうございました。
1000円でございました。
$後藤英樹の三日坊主日記-高キビトマトソースランチ

帰りにパスタカードというのをくれました。
パスタの説明が書いてありました。
「高キビトマトソース
 大地のエネルギー溢れる高キビを厳選したトマトと煮込みました。
 高キビ、トマト、大根、タマネギ、ナタネ油、ゴマ油、自然塩、
 しょう油、バジル、イタリアンパセリ

 高キビ
 原産地 アフリカ
 味の個性 歯ごたえキュッキュッ。
 効用 解毒効果が高くアレルギーを改善する。
    食物繊維が豊富でマンガン、鉄分に富む。

 野生の生命力を持つ穀物が雑穀です。
 ひと皿のTUBUTUBUパスタソースには
 数千粒の雑穀が含まれています。」

このカードを6種類集めてディナータイムのオーダー時に
提示すると、集めたお客様とお連れ様全員に、
1ドリンクサービスだそうです。

ボナ!つぶつぶ
http://www.b-tubutubu.com

おいしかったですよ。

夜にはスタジオライフの『十二夜』を観てきました。
いやー、面白かったです。
一昨年に出た『森は生きている』の、
プロデューサーさんや演出助手さんたちも来てて、
その時の共演者のおいちゃんやじんくんは出てるし、
なんか懐かしかったです。
東京では今週末まで、
大阪はもうちょっとあとでやりますので、
是非見に行ってください。
大阪は完売らしいですが・・・。

マッサージ

テーマ:
昨日は、中目黒まで自転車で往復1時間かけて、
マッサージをしてもらいにいってきました。
ほぐしの達人というお店で、
60分2980円なんです。
安いんです。
でも、中目黒遠いです。
いい運動になっていいんですが。
新宿四谷近辺で格安のマッサージ屋さんないですかー?

温泉とマイケルに行ってきました。

テーマ:
今日は寒いですねぇ。
いきなり冬になっちゃいましたね。
もう11月ですもんね。

というわけで、
今日は温泉に行ってきました。
「前野原温泉 さやの湯処」
http://www.sayanoyudokoro.co.jp/
都営三田線の志村坂上という駅から歩いて10分ぐらいのところ。
7月の舞台「See You Again!」が終わった後に、
初めて行った温泉です。

家を出た時にはきれいな月が出てたのに、
志村坂上についた時には雨が降ってました。
でも、そんなたいした雨じゃなかったので濡れていきました。
風がすごく強くて寒かったです。
入館料は800円。
すごく寒いので露天風呂は気持ちよかったです。
平日の夜なのに子供連れのお父さんおじいちゃんが多かったです。
明日休みだからか。
1時間ぐらい入って出ました。
そしたら、ちょっと雨が強くなっていたので、
傘を買おうと向かいのイトーヨーカドーに入ったら、
1000円と1500円の傘しか売ってなかったので、
ちょっと歩いてセブンイレブンで525円の傘を買いました。
駅に着く頃には小雨になってて悔しかったです。

で、家に帰る途中で、「そうだマイケル行こう!」と思い立ち、
急いで家に帰って、映画の時間を調べてバルト9に行きました。
23時25分の回でした。
『マイケル・ジャクソン THIS IS IT』
いやー、すごかったです。
昔、PV観ながら一緒に踊ってたのを思い出しました。
本番みたかったなあ。
それほど大ファンではなかったけど、
何回か泣きそうになりました。
もう遅いから人が少ないだろうと思ったら、
429席のうちの半分以上いました。
でも、飲んでから来てた人が多かったのか、
遅れて入ってくる人も多く、
上映中にトイレに行った女性も5人。
クレジットが出た瞬間に出てったのが女性二人組。
クレジットの横に画像が出てたのが、
文字だけになった瞬間に出てった若いカップルは、
女性はからだをかがめて画面を横切っていたけど、
男性はゆうゆうと堂々と歩いていきました。
でも、クレジットが終わった後も、
まだまだ観るところがあったので、
あーあ、かわいそうにと思ったのでありました。

もう一回観ようかな。
ところでIMAX版って普通のとどう違うの?

『約束』終わりました。

テーマ:
劇団芝居屋 第18回公演 『約束』
昨日を持ちまして、無事千秋楽の幕を下ろすことができました。
賛否両論いろいろありますが、
概ね好評でございました。
観に来ていただいた皆様、本当にありがとうございました。
観に来られなかった皆様、DVDを作るみたいなので買ってください。(笑

特攻隊員の役ということで、
いろいろ映画を見たり、本を読んだりしましたが、
少しでも近づけたのかな?
特攻隊員の役ももうないでしょうね。

『約束』を見た人は、いろんなことを考えてくれたみたいで、
ありがたいです。

恥ずかしながら、声を枯らしてしまいました。
全然出ないことにならなくてまだよかったです。
まだまだ修行ですね。

次は年末の石原正一ショーです。
それまではまた映画観たり、本を読んだり、美術を鑑賞したり、
音楽を聴いたり、日々の生活を楽しんだり、
いろんなことを吸収して充電の期間です。

ほんと疲れました。
温泉でも行こうかな。