偽善者ですが何か?

テーマ:
昨日、友達と飲んでるとき、
障害者に対する接し方みたいな話になって、
「相手が困ってるそぶりをしていたら手を貸すのに、
 相手が、こちらが手を貸すのが当たり前、みたいな態度を
 とっていると、手を貸したくない、っていうのは、
 偽善なのではないか?」
という話になりました。
また、障害者が困ったことをしているのに対して、
「この人は障害者なんだから、しょうがない」
と自分が我慢すること、
そして、そのことを注意しないことは、
やっぱり偽善なのではないか。
うーん、難しい話であります。

ある友人の日記で、あることを知りました。
以下のことですが、ぼくは署名しました。
でも、今日は一日そんなこと全然思い出しもしないで、
だらだらした一日を過ごしました。
これもやっぱり偽善なのかな。
ということを言ってること自体偽善なのかもしれません。
でも、ぼくは偽善でいいんだと思います。
偽善でも何でも、誰かにとっていいことをすればいいのです。
本人がどう思おうがなにしようが、
結局はいいことをしているのだと思います。

以下は、その友人の日記の一部のコピペです。
これを読んでくれた方が、どうしようがその人の勝手で、
ほめられることも非難されることもないことだと思います。


ペガー・エマンバシュクさん、イラン人女性、40歳。2005年にイランを脱出し、イギリスで難民申請をしたが、それが認められずにあと数日で故郷のイランに強制送還されようとしている。彼女は、レズビアン。レズビアンであるということは、イスラム法の下、イランでは死を意味する。石打ちの刑に処されることもある。

殺される確率が高いとわかっていて、彼女をこのまま強制送還させていいのか。国際難民法の述べる難民の定義を引用するが、「…人種、宗教、国籍もしくは特定の社会的集団の構成員であるということ又は政治的意見を理由に迫害をうけるおそれがあるという十分に理由のある恐怖を有するために国籍国の外にいる者」(難民条約第1条)とは、彼女のことではないのか。

彼女の強制送還は、国による殺人である。これは許しがたい犯罪であり、人命の冒涜だ。
国際社会は黙って見すごしていけない。ペガーさんのために一人一人のアクションを求めたい。

【英語サイト】
インディーメディア:
http://www.indymedia.org.uk/en/2007/08/379580.html

シェフィールドのメディア:
http://www.indymedia.org.uk/en/regions/sheffield/2007/08/378415.html

ネット署名(英語):
http://www.petitiononline.com/pegah/petition-sign.html


【日本語訳ブログ】:
http://pega-must-stay.cocolog-nifty.com/blog/


ネット署名(英語):
http://www.petitiononline.com/pegah/petition-sign.htm





と思ったんですが、もう署名は終わってるみたいです。
でも、こんなことがあったということだけ知っていて欲しいです。
AD

ただいま~

テーマ:
大阪でのイベントも無事終わりました。
実は、某アニメをもう一度見直してみたところ、
ぼくがやる役の声が、今まで思っていたより、
高かったことに気づき、
その高さで今回はやってみたので、
正直似ていたのかどうか、自信がありません。
でも、一生懸命やりました。
楽しかったです。
今日は京都の友達の家に遊びに行き、
終電で帰ってきました。
明日は一日休みなので、
ぼーっとしようかな。
AD

酔いどれメール

テーマ:
この前、そんな飲んだつもりじゃないのに、
ものすごく酔っ払って、
しかも酔っ払いながら、某友人にメールをしていた。
まず、その友人からメールが来た。
ぼくが送ったメールに対して質問のメールだったのだけど、
なぜか、ぼくは送ったメールを削除していたみたい。
で、その返信で送ったメールが、
「新宿の駅でしばらくぼーっとしてたけど今日はまっすぐ名前あり」
そしたら、友人から返事。
「名前あり??」
そして、それに対するぼくの返事が、
「(前略)とりあえず今日は自分の家にすんでのところで特につながッてる」
うーん、自分で読んでもわけがわからない。
しかも、「つながってる」の「っ」だけ、
「ッ」とカタカナにするという小技まで使っている。
はあ。
お恥ずかしい。
酔っ払ってメールするのやめようと誓ったのに・・・。
某友人さん、変なメール送ってごめんね~。(^-^;)
AD

Gを読む 「アイセンシヘン」

テーマ:

来週の土曜日、大阪でイベントに出ます。
大阪に帰るのは、元旦以来だなあ。


イベントのタイトルは、
chanko girls cafe presents『Gを読む「アイセンシヘン」』
わかる人にはわかるでしょう。

某アニメのキャラクターデザインをした方が、
そのアニメをマンガとして書き直した、
某マンガを、集団で朗読します。
出演者は石原正一、後藤英樹、美津乃あわ(ファントマ)、浅野彰一(ファントマ)。
内容は、髭中尉と愛人と坊やの部分を集中して。
3人のキャスティングはわかりやすいが、
あと一人は何の役をするのかも、お楽しみ。


イベントの詳細は、こちら。
http://www.k3.dion.ne.jp/~halashow/index.html
場所が書いてないみたい・・・。
場所は、common cafe、HPはこちら。
http://www.talkin-about.com/cafe/
40人限定らしいので、ご予約はお早めに。
ぼくに言ってもらっても取りますよ~。

精一杯やりました!

テーマ:
今日はCM大会の本番でした。1時半に池袋に集合し、会場に移動。CM大会の持ち時間は各団体2分間。テエイパーズは劇中で踊るダンスを披露することにしました。2時15分から、15分間、舞台上で位置決めをしたり、音に合わせて踊ったり。ところが!持ってきたMDに入ってる音源の形式が、劇場のデッキでは再生できないらしくて音が出ない!とりあえずその場はカウントを数えながら踊りました。本番までになんとかする、ということで。それから5時までフリー。30団体ぐらいが入れ替わり立ち替わりなので、楽屋にいても邪魔になるし、ご飯を食べに外に出て、一人でゲーセンに入ったりしながらふらふらと時間をつぶしました。5時になって、みんな揃ったので、表の公園で練習!実質稽古は二日間だったので、みんなまだ完璧ではない。でも本番には間に合わせようと必死で練習。前の団体が来なかったらしく、開始時間繰り上げ。その間もひたすら練習。さあ出番だ!そでに入って待機。「それではテエイパーズハウスのみなさんです!」さあ行くぞ!MDのスイッチオン!さあ行くぞ!…さあ行くぞ!…音が出ない…MDはまわってんのに音が出ない…もうしょうがない、音無しでやるぞ!まずは女の子たちによるポリネシアンダンス。よしえちゃんが音のない分、声を出してカバー。それから男たちと女性2名による戦いの踊り。こちらは足踏みをしたり、手をたたいたり、常に音がなってるので、音楽がなくてもまだましだ。しかし、途中で時間いっぱい退場のブザーが。それがなったら退場しなきゃいけないと言われていたので、やめそうになったけど、意地で最後までやり通しちゃいました。音がでなかったというのもあって、大目にみてもらいました。音がでなかったのは非常に残念!でも精一杯やりました!是非本番を観にきてください!

CM大会

テーマ:
9月27~30日にぼくが出演する舞台、
SPPTテエイパーズハウスの『合歓版 南太平洋』は、
第19回池袋演劇祭に参加しています。
で、

と、ここまで書いたところで地震がありました。
かなり長い間揺れてました。
その瞬間、テレビをつけてNHKにしました。
するともう既に地震のニュースが文字で出てました。
ちょっぴり余震もすぐにありました。
震度3だったそうです。
こわいです。
震源地は千葉の東方沖みたいです。
震度4でよかったです。
新潟の地震のときも揺れましたねぇ。

で、第19回池袋演劇祭の前夜祭「予告編CM大会」が、
8月17日午後6時から東池袋の区民センター文化ホールで
行われます。
各団体が持ち時間2分間で、CMをするというイベントです。
今日の稽古はその稽古をしました。
入場無料なので、是非皆様観に来てください。
ぼくも出ています。
詳しくは
http://www.toshima-mirai.jp/event/060930.html
を見てみてください。
テエイパーズがどれぐらいの時間に出てくるのかは、
よくわかりませんが、
がんばってるので、観に来てください。

メッセージ?

テーマ:

昨日、仕事中に、なにげなく辺りを見回し、
視線がパソコンの画面を通り過ぎた瞬間、
文字を入力するところに大きなひらがなが4文字見えた。
「なに?」と思って見直してみたがなにも書かれていない。
もしかして、周りのどこかに書かれてある文字と、
パソコン画面が同化して見えたのかと、
周りを見回してみたけれど、そんな文字は一切ない。
そのときは、はっきり文字が見えたのだが、
1時間もすると、なんて書いてあったのか忘れてしまった。
「あかぱけ」とかそんな感じの文字だった。
なにかのメッセージだったのだろうか。


そういえば、『森は生きている』の出演者に、
手相が診れるという人がいて、診てもらった。
ぼくは時々、手のひらをくっつけたり離したりして、
両手のひらの間に気のボールを作るというのをやる。
ほんとか錯覚かわからないけど、なんか面白くてやってる。
それを場当たり中に舞台袖の中でやってたら、
みんなが面白がって寄ってきた。
ぼくが指先から相手の手のひらに気を送る真似事をやってみると、
みんな、感じる感じる~と喜んでくれた。
そのときに、その人が突然、言ったのである。
「あなた霊媒体質でしょ。」
そして手相を診て「やっぱり」と言った。
確かに、昔、霊能力者のおばちゃんにも言われたことがある。
時々、背中の、天使の羽の付け根あたりがものすごく痛くなる。
そういうときは、霊にとりつかれているらしい。
で、そのあと、ちゃんと手相を診てもらった。
すると今度はこんなことを言われた。
「あなた、植物とお話ができるわね。」
いいえ、できません。
この前、田植えツアーに行った時に、森の中で、
小市くんが木に抱きついていたので、真似してみたが、
何も感じなかった。w
それから、こんなことも言われた。
「あなた、観音様がついてるわ。優しい顔の観音様じゃなくて、厳しい顔の観音様。」
へぇ~~。
それは初めて言われた。
阿修羅像の写真はうちの父親が好きで、
ずーっと家に飾ってあったけど、
それとは違うのだな。
でも、なんかうれしかった。
観音様、いろいろ頼みますよ~。

イリュージョン

テーマ:

昨日、新宿の辺を歩いていたら、
道でセミが地面に転がってジージー鳴いていた。
すると、前を歩いていたおっさんが、かわいそうに思ったのか、
そのセミを拾い上げて飛ばしてやった。
すると、そのセミは消えた!
おじさんも足についてるんじゃないかとか
いろいろ周りを見回していたが、いない。
消えた。
てじなーにゃ!


今日、方南町の辺を自転車で走ってたら、
おばあちゃんが、歩道に咲いている白い大きな花を、
3つぐらい摘んで、車道に投げ捨てていた。
おばあちゃんは、きっと、アスファルトの車道を、
白い花で埋め尽くそうとしたんだろうな。
てじなーにゃ!


今日、ひまだったから、
『森は生きている』でいろいろ検索して読んだ。
及川くん、大人気ですねぇ。
まま母と義姉のコンビだったのに、
『義姉が面白かった』という文章ばっかり。
ちょっぴりへこみました。w
去年の笠原さんがものすごく面白かったらしく、
「後藤さんを笠原さんに置き換えてみてました」
とか。
「笠原さんと及川さんのコンビで見たかった」
とか。
うーん、もっとがんばらなきゃ。
でも、お一人様だけ、
「後藤さんのまま母、スキ」と書いていてくれた人がいて、
神様に見えました。
てじなーにゃ!


今日は、昼間、
不消者(けされず)第十二回公演『好敵手あらわる!!』
を観た。とてもよくできたお話で、役者さんもよかった。
面白かった。泣いた。
夜は、『錦繍(きんしゅう)』を観た。
暗くて尺八の音と役者さんの声が心地よく、
異次元の世界へ何度も旅立ったが、
とても面白かった。
眠くなるからだめなお芝居ではないのだ。
てじなーにゃ!

ごほうび?

テーマ:

『森は生きている』無事(?)終了いたしました。
観に来ていただいた皆様、ありがとうございました。
観にこられなかった皆様は、
たぶん、おそらく、ライズプロデュースから、
DVDを販売いたしますので(まったくの憶測ですが)、
買ってください。w
いやー、観にこられなかった皆様、
残念なことをしましたよ。w
大人も子供も楽しめる、ミュージカルが苦手な人も楽しめる、
いい舞台でした。
ぼくもがんばりました。
小さなハプニングもいろいろありましたが、
(観に来ていただいた皆様すみません・・・)
汗だくになってがんばりました。


そのごほうびなのか、
今日は友人の誘いで、
『レ・ミゼラブル』を観てきました。
15年ぶりぐらいかな。
とても好きなミュージカルで、
自分の中で美化しすぎていたのか、
前半は「あれ?」って感じでしたが、
後半はいろんなところで泣いてしまいました。
昔から知っている橋本さとしさんが、
ジャンバルジャンを演じていらしたのが、
なんか不思議な感じでした。
ああ、やっぱりこれ好きだなあ、と思いました。

楽日

テーマ:
あけて今日は千秋楽です。
一緒に出てるみんなとも仲良くなりました。
場違いだった、ミュージカルの現場にも溶け込めてきたかな。
今回は、ちょっとお値段がお高いし、
ミュージカルの苦手な人もいるし、
で、ぼくのお客さんは少なくて、
ちょっぴり寂しいですが、
その他のお客さんが、面白かった、
といってくれるのでうれしいです。
今日はマイミクthGIちゃんが観に来てくれました。
ぼくと同じぐらいの年のおっさんですが、w
感動して涙が出そうになった、と言ってくれました。
娘を苛め抜いた甲斐があったというもんだ。w
今日の二回でもう終わり。
本番始まると4日間なんてあっという間だなあ。
もっといろんな人に観てもらいたい舞台でした。
最後の二回、がんばります!