お久しぶり

テーマ:

今日は、『森は生きている』の通し稽古を2回やった。
女の子たちがダブルキャストなので、
AチームとEチームの両方。
2幕あって、休憩15分を入れて、2時間半ぐらい。
ぼくは1幕でまず汗をかき、
2幕の前半で汗だくになり、
2幕後半はちょっぴり汗。
やせるかなあ。
でも、やっぱりこのミュージカル楽しいです。
面白いです。

稽古が終わってから、
大阪の某劇団の東京公演の公演後の飲み会に参加。
みんなから、「え?観てないの?」と非難ごうごうでしたが、
その公演の出演者、スタッフさん、
東京に住んでて観に来た役者さん、などなど、
懐かしい方々に久しぶりにお会いできて、とっても楽しかった。
男女入れ替えというお芝居で、
観た方に聞くと、この値段では観れないお芝居を観た、
という感想を聞いたので、
『森は生きている』の参考になるかなあ、と思いましたが、
お芝居明日までで、ぼくは明日も二階通し稽古なので、
観れません。
うーん、残念。
いやー、楽しかったです。
で、帰ってきてから、今日中に返さなきゃいけない、
DVD「愛についてのキンゼイレポート」観ました。
面白かった。
キンゼイレポートって名前は聞いたことあるけど、
そんなことしてたんですねぇ。
お勉強になりました。
さあ、明日もがんばるぞー。

AD

美しの湯

テーマ:
実は、引っ越してきてから、
お風呂の水を流すと流れずに床にたまるという現象が続いていた。
この前、お風呂の水を抜いてから、
もう一度お風呂に湯をため、
さらにその湯を流すということをしたらものすごい洪水になった。
すると、大家さんが飛んできた。
大家さんの部屋に水漏れしたらしい。
しかもザーザー振りだったらしい。
なんちゃらトラップという排水溝にはまっているおわんをとったら、
すんなり全部流れた。
ははあ、このせいか。
と思った。
ぼくが家を空けている間に、
二度ほどやってきて、調べた結果、
排水溝のふたの網にたまった髪の毛が問題だという。
そんな訳がない。
確かにちょっぴりたまってはいたが、水が流れないほどではない。
結局、床の隅とかをもう一度、コーキングすることになった。
しかも、ちょくちょく髪の毛がたまってないか、
大家さんのチェックも入ることになった。
天井を直すとなると百万円以上かかるらしいので必死である。
今日、朝8時半に、玄関のノックで起きた。
職人さんが3人と大家さんが来た。
職人さんたちはそれぞれ別の職種らしい。
よくわからない。
風呂桶をとりはずしたら、床がえらい汚れていたので、
掃除からはじめる。
大家さんも職人さんに任せておけばいいのにずーっといて、
なんかと手伝おうとする。
ぼくも立ち会わなきゃいけないのかと思って、
1時間ぐらい付き合っていたが、
風呂桶をはずしに来ただけの職人さんが、
「五時ぐらいにまた来たらいい?」と帰っちゃったので、
そんなにかかるのかと、部屋のほうに戻る。
トイレに行きたくなったが、作業中。
今日は2時に家を出ればよかったのだが、
寝れるような状況でもないし、仕方なくもう家を出ることにする。
選挙の不在者投票に行って、ついでに図書館によってみる。
新井満さんの『千の風になって』という本を発見。
秋川さんの歌で有名になったらしいが、聞いたことがない。
ひらいてみる。
泣いてしまった。
声を上げそうになった。
図書館の棚にもたれて。
涙がいっぱい出た。
去年の7月の末に亡くなったあの人のお葬式で、
その人の会社の社長さんが朗読した詩だと気がついた。
もうすぐ一周忌。
本番前だから行けない。
ひとりカラオケでも行って歌おうかな。
でも、歌は知らないや。
そのあとは、近くのスポーツクラブに併設されている、
美しの湯というスーパー銭湯に行った。
気持ちよかった。
ちょっと寝た。
それから稽古に行った。
AD

大詰め

テーマ:

『森は生きている』の稽古も大詰めに入ってきて、
明日からは、通し稽古と小返しの連続です。
もう来週本番ですからねぇ。


というわけで、
今日はあらすじをご紹介。
かなり詳しく書いちゃうので、
予備知識なしで観たいと言う方は、
よまないでください。(^-^)
でも、お話を知っていても、楽しめますよ。



お父さんもお母さんも死んでしまって、
まま母の家で育てられた娘。
ある年のおおみそかに、
森にまきを採りに行かされた娘は、
宮殿から新年のお祝いに飾るもみの木をとりにきた老兵に出会う。
老兵は娘にある伝説の物語をする。
大晦日の夜には、
1月から12月までの12人の森の精が一堂に会するという。
一方、この国の女王様は、まだ幼いが、
お父さんもお母さんも死んでしまって、
誰にも道徳や常識を教えてもらえず、わがまま放題。
自分の望みの叶わないことなどない、と、
新年のお祝いに、春に咲くマツユキソウが欲しいと言い出す。
「今年から、12月の次は4月にする、
 新年のお祝いにかごいっぱいのマツユキソウを持ってきた者には、
 そのかごいっぱいの金貨を与える」
というお触れを出す。
それを聞いた娘のまま母と義姉は、
マツユキソウを採って来いと、娘を森にやる。
森の中で娘は1月から12月までの精に出会い、
1時間だけ4月にしてもらい、マツユキソウを採ってくる。
しかも、呪文を唱えれば4月の精が助けに来てくれるという、
指環をもらう。
ただし、今日あったことも、指環のことも一切しゃべってはならない、と約束する。
マツユキソウが手に入り大喜びのまま母と義姉は、
さらに、その指環を見つけ、隠してしまう。
娘は指環が無くなったことを知り、絶望のどんぞこへ。
一方、女王はマツユキソウを見て大喜び。
口から出任せで、マツユキソウだけではなく、
いちごやスモモもあったという、まま母と義姉の言葉を聴き、
みんなで採りに行こうと言い出す。
困ったまま母と義姉は、娘をだまし、一人で森にやり、
そのあとをこっそり女王一行とついていく。
だまされたことを知った娘は、
精たちに教えられた「絶望の道」へとみんなを導いていく。
さて、みんなはマツユキソウやイチゴやスモモを手に入れることができるのか。



どうです?
面白そうでしょ?
童話のような話だけど、実はスターリン批判として書かれたとか。
また現代社会への警鐘でもあったりして。
是非観に来てください。

8月2日~5日
シアター1010にて。
メッセージ、メール、電話をいただければ、チケットとっときますよ。
よろしくお願いします。

AD

砂利

テーマ:

今日の昼は自炊しました。

今まで料理なんて本を見てしか作れなかったけど、

なんだか適当に作ってみました。

すももぐらいの大きさのフルーツトマトを細かく切って、

バターでおろしにんにくを炒めたところに入れて、

オリーブオイルと塩コショウで味付けして、

トマトソースを作って、

パスタをゆでて、水洗いして、

ちぎったレタスとパスタとトマトソースをまぜて、

冷製パスタの出来上がり。

適当に作ったにしてはなかなかおいしかったです。


それから、ダンダンブエノの『砂利』を観てきました。

心の空白部分をなにかで埋めようと必死にがんばっている人たちのお話。

自分も同じだなあと思うようなこともいっぱいあって。

すごくよかったです。

客席のフラットな部分の一番後ろだったので、

役者さんの腰から下ぐらいからあんまり見えなくて残念でした。

でも、そんなこともあんまり気にならなかったです。

ぼくも仲間に入りたかったです。w

1幕通しました。

テーマ:

『森は生きている』の1幕の通し稽古をしました。
ダブルキャストのチームがあるため、
2回しました。
おもしろーい!
今まで、自分の出てるシーンばっかりで、
他のシーンはあまり観たことがなかったのですが、
いやー、おもしろいです。
ミュージカルです。
楽しいです。
子供向けと侮るなかれ。
おもしろいので、ぜひ観に来てください。
でも、高いので無理せずに。
S席7,500円、A席5,000円です。
8月2日~5日シアター1010です。


夜は9月のお芝居、
SPPTテエイパーズハウス『合歓版 南太平洋』の稽古。
こちらは9月27日~30日シアターグリーンBOX in BOX THEATER
前売り3,500円(学割2,500円、小人1,500円)です。
こちらも観に来てください。


『森』も『南太平洋』もどっちも観に来てください。
無理ならどっちか観に来てください。
どっちも無理なら仕方がない。
観に来ていただける方はメッセージなり、
メールなり、電話なり、お手紙なり、ください。
チケットを予約します。
直前でも全然大丈夫です。
なんなら、当日、受付で『後藤の知り合いなんですけど』
と言っていただければ、前売り扱いで入れます。

ではではよろしくお願いします。

ただの記録です

テーマ:

またもや近況報告です。

まず、15日はB→topsを観にいくと、
前の日記に書いてましたが、
どうも観てから衣裳合わせに行くとぎりぎりになりそうなので、
やめて、衣裳合わせが終わってから、
ポツドールの『人間[m:46]失格』を観てきました。
別に知り合いも出てませんでしたが、
突然観てみたくなって観てきました。
そのあと、熊猫楼の打ち上げに無理やり参加してきました。
16日は『森』の稽古がなかったので、
B→topsの『三文芝居狂詩曲』を観て、
またもや打ち上げに無理やり参加してきました。[m:206]
17日は『森』の稽古に行って、
家に帰って、テレビを見てました。
DVDで『グリーンデスティニー』を観ました。
18日は朝からなんかある気がしてました。
でも、劇団ナインスターズのゲネプロ&初日だと思いつきました。
『森』の稽古がスケジュール変更の上、時間が押して、
8時ぐらいまで稽古してました。
それから、ラーメン次郎、初体験。
一人で歌舞伎町のお店に行き、周りの人の様子を観て、
知ったような顔して、
「野菜にんにく増し」と注文。
すごいもやし。
そしてすごいにんにく。
うーん、スープはおいしかったけど、麺はあんまり好きじゃない。
それから、帰ったら、メール。
「テエイパーズの稽古に来ると聞いていたのですが、
 どうなさったのでしょうか?
 心配でメールしてみました」
ぎゃー!
気にかかっていたのはこれだったのか!
ごめんなさい。すっかり忘れてました。
西麻布とかに遊びに行ってなくてよかった。
いや、稽古行ってなかったんだからよくないよくない。
家で『ジョーブラックによろしく』のDVDを観ました。
19日は、『森』の稽古のあと、電車で新橋へ。
新橋演舞場、松竹会館と懐かしい景色を見ながら、
築地本願寺へ。
劇団Nine☆Stars『オニたちの詩』築地ブディストホール。
で、今日20日は『森』の稽古に行った後、
時間があれば、『天使だらけの傷』に日替わりゲストに来ていただいた、
Dr.エクアドルさんの劇団ゴキブリコンビナートを、
観にいってみようかなと思っていたのですが、
稽古が終わったのが20時だったため、断念。
明日は『森』の一幕通し稽古。
そのあとはきっとテエイパーズの稽古だ!
明日は行こう。ふふ。

近況報告

テーマ:
今週は芝居をよく見てます。
火曜日は『東京タワー』の舞台版。
八十田さん、三上さんが出てて、いい味出してて、
萩原聖人さん、昔から好きな役者さんだからよかった。
水曜日は、9月のテエイパーズの稽古初日に行って、
木曜日は新宿村で『森は生きている』の稽古をして、
そのまま、新宿村Liveでやっている、MCR『愛憎』を観た。
そとばの先輩、小椋あずきさん主演の舞台。
すごく面白かった。
あさってまでやってますのでぜひ観てください。
金曜日はダブルヘッダー。
元絶対王様のしいたけをさんが出ている、
フライングステージという劇団の『サロン』というお芝居。
桜沢エリカさんのマンガを舞台化したもの。
終わった後、桜沢さんとのトークショーみたいのもあって、
楽しかった。
ゲイの劇団らしく、話もゲイの恋愛の話なんだけど、
面白かったです。
その後は、『プリンセスと拙者』で共演した金子俊彦さん主宰の、
熊猫楼『月に溶けていく』。
客入れにずっとラジオから流れてるユーミン。
なんか懐かしい気分。
ほんわかぽっぽなおしばいで、すごくやさしい気分になりました。
だきしめてあげたくなるお芝居でした。
これもぜひ皆様にみていただきたいお芝居でしたよ。
今日は、『森』の稽古のあと、B→topsさんのお芝居を、
観にいこうと思っていたのですが、
稽古がおしてしまって、とても間に合わなかったので、
今日はあきらめて帰って、またテレビ見ながらうとうと。
夜の10時から、マイミクかさぼうさんの撮った映画も上映する、
イベントが渋谷であるらしく、
しかも、ぼくが出演した超短編映画も上映されるらしかったのだが、
台風に備えて部屋でだらだらしてました。
かさぼうさんごめんなさーい。
明日はB→topsさん観にいって、『森』の衣裳合わせ、
の予定です。

偶然!

テーマ:
昨日、稽古の帰り。
電車で池袋駅で乗り換えのとき、
もう終電ぎりぎりだった小畑さんが、
階段を走り出した。
ぼくらはまだ余裕があったけど、
しょうがないから追いかけた。
ホームに着くと、ちょうど、
小畑さんが電車に乗り込みドアが閉まるところだった。
すると、なんと!
小畑さんが乗り込んだところに、
演劇ユニット『熊猫楼』の人たちがもともと乗っていたみたい。
なんという偶然!
『熊猫楼』、昨日ホール入りで、
明日から本番らしいです。
いつ観にいこうかなぁ。

ブロードウェイ

テーマ:

今日は『森は生きている』のダンスの稽古だった。
及川くんと二人で歌う歌が二曲あるので、
二曲、歌って踊ります。
振り付けは、名倉加代子先生。
『わが歌ブギウギ』の振り付けも名倉先生だった。
『ブギ』はぼくはダンスはまったくなかったので、
お話しすることもなかったのですが。
名倉先生はすごい先生らしい。
ダンスっぽくないダンスなのでよかった。
なんか楽しいです。

で、今回はおばさん役なので、
稽古にスカートが必要。
そこで、今日、買いに行くことにしました。
及川くんに「どこで売ってるの?」と聞くと、
「ああ、中野ブロードウェイとかに売ってそうですね。」
行ってきました、中野ブロードウェイ。
すごいところですねぇ。
ビルの半分ぐらいまんだらけですね。
マンガとフィギュアとおたくまんさい。
服屋さんとか古着屋さんもあったけど、
スカートって高いんですねぇ。
500円ぐらいで売ってるのかと思っていたのに、
3000円とか4000円とかするし。
スカートを物色してるのも恥ずかしいし。
うーん、高い! せめて1000円でないものか。
高円寺に行ってみるか。
せっかく中野まで来ているから、
中野で稽古している某ユニットの稽古場におみやげ。
ブロードウェイで買ったドラゴンボールの悟空のキーホルダーに、
悟空の頭に似ているからバナナ、
それと『森は生きている』のチラシに、
「後藤英樹参上!!」と書いて、
稽古場の外に置いてきました。
稽古場はのぞきませんでした。
稽古場の近くのお店で1050円でスカートもゲットしました。
あとから、稽古場では全員大爆笑とのメールをいただき、
よかったよかったと胸をなでおろしました。

よるは久しぶりにだらだらとうとうとしながら、
テレビを見てすごしました。

こけた・・・

テーマ:

昨日は、お昼に『森』の歌稽古があって、
そのあと、新宿西公園でぼーっとコーヒー飲みながら蚊にさされ、
いったん家に帰って、
ねこちゃん、小田さん、のりちゃんの出ているお芝居の、
稽古をのぞきに行ってまいりました。
というか、ねこちゃん主宰、作演出出演のお芝居です。
演劇ユニット『熊猫楼』第一回公演『月に溶けていく』です。
家の近くで半額で売ってた手作りわらびもちと、
最近どこにでも売っている佐藤錦というさくらんぼを、
お土産に持っていきました。
みなさん喜んで食べてくれました。
2シーンほど観させていただきました。
がははと大笑いはしないけど、
むふふ、くすくす、にんまりとするようなお芝居。
本番が楽しみです。
うーん、稽古はやっぱり楽しいなあ。


さっき、家に帰ってくるとき、事故にあいました。
自転車に乗って細い道を走っていたら向こうから車が。
ぼくは右側を走っていたのでもっと右に寄ろうと思ったら、
壁際に停めてカバーまでかかっていた自転車のハンドルと、
ぼくの自転車のハンドルが接触!
あっと、左にバランスを崩したところへ、
向かい側から来た車から飛び出たバックミラーが、
ぼくの自転車の左ハンドルと接触!
さらにバランスを崩してこけました。
ぼくは全然スピードを出していなかったので、
ただたんにごろんと転がっただけで、怪我もなかったし、
自転車もこわれてませんでした。
車が停まって、運転手さんが出てきそうだったので、
「ああ、大丈夫です。大丈夫です!」
といったのですが、
どうやら、自分の車が傷ついていないかが心配だったらしく、
傷ついてなかったので、
「大丈夫です」と言って去っていきました。
でも、そのあと、自転車に乗りながら、
やっぱりひざとかいたーい。
でも、みんな悪いし、みんな悪くないんだよね。