ありがとうございました

テーマ:

2月25日(日)をもちまして、

劇団ナイン・スターズ旗揚げ公演

「RUN FOR YOUR WIFE」

無事幕を下ろすことができました。

毎回満員ですごかったです。

お客さんもよく笑ってくれました。

1幕目がシーンとしている回でも、

2幕目は、まるでドリフかアメリカのコメディのように、

笑い声のSEを入れてるんじゃないかと思うほど、

爆笑につぐ爆笑でした。

いやー、面白い脚本でしたね。

うちの大家さんのご夫婦まで観に来ていただいて、

しかも、喜んでいただけました。

よかったよかった。

今までほとんどやったことない老け役も

最初は心配でしたが、

楽しんでできました。

また、こんな楽しいお芝居がしたいですね。

とりあえず、今日からはオペラ「タンホイザー」の稽古に返り咲きです。

今日は稽古場で一瞬、小沢征爾さんを見かけました。

こちらも楽しみです。

ただ、チケットは完売らしいです。

がんばります。

AD

いよいよ明日から

テーマ:
劇団NineStars旗揚げ公演「RUN FOR YOUR WIFE」の本番です。
眠いです。
明日はA班なので、出番はちょっとです。
でも、場当たりをして、ゲネプロをして本番なので、
ちょっぴり大変です。
まあ、主役3人のA,B両方出てる人はもっと大変ですが。
あさっては、B班のゲネプロをして本番です。
あと4日で終わっちゃうんだなあ。
なんだかさみしいですが、
最後のお祭り、じゃなく、本番がんばります。
チケットはかなり売れてます。
お客さんいっぱいでうれしいな。
AD

しつこいですが(*^_^*)

テーマ:

お芝居の宣伝です。

劇団Nine Stars旗揚げ公演
「RUN FOR YOUR WIFE」
作:レイ・クーニー
翻訳:小田島雄志・小田島恒志
演出:加藤毅
ExecutiveProducer:川瀬幸弘(㈱NASA ENTERTAINMENT)
TICKET:前売3500円 当日3700円(日時指定・全席自由)
VENUE:銀座みゆき館(http://www.enjoytokyo.jp/OD003Detail.html?SPOT_ID=l_00010432

SCHEDULE:2月22日(木)19:00~A
          23日(金)19:00~B
          24日(土)14:00~A/18:00~B
          25日(日)13:00~B/17:00~A
キャスト:
  ジョン   → 原口勝 A&B
  スタンリー → 杉本崇 A&B
  メアリー  → 黒柳じゅん子 A&B
  バーバラ → 葛西美名 A/審良友鼓 B
  トラウトン → 仲澤剛志 A/宮浦繁樹 B
  ポーターハウス → 猪瀬悟朗 A/後藤英樹 B
  ボビー   → 高杉勇次 A/芦原由幸 B
  記者    → 後藤英樹 A/仲澤剛志 B
あらすじ:
  舞台はロンドン。
  携帯電話がまだないぐらいのちょっと昔のお話。
  同性愛で捕まることはなくなったけど、
  二人の女性と同時に結婚すると捕まっちゃう時代のお話。
  でも、タクシードライバーのジョンは、
  メアリー、バーバラの二人の妻と重婚生活。
  朝はこっち、夜はこっちと、厳しいスケジュールをこなしていたが、
  ある事件に巻き込まれ、そのスケジュールが大狂い!
  心配する二人の妻はそれぞれ地元の警察に捜索願いを。
  意識が朦朧とした中でジョンが病院で言ったのはバーバラの住所。
  しかし、警察に連れて帰ってきてもらったのはメアリーの家。
  そしてあっちとこっちの二人の警部、

  トラウトン警部とポーターハウス警部が不審に思い独自に捜査。
  なんとかばれないようにと嘘に嘘を重ねるジョン。
  それに巻き込まれていく、ジョンの隣人であり親友でもあるスタンリー。
  ジョンを助けようとして自分も嘘をついているうちに、
  自分まで泥沼に入り込んで抜け出せなくなっていく。
  そこへ、バーバラの家の上に引っ越してきたばっかりの、
  ゲイのボビーが絡みに絡んで、
  事態はどんどんとおかしな方向へ。
  はたして、ジョンは元の生活に戻れるのか?

イギリスの劇作家レイ・クーニーの代表作といってもいい傑作ドタバタコメディ。
ぼくは警部の一人、ポーターハウスを演じます。

めずらしく、中年のおっさんの役です。

イメージ的には小太りのおっさん。

ほとんどやったことのない役どころです。
家庭的な中年の人のいい警部なのに、
なぜか最後にはメアリーに「いかれたおかまじじい」と言われてしまう。
そんな巻き込まれキャラです。
「わが歌ブギウギ~笠木シヅ子物語」で共演した杉本崇さんと、
その友達の原口勝さんが立ち上げた劇団の旗揚げ公演です。
みなさん、大舞台に出演していらっしゃる役者さんばかりです。
面白いので是非観に来てください。
ぼくはおもにB班です。
A班の記者は一瞬しか出ないので、できればB班にきてください。

きていただけるかたは、
メールをいただけるか、
または、当日受付にて「後藤のチケットで」とおっしゃってください。
前売料金でごらんいただけます。
では、劇場でお待ちしております。

AD

お役所仕事

テーマ:

今日は見つかった携帯電話を取りに警察署まで行ってきました。

落し物を受け取るには、

なぜか会計課に行かなきゃいけないんですけど、

会計課は平日の10時から17時15分までしかやってないのです。

しかも、行く前に電話をしないといけないのです。

お手紙には、「とりに行く前に、受付時間内に連絡をしなくてはだめ」

というようなことが書いてありました。

でも、なんとかなるんじゃない? と、

この前の土曜日に高田馬場の駅まで行って、電話してみると、

やっぱり駄目といわれてしまいました。

で、今日は、稽古が終わってから警察署に。

しかし、警察署についた時点ですでに17時20分。

実は時間をちゃんと覚えてなくて、17時30分までいけるだろうと、

勝手に思っていたのですが、着いてから手紙を見て、わお!

電話をしながら警察署に入ってみると、

入り口正面にある受付に座っていた、

私服のおじさんが電話に出てました。

「もしもし、あー、ぼくです。」と電話をしながらそこへ行き、

「ちょっと遅れちゃったんですけど」と言うと、

連絡してくれて、

会計課のお姉さんもちゃんと応対してくれて、

でも言うことはいわなくちゃ、と思って。

「紛失届けだしてたのになんで直接連絡をくれないんですか?」

と文句を言いました。

すると、紛失届けと落し物の届けの照合は一応するんだけど、

あまりにも件数が多すぎて、間に合ってないのが現状で、

しかも、紛失届けを出した交番とここの警察署が管轄が違うと、

またややこしい、というようなことを説明してくれました。

つまり、仕事が多すぎて、いろんなことが間に合ってない、

ということですね。

じゃあ、土日祝日も休んでいる場合じゃないでしょう。

そのお姉さんは、苦情には慣れてるようで、

非常に丁寧に冷静に対応してくれました。

よっぽど苦情が多いんでしょうねぇ。

紛失届けが出たときに落し物が届いているか調べるのとか、

落し物が届いたときに紛失届けが出てないか調べるとか、

毎日例えば夜10時に落し物と紛失届けが照合するものがないか調べるとか、

そういうこともできないほど忙しいんでしょうか。

まあ、警察も落し物のことだけやってるわけじゃないから、

忙しいんでしょうねえ。

交通違反をしそうな人を見つけて、

それを事前に予防するわけでもなく、

違反をするまで待って、

追いかけていって捕まえる、というようなことをしてないで、

他の事もしっかりしてほしいものです。

まあ、すべて、落としたぼくが一番悪いのですが。

でもねえ。

なんで?

テーマ:

さっき、西麻布で稽古が終わって、
自転車で渋谷を通って、
小腹がすいたから、
カレー屋さんに入りました。
何を食べようか迷って、
あんまり食べたことない、スープカレーを頼みました。
携帯でゲームをしながら待っていると、
若いカップルが隣に座りました。
カウンターでぼくの左が女の子、
そしてそのもうひとつ左が男の子です。
ちょっとして、
「お待たせしました。スープカレーです。」
と店員さんが持ってきました。
それを見て、カップルの男のほうが、
「お、スープカレーもよかったな。」
といいました。
すると、女の子が、
「おいしくないよ」とはきすてるように言いました。
それは、「一度食べたことあるけどおいしくなかったよ」
というのではなく、
明らかに隣に座ってスープカレーを食べようとしている
ぼくに向けた、ただの悪意でした。
ぼくは怒るよりも、びっくりして、
そっちのほうを見ました。
すると男の子もびっくりしてこっちをうかがってました。
なんだか言葉も出ず、
ただただ哀しくなりました。
こういうときはどうすればいいのでしょうか。
女の子は完全にぼくから顔を背け、
絶対に顔が見えないようにしていました。
帰るときも、男の子はこっちを気にしていました。
でも、ぼくもいろんな人を傷つけてきたんだろうな。
これからは気をつけよう。
それから自転車でのろのろと帰りながら、
道に迷いながら、
ホイチョイプロダクションを見つけて、

ちょっとうれしくなって帰りました。

携帯見つかりました。

テーマ:

今日、帰ったら、ソフトバンクから手紙が届いてました。
あけてみたら、「携帯電話機拾得のご案内」でした。
あったんだ。よかった~。
お預かり場所「警視庁戸塚警察署会計課」
ぼくが届けた交番とは自転車で5分ぐらいのところです。
受理年月日「2007年2月4日」
落とした日じゃん。
きっといい人が拾ってくれたんですね。
警察は、落し物が届いたときに、
紛失届けが出てないか調べないんでしょうか?
また、紛失届けが出たときに、
落し物が届いてないか調べないんでしょうか?
落し物と紛失届けがほぼ同時に出た場合、
あとで照合とかしないんでしょうか?
おかげで1万5千円弱の出費です。
受け取りに行ったときにちょっぴり文句を言ってみるか。
なにも出ないでしょうが。

それにソフトバンクでも、
携帯買いに行ったときに、
紛失届け出てますよ、
ってわかるようにしてくれていればよかったのに。
この手紙が送られたのはおとといなんだから。
まあ、落としたぼくが悪いんですけど。
携帯を変えるいい機会だったのかもしれないですね。
きっとそうだ。
ということにしときます。
お騒がせしました。

これからはちょっと恥ずかしいけど、首からぶらさげときます。

携帯を買いました

テーマ:

実は皆様に謝らなくてはいけないことがあります。

おととい、携帯を落としてしまったのです。

バイクに乗っている間に落としたので、

おそらく、車に轢かれて壊れてしまったのだろうと思うのですが、

もしかしたら、悪い人に拾われて、

アドレス帳をリストとして売られてしまっているかもしれません。

有名人はその本人とわからないように入れてますが、

ぼくの携帯電話に自分の電話とかメアドとか、

入っていると思われる方、

迷惑メールとか行ってしまったらすみません。

本当に申し訳ありません。


電話は使えないようにすぐに止めて、

警察にも届けました。

昨日は何の連絡もありませんでした。


今日、オペラの稽古とお芝居の稽古の合間に、
新橋のsoftbankショップに行ってきました。
お姉さんが丁寧に教えてくれました。
一番安いプランを考えてくれたみたいなので、
それにしました。
旧世代の機種はもうないということなので、
3Gにしました。
http://www.toshiba.co.jp/product/etsg/cmt/softbank/803t/803t_menu.htm
これです。
今用意できるのが、これともうひとつということで、
これにしました。
パケ放題になりました。
ただ、3Gは今までの携帯と接続端子(?)の形態が違うので、
アドレス帳がパソコンから入れれるのかどうか心配。
SDカードですればいいのかな。
結局、前の携帯はまだ見つかってないみたいです。
もしよければ、皆様、電話番号とメアドをメールしていただけると、
非常にありがたかったりします。
いや、全然いいんですけど。
地道に入れていきますから。


そういえば、バイト先のYさんのお友達は、
携帯を落として、ひどい人に拾われてしまったらしく、
携帯に登録していた女性全員に、
その携帯から、
卑猥なメールを送られてしまったらしいです。
おかげで人間関係はぐちゃぐちゃ。
いやー、こわいですねぇ。

節分

テーマ:

明けて今日は2月3日。
節分でございます。
節分といえば、恵方巻きのまるかぶり。
何年か前に海苔屋が始めたと聞いていたのですが、
実はもっともっと昔からあったとのこと。
詳しくはWikipediaでどうぞ。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%81%B5%E6%96%B9%E5%B7%BB

で、先ほど家に帰る途中、
サークルKで恵方巻きを売っているのを見て、
かわなくっちゃ、と思って店に入りました。
そこに書いてあったのは、
「節分の夜に恵方を向いてまるかぶりましょう」
というようなこと。
え?
夜に食べなきゃいけないの?
明日の夜もきっと家に帰るのは夜中の12時過ぎ。
うーん、どうしよう。
でも、日本では、夜明けまではその日の夜だから。
だから初夢は1月2日の朝に見る夢なんだから。
と、明日の夜中に食べるように1本買いました。
でも、ほんとは朝ごはんに買おうと思ってたので、
朝ごはんにはレンジでチンの卵がゆを。
それから、家帰ってからちょっと飲もうと思って、
発泡酒と緑茶を。
そしたら、なんと!
合計金額税込み1000円きっかり!
あれ? かっきり?
いや、きっかり。
こいつは春から縁起がいいや。
今年はいいことありそうだ。

わーお!

テーマ:
昨日、夜、自転車で家路を急いでいた時のこと。
ふだん通らない道を、
「こっちの方が早いかも」と通ってみた。
車一台がぎりぎりと折れる程度の道。
左にゆるやかにカーブしている。
すると正面に人が5、6人立っているように見えた。
つまり道なりに行くと、道の右側に。
一番見えたのは、若くてちょっと不良っぽい感じ。
なんか漫画のポスターだったり、
映画のポスターだったりするような感じで何人か。
でも、すぐに気のせいだと気がついた。
「わ、人がいたね~、いっぱい。」
と独り言を言って、一人笑いながら、
その人たちが立っていたところに差し掛かった瞬間。
わ~お!
そこは、右も左もお墓でした。
つまり、お墓が林立しているのを、
人と見間違えたのです。
ほんと、「わ~お!」です。
この年になって、能力発現ですか?

RUN FOR YOUR WIFE

テーマ:

昨日は自主練だったんですが、

Bチームが集まりました。

いつも稽古している場所は、

西麻布にある、とあるbar。

昼間貸してもらってるんです。


ぼくの役は、

二人いる、主役の奥さんの一人、

バーバラから、

主人が帰ってこないと連絡を受け、

ストレタムの家に行く警部の役。

とりあえず近場の病院を当たってみた結果、

ストレタムの住所を病院で言ったジョン・スミスは、

なぜか、ウィンブルドンの家に帰っていったという。

これはおかしいとストレタムの家に行き、

ジョン・スミスと会う。

これがきっかけとなり、

嘘が嘘を呼ぶ泥沼の事態に手ひどく巻き込まれ、

最終的には、

ジョン・スミスのウィンブルドンの妻、

メアリーから、

「この人がオカマの親玉よ!」

とまで言われる始末。

さあ、なぜこのような事態になってしまったのか。

それは、劇場にてお確かめください。


レイ・クーニーの傑作ドタバタコメディ。

是非観に来てください。

観に来ていただける方は、

ぼくのほうまで連絡をいただけるか、

当日、受付にて「後藤さんのブログ見ました」と言ってください。

前売り料金で見ることができますよ。