終わりました~!

テーマ:

石原正一ショー『ボボボーボ坊ちゃん』、

昨日で無事千秋楽の幕を下ろすことができました。

ほんとうにたくさんの方にご来場いただきありがとうございました。

追加公演も初日よりもたくさんのお客さんに来ていただけました。

ただ、千秋楽が満員ということで、

あきらめてしまったお客さんが多かったようなのが残念でした。

また今年もいろんな役者さんと知り合うことができました。

来年もいろんな役者さんと、

いろんなお芝居が出来たらいいな、と思います。

皆様も楽しみにしていてください。

それでは、もうあと8時間ほどで新しい年です。

皆様、お体に気をつけてよいお年をお過ごしください。

AD

らあめん六文銭

テーマ:

新大阪にあります。

らあめん六文銭。

しょうゆ、塩、みそ、とんこつ、各種ラーメンと、

中華丼など、中華メニューもあり、

昼にはランチ、

夕方からはニラ炒め定食などのサービス定食もやってます。

おいしいです。

ぼくは好きです。

新大阪駅の北西、

新幹線よりは北、御堂筋線とJR京都線よりは西にあります。

そのへんで河童ラーメンを見つけたらその5軒ぐらい南です。

地図で言ったら、ここです。↓

http://map.yahoo.co.jp/pl?lat=34%2F43%2F48.724&lon=135%2F29%2F50.391&layer=1&sc=2&mode=map&size=s&pointer=on&p=&CE.x=312&CE.y=236


今年の夏ごろから行きだして、

10月のそとばこまちの公演の前に思い切って店長さんとお話しをして、

チラシを貼ってもらって、

バイトくんもバンドをやってたりするので理解もあり、

今回も、正一ショーの稽古中にえいこらさっさと自転車でお店に行き、

おいしいラーメンを食べつつ、正一ショーの宣伝をして、

チラシもはってもらいました。


ほんとおいしいので、

是非皆様、一度行ってみてくださいませ。

らあめん六文銭でございます。

AD

初日

テーマ:
終わりました。
初日は、だいたい、場当たり(または場渡り)というものをやって、それからゲネプロをやって本番なので、非常に疲れます。
場当たりというものは、照明や音響のきっかけ、
そして、役者の出はけのきっかけや場所、立ち位置、
また、着替えが間に合うか、
などを確認するものです。
だいたい、前日にホールに入って、
セットと照明とスピーカーを仕込み、
照明がちゃんとあたるようになおして、
音響さんがチェックして、
場当たりを途中までやります。
で、初日はその場当たりの続きから始まります。
ゲネプロというのは、
お客さんのいない状態で本番と同じことをすることです。
このときに、だいたいカメラマンが客席を動き回って、
いろんな写真をとります。
ビデオ撮影はお客さんがいる時にやります。
なぜならお芝居というものはお客さんの反応がないと未完成ですから。
ゲネプロをただだったり安いお金を取ったりして見せることもあります。
これを公開ゲネといいます。
そして初日の本番。
お客さんがどのように反応するかわからないのでどきどきです。
緊張して、今までしたことのない失敗をすることもあります。
というわけで、初日は二回半本番をやっているようなもので、
しかも緊張しているので、えらづかれです。
そのかわり、終わった後のビールがうまいです。
ちょーうまーです。
明日は4時に行けばいいので、余裕です。
AD

緊急告知

テーマ:
石原正一ショー「ボボボーボ坊ちゃん」
大好評で千秋楽の30日(土)15時からの回がもう予約がいっぱいです。
そこで、追加公演が決定いたしました。
30日(土)
11時開場、11時半開演です。
HEP全体が開くのが11時なので、1階のエレベーター前でお待ちください。
ちょっと朝早いですが、是非ご来場くださいませ。

メリクリ

テーマ:

明日、石原正一ショーのホール入りです。

でも、稽古は昨日で終わりでした。

で、今日は何をしたのかというと、

石原正一宅でクリスマスパーティー!

まあ、本番に臨んで結団式代わりとでも言いましょうか。

3時集合だったのですが、

ぼくはのんびりと3時半ごろ行きました。

二人ぐらい来てました。

まだ鍋は始まってませんでした。

それから、続々と人が集まり、

帰る人もいれば、

新たに来る人もいて、

入れ替わりたちかわりでした。

鍋をしながら、

まず、YouTubeでガンダムを見て盛り上がり、

次にDVDでガンダムを見て盛り上がり、

男子がガンダム談義で盛り上がり、

女子がその様子が気持ち悪い、と引き、

YouTubeでマドンナで盛り上がり、

M-1決勝戦で盛り上がりました。

フットボールアワーは余裕ですねぇ。おもしろい。

プラン9もおもしろかったのにざんねんですねぇ。

チュートリアルめっちゃ面白かったですねぇ。

そして、変ホ長調!

おもしろかったー。

でも、みんな辛口評価。

残念。

よっぽどおもしろかったのに。

で、全員納得のチュートリアルの圧勝。

いやー、おもしろかったです。

来年は某Oくんと某Kさんがコンビを組んで出るらしいです。

ぱくりねたですが。w

いやー楽しかったです。

明日からの本番、楽しみです。

みなさまもお楽しみに。

おもしろいですよ~。

ただ、金、土は込み合う可能性あり。

できれば、火、水、木のうちにおいでなさいませ。

最悪

テーマ:

昨日、正一ショーの稽古が終わった後、

劇団員の坂田と西道が、

ちゃっぴー亭に行って忘年会の相談をしなきゃいけない、

というのでついていった。

二人が帰った後も、

ちゃっぴー亭の常連さん(通称「先生」)と飲んでいた。

ちゃっぴー亭を出た後、もう一軒行こうと言うので、

駅の方にちょっと歩いたところにある、

おしゃれなバーに行った。

コートを脱いで隣の席に置いておこうと思ったら、

店員さんが「お預かりします」と預かってくれた。

先生といろんな話をしている間に、

「携帯がない、あ、コートの中か、ま、いいや」

ということがあった。

もうお店も閉店の時間なので帰ることにした。

当然、店員さんがコートを出してくれるもんだと思っていたが、

そんな気配は無い。

でも、コートをどこに持っていかれたか、とかも、わからない。

で、「あの、コートは?」と聞くと、3人ほどいた店員全員が、

ぽっかーんとした顔をしている。

「何を言ってるの? そんなの知らないよ」というような顔である。

でも、ハンガーにはかかってないし、なぜか遠くの席の下のほうから、

ひとつコートを出してきた。

「これですか?」

「似てるけど違います」

どうやら、そのお客さんが自分のコートを足元に落としたまま、

ぼくのコートを来て帰ったらしい。

店員さんはぽっかーんとするぐらいだから一切気が付かなかったみたい。

店長さんがぼくの携帯に電話をしてみたけど、

たぶんマナーモードにしているし、

もう寝てるかもしれない。

なぜか留守電に「これを聞いたら連絡ください」と入れる店長さん。

でも、その人がその留守電を聞くわけがない。

一応、店長さんの携帯も聞いて、寒いのを我慢して、コート無しで帰る。

昨日は劇団の稽古場で寝てたので、

こっちの連絡先を劇団にしてある。

実は、劇団の公演のパンフレットとかに広告を出してもらったりしているお店なので、

あんまりきつくも言えない。

しかし、今朝11時ごろになっても、一切連絡が来ない。

昨日間違えてもって帰ったお客さんが、

そのときは酔っぱらってて気が付いてないにしても、

朝には気づくだろうに。

お店に電話をしてみた。

誰も出ない。

え? 誰もいないの? 電話の転送もしてないの?

店長に電話をする。

眠そうな声で出てくる。

「まだ連絡ありません。」

「お店には誰もいないんですか?」

「そうですね。店には誰もいません。」

「それじゃ、間違えて持って帰った人が連絡しようがないじゃないですか?」

「すぐ店に行きます。」

・・・遅いよ。

結局、携帯が返ってくるとしたら、夜になりそうだな。

すごくいや。

いろいろ連絡しなきゃいけないところもあるのに。

そりゃ、コートを預けるときに携帯をとっとかなかったほうが悪いんだけど。

もっとちゃんと対応してほしいもんだ。

昨日から稽古に参加しました。

東京公演とはキャストが全く違い、

キャストも増えて、

全然違う感じになっております。

本番一週間前です。


第17回 石原正一ショー

「ボボボーボ坊ちゃん」

日時:2006年12月26日(火)19時~

           27日(水)19時~

           28日(木)19時~

           29日(金)15時~/19時~

           30日(土)15時~

(開場は開演の30分前、受付開始は開演の1時間前)

会場:HEP HALL(TEL 06-6366-3636)

    赤い観覧車のHEP HALLの8F


作・演出:石原正一

出演:赤星マサノリ(sunday)、川下大洋(Piper)、原尚子、後藤英樹(劇団そとばこまち)、美津乃あわ(ファントマ)、浅野彰一(ファントマ)、山浦徹(化石オートバイ)、末満健一(ピースピット)、宮川サキ(pinkish!)、坂口修一、岸本奈津枝、西山ひな(Go!Go!マグネグflowerモモンガ)、太田清伸(売込隊ビーム)、小山茜(売込隊ビーム)、米田晋平(デス電所)、町本卓也(AmusementTheater劇鱗)、澤田誠(AmusementTheater劇鱗)

お詫び 出演予定だったみきあすか(フランケンシュタイナー)は、一身上の都合により出演できなくなりました。ご了承くださいませ。


あらすじ

時は現代。学園の危機を救うため、マサトシは偶然日本に居座っていたDr.ブラウンの力を借り、時間旅行の旅に出る。100年前の松山で出会ったのは、ご先祖様の「親譲りの無鉄砲」坊ちゃん。赤シャツの行く手を阻み、マドンナを母にすることができるか? 明治と平成を股に掛けてお届けする、お色気アクションSFプチ文学性ラブコメディ♪


ちなみに東京公演の役柄は

マサトシ(マーティー):石原正一

Dr.ブラウン(ドク):今奈良孝行(EHH∃)

よしえ(マサトシのガールフレンド):斉藤ゆき

赤井(転校生にして生徒会長):各務立基(花組芝居)

坊ちゃん:康ヨシノリ(康組)

キヨ(坊ちゃんの召使):吉村やよひ(ひげ太夫)

校長:石川ゆうや(ダーリン)

赤シャツ:各務立基(花組芝居)

野だいこ:板橋薔薇之介

うらなり:福山しゅんろう

山嵐:吉村やよひ(ひげ太夫)

マドンナ:猪狩敦子(bpm)

生徒:岸潤一郎(NAィKI)

でした。

大阪公演では、誰がどの役をやるのか。

いろいろ想像して予想して本番までお楽しみに。


というわけで、ボボボーボボーボボは一切関係ありませんが、

是非観にきてくださいませ。

よろしくお願いします。

M-1決勝戦

テーマ:

M-1の決勝戦に残った人たちが記者会見をしてましたね~。

変ホ長調すごいですね~。

実は小田ひとみさんは、

この前の「キャビア・ウーマン」に、

日替わりゲストとして出演していたんですよ。

彼方さとみさんも友達だし~。(ちょっと自慢)

是非優勝してほしいです。

でも、オリコンのニュースには、

「変ポ長調」ってなってるんですけど。

http://career.oricon.co.jp/news/40104/

やられた~

テーマ:

つかまりました。
右折禁止です。
2点の5千円です。
後2点で免停です。
東京は厳しいと聞いていたから安全運転してたのに。
わからなかったんです。
ほんとにわからなかったんです。
ここで右折したら駄目って知らなかったんです。
確かにこんな交通量の多いところ右折できないよね~、
と思ってたんです。
反対車線が混んで動かなくなったときか、
信号が赤になったときに行くしかないよね~、
と思って、
どうしようときょろきょろしてたんです。
そしたら、反対車線の車が親切なことに、
行けるのに停まって、
ジェスチュアーで「お逝きなさい」と言ってくれたんです。
だから行ったんです。
ぼくが動いた瞬間に「う~~~!」とサイレンの音。
振り返ると白バイがついてきます。
停まると、「はい、右折禁止ね。あの標識見て。
見たでしょ。きっぷきるね。」
タイミングよすぎです。
もしかしたら、
ぼくが停まってウインカーを出しているのを見て、
右折したら捕まえてやろうと待ってたのかもしれません。
それなら、右折する前に言ってくれればいいのに。
標識とかって事故を防止するためにあるんでしょ?
それに気づいてない人に教えるのではなく、
違反するのを待ってから捕まえるってのは、
つまり、
事故を防ぐということをせずに、
事故が起こるのを待ち構えてる、
というのと同じなんじゃないでしょうか?
屁理屈かもしれませんが。
白バイの癖にしょうもない。
いやいや、ほんとにたまたまタイミングよくとおりかかったのかもしれません。
人を疑うのはよくないですね。
でも、標識に気づかず捕まったことに腹が立つ。
これからは気をつけます。

はぁ~。