おあいそ

テーマ:

お店でごはんを食べてお勘定をしてもらうときに、

「おあいそ!」という。

この、「おあいそ」という言葉はいつ覚えるのだろうか。


子供のときは「おばちゃんいくら~?」とかいっていたはずである。

おそらく、お酒を飲みだしたときに、年上の他のお客さん、

自分の上司だったり、先輩だったり、他の見ず知らずの人だったりが、

言った言葉を聴いて、「それってかっこいい」と思ったんだろう。

それで使い出すんだろう。


昨日も、カレーのcoco一番で、

仕事帰りらしい兄ちゃんが、

レジの前に立って、

厨房の奥にいる店員さんに対して、

大声で「おあいそー! おあいそー!」と叫んでいた。

めっちゃかっこ悪い。

安っぽい居酒屋ならかっこいいのかもしれないが、

おしゃれなカフェでも「おあいそー!」っていうのだろうか。

「おれはこんなおしゃれなところでもおあいそっていっちゃう無頼漢なんだぞ。」と誇示しているのか。


ぼくは大学に入って飲みに連れて行かれた当初に教えられた。

「おあいそ」っていうのは、お店の人が言うもんだ。

お客が言っちゃいけない。

高いすし屋でおあいそっていったら鼻で笑われるぞ!

いや、お前は客と認めない、帰れ! といわれる可能性もあるぞ。

確かに、調べてみると、「おあいそ」という言葉は、

お客さんから「帰るからお勘定して」といわれた、すし職人なんかが、

お勘定の値段も分からないし、直接お金も触れないんで、

それをほかの人にまかすときの符牒として言い始めたそうで。

お客さんに対しては、「たいしたおかまいもお愛想もできませんで申し訳ございません」という意味らしく。

縁が切れるという意味も含めて、「このお勘定を済ませることで、お愛想づかしとさせていただきます」という意味もあり。

お客さんから、「おあいそ」というということは、

「あいそがつきたから帰るわ!」という非常に失礼な言い方だったり。

でも今はあまりに常識を知らないお客さんが多すぎるため、

「おあいそ」=「お勘定」というのをお店側も受け入れているとのこと。

こういうことを外国人に教えて上げられるかっこいい日本人になりたいなあと思うのです。

同じ日本人よりも外国人のほうが知っているのは恥ずかしいのだなあと思うのです。

だから、日本のことをいっぱい知りたいなあと思うのです。

そして、日本人の人もいっぱい知りたいと思って欲しいのです。

もちろん、外国人の人にはもっといっぱい知って欲しいと思うのです。

今日のぼくはそんな感じです。

AD

柴犬彦 宣伝

テーマ:

この前はHPからあらすじを載せましたが、

今日は、チラシの裏に載っている魔人ハンターミツルギさんのお言葉を載せたいと思います。


地球のためにエヒメを救え!


私は今、猛烈に悔いています。何て嘘にまみれた人生だったのだろうかと。やはり真実の中にしか本当のことはないのだとこの頃思うようになりました。そして、金輪際、嘘はつかないでおこうと夕陽に誓ったのでした。ハッキリ言います。今まで嘘をついてきてすいませんでした。私には本名があります。「魔人ハンターミツルギ」は本名ではありません。信じていた人、すいませんでした。また、よく人に「昔、注1リンドバーグでベース弾いてた」と言ってましたが、あれも嘘です。ベースなんて触ったこともありません。重ね重ねすいませんでした。今まで手がけてきた作品も嘘を扱ったものがほとんどです。これからは真実を描こうと思います。今最もみなさんに関心のある真実を描くことにしました。もちろん宇宙人襲来です。私は疑い深い性格なのでなかなか宇宙人を信じませんでしたが、ふとしたことから極秘書類が載ったダイスポを手に入れ、真実に目覚めたのです。しかし、私はいたずらに皆さんの恐怖心を煽るような作品を作る気はありません。ついこないだ偶然、知り合った人物について描こうと思ったのです。彼は人知れず宇宙人と戦っていたのです。名前はゴリラ林柴犬彦。どこにでもいる普通のサラリーマンです。ただ少し変わっているところをしいてあげるならば注2エヒメ県生まれだと名乗ることと幼いときからエイリアンとの戦い方をレクチャーされていたこと、そして、ほんの少し注3名前が変わっていること。これぐらいです。私は命がけで戦っているにもかかわらず、誰にも知られていない彼のことを一人でも多くの人に知ってもらいたいのです。彼のような存在を知ればもう宇宙人を恐れずに生きていけることでしょう。誰も知らない真実のドラマ注4『ゴリラ林柴犬彦』をぜひご覧ください。


注1…「大好きだから、笑ってよー」とか歌ってたバンド

注2…1000年に一度姿を現すといわれる『死国島』にあるといわれる幻の県。人口の3分の1は妖精らしい。

注3…苗字にカタカナが入ってるのは珍しいよね。

注4…この芝居はあくまでもノンフィクションを元にしたフィクションです。

    そのため劇中では「ゴリラ林柴犬彦」という風に名前を変更しています。実際はゴリラ林チワワ之助。



とまあ、こんな文章が、チラシの裏に載っています。

ミツルギさんは、エヒメ県は幻の県だと信じ込んでいます。

日本の謀略により実際にあると思い込まされているのだと。

したがって、このお話に出てくるエヒメ県は、

すべてミツルギさんの創造です。想像です。というより妄想です。

どうです?

みたくなってきました?

AD

ゴリラ林柴犬彦 宣伝です。

テーマ:

そとばこまちのアトリエ公演をお休みして、

客演します。

是非観に来て下さい。


超人予備校プレゼンツ トリオ天満宮HERO'S


「ゴリラ林柴犬彦」


作・演出/魔人ハンターミツルギ

出演/後藤英樹、向田倫子(ババロワ#)、曽木亜古弥、森世まゆみ、上田ダイゴ(HUE)、森岩宏文(遊気舎)、野村ますみ、

超人予備校→上別府学、山名伸右、流石鉄平、中川琴乃、日枝美香L、尾松由紀、青木淳高、三月、豊田圭、魔人ハンターミツルギ、

特別出演→信平エステベス(遊気舎)、わかいのぶこ(未来探偵社)、エル・ニンジャ


日時/2006年7月8日(土)15:00/19:30

            9日(日)13:00/17:00

会場/in→dependent theatre 2nd

     http://west-power.co.jp/theatre/

料金/前売・2200円(全席自由)、当日・2400円(全席自由)、学割・2000円(高校生以下・当日学生証提示要)


<あらすじ>
  我々の知らないところで戦争は起こっている。
  昔、地球には猿から進化した人間と、犬から進化した人間がいた。
  犬から進化した人間は、新天地を求め、宇宙に飛び出して行った。
  が、地球より早く資源が底をついてしまい、再び地球へ戻ってくることを画策していた。
  そして世界の中で最も攻め込みやすい場所であるエヒメに"的"を絞っていた。
  気づかぬうちに犬に侵略されそうになっているエヒメの人々。
  が、その異変に気づき、立ち上げる男がいた。
  "ゴリラ林柴犬彦(ごりらばやし しばいぬひこ)"というありきたりなサラリーマンである。
  今はオオサカに出て来てはいるが、エヒメの名家"ゴリラ林家"に育ち、

  来るべき時にそなえて特殊訓練を行っていたのだ。
  宇宙からやってきた犬達とゴリラ林家の人々との戦いが始まろうとしていた。


ちなみにこのあらすじは超人予備校ホームページより引用。

超人予備校ホームページhttp://page.freett.com/chojin/


チケットは↑のホームページから予約できますよ。

その際、後藤英樹のブログ見たとでも書いていただければうれしいかもです。

AD

ナルニア国物語

テーマ:

今日は「ナルニア国物語」を観てきました。


うーん、おもしろかったんですけど、

おもしろかったんですけど、

期待しすぎてました。


子ども向けなんだなあ、って。


CGもなんだか荒かったような気が。


でも、ライオンはすごかった~。


ビーバーは動きすぎててよく見えなかった。w


白い魔女の髪型とか衣裳とか、

洗練されてない土着な感じ、ギスギスした感じが面白かった。


どうやって次につながるんだろう。

つながらないのかな。

原作を読んでみようかな。


しかし、最近の映画館は小さくて画面が近くて、見にくいのが多いですねぇ。

見れるかな?

テーマ:
実はこの前京都の二条にあるスタジオでCMを撮影しました。
GWあたりから放送されているらしいです。

昨日バイト先の女の人から見たよ、と、
メールが来ました。

さて、そのCMとは!

アリコのCMでございます。
商品の名前はよくわかりませんが、
夫婦で入ると安くなるというCMです。
60秒バージョンと30秒バージョンがあり、
60秒バージョンでは、4組の夫婦と独身男性と女性。
30秒バージョンは、3組の夫婦のみ。
どちらも最後の夫婦として出てます。
36歳夫婦の場合です。

一応全国ネットではありますが、
なぜか、KBS京都というローカルなテレビ局で、
よく見られるそうです。
関西の方は、KBS京都で阪神戦でも見ていただければ、
見られるかもしれません。

見た方は御一報ください。
何も出ませんが、ぼくがよろこびます。w