テレビ出演情報!

テーマ:

テレビに出ます!

この前、撮りに行ってきました。

9月、10月にKBS京都テレビで流れる、「私立中学・高校ガイド」です。

いつはじまるのか、何時に放送なのか、全然わからないです。

たぶん、朝6時ぐらいから30分ぐらいです。

月曜から金曜まで全部で22校ぐらい紹介します。

同じ事務所の出口結美子ちゃんと二人でやってます。

月曜から金曜までは違うことをやってるのですが、

毎週同じものを放送します。

京都のテレビなのに神戸のポートアイランドに朝9時半集合。

ヴァーチャルスタジオという全面青だらけのいわゆるブルーバックのスタジオ。

画面を見ると、海の上に浮かんだステージに立ってます。

わー! 電波少年みたい。

その場でセリフを覚えてカメラに向かって言うという、

非常に過酷な現場でありました。

と、ここまで書いた所で、ちゃっぴー亭に行っていた、大地から電話。

うちの近くのラーメン屋に呼び出されましたので、行ってきます。


ただいま。

ラーメンとぎょうざとビールをごちそうになりました。

ごちそうさまでした。

撮影は6時半ぐらいで終了しました。

でぐっちゃんと、三宮まで行き、そこで別れて、

ぼくは三宮で働いている友達にメールをして、ゲーセンで待ちました。

しかし、ちょうどその友達は東京出張で、新幹線の中。

こりゃ残念、と、ラーメン太郎のラーメンを食べて帰りました。

やっぱり15年ほど経つと味も変わっていました。

ということで、みなさま、KBS京都の観れる人は観てください。

しかも、あの人は誰? みたいに問い合わせ殺到してください。

他のテレビ局や新聞や雑誌にあの人は誰? 

と問い合わせていただくと完璧でございます。

嘘です。

こんなところでこんなこと書いて、本当になったら、思いっきりヤラセなので。

でも、よかったら観てくださいね。


あ、数人から心配していただいた、ひざの方はスッカリ治りました。

ご心配おかけしました。

これから10月公演に向けてがんばります。

ご期待くださいませ。

AD

わっしょい! ビール祭!

テーマ:

いつもお世話になっているそとばこまち御用達の居酒屋、ちゃっぴー亭が、

10~12日、「わっしょい! ビール祭!」を開催しています。

なんと、生ビール200円!

そして、マスターおすすめの焼酎が1杯300円!

こりゃ飲みに行くしかない!

ということで、昨日、行ってきました。

鰹のたたきと焼き餃子と焼き豚とさつまあげとボイル甘エビを食べました。

うーん、めちゃうまっ!

調子に乗ってのみ過ぎてしまいました。

べろんべろんのぐでんぐでん。

例の如く記憶がとびました。

いろんな人に迷惑かけてなければいいのですが。

終わったことはしょうがない。

気にしない気にしない。

AD

お葬式

テーマ:

後輩のお父様が亡くなられました。

今日がお通夜で明日がお葬式です。

こういう場合、どちらに出席するべきなのでしょうか。

なんとなく、お通夜はすっごく身内、またはあんまり親しくなくて短時間ですませる人用、

で、お葬式が正式なもの、というイメージがあるのですが。

だから、ぼくは明日のバイトを休んでお葬式に行かせていただくことにしました。

しかし、ぼくの先輩、後輩、友達は、ほとんどお通夜に行ったようです。

ネットで調べてみました。

「特別親しい間柄でない場合、どちらか一方への参列で問題ありません。その場合は葬儀に参列するのが本来の形です。親しい間柄の場合は通夜と葬儀の両方に参列しましょう。」

なるほど。

しかし、こんなことも書いてありました。

「親しい方ならお通夜とお葬式(告別式)の両方に出席した方がよいですが、そうでなければどちらか一方でも構いません。以前はあまり親しくない場合は、お通夜は失礼してお葬式に出席するものでしたが、最近はお通夜に少し顔を出してお葬式には出ないというケースが増えています。」

へぇ~~。

以前はお葬式だけに出席するのがエチケットだったのが、最近では逆になってるということですね。

結局、マナーよりも気持ち、ということですかね。

しきたりとか難しいですね。

変わって行くし、昔のままのところもあるだろうし、

でも、気持ちばっかりじゃなく、マナーを知ることも大切だし。

よくわかりません。

とりあえず、明日は和歌山まで行って来ます。

AD

くっそー!

テーマ:

今、まともに歩けません。

ひざがものすごく痛いのです。

一週間ぐらい前に、ちょっとだけ膝が痛かった。

でもすぐなおった。

昨日、また同じように痛かった。

すぐなおるだろうと思った。

今日の朝、別に普通だった。

でも、守山市民ホールに着いて、荷物の搬入が終わったくらいから、

徐々に徐々に痛みがひどくなっていった。

昼前にはもうびっこをひくぐらいになっていた。

でも、たいしたことないかな、と思ってた。

昼食後、俊郎とふたりで、照明さんが高いところに登って照明をなおしているのを、

下から支えていた。

誰でもできる仕事ではあるが、ぼくらは照明班に配属されていたのでやっていた。

ぼくはかなり膝が痛くなっていたので、誰かに代わってもらって病院に行こうか、

と俊郎と話していたが、

他のみんなは休憩に行ってしまったので、代わってと言える人もいない。

舞台監督のぜんさんがぼくらを見て、

「なんで大御所さん二人がこんな仕事を!」とびっくりして、

他の人に代わってもらうように言いに行ってくれました。

ぼくらも劇団では一応大御所さんなのです。

ぜんさんが戻ってきて「45分になったら代わってくれるから」。

ぼくは時計をもっていなかったので、45分がどれぐらい後なのかわからない。

すぐだろうと思っていたが、一向に来ない。

大分経ってから、俊郎に「今、何分?」と聞くと、「47分」。

それから5分ぐらいしてやっと代わりが来たので、

ぼくは事務所に行って整骨院の場所を聞く。

職員さん5人ぐらいが、必死になっていろいろと調べてくれる。

しかし、今日は土曜日でなかなかあいていない。

2時半まであいている近い処があった。

今は2時過ぎ。

歩いて行くには遠い。

でも、車で来ている子に送ってもらったらいいか。

だが、2時に用事で遅れてきた子が駅に着いたから迎えにいった、とのこと。

まあ駅まで10分ちょっとだから、ぎりぎり間に合うか。

しかし、帰ってきたのは3時。

しかたなく、となりの野洲市まで行くことに。

電気を通して、アイシングして、テーピングしてもらいました。

今日はこれから場わたり。

照明や音響のきっかけや役者の出はけのきっかけを順番に当たっていく作業です。

ほとんどよちよち歩きしかできない状態でした。

本番前日になってこんなことになるなんて。

情けないです。

みんなに迷惑かけてしまってます。

はぁ。

明日までに治りますように。

今はコンビニで買ってきたロックアイスをひざに乗せてます。

くっそー!

草刈り

テーマ:

今日は劇団に12時集合!

実は、守山の舞台の舞台装置のために、淀川の土手の草を刈ろうとしていたのです。

舞台の上に土手を作ろうと。

しかも、斜面に生の草を植えようと。

北川、中西、ぼく、福山、松井という、人を集めるカリスマ性のない(w)先輩たちと、

そして、下の子約7人が集まりました。

今日は日差しがきつく、とても暑かったため、

日焼け止めを塗って、帽子をかぶったり、タオルを頭に巻いたり。

松井さんが家からもってきた、草刈り機で草を刈り、

あとのみんなが刈られた草を拾い集めゴミ袋に詰める。

全劇団員が集合するかと思いきや、意外と少なかったので、

時間かかるかなあ、と心配していましたが、

ゴミ袋20袋は10分程度で満杯になりました。

くにちゃん、ぶんちゃん、ぶっちの三人のシーンを1時間ほど稽古した後、

今日はくにちゃんとぼくは出ているシーンの稽古はないし、

俊郎は夜9時まで稽古がないので、

三人で10月の公演の台本について話し合うことにしました。

しかし、刈ってきた草を束ねるのに、外では他の会社の人に迷惑になるので、

事務所はブルーシートに占拠され、

とてもじゃないが、話し合いもパソコンを見ることもできないので、

歩いて10分ぐらいかかるガストに行きました。

そこで約4時間、死ぬだの死なないだのの話を大声でしてきました。

周りにあんまりお客さんがいなかったからよかったものの、

変な集団だったことでしょう。

クーラーのききすぎで寒くなってきたし、ドリンクバーでねばるのも限界に感じてきたので、

劇団に戻ることにしました。

他の会社の人はもう帰っていたけれど、外に出すのも面倒なので、まだ事務所はブルーシート。

なんとか、パソコンの前の場所を三人分だけ確保して、台本化の作業。

事務所の中は草のにおいが充満。

その後11時過ぎまで作業は続きました。

ぼくら三人が企画・脚本・演出・主演のため、

かなり、「勝手にやれば」という雰囲気のただよっている劇団ですが、

しかも、何人かには「この公演には参加しません」と言われ、

チラシの表を三人の写真にしましょうとデザイナーの学さんと打合せをしてきた直後、

「”みんなでやってる感”がないから友達にチケットをうれない!」と強硬に反対され、

学さんに「決まったのにすいませーん」と、デザインの変更をお願いしたところ、

「お前らカリスマ性ないな~」とやっぱり言われてしまった(w)三人ですが、

なんとか面白いと思ってもらえるように、

この公演に劇団員として関わりたいと思ってもらえるように、

もっとがんばらねばなりません。

こんな三人が面白くなるように必死でがんばっていますので、

楽しみにしていてくださいね。

お客さま、お願いいたします。w


しいたげられ日記でした~。w

滋賀・守山の公演

テーマ:

を観に来たいという、奇特な方にお知らせです。

タイトルは「6月20日、晴れ、ほたる舞う日に。」

ちなみに6月20日はぼくの誕生日です(アピール)。

日時は8月7日15時開演。

場所は守山市民ホール。

入場無料。

限定1300名(!)。

整理券が必要です。

観に来たいという方は、ぼくにお名前、年齢、電話番号を教えてくださるか、

または、守山青年会議所のHPからお申し込みください。

http://www.moriyama-jc.or.jp

1回かぎりの公演です。

ぼくの初台本。

北川さんの初演出。

北川そとば初公演。

まだまだ素人な劇団員達が自分がどれだけ下手で、

芝居はどれだけ難しく、どれだけ面白いものか、ということを、

わかってくれればいいのですが。

ぼくもまだまだがんばらなくっちゃ。