社交(社会)不安障害

テーマ:
ブログの更新も久々になりましたが、更新していない期間に色々なことがありました。

タイトルにもあるように、社交不安障害と診断されたのです。

社交不安障害とは?
> 社交不安障害(SAD)情報サイト
こちらをご覧ください。

要因として挙げられるのは様々あると思いますが、
「自身の物事の捉え方や考え方」
「親や周囲の環境からの影響」
など、自身の根本が深く影響しているものと考えられます。

なので、症状やそれらを押さえるための治療として、セロトニンをどうにかするという対処療法がありますが、それはあくまで対処療法であって、根本的な解決にはつながりません。

根本的な解決に導くためには、やはり自身の内側を見つめ直し、変えていくしかありません。

少なくとも四半世紀以上、連れ添った考え方や捉え方。
それをおいそれと数日、数週間でコロっと変えることが出来るとは思っていませんが、「変えよう」という意識は重要です。
(そのためにも、ブログに書き起こした次第です)

恐らく、同じように苦しんでいる方もいらっしゃると思いますが、僕は出来るだけ薬は服用せずに克服していきたいと思っています。

今はまだ、電車や人混み、何らかの精神的圧力が一時的でも掛かったら、強い発作に襲われます。
軽い発作でも、余韻として吐き気や頭痛を引き摺ったりもしています。

それも、自身が弱いから、甘いから、そういう影響を及ぼしてるんだ。
無意識のうちに「病気を理由にする。」という深層心理が影響を及ぼしている可能性もあります。
だからこそ、病気や症状を理由にしないよう、その中でも今の自分でも出来る、前までとは違った捉え方をアクションに起こしていかないといけない。

もし、僕と同じような症状や障害を抱えて苦しんでいる方がいれば、一緒に乗り越えていきましょう。
こればかりは体感した人でないと具体的なイメージが出来ないと思います。
だからこそ、乗り越える時も乗り越え方のイメージを共有出来れば、相乗効果で克服していけると思っています。

克服するために、一時的でも今現在、自分を追い込んでいます。
そのため、症状も色濃く出てはいますが、仕方ありません。頑張るのみです。
AD
タイトルにあるように...
「食生活」「日常生活」には気を付けないと、ある時にえらいしっぺ返しを食らうことになります。

そんな僕は、大学2回生(20歳)の時の大学の定期検診の際に、他の学生は何の問題もなく引き留められずに検診を終えていく中、僕だけ看護師さんに
「こちらでしばらくお待ちください」

はて?なんのこっちゃ?

そこでお医者さんからの一言。

医「たばこもお酒も飲んでないのに、何でこんな数値になるの?」
医「このままの生活をしたら、40代でぽっくり突然死するよ」
(と、真顔で言われてしまう)

僕「は、はぁ...」

実はこの時、僕の血圧が【下126、上153】だったのです。
また血液検査も引っかかっていて、詳しいのは忘れたのですが、お医者さん曰く「内臓機能の低下」だそうです。

この時は、まともに捉えていなかったんですが、社会人になってから約1年後(23歳)の6月末に胃潰瘍でダウン。

それからというものの、健康にかなり気を遣うようになりました。
コーヒーも1日2リットル程度飲んでいたのを、1日2杯程度に...
その代わりに水を2リットル程度飲むように...

食生活まで改善するほどの余力がなかったので、まずは普段出来ていなかったところで改善出来るところから...という形で取り組み始めました。

そこで、まずは水からというわけです(笑)
ただ、時間もないし、めんどくさがり屋なので、週に1回6リットルの水を買いに行くのが面倒で面倒で...

そこで、【ウォーターサーバー】っていう便利なもんがあるやないか!
っていうことを知り合いから教えてもらいまして、早速始めたんですが、不思議なもんで自然と体調も和らいでいくんですね(笑)

水が美味しいと水を使う料理を作りだしたりなんかして(笑)
ご飯は、炊きあがりがツヤッツヤのテッカテカ(笑)
お味噌汁は、やさしい味(笑)
ちょっと言い過ぎですか?(笑)

まぁ、それでも水をきっかけに少しずつ体調が良くなったのは事実なんで、結果オーライでしょう(笑)

あ、僕は『フレシャス』っていうウォーターサーバーを使ってます。
見た目も結構スタイリッシュなんで気に入ってるんですよね(笑)
僕の部屋が結構シンプルな雰囲気で統一されてるので。

ちなみに、こんなやつです。




カッコよくないですか?(笑)

何か、最近?ワンピースプリントされているバージョンも出ているらしく...
僕が登録した時にワンピースのが出てたら、そのバージョンにしてたのに...と思うと少し悔しい思いもありますが...(笑)

ちなみに、ワンピースバージョンはこんなやつです。




仕様とか、他のウォーターサーバーのと比較したりしてみてはいかがでしょう?
似たり寄ったりなところは多いので、直感的に「いいかも!」って思ったところのウォーターサーバーにするのがベストだと思います^^

もし、ウォーターサーバーの活用だったり、感想とかが気になるかたはコメント頂けたら、個別にお答えします~^^
AD
自分のホームポジションとは何か?

皆さんは、どんなに体重が増えようと、減ろうと「20歳の時の体重に収束していく」ということを聞いたことはありますか?
科学的にこれが正確なのかどうかはわかりませんが、ここでいう収束(安定)している"体重のホームポジション"なのです。

ちなみに、生物学的には「ホメオスタシス」というらしいです。

”生体内の諸器官は,気温や湿度など外部環境の変化や,体位,運動などの身体的変化に応じて統一的かつ合目的性をもって働き,体温,血液量や血液成分などの内部環境を,生存に適した一定範囲内に保持しようとする性質”
コトバンクより

何が言いたいかっていうと、
「自分の落ち着くポイント」「自分のわくわくするポイント」
って何ですか?ってことです。

無意識に自然とそっちに偏っていっちゃう。
それをすることが自然で楽しい。

そのホームポジションさえ見つければ、そのホームポジションに身を置くためにはどうすればよいかなどを考えていけば良いのです。

書店などに並んでいる著者の考えやモチベーションには頭が下がりますが、あいにく僕はそこまでアツい人間でもないですし、いわゆる「ワクワク感」という感情に乏しいのです。

何か、高級車に乗りたい!だの、インセンティブ○○万もらう!だの
そういったモチベーションは瞬間最大的で、ホントに一瞬はモチベーション上がるんですけど、すぐに自分のホームポジション「落ち着く、ホッとする」ところに収束してきます。

そのホームポジションを自覚しただけで、他の人には合わせなくても良い。
自分なりに自分のホームポジションを維持しつつ、将来の目標や見てみたい世界を目指せばよいんだと気が楽になります。

理想を言えば、自分より先を行く、ロールモデルとなるような人がいれば良いのですが、僕の場合なかなかいないので、マイペースに...(笑)
ロールモデルにする人を間違ってしまうと、その人と自分は違う!と乖離し過ぎてしまうので、しんどくなってしまうので気を付けてくださいね。

そんなことを、おぼろげながらに考えていたのですが、それを明確にして腹落ちさせてくれた本があります。

それがこちら。


Amazonでもブックオフでも売っていると思うので、もし気になる方は購入するか、ブックオフでさらっと立ち読みしてみてください。
AD