運命がカードを混ぜわれわれが勝負する

競馬に関する四方山。
主に自分のためのメモとして利用しています。


テーマ:

2017年6月25日(日)

阪神11R  第58回 宝塚記念
3歳上・G1 芝2200m 定量 登録11頭

------------------------------------------------------

 

今年の宝塚塚記念も馬場が渋るのか?

気になる天候は、現時点で水曜日、木曜日が雨の予報。
梅雨時期ということもあり週末の天気も崩れる可能性は高そう。

例年最終週での開催ということもあり、荒れ馬場となり少なからず影響を受けるが、今年はブラックムーンのレコード更新を見るに馬場の影響は過度に考慮するべきではないかも。

雨に関しては注意する必要はあるが一先ず予想段階では馬場の影響が少ないと決め打ちし予想します。

キタサンブラック

鞍上: 武豊
父:  ブラックタイド
母父: サクラバクシンオー

単勝:1.5倍以内程度の人気になりそう。
当然に有力。
昨年の宝塚記念では稍重で3着に敗れるも現在の本格化を迎える過程での成長を加味すれば過度に意識する必要は無いように思う。

逃げて差す競馬に死角は少ない。

自らがレースを作り先行馬がいても自分のレースに徹するだけの能力と気性についてはこの一年で証明は済んでいると思う。
前回の天皇賞でのレコード決着を見れば解る通り良馬場でのタフなスピード勝負が最も紛れの無い結果に繋がりそう。

下手にスローに落としてキレ勝負に持ち込まれるともつれる可能性はゼロでは無いと思う。
今回、崩れる可能性は少なく頭固定で良いと思うが多少馬場が荒れた際に疑ってみても良いように思う。

シュヴァルグラン

鞍上: 福永
父:  ハーツクライ
母父: Machiavellian [ミスプロ系]

前回、レコード決着となった天皇賞で非凡なパフォーマンスを魅せた。

昨年と全く同じローテションで迎える宝塚記念。

昨年はオチてきたアンビシャスを捌けずに詰まったのが原因。
距離は確実に伸びたほうが良いタイプなので、2200mという微妙な距離で他馬との力差をどれだけ見せつけられるか?

非根幹距離なので非常に微妙な距離かも。

阪神もそこまで得意ではない印象もあるがどうかな。

成長も感じるし有力と評価しつつも疑っても良いかも知れない。


シャケトラ

鞍上: 田辺
父:  マンハッタンカフェ
母父: Singspiel [サドラーズウェルズ系]

今年の上がり馬としては筆頭。
天皇賞は距離適性の問題と斤量の影響が強かったように感じる。
京都よりは阪神が良いと思うし馬場も合いそう。
でもちょっと足りない印象もあるので評価としては三列目止まりかな。。

ゴールドアクター

鞍上: 横山典弘
父:  スクリーンヒーロー
母父: キョウワアリシバ [レイズアネイティヴ系]

近走、昨年の活躍がウソのように調子を落としている印象でロベルトスランプを感じるなあ。
前走長年コンビを組んでいた吉田隼人からの横山典弘への乗り替わり。
気性に問題のある馬だし前走の出遅れ大敗という結果を見ると乗り替わりが良い方向になるとは思えないかも。
距離はベスト。
阪神は初出走ということもあるが中山成績を見ると京都よりは合いそう。
輸送競馬に良い印象も無くロベルトスランプに入ると復活が難しい印象もありで今回は軽視したいかも。
しかし、この馬はパドックを見ればなんとなく気配はわかるので直前迄取捨を検討したほうが良いかもな。
厩舎力が問われるかも。

ミッキークイーン

鞍上: 浜中
父:  ディープインパクト
母父: Gold Away [ヌレイエフ系]

前走の大敗を見るとなかなか買いにくいかも。
牡馬混合では常に足りない競馬を見せておりここでも買いにくい。
馬場的にはディ―プ産駒良さそうではあるので三列目の取捨を当日考えようかな。

ミッキーロケット

鞍上: 和田
父:  キングカメハメハ
母父: Pivotal [ヌレイエフ系]

変わってきそうな可能性を感じるのがミッキーロケットが筆頭。
晩成キンカメの一変がそろそろあっても良さそう。
京都記念では出遅れ、大阪杯では1枠1番でいつもより後ろの競馬を選択し競馬にならず。
本来は番手で競馬を出来ると持ち前のタフさも活かせるように思うがスタートが悪く多少後ろからの競馬になりやすい。
器用なタイプでも無い印象で、能力的にあと少し成長する事でもっと安定した成績になるように感じている。
今回取捨に最も悩むかもなあ。

レインボーライン

鞍上: 岩田
父:  ステイゴールド
母父: フレンチデピュティ [ヴァイスリージェント系]

過去10年で5勝しているステイゴールド産駒。
阪神は2戦2勝と最も底が見えないタイプな気がする。

前走の天皇賞では大外枠での結果で競馬にならず。
菊花賞では2着。昨年の札幌記念では3歳馬ながらもモーリスやネオリアリズム相手に3着と好走。
京都記念は物足りなさも感じたが内で包まれて動けずの4着。
ダークホースとしては最も魅力的かもな。
しかし小さな馬だけに斤量の影響が最も心配。
前走の天皇賞の敗因の中には確実に有ると思うしこのあたりがクリアできるのであれば2着は十分あると思う。
有力候補にしたい。

サトノクラウン

鞍上: ミルコデムーロ
父:  Marju
母父: Rossini [ミスプロ系]

香港ヴァーズを快勝し帰国後初戦となる稍重で開催された京都記念も快勝。
前走大阪杯では6着に敗れるも重馬場でのポテンシャルで言えば最有力な1頭。

しかしキタサンの作るペースに最も合わないのが同馬な印象。
キタサンの番手に控えて持久戦に耐えきれれば良いがラスト4ハロンの持久戦でキタサンにはかなわない。
しかし溜めてキレるタイプでも無いのでキタサンより少し早めに仕掛けてスタミナ勝負に持ち込めば割りと良い勝負にはなりそう。
キタサンには敵わないまでも2着を確保する可能性は高い。

距離はベストだと思うがスタートは課題だし安心して星を打てるタイプでは無い。
こちらも取捨が難しいタイプかも。

クラリティシチーは距離が長いし実績不足。
スプリッツミノルは少し気になるが実績面で足りない。
ヒットザターゲットは流石に近走実績を見ると買えないかも。

一先ず今週は色々考えて見よ。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

ダイユウサクさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。