写真家・久冨大のフットボール日誌

他のメディアが報道しないフットボールを中心に切り取ります。

写真の購入については、hdai63@yahoo.co.jpまでご連絡頂くか、会場でお気軽にお尋ねください。


テーマ:
自由ヶ丘高校1−0小倉高校
自由ヶ丘は17分、蛭崎 竜成からパスを受けた大丸 宏斗が、抜け出しGKが出てきた所を流し込んで先制する。

その後は小倉がゴールに迫る回数が増えるが攻め切れず、主導権を握ることはできないまま前半を終える。




後半の立ち上がりは、小倉のシュートが枠に飛び始める。
後半10分、一度は跳ね返されたコーナーキックを、ゴール右を狙ってダイレクトシュートを放ち、GK山本 直幸が弾いたボールを、詰めるがコーナーに逃れる。
後半11分には右サイドからカウンターを仕掛け、ペナルティーエリア内に侵入、角度のない位置からシュートを放つが、GK山本 直幸がセーブする。

引き離したい自由ヶ丘は、後半の中盤に攻勢の時間を作るが追加点には至らない。

試合も終盤となった後半31分、小倉は右コーナー付近からのフリーキックから、ヘッドで左サイドを狙うが、またも山本 直幸が好セーブに阻まれ、ゴールを奪えない。

結局、1点を守り切った自由ヶ丘が勝利し、1勝1敗と五分にした。小倉は1分け1敗と厳しい状況となった。



【コメント】
小倉高校、河村 友哉キャプテン


Q:今日の試合を振り返って下さい。

A:元々、決定力が課題ですが、前半を無得点で終えてしまって、後半に2点、3点を返す力がなかったと思います。

Q:決定力が課題と言いましたが、どう改善して行きたいですか?

A:最後の場面で厳しく、落ち着いてシュートが打てるように練習から、やって行きたいと思います。

Q:今年の小倉高校は、どんなチームですか?

A:チームの目標としては、全員でハードワークをして、高い位置でボールを取ってカウンターを仕掛けるサッカーを目指してます。

Q:次の試合への意気込みをお願いします。

A:相手も強くなって行くので、勝ちたい気持ちを持って、しっかり勝ちきれるように頑張ります。


自由ヶ丘高校、宮下 功也キャプテン


Q:今日の試合の感想をお願いします。

A:昨日の試合が先制して、逆転負けだったので、先制した後に『もう1点取りに行こう』と話していました。追加点は取れませんでしたが、みんなで粘り強く守れたので、良かったです。

Q:今年のチームは、どんなチームですか?

A:一人ひとりの技術は高くないので、みんなでカバーして、みんなで攻める感じで、先輩たちとは違う感じのチームだと思います。
チーム内でギスギスせずに、楽しくやりながらも、県大会を目指して、しっかり頑張って行きたいと思います。


大丸 宏斗選手


Q:ゴールの感想をお願いします。

A:蛭崎先輩から良いパスが来たので、決めないといけない所を決めただけです。

Q:追加点を奪える場面もあったと思いますが、どう思いますか?

A:コミュニケーションの少なさとか、体力の少なさ、コンディションが整ってなかった所で、最後を押し切れなかったと思います。

Q:それをどう改善して行こうと思いますか?

A:まずはコミニュケーションから試合を作ることを心がけて、数的優位を作れるようにしたいです。

Q:次の試合への意気込みをお願いします。

A:1年生で試合に出させてもらっているので、出てない先輩たちの気持ちを考えながら、先輩たちの分まで、頑張りたいと思います。


山本 直幸選手


Q:試合の感想をお願いします。

A:相手のプレッシャーが速くて、ボールを取られて攻められる時間が長かったけど、何とか落ち着いて無失点に押さえることが出来ました。

Q:特に後半は好セーブが目立ちましたが、その場面についてお願いします。

A:昨日の試合で1失点した後、ドタバタしてしまったので、その反省を活かして落ち着いて対処することができたと思います。


北筑高校4−4小倉東高校
雨が激しくカメラを濡らさずに撮影するのが精一杯、とても激しいゲームだったので残念。









【コメント】
北筑高校、大庭 翼キャプテン


Q:今年のチームの特徴をお願いします。

A:去年より、パスを繋ぐ意識が高い選手が多いので、そこを活かして行きたいと思います。

Q:最後の選手権までに、どんなチームになっていたいですか?

A:一人ひとりが、しっかり走りきって、終わる時には後悔がないチームになっていたいです。

Q:次の試合への意気込みをお願いします。

A:今は危ない状況なので、次からは全部、大差で勝つつもりで頑張ります。


八幡中央高校4−2築上西高校
北部2部の中で、最も注目を集めているであろう2チームの対戦。

築上西は4月の総体北部予選で、3部を圧倒的な強さで勝ち上がり、2部に昇格を果たした。
まだ創部から数年の新しいチームだが、着実に実力を着けてきている。

築上西


一方の八幡中央は近年、県大会出場から遠ざかっているが、数年前からギラヴァンツ北九州のスタッフが外部コーチとして指導し、再び強豪復活を目指している。

八幡中央

八幡中央は12分、ゴール前で混戦となりGKと交錯するが得点が認められ、先制に成功する。
21分、左サイドからのロングボールに抜け出し、トラップしてゴールに流し込みリードを広げる。

早くも苦しい展開となった築上西は30分に1点を返すが、前半終了間際に安部 陸人に追加点を決められ、再び離される。



後半に入り、築上西がリズムを掴む。
後半2分に右からのコーナーキックをショートコーナーで、尾崎 流雅が受けてペナルティーエリアの外からシュートを放つ。バーを超えたが一つ大きなチャンスを作った。

シュート直後の尾崎 流雅

後半3分、やや距離がある位置からのフリーキックを左サイドに放り込み、中村 翔大が押し込みゴールを決めて3−2と詰め寄る。

中村 翔大

その後も築上西ペースで終盤まで試合が進む。30分、吉田 龍太の強烈なシュートをGKが光山 和希が弾いて、コーナーに逃れる。

光山 和希

そのコーナーキックに西島 佑介が飛び込んで、ダイレクトでゴールを狙うが枠を外す。

築上西の攻勢でゴールの雰囲気が漂っていたが、後半33分、八幡中央が左サイドからカウンターを仕掛け、安部 陸人がハットトリックとなるゴールを決め勝負を決定づけ、4−2で八幡中央が勝利した。





【コメント】
築上西高校、石田 桜二郎キャプテン


Q:今日の試合の感想をお願いします。

A:声を掛け合ったりしていたけど、チームの雰囲気が少し悪くて、それが敗因だと思います。

Q:最後は特にもったいない失点でしたが、そこに対する反省はありますか?

A:守備と中盤の間延びが激しくて、カバーリングができていなかったことが問題だと思います。

Q:最後の選手権までに、どんなチームになっていたいですか?

A:チーム一丸となって、失点をしない鉄壁のDFを作って、みんなで声を掛け合って一戦一戦をしっかり戦って行きたいです。

Q:次の試合への意気込みをお願いします。

A:悔しさを跳ね除けるように、一生懸命練習して勝ちに行きます。


八幡中央高校、安部 陸人キャプテン


Q:今日の試合の感想をお願いします。

A:前半は2点を取って、1点返されて追いつかれそうになったけど、DFが守ってくれて失点しなかったので良かったです。
後半は途中で荒くなったりしたけど、押さえて最後に得点を決めれて良かったです。

Q:ハットトリックの感想をお願いします。

A:ゴールにつては、DFから繋いでくれたパスを決めるだけだったので、決めれて良かったです。

Q:最後の選手権までに、どんなチームになっていたいですか?

A:県大会に出場して、ベスト8以上の成績を残せるように頑張って行きたいです。

Q:次の試合への意気込みをお願いします。

A:気を引き締めて、勝つ気持ちを忘れず勝利したいです。


最初に書いたが、八幡中央は以前は県内でトップクラスのチームであった。
選手権予選では昭和57年と59年に決勝まで進出している。
また、高校総体では昭和52年と55年に福岡県代表として、全国出場と輝かしい成績を持つ古豪チームである。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。