コンプレックスだらけの私、ライターRENが人の顔色を伺うことなく堂々と生きられる方法をあなたへ

テーマは、胸のつかえが取れて、風通しが良くなったと思ってもらう事。

NEW !
テーマ:

ミートスパゲティを食べ終わった私は、着々と荷造りをしている。

 

無事に入居審査が下りたのだ。

 

心からホッとしている。

 

入居審査が下りたら、こんどは入居準備をしなければならない。

 

まずは照明とガスコンロとカーテンを買わなければならない。

 

車を持っていない私は、何でもアマゾンで揃えるようにしている。

 

私はテレビをパソコンのモニターとして使用している。

 

そのため、映画やテレビを観ながらパソコンを起動することが出来ないのだ。

 

引越したらモニターを買おうと、ずっと思っていたが、新居が狭いことと、出費がかさむこともあり、もうしばらく我慢することにした。

 

「レンさんっていつも家で何をしているんですか?」

 

「パソコンで仕事しているよ。」

 

「テレビ観ないでつまらなくないの?」

 

私からすると、テレビそのものがあまり好きではなかった。

 

そして、少々怖がりなので、テレビで犯罪のニュースなんてものを観てしまった日には怖くて、外に出られない、もしくは眠れなくなってしまうのだ。

 

接客業をしていると、よくお客さんと芸能人の話になるが、私は全く付いていけないのだった。

 

「誰々知ってる?なんとかっていうCMに出てるじゃない!」

 

「すみません、私、テレビ観ないんです。」

 

「テレビ観ないの?家で何やってるの?」

 

ひたすらパソコンの前にいて、思いつくままに文章を書いているだけだ。

 

「ゲームは?ギャンブルは?スポーツは?カラオケは?」

 

一切やらない。

 

なんとも面白味のない人間みたいだが、私にはおそらく趣味というものがない。

 

本を読んで、文章を書くこと以外にやることが何もないのである。

 

昔、村上龍の著書で、「無趣味のすすめ」という本があった。

 

 

「失敗して失うものがないものなど、面白くもなんともない。パチンコと同じではないか。」

 

村上龍はそう言っていた。

 

失敗して失うもの。

 

私にとっては、読者が消えて行く事である。

 

つまり、今の私にとってはブログが趣味と言えるだろう。

 

私は毎日真剣にブログを書いているのだ。

 

そして、自分に負けてしまっては困るのだ。

 

ただ単に本を売りたいからではない。

 

精神的な支えとなっているからだ。

 

例えばブログでアクセスが下がっても、私の収入にはなんら影響がない。

 

しかし、精神的なダメージがある。

 

そうか、私の記事は面白くなかったのか、という風になる。

 

イコール、私の本が面白くないという風になってはいけないと思うから、焦る。

 

つまり、趣味よりも上回っているものなのだ。

 

趣味というくくりじゃやりきれないもの、

 

それが私にとってのブログとなっているのだ。

 

「無趣味のすすめ」では、仕事を唯一無二の趣味にせよと言っている。

 

まさにそれだ。

 

つまり、文章をかくことは、何の苦痛でもないし、むしろ生きがいとして楽しんでやっているということである。

 

私の中では、本だけ出せばいいというものではない。

 

毎日毎日、何を書こうかな、そう考えることが私にとっての仕事であり趣味であるのだ。

 

「レンさんってブログの話になると生き生きするよね!」

 

そう言われるのはおそらく仕事が趣味になっているからだろう。

 

それでまた、執筆の話になると、生き生きする時と、重くなる時がある。

 

それはすなわち「仕事」になっているからだ。

 

私にとっては、趣味の延長線上にある「仕事」。

 

「趣味を仕事に生かしているなんて最高じゃない!」

 

人からはいつもこう言われている。うらやましいと。

 

しかし、私としては、趣味の延長線上にあり、まだまだ自費出版しなければならない状況なので、「仕事」に出来たと言い難い部分もある。

 

あくまで、「趣味の延長線上」なのである。

 

「お金」を生み出していないからだ。

 

ライターの仕事では給料をもらえるが、執筆ではお金を捻出していない。

 

だから「趣味」だと言われても当然なのだが、「仕事こそが最大の趣味」という本を読むと、なんだか自分が間違っていないような気もするのだった。

 

村上龍はいつもそうだ。

 

「お前は間違ってないよ!」

 

私に対して本を通じてそう言ってくれるのだ。

 

「個人」として生きる私を応援してくれる村上龍が大好きだ。

 

先週の土曜日、仕事へ行く前に古本屋で「トパーズ」を見つけたので久しぶりに読もうと思って買った。

 

私には本を読んで文章を書く以外にやることはない。

 

せいぜい仕事へ行くくらいだ。

 

なんせ、無趣味だからね。

 

 

 

 

破壊から再生へ

 ~母親からの虐待・がん・トラウマからの解放と自由への招待~

http://e-ukon.net/ren.html

好評発売中

 

 

image

 

AD
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「REN」 の記事

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。