東京都の石原慎太郎知事は9日の記者会見で、今夏の参院選に、平沼赳夫元経済産業相らが結成する新党「たちあがれ日本」から出馬する可能性について、「あり得ない」と否定した。来春の知事選への立候補も「無理だ。年寄りをいじめない方がいい」と述べ、改めて消極的な考えを示した。
 新党の「応援団」を自任する石原知事は、「(新党への参加者を)老人だと言うが、若いやつは何をしているのか。みんな腰抜けではないか」と批判。「戦争を体験した人間として、このまま死ねない」と述べ、新党を支援する考えを強調した。 

【関連ニュース】
5月末は「日本側の目標」=普天間決着先送り論に米高官
普天間「あくまで5月末に結論」=官房長官
米総領事と頻繁に連絡=沖縄知事
政府関係者「決着先送りは想定せず」=一部にはやむなし論も
現行案視野に結論先送り=沖縄知事が米総領事に

田園調布駅で扉開け忘れ(産経新聞)
平城宮跡 第1次大極殿ライトアップ 古都の夜空照らす(毎日新聞)
<訃報>日比野元治さん82歳=元戸田建設専務(毎日新聞)
咸臨丸 太平洋渡る子孫、太平洋往復150年 7日に出航(毎日新聞)
<公務執行妨害>パトカーに軽ワゴン車衝突、黒人少年逮捕(毎日新聞)
AD